千葉介貞胤

千葉氏 千葉介の歴代
継体天皇(???-527?)
欽明天皇(???-571)
敏達天皇(???-584?)
押坂彦人大兄(???-???)
舒明天皇(593-641)
天智天皇(626-672) 越道君伊羅都売(???-???)
志貴親王(???-716) 紀橡姫(???-709)
光仁天皇(709-782) 高野新笠(???-789)

桓武天皇
(737-806)
葛原親王
(786-853)
高見王
(???-???)
平 高望
(???-???)
平 良文
(???-???)
平 経明
(???-???)
平 忠常
(975-1031)
平 常将
(????-????)
平 常長
(????-????)
平 常兼
(????-????)
千葉常重
(????-????)
千葉常胤
(1118-1201)
千葉胤正
(1141-1203)
千葉成胤
(1155-1218)
千葉胤綱
(1208-1228)
千葉時胤
(1218-1241)
千葉頼胤
(1239-1275)
千葉宗胤
(1265-1294)
千葉胤宗
(1268-1312)
千葉貞胤
(1291-1351)
千葉一胤
(????-1336)
千葉氏胤
(1337-1365)
千葉満胤
(1360-1426)
千葉兼胤
(1392-1430)
千葉胤直
(1419-1455)
千葉胤将
(1433-1455)
千葉胤宣
(1443-1455)
馬加康胤
(????-1456)
馬加胤持
(????-1455)
岩橋輔胤
(1421-1492)
千葉孝胤
(1433-1505)
千葉勝胤
(1471-1532)
千葉昌胤
(1495-1546)
千葉利胤
(1515-1547)
千葉親胤
(1541-1557)
千葉胤富
(1527-1579)
千葉良胤
(1557-1608)
千葉邦胤
(1557-1583)
千葉直重
(????-1627)
千葉重胤
(1576-1633)
江戸時代の千葉宗家  

トップページ千葉宗家 > 千葉介貞胤


千葉貞胤 (1291-1351)

生没年 正応4(1291)年12月15日?~正平2(1351)年正月1日
千葉介胤宗
金沢北条越後守顕時娘
曽谷教信入道日礼姪(法頂尼)
官位 不明
官職 下総権介
役職 下総国守護職
伊賀国守護職
遠江国守護職
所在 下総国千葉庄
法号 善珍浄徳院
墓所 千葉山海隣寺?

 千葉氏十二代。父は十一代・千葉介胤宗。母は金沢越後守顕時娘。正応4(1291)年12月15日生まれたと伝わる(『千葉大系図』)。正和元(1312)年3月、父・千葉介胤宗の死にともない家督を継いだ。おそらく元服時に得宗・北条貞時の片諱を受けて「貞胤」を称した。下総国・伊賀国・遠江国の三国の守護職を兼ねた当主。

貞胤花押
貞胤花押

 嘉暦2(1327)年、東大寺領伊賀国黒田庄が覚舜・清高・道願・仏念ら悪党の狼藉を受けた際、東大寺が関東に事の次第を伝えたことで、伊賀守護・千葉介貞胤に悪党追捕の命が下され、「平常茂(当国守護代常茂)」「服部右衛門太郎入道持法」が悪党追捕のために黒田庄に入った(「東大寺文書」『鎌倉遺文』30067)。ところが、この両名は「若耽悪党之賄賂歟」(「東大寺文書」『鎌倉遺文』31088)とあるように、悪党と繋がっており、数度にわたって悪党逐電の虚偽報告をしている。常茂は平姓と「常」字を有していることから、おそらく千田庄の千田平氏、または国分氏であろうか。いずれにしても下総国から派遣された武士であったと推測される。

■京都の争乱

 元徳3(1331)年4月29日、前権大納言定房が後醍醐天皇による得宗北条高時入道以下の北条一門追討計画を六波羅探題に密告し、正中元(1324)年に起こった後醍醐天皇の側近による反関東の企て「正中の変」以来、再び京都において関東への対立計画が発覚する。

 元徳3(1331)年8月9日、後醍醐天皇は突如改元の詔を発し、元号を「元徳」から「元弘」へと改めた。この詔書は「大外記之注進関東之處、有詔書無改元記、仍関東不用新暦、用元徳暦」(『元弘日記裏書』「大日本史料」)とあり、なぜか関東への詔書には改元の記載がなく、関東ではそのまま元徳を用いたという。勘文は文章博士在淳の「康安、天統、安永」、文章博士在成の「嘉慶、慶長、寧長」に「可然字無」ということで、元徳改元の際の勘文の一つ嘉暦4(1329)年8月の式部大輔在登の勘文が再度検討され、『芸文類聚』から採用された「元弘」が選ばれることとなった。

 このような中、後醍醐天皇は前天台座主「大塔の二品法親王尊雲(のちの護良親王。「大塔」は尊雲の居住した白河法勝寺に建つ八角九重塔(大塔)にちなむ)ならびに天台座主「妙法院の法親王尊澄(のちの宗良親王)両皇子の影響力のもと、延暦寺に働きかけ、水面下で密かに叡山行幸とともに反関東へと動き始めた。これに延暦寺も「御門の御軍にくはゝるべきよし奏し」たという(『増鏡』)。ところが、こうした動きはすでに「武家にもはやうもれ聞」えており、六波羅から関東へ軍勢派遣の要請が遣わされたとみられる。

 

 8月21日には「東使三千余騎ニテ二階堂下野判官、長井遠江守上洛ス」(『神明鏡』)という。そして、六波羅探題は「さにこそあなれとようゐす、まづ九重をきびしくかため申べし」(『増鏡』)と、8月24日に内裏を固めるべく軍勢を催したのであった。

 このとき後醍醐天皇は雑務日で記録所に出席し「人のあらそひうれふる事どもををこなひくらさせ給ひて、人々もまかで君も本殿にしばしうちやすませ給」(『増鏡』)と、公卿らとともに問注を処理し終えて本殿へ戻って休んでいたが、密かに「今夜すてに武士ともきほひまいるへし」(『増鏡』)という報告があったことから、「内侍所、神璽、宝剣」のみを持って、深夜子刻に慌てて北の対から貧相な女車に乗って南都へ向けて密幸した。本来の計画では、六波羅を攻めると同時に天皇は延暦寺へ行幸することとなっており、白河法勝寺の前座主大塔宮尊雲、祇園妙法院の座主尊澄の両法親王は、「坂本(西坂本)」で叡山の僧兵を具して天皇の警衛を行うと定められていたが、俄に計画が変更となってしまった。知らせを受けた「中務の宮(中務卿宮尊良親王)」も馬に跨り父帝を追った。後醍醐天皇は九条までは御車で逃れたが、ここで車を降りて変装し馬上となって一路東大寺へと駆けた(『増鏡』)。同道の公卿は「万里小路中納言藤房、源中納言具行、四条中納言隆資」(『増鏡』)であったという。そのほか、「按察使公敏」(『続史愚抄』)、「六条中将」「近藤左衛門尉宗光、但馬左衛門尉重定等ヲ始トシテ、御供ノ官兵五百余騎」(『笠置寺縁起』)が供奉した。

 翌25日子の刻、天皇已下は東大寺へ入り、26日暁に「和束(相良郡和束町)」の「鷲峯寺」へ移り、翌27日に「笠置寺へ御入」(『嘉元記』)して「以本堂為皇居」した(『大乗院日記目録』)。笠置寺への行幸には「其外東南院僧正聖尋、御先達タル間、東大寺ノ衆徒、警固シ奉」ったという(『笠置寺縁起』)

 天皇の延暦寺への密幸情報は神五左衛門尉(御内人諏訪氏だろう)によって六波羅へ伝えられ、六波羅探題は「所被申入実否、於西園寺家也」(『伊勢光明寺残篇』)と、春宮大夫公宗にその実否確認が依頼されている。その後、御所には「六波羅軍勢乱入禁裏、而依無御座空引退」(『続史愚抄』)という。

 一方、延暦寺行幸計画自体も、側臣の花山院大納言師賢が天皇になりすまして実行されている。これは「抑今夜於無山門行幸者、僧徒等可失望」というためで、そのほか天皇逃亡の時間稼ぎであろう。師賢は「仮詭帝号登山」し「僧徒懇伝之致防御之備」(『続史愚抄』)であった。六波羅探題も北方の越後守仲時(使者は高橋孫五郎)、南方の左近将監時益(使者は糟屋孫八)から鎌倉に「主上御座山門之由、被聞食之旨」を遣わしており、六波羅は師賢の偽計に乗せられていたことがわかる。師賢の祖母は後醍醐天皇生母・談天門院忠子の姉妹であり、父方においても遠縁にあたることから、容姿に似ている部分があったのかもしれない。

 北条時政―+―北条義時――――+―北条泰時―――北条時氏――――北条時頼―――――北条時宗―――北条貞時――北条高時
(遠江守) |(陸奥守)    |(左京権大夫)(修理亮)   (相模守)    (相模守)  (相模守) (相模守)
      |         |
      |         +―北条重時―――北条業時
      |          (陸奥守)  (陸奥守)
      |                  ∥                      【六波羅北方】
      |                  ∥―――――――北条時兼―――――北条基時―――北条仲時
      +―北条政村――――+――――――――女子     (尾張守)    (相模守)  (越後守)
       (左京権大夫)  |
                |
                +――――――――――――――――北条政長
                                (駿河守)
                                 ∥              【六波羅南方】
                                 ∥――――――――北条時敦―――北条時益
 大江広元―+―長井時広――+―――長井泰秀           ∥       (越後守)  (左近将監)
(陸奥守) |(左衛門尉) |  (甲斐守)           ∥  
      |       |   ∥              ∥
      |       |   ∥――――――長井時秀――+―女子
      |       |   ∥     (宮内権大輔)|
      |       |   ∥            |
      | 佐々木信綱―|―+―女子           +―長井宗秀―――――長井貞秀―――長井貞懐
      |(近江守)  | |               (掃部頭)    (中務少輔) (大蔵少輔) 
      |       | |
      |       | +―佐々木泰綱――佐々木頼綱―――佐々木時信
      |       | |(壱岐守)  (備中守)   (三郎判官大夫)
      |       | |
      |       | +―佐々木氏信――佐々木満信―――佐々木宗氏――――佐々木高氏
      |       |  (近江守)  (佐渡守)   (三郎左衛門尉) (四郎左衛門尉) 
      |       |
      |       +―――長井泰重―――長井頼重――――長井貞重―――――長井高広
      |          (因幡守)  (因幡守)   (縫殿頭)    (左近大夫)
      |
      +―海東忠成――――――海東忠茂―――海東広茂――――海東広房
       (刑部少輔)    (美濃守)  (因幡守)   (左近将監)

 また、京都では8月25日、「万里小路大納言宣房卿、侍従中納言公明卿、宰相成資卿、別当右衛門督実世卿以上四人被召捕之」(『伊勢光明寺残篇』)となり、宣房卿は「因幡左衛門大夫将監」、公明卿は「波多野上野前司」、成資卿は「丹後前司」、実世卿は「筑後前司」への預かりとなっている。

 8月27日、六波羅探題の命を受けた「佐々木大夫判官、海東備前左近大夫、波多野上野前司」が近江国の東坂本に、「長井左近大夫将監、加賀前司」京都西坂本に、「常陸前司」近江勢多にそれぞれ布陣し、比叡山を攻める準備を整えた(『伊勢光明寺残篇』)

●比叡山攻めの布陣

東坂本(近江国) 佐々木大夫判官 海東備前左近大夫
波多野上野前司
西坂本(京都) 長井左近大夫将監 加賀前司  
勢多(近江国) 常陸前司    
 

 また「両上皇春宮、自持明院殿、御幸六波羅殿、臨幸御路武士供奉、以南方為御所」(『公卿補任』)という。「両上皇」とは後伏見上皇、花園上皇の兄弟上皇を指し、「春宮」は後伏見上皇の皇子・量仁親王のことである。翌28日の近江国東坂本での合戦では「源時信家僕海道一類戦死」(『元弘日記裏書』「大日本史料」)「海東備前左近大夫将監、其後十七騎於東坂下致合戦、主従十三騎打死了、佐々木大夫判官、波多野上野前司、山徒之首二被取進之間、被懸于六条河原了」(『伊勢光明寺残篇』「大日本史料」)とあるように、六波羅勢は佐々木時信の郎従や海東備前守自身の討死など苦戦した。

 この日は「大納言(師賢)「大塔の前座主の宮(尊雲法親王)「うるハしきものゝふすがたにいてたゝせ給ふ」と武装しており、「大塔の前座主の宮」「卯花をどしの鎧にくハがたのかぶとたてまつりて、大矢おひ」「大納言」「からの香染のうす物のかりぎぬにけちえんにあかきはらまきをすかして、さすかにまきゑのほそ太刀」を佩いたいでたち、一方、現座主の「妙法院の宮(尊澄法親王)「すすしの御衣のしたにもえぎの御腹巻とかやき給」っていた(『増鏡』)。ところが、叡山衆徒等の間に「御門かさぎにおはしますよし、ほどなく聞えぬれ」ば、両宮は笠置へと逃れ去り、師賢は京都へ忍び入ろうと試みるも断念し笠置山へと向かっている(『増鏡』)。しかし、その途次の山城国寺田郷地頭代野辺若熊丸によって召し捕らえられ「進武家」(『公卿補任』)られ、六波羅へ引き渡されたとみられる。8月29日に出家(法名素貞)を遂げたとあることから(『公卿補任』)、この日の捕縛か。

 8月29日、六波羅探題が派遣した両使(北:高橋孫五郎、南:糟屋孫八)が鎌倉に到着。「任承久例、可上洛之由被仰渡出」(『元弘日記裏書』「大日本史料」)され、軍勢の編成がなされたと思われる。なお、このときの交名では「元弘元年八月」としているが、その後出された御教書では、「元徳三年九月」としている。

●元弘元年八月「関東軍勢交名」(『伊勢光明寺文書残篇』:『鎌倉遺文』32136)

大将軍
陸奥守(大仏貞直) 遠江国 武蔵右馬助(金澤貞冬) 伊勢国
遠江守(名越宗教入道) 尾張国 武蔵左近大夫将監(金澤時顕) 美濃国
駿河左近大夫将監(伊具時邦) 讃岐国 足利宮内大輔(足利高氏) 三河国
足利上総三郎(吉良貞家)千葉介(千葉介貞胤)一族并伊賀国     
長沼越前権守(長沼秀行) 淡路国 宇都宮三河権守(宇都宮貞宗) 伊予国
佐々木源太左衛門尉(加地時秀) 備前国 小笠原五郎(小笠原頼久) 阿波国
越衆御手 信濃国 小山大夫判官(小山高朝) 一族
小田尾張権守(小田高知) 一族 結城七郎左衛門尉(結城朝高) 一族
武田三郎(武田信武) 一族并甲斐国 小笠原信濃入道(小笠原宗長入道) 一族
伊東大和入道 一族 宇佐美摂津前司 一族
薩摩常陸前司 一族 安保左衛門入道 一族
渋谷遠江権守(澁谷重光) 一族 河越参河入道(河越貞重入道) 一族
三浦若狭判官(三浦時明)高坂出羽権守
佐々木隠岐前司(佐々木清高) 一族 同備中前司(大原時重)
千葉太郎(千葉胤貞)
勢多橋警護
佐々木近江前司 (京極貞氏?)同佐渡大夫判官入道(京極高氏入道)

 9月5日には「鎌倉家御教書(関東御教書)として「先帝(後醍醐天皇)の叡山遷幸に対してこれを「可防申之旨已被下 院宣」により、延暦寺衆徒の対治のため「貞直、貞冬、高氏」の派遣を「西園寺家(西園寺権大納言公宗)」に申し入れるよう六波羅の南北両探題に指示がなされた(『伊勢光明寺残篇』)。この御教書では在京して守備する人々などの交名を示している。

●元徳三年九月五日被成御教書人々(断簡)

暫可在京の二十人 武蔵左近大夫将監(金澤時顕) 遠江入道(名越宗教入道)
江馬越前権守(江馬時見) 遠江前司(名越貞家?)
千葉介(千葉介貞胤) 小山判官(小山高朝)
河越三河入道(河越貞重入道) 結城七郎左衛門尉(結城朝高)
長沼駿河権守(長沼秀行) 佐々木隠岐前司(佐々木清高)
千葉大郎(千葉胤貞) 佐々木近江前司(六角時信)
小田尾張権守(小田高知) 佐々木備中前司(大原時重)
土岐伯耆入道(土岐頼貞入道) 小笠原又五郎(彦五郎貞宗?)
佐々木源太左衛門尉(加地時秀) 狩野介入道
佐々木佐渡大夫判官入道(京極高氏入道)  讃岐国守護代 駿河八郎
不明
〔以下闕〕
嶋津上総入道(島津貞久入道) 大和弥六左衛門尉(宇都宮高房)

 六波羅探題は9月1日、笠置山攻めの兵を派遣し、同日六波羅勢は宇治平等院に着到。翌2日、「笠置城責之七万五千騎」(『大乗院日記目録』「大日本史料」)という。

 一方、すでに比叡山は陥落していたが関東にその知らせは届いておらず、陸奥守貞直、右馬助貞冬、江馬越前入道、足利治部大輔高氏の四名が大将軍に任じられて9月5日から7日にかけて鎌倉を出立した。その総勢は公称二十万八千騎。得宗高時入道の御内御使として長崎四郎左衛門尉高貞が付属(目付的な従軍か)され、関東両使として秋田城介高景、二階堂出羽入道道蘊(この両名は践祚立坊の事のための使者)が同道した。ところが、大将軍のひとり、足利高氏の出陣前後の9月5日、高氏父「足利讃岐入道殿逝去」(『常楽記』では6日とあるが、諸書・系譜では9月5日)という事件が起こってしまう。後日、9月19日に近江国柏木宿に到着した大将軍は陸奥守貞直と右馬助貞冬の両名のみであることから、高氏の出立は父の服喪で数日間延引されたと考えられよう。高氏は9月27日には京都にいることから、約七日間の延引とすれば初七日の法要後の出陣であった可能性が高いだろう。

 9月10日前後には「楠木兵衛正成」「河内国にをのがたちのあたりをいかめしくしたゝめ」(『増鏡』)て挙兵した。城塞というよりは自舘西側の高台を城郭化(下赤坂城)し、柵や逆茂木を設けて防御した程度のものであろう。その挙兵の知らせはすぐに六波羅へ届けられたと思われ、河内国、和泉国など周辺国の御家人がその追討に動員されたとみられる。「和泉国御家人和田修理亮助家代子息助康」が六波羅へ申請した内容によれば、和田助家は9月14日から10月20日にかけて「楠木城」において不惜身命の働きを見せ、9月20日以降に上洛した「大将軍武蔵馬助殿」「御代官酒匂宮内左衛門尉」「当国守護御代官」成田又四郎入道籾井彦五郎とともに戦ったという(『和田文書』「大日本史料」)。なお、「楠兵衛尉」はすでに元徳3(1331)年2月25日以前に、故世良親王(後醍醐天皇皇子)の遺領(臨川寺の前身寺院に寄進されていた)である「和泉国若松庄」を「押妨(楠木氏は世良親王または前領家の昭慶門院被官で同地荘官か。対立相手から「押妨」「悪党」と呼称されている)」しており(「故大宰帥親王家御遺跡臨川寺領等目録」『鎌倉遺文』31771『天龍寺文書』)、後醍醐天皇との結びつきが見られるのである。なお、楠木正成はこのとき「左兵衛尉」に任官しており、本来は兵衛府出仕の在京武官でもあったのだろう。

 9月18日戌刻、践祚および立坊に関する「東使秋田城介殿、二階堂出羽入道殿、京着自路次六波羅北方被参、即南方仁御入」した(『伊勢光明寺残篇』「大日本史料」)。20日、土御門東洞院殿で践祚の儀が執り行われた。光厳天皇である。9月22日、後二条院の嫡孫にあたる康仁親王を東宮とした(『歴代皇紀』)。持明院統の光厳天皇の東宮を大覚寺統の康仁親王としており、事ここに及んでも関東は両統迭立の原則を守ろうとしていたことがわかる。光厳天皇践祚により後醍醐天皇は上皇となった。

 践祚前日の9月19日には、大将軍「武蔵右馬助殿」「江州柏木宿宇治仁着」という(『伊勢光明寺残篇』)。ただし、翌20日には「陸奥守殿御京着、武蔵右馬助殿、自柏木御発向宇治」(『伊勢光明寺残篇』)とあることから、19日に近江国柏木宿には陸奥守貞直と右馬助貞冬の両将軍が到着していたとみられる。両者は柏木宿で二手に分かれ、総大将の陸奥守貞直は直接入洛(山科経由での入洛であろう)して践祚および六波羅との折衝に当たり、右馬助貞冬は柏木宿から南下して勢多を経て宇治田原を経由し、笠置勢の牽制をしつつ宇治に入っている。そして9月25日に宇治を発って賀茂へ向かった(『伊勢光明寺残篇』)。また、河内国の楠木左兵衛尉正成らの挙兵に対して、「大将軍武蔵馬助殿」「御代官酒匂宮内左衛門尉」「右馬助殿家人宗像四郎」が参戦していることから、貞冬の代官・酒匂宮内左衛門尉率いる一手が宇治から河内国に派遣されたと考えられる。

 9月26日、「陸奥守殿、長崎四郎左衛門尉殿」笠置山へ向けて京都を進発した(『伊勢光明寺残篇』)。ただし、9月27日に「貞直、貞冬、高氏等、発向笠置城」(『元弘日記裏書』)ともあり、26日から27日にかけての進発であったのだろう。なお、足利高氏は進発直前の9月5日に父貞氏入道を喪い、その初七日を経ての進発であったと思われることから、高氏入洛(25日、26日あたりか)と同時に陸奥守貞直と長崎四郎左衛門尉が進発し、翌日に貞冬、高氏の進発となっていたのかもしれない。

 9月28日には長崎四郎左衛門尉勢の「椙原一族、栖山一族、小宮山一族等」が先陣となって笠置山を攻め(『伊勢光明寺残篇』「大日本史料」)、「放火城槨」し「奉追落先帝了」と、たちまち笠置山を攻め落としている。後醍醐上皇は「御歩行令出城給、於路次奉迎」(『元弘日記裏書』「大日本史料」)と、後醍醐上皇は囚われの身となり、座主尊澄法親王や同道の「源中納言具行、宰相成輔、中納言藤房、大進季房」もともに連行された。なお、大塔前座主宮尊雲法親王や中納言隆資は逃亡して行方をくらましている

先帝流刑と大塔宮・楠木正成の挙兵

 10月3日、陸奥守貞直らは後醍醐上皇以下を六波羅南方へ入れて皇居とした(『伊勢光明寺残篇』)。また、同日には、右馬助貞冬の家人、宗像四郎が「楠城」に拠っていた先帝一宮尊良親王を「奉捕」っている(『伊勢光明寺残篇』)。こうして畿内における後醍醐上皇による騒擾は鎮定され、10月5日、新帝光厳のもとで初めての除目が行われた。そして翌10月6日、六波羅南方において剣璽が引き渡され、土御門東洞院御所へと遷された(『本朝皇胤紹運録』)。ところが「帝中書王、妙法院宮等武士等都不奉見所知之間、有不審、被差遣可然之仁可奉見云々(『光厳院御記裏書』)と、武士等は誰一人後醍醐上皇、中務卿尊良親王、座主宮尊澄法親王の顔を知らず、偽者である可能性も捨てきれなかったため、上皇らを見知る「然るべき仁」に面通しさせてその実否を確認するために、尊良親王、尊澄法親王と従兄弟にあたる二条為定と西園寺公宗のいずれかの招聘を議し、結果として公宗に依頼することとなった。

 10月8日、上皇面通しの依頼を受けた権大納言公宗は夕刻に六波羅へ出向くと、「奉見先帝、併為天魔之所為可有寛宥之沙汰旨、可仰武家之由被仰之云々、可歎息事也」(『光厳院御記裏書』「大日本史料」)という。翌9日、捕縛された後醍醐上皇に同道した宮や諸卿、武士が御家人預けとなり、10日夕には公宗弟・中納言公重が武蔵右馬助貞冬の宿所(六波羅の一所であろう)を訪れて、中務卿尊良親王の面通しを行っている(『光厳院御記裏書』「大日本史料」)。公重が尊良親王から「所陳多々」によれば、「子細兼日不知之、凡為天魔之所為、可有寛宥之儀旨、頻被陳之、不足言、嗟呼悲夫」(『光厳院御記裏書』「大日本史料」)という。上皇、一宮両者ともにこの擾乱は「天魔之所為」であると主張し、寛宥を願った。11日には兼運僧都(延暦寺執行)が六波羅を訪れて座主宮尊澄法親王の面通しを行い言葉を交わしたが、語るところは尊良親王と大略変わらず、頻りに涕泣という(『光厳院御記裏書』「大日本史料」)

●諸将ノ第ニ分拘(『伊勢光明寺残篇』「大日本史料」)

捕縛
先帝 六波羅南方(北条時益)
妙法院宮尊澄(天台座主) 長井因幡左近大夫将監(長井高広)
尹大納言入道師賢卿 遠江入道殿(名越宗教入道)
源中納言具行卿 筑後前司(小田貞知)
六条少将忠顕朝臣 佐々木佐渡判官入道(京極高氏入道)
四条少将隆量朝臣 佐々木近江前司(京極貞氏?)
左衛門大夫氏信(師賢卿諸大夫) 海部但馬権守
近藤三郎兵衛尉宗光(万里小路中納言藤房卿侍) 中条因幡三郎
対馬兵衛尉重定(具行卿侍) 下野三郎
一宮 常陸前司(小田時知)
東南院僧正坊 佐々木大夫判官時信(六角時信)
万里小路中納言藤房卿 武蔵左近大夫将監(北条時顕)

 10月12日、後醍醐上皇の笠置臨幸に供奉して逐電していた前権大納言公敏が出家(法名宗肇)し、翌13日に二階堂出羽入道道蘊のもとに出頭。二階堂道蘊は六波羅へ事の次第を通達し、六波羅は公敏入道を「下野権守」への預けとした(『伊勢光明寺残篇』「大日本史料」)。彼は上皇の又従弟にあたり、終始上皇に近侍した人物であった。

 また同13日夕刻に「関東飛脚到来」し、翌14日朝方辰の刻に「世間物騒」(『光厳院御記裏書』「大日本史料」)という。これは「武士等騒動、圍時知宿所、欲及合戦而自六波羅加制止之間、先属静謐云々、衆口嗷々、不可記之」(『光厳院御記裏書』「大日本史料」)といい、在京武士が「六波羅頭人」の小田常陸前司時知の屋敷を取り囲み、合戦に及ばんとするところを、六波羅探題の制止によって不戦に終わった事件があった。「関東飛脚到来」により武士等が動いたことは確実であろうから、関東は小田時知に何らかの疑いをかけていたと考えられる。そして「時知宿所」を取り囲んだ「武士等」は六波羅支配下の武士ではなく関東から上洛した御家人とみられる。時知がどういった嫌疑をかけられたのか定かではないが、彼の子「出羽守知貞」は「実父大納言経継卿云々」(『尊卑分脈』)とあり、公卿との関わりがあったことがうかがえる。「大納言経継卿」は徳治2(1308)年5月15日、中務卿尊治親王(のちの後醍醐天皇)の太宰帥補任にともない、太宰権帥に補任されるなど後醍醐天皇に近く、後二条院の第二皇子・邦省親王は「経継卿養君」(『一代要記』)とあり、後醍醐上皇の出身皇統である大覚寺統に属する公卿であった。六波羅の引付頭人の小田時知は大覚寺統と深く関係していたと推測でき、関東が時知を疑った理由であると考えられる。


 西園寺公経―+―洞院実雄―――――――――――+―洞院公守――+―洞院実泰―――洞院公敏
(太政大臣) |(左大臣)           |(太政大臣) |(左大臣)  (権大納言)
       |                |       |
       |                |       +―洞院実明―――洞院公蔭
       |                |        (権大納言) (権大納言)
       |                |                ∥
       |                |                ∥―――――――洞院忠季
       |                |         北条久時―+―女子     (権大納言)
       |                |        (相模守) |
       |                |              +―北条守時
       |                |              |(相模守)
       |                |              |
       |                |              +―女子
       |                |                ∥―――――――足利義詮
       |                |                ∥      (権大納言)
       |                |                足利尊氏
       |                |               (権大納言)
       |                +―女子 
       |                | ∥――――――三条実重――――三条公茂――――三条実忠
       |                | ∥     (太政大臣)  (内大臣)   (内大臣)
       |                | ∥
       |                | ∥      惟康親王――――女子
       |                | ∥     (二品)     ∥
       |                | ∥              ∥
       |                | 三条公親―――藤原房子    ∥―――――――守邦親王
       |                |(内大臣)  (皇后宮御匣殿) ∥      (二品)
       |                |        ∥       ∥
       |                |        ∥―――――――久明親王
       |                |        ∥      (式部卿)
       |                |        ∥
       |                +――――――――――――――――――――――――藤原季子
       |                |        ∥              (顕親門院)    
       |                |        ∥               ∥
       |               +―――――――――後深草天皇           ∥――――――花園天皇
       |               ||       (久仁)             ∥      (富仁)
       |               ||        ∥―――――――――――――――伏見天皇
       |               ||        ∥              (熈仁)
       |               |+――――――――藤原愔子            ∥
       |               ||       (玄輝門院)           ∥―――――――後伏見天皇
       |               ||                        ∥      (胤仁)
       |               ||              +―五辻経氏――――藤原経子    ∥―――+―光厳天皇
       |               ||              |(参議)    (准三后)    ∥   |(量仁)
       |               ||              |                 ∥   |
       |               ||              +―女子              ∥   +―光明天皇
       |               ||              | ∥               ∥    (豊仁)
       |               ||              | ∥―――――――女子      ∥    
       | 花山院兼雅―+―花山院忠経―――――――――――花山院師継 | 恵一      ∥―――――――――――――花山院師賢
       |(左大臣)  |(右大臣)  ||       (内大臣)  |(僧叡智)    ∥       ∥    (権大納言)
       |       |       ||        ∥―――――――――――――――花山院師信   ∥    
       |       | 大江広元―+―――毛利季光―――女子    |        (内大臣)    ∥ 
       |       |(陸奥守) |||(豊後守)         |                 ∥ 
       |       |      |||              |                 ∥
       |       |      +―――長井時広―――長井泰重――――長井頼重――――長井貞重――――――――――長井高広
       |       |       ||(蔵人)   (因幡守)  |(因幡守)   (縫殿頭)    ∥    (左近大夫)
       |       |       ||              |                 ∥
       |       |       ||              +―五辻宗親――+―五辻親氏    ∥   
       |       |       ||              |(参議)   |(左兵衛督)   ∥
       |       |       ||              |       |         ∥     
       |       +―五辻家経―――――五辻雅継―――五辻忠継――+―藤原忠子  | 二条為世女子  ∥   +―尊良親王 
       |        (中納言)  ||(非参議)  (参議)    (談天門院) |(大納言局)   ∥   |(中務卿)
       |               ||                ∥     | ∥       ∥   |
       |               ||                ∥     | ∥―――――――――――+―尊澄法親王
       |               ||                ∥     | ∥       ∥    (妙法院)
       +―西園寺実氏―+―藤原姞子  |+―藤原佶子           ∥―――――――後醍醐天皇   
        (太政大臣) |(今出河院  | (京極院)           ∥     |(尊治)     ∥
               | ∥     |  ∥              ∥     |         ∥
               | ∥     |  ∥――――――――――――――後宇多天皇 +―藤原宗子    ∥
               | ∥     |  ∥             (世仁)    (典侍)     ∥
               | ∥―――――+――亀山天皇           ∥       ∥―――――――――――+―邦良親王―――康仁親王
               | ∥       (恒仁)            ∥       ∥       ∥   |(後醍醐東宮)(光厳東宮)
               | ∥                       ∥       ∥       ∥   |
               | 後嵯峨天皇                   ∥―――――――後二条天皇   ∥   +―邦省親王
               |(邦仁)                     ∥      (邦治)     ∥    (式部卿)
               | ∥――――――――宗尊親王   堀川具守――――堀川基子            ∥
               | ∥       (中務卿)  (内大臣)   (西華門院)           ∥
               | ∥        ∥                              ∥
         平棟基――+――平棟子      ∥――――――惟康親王――――女子              
        (木工頭) ||(准三后)     ∥     (二品)     ∥―――――――守邦親王    
              ||          ∥              ∥      (二品)     ∥
              || 近衛兼経―――――藤原宰子           久明親王            
              ||(関白)                    (式部卿)            ∥
              ||                                         ∥
              |+―西園寺公相――――西園寺実兼――西園寺公衡―+―――――――――――――――――藤原寧子
              | (太政大臣)   (太政大臣) (太政大臣) |                (広義門院)
              |                        |
              |                        +―西園寺実衡―――西園寺公重
              |                         (内大臣)   (権中納言)
              |                          ∥      
              |                          ∥―――――――西園寺公宗
              |                          ∥      (権大納言)
              |                  二条為世――+―女子
              |                 (大納言)  |(昭訓門春日局)
              |                        |
              |                        +―藤原為子
              |                        |(後醍醐院女房)
              |                        |
              |                        +―二条為通――――二条為定
              |                        |(左近衛中将) (権大納言)
              |                        |
              |                        +―女子
              +―女子                      (室町院女房)
                ∥                        ∥―――――+―尊良親王
                ∥                        ∥     |(中務卿)
                ∥                        ∥     |
                ∥―――――――――吉田経頼―――吉田頼隆    後醍醐天皇 +―尊澄法親王
                ∥        (宮内卿)  (参議)    (尊治)    (妙法院)
                ∥                ∥
         吉田資経―+―吉田為経             ∥―――――――吉田経隆
        (左大弁) |(左大弁)             ∥      (宮内卿)
              |                  ∥
              +―坊城経俊――――――中御門経継――女子
               (中納言)     (権大納言)

 小田時知の騒擾があった10月14日、「両六波羅殿両使」「北方」「陸奥守殿、右馬助殿、長崎四郎■■■■」の「楠木城」攻めの旨について談合が行われ、「右馬助殿、長崎殿」は「領状」したが、「陸奥守殿」は所労のため領状の返答はしなかった(「伊勢光明寺残篇」)。翌15日には楠木城攻めの交名が示されており、その後、陸奥守貞直も領状したとみられる。

●「関東軍勢交名」(『伊勢光明寺文書残篇』:『鎌倉遺文』32135)

楠木城 
一手東 自宇治至于大和道
陸奥守(大仏貞直)河越参河入道(河越貞重入道)
小山判官(小山高朝)佐々木近江入道(京極貞氏?)
佐々木備中前司(大原時重)千葉太郎(千葉胤貞)
武田三郎(武田政義)小笠原彦五郎(小笠原貞宗)
諏訪祝          高坂出羽権守
島津上総入道(島津貞久入道)長崎四郎左衛門尉(長崎高重)
大和弥六左衛門尉(宇都宮高房)安保左衛門入道
加地左衛門入道吉野執行
   一手北 自八幡于佐良□路
武蔵右馬助(金澤貞冬)駿河八郎(讃岐国守護代)
千葉介(千葉介貞胤)      長沼駿河権守(長沼秀行)
小田人々(小田高知一党か)佐々木源太左衛門尉(加地時秀)
伊東大和入道宇佐美摂津前司
薩摩常陸前司□野二郎左衛門尉
湯浅人々和泉国軍勢
一手南西 自山崎至天王寺大路
江馬越前入道(江馬時見入道)遠江前司(名越宗教入道)
武田伊豆守(武田信武)三浦若狭判官(三浦時明)
渋谷遠江権守(澁谷重光)狩野彦七左衛門尉
狩野介入道 信濃国軍勢
一手 伊賀路
足利治部大夫(足利高氏) 結城七郎左衛門尉(結城朝高)
加藤丹後入道 加藤左衛門尉
勝間田彦太郎入道 美濃軍勢
尾張軍勢
同十五日
佐藤宮内左衛門尉 自関東帰参
同十六日
中村弥二郎 自関東帰参

 15日に四手に分かれて京都を出立した軍勢は「楠木城」に攻め寄せ、10月17日から20日にかけて楠木兵衛尉正成との合戦となっている(『和田文書』裏書)。なお、この「楠木城」は後年の「千岩屋」城とは別の城である(「熊谷直氏合戦手負注文」『熊谷家文書』)。そして10月21日、「楠落城」し、「楠兵衛尉落行」した(『元弘日記裏書』「大日本史料」)。また、11月2日には「赤坂城没落」(『元弘日記裏書』「大日本史料」)とあり、「楠木城(下赤坂城)」とは川を挟んだ対岸の山に構築された「赤坂城(上赤坂城)」であろう。

 楠木城及び赤坂城を攻め落とした関東勢は京都へ帰還。11月5日、「陸奥守貞直、明曉下向之由、西園寺大納言申定、仍被引御馬」(『光厳院御記裏書』「大日本史料」)と、翌6日早朝の貞直下向が西園寺公宗へ報告され、馬が下された。この日、鎌倉を「長井右馬助高冬、信濃入道々大、為使節上洛、為京方輩沙汰」とあるように、後醍醐上皇方の人々への沙汰のための両使(長井右馬助高冬、信濃前司時連入道)が上洛の途についており、貞直らが鎮圧した騒擾の事後処理が行われることとなる。なお、「足利高氏、先日下向不給御馬、一同之上不申暇之故也」と、貞直に先行して鎌倉への帰途についている。そして、11月7日、「前坊第一宮康仁親王立坊」(『元弘日記裏書』「大日本史料」)と、関東の意向(両統迭立の原則)に沿う形で前坊故邦良親王(大覚寺統の後二条天皇皇子)の一宮・康仁親王が光厳天皇(持明院統)の皇太子となった。

●東宮職ならびに春宮坊

東宮職 学士 
 源長通
(右大臣)
藤原宗倫 
 
東宮職大夫 権大夫 権亮大進 権大進少進 権少進大属 権大属少属
 源通顕
(大納言)
藤原公重
(権中納言)
藤原宗兼
(右大弁)
藤原俊季
(右中将)
藤原経重 藤原隆経藤原資顕 藤原家俊紀職直 安倍資■安倍資勝
中原職右
(主膳正)
源康基
(主殿首)
中原有景
(主馬首)

 11月25日夕刻、東使のひとり信濃前司入道道大が入京。翌26日に右馬助高冬が入洛(『光厳院御記』「大日本史料」)。西園寺公宗との間で「先帝、緇素」らへの事後処理が執行されることとなる。

 12月15日、関東では「太守禅閤第一郎、七才、首服、名字邦時、御所被執行」(『元弘日記裏書』「大日本史料」)と、御所守邦親王により元服の儀が執り行われ、「邦」字を給わり「邦時」と号した。

 12月27日、「東使」の長井高冬、三善時連入道らは西園寺公宗ら光厳朝の公卿らとの間で決定した「先帝」以下への処置に関して奏上された(『光厳院御記』「大日本史料」)

■「東使奏聞関東事書」処分案

配流先
先帝(後醍醐上皇)隠岐国(守護は佐々木清高)
一宮(尊良親王)土佐国(守護は高時入道)
妙法院宮(尊澄法親王)讃岐国(守護は伊具邦時)
緇素罪名追可言上 

 元弘2(1332)年2月6日、「武家(六波羅か)」「慈厳僧正、光顕朝臣、忠守法師、重頼法師」が捕縛された(『光厳院御記』「大日本史料」)。慈厳は「天台座主輦車」であり、尊澄法親王の侍僧であったのだろう。先帝は「つゐに隠岐国へうつしたてまつるべし」として3月7日に関東へ向かうために出京。「御供には内侍三位殿、大納言小宰相など、男には行房の中将忠顕少将ばかりつかまつる、をのかしゝ宮この名残ともいひつくしかたし、六原よりの御をくりの武士、さならでも名あるつはものども千葉介貞胤をはじめとして、おぼえことなるかぎり十人えらひたてまつる」(『増鏡』)と見え、千葉介貞胤が先帝配流の護送使であったことがうかがえる。また「佐々木の佐渡判官入道」「隠岐の御をくりもつかまつりしもの」であった(『増鏡』)

 後醍醐上皇に加担した公家や公卿衆はそれぞれ処罰されているが、原則的には公卿は流罪、一般堂上は流罪の上処刑という方針のもと、4月10日には姉小路実世「依関東奏聞止出仕」、5月22日には参議平成輔「於早河尻被誅了」(『常楽記』)、同月には万里小路藤房「配流下総国」(『公卿補任』)源具行は公卿ながら「五月日下向関東、六月十九日於近江国柏原斬首」(『公卿補任』)、6月2日には日野資朝「於佐渡国配流斬首」(『公卿補任』)、6月3日には日野俊基「武蔵国クスハラニテ被誅了」(『常楽記』)、6月25日には前参議藤原光顕「配流出羽国」(『公卿補任』)という厳罰に処されている。また、按察使大納言公敏「小山の判官秀朝とかやいふものぐして、下野の国へと聞ゆ」(『増鏡』)と、小山大夫判官高朝が下野国へ伴った。なお、万里小路藤房の下総配流は誤記で、実際は「花山院大納言師賢は千葉介貞胤うしろ見て下総へくだる」(『増鏡』)とあるように、叡山の偽帝となった花山院師賢が千葉介貞胤によって下総国へ連行されている。師賢が千葉介貞胤に付き添われて5月10日に京都を発った際、師賢は、

別ともなにかなけかん君すまて うきふるさとゝなれる宮古を

と詠んだ。君のいない故郷京都にはもはやなんら未練はないという決意の歌である。一方、師賢の北の方は「花山院入道右のおとゞ家定の御女」であるが、師賢との対面も許されないままの別離であり、「いみじう思ひなげきたまへるさま、あはれにかなしけれ」という有様で、

いまはとていのちをかきる別路は後の世ならていつをたのまん

と詠んだ。

小御門神社 花山院師賢を祀る
小御門神社

 その後、師賢は香取郡大須賀保内(成田市名古屋)に幽閉の身となるが、この地は「千葉介一族大須賀」の所領であり、千葉介貞胤とともに上洛していたと思われる大須賀某が預かったとみられる。香取海の入江のほとりに大きな館が造営されたのであろう。その字名は「館内」として残る。しかし、師賢はこの地に入ったわずか四か月後の10月29日に病死する。享年三十二。心労が祟ったものであろう。「元徳四年十月、尹大納言入道、於千葉逝去」(『常楽記』)という。師賢は館の隣に埋葬され、塚が築かれた。この墓所は「公家塚」と呼ばれて現在に至っている。明治15(1882)年には塚前に師賢を祭神とする「小御門神社」が建てられた。

 余談だが、花山院師賢の子孫は一貫して南朝方の大将として奮戦しており、師賢の次男・花山院左近衛中将信賢は正平13(1358)年に戦死した。その子・花山院左近衛中将師重上野国吾妻郡青山郷に拠って北朝勢と戦い、信濃国で挙兵した尹良親王(宗良親王の子)に随って、応永3(1396)年の信濃国浪合の戦いで戦死した。

 師重の子孫は三河国へ逃れ、師重の五代孫・青山喜三郎忠世は松平家に仕えて天文4(1535)年、伊田野で戦死。その孫・青山播磨守忠成は天文20(1551)年、青山喜太夫忠門の嫡子として三河に生まれ、徳川家康の小姓となった。家康が江戸に居城を構えると、江戸町奉行に就任。慶長6(1601)年2月、宿縁の地・両総で1万5千石を与えられ、青山伯耆守忠俊は三代将軍・徳川家光の老職に就任した。

 こうした先帝後醍醐の側近らの処断が行われる中、元弘2(1332)年4月3日、楠木正成率いる五百騎余りが赤坂城を急襲した。ここには紀伊国御家人湯浅孫六入道定仏が留守居として守衛していたが、敢え無く攻め落とされ「定仏打負降参」(『大乗院日記目録』)した。このとき「為楠木被取籠湯浅党交名」(『楠木合戦注文』)は正慶元/元弘2(1332)年12月にまとめられている。赤坂城は楠木勢によって奪還され、その後、関東勢が寄せる翌年2月まで楠木勢が拠ったとみられる。

安田次郎兵衛尉重顕 阿矢河孫六入道定仏 藤波彦五郎入道 石垣左近将監宗有 生池蔵人師隆 宮原孫三郎 湯浅彦次郎時式 糸賀野孫五郎 (後闕)

 6月6日、「自熊野山執進、大塔宮令旨、相憑当山旨云々」(『光厳院御記』「大日本史料」)とあるように、逃亡中の「大塔の尊雲法親王」(『増鏡』)が熊野山に対して令旨が発したという。こののち、前年の追討及び捜索で六波羅探題が捕縛に失敗した大塔宮法親王や四条隆資らの動きが活発化していくこととなる。楠木正成も大塔宮尊雲法親王に意見具申ができる距離にいたことから、おそらく彼らは楠木正成が奪還した赤坂城近辺に居住していたと考えられる。

 なお、6月8日の小除目では関東の推挙により、笠置寺攻めの大将軍であった「源高氏(足利高氏)」を「叙従五位上」とした(『光厳院御記』「大日本史料」)

 6月26日には、大塔宮法親王がついに具体的な挙兵という形で顕在化し、京都に報ぜられた(『光厳院御記』「大日本史料」)。兵乱は「伊勢国有梟悪之輩、烏合之衆、追捕所々其勢甚多云々、仍武家差使者、令実検云々」(『光厳院御記』「大日本史料」)という。続けて28日の報告では「勢州凶徒、尚以興隆旨風聞、或云、合戦地頭等多被誅戮之後、引退云々」という。かなり大規模な兵乱で、地頭等が多く討死するという風聞が聞こえている(『光厳院御記』「大日本史料」)。六波羅はこの時点ではまだ乱の正確な規模や首謀者を把握していなかったようであるが、29日に京都へ帰還した検使の情報によれば、「不違風聞之説、凶徒合戦之間、在家多焼払、地頭両三人被打取、守護代家被焼了、其後凶徒等引退了云々、是熊野山帯大塔宮令旨、竹原八郎入道為大将軍襲来云々、驚歎不少」(『光厳院御記』「大日本史料」)であったという。

 8月27日には「大塔二品護良親王(いつ還俗したかは不明)」「左少将隆貞」に「附与御令旨」して高野山大衆に決起を促した(『高野春秋』「大日本史料」)。「隆貞」は大塔とともに笠置山から逐電した権中納言隆資の子で尊雲法親王の側近である。また、左少将隆貞は12月26日、「和泉国久米田寺住僧等」に祈祷等の忠勤を行う上は「於当寺并寺領者、可被停止官兵狼藉者」という「大塔宮二品親王令旨」を伝えている(『鎌倉遺文』31937)「官兵之狼藉」はあちこちで発生しており、翌元弘3(1333)年正月5日には「左兵衛尉正成」が和泉久米田寺や河内観心寺ら和泉河内の大寺に触れている。また、大塔宮は紀伊粉河寺にも加勢を求め、粉河寺衆徒がこれに応じる返答をしたため、正月10日付で四条隆貞を使者として粉河寺に御感の令旨を下している(『粉河寺文書』)。このころの大塔宮は笠置寺、久保田寺、観心寺、粉河寺など、おもに大寺院衆徒の力を恃みにしていたとみられる。

 関東では前年の合戦に参戦して軍功を挙げた人々へ没官領を宛がっており、正慶元/元弘2(1332)年12月1日、将軍家政所(別当相模守平朝臣:執権守時、右馬権頭平朝臣:連署茂時)「島津上総介貞久法師法名道鑑」に対し、「妙法院宮御跡」「周防国楊井庄領家職」「勲功賞」として宛がっている(『薩藩旧記』)。こうした恩賞と同時に関東は河内国の反乱勃発に対する再征の軍勢催促を行っており、正慶元/元弘2(1332)年12月5日には得宗被官とみられる御家人「尾藤弾正左衛門尉」「大塔宮楠木兵衛尉正成事」について、関東からの命を受けて上洛しており(『鎌倉遺文』31911『紀伊隅田家文書』)、11月中旬には出征の子細が固まっていたことがわかる。六波羅探題はこの関東からの命を受けて、管国の御家人に対して「有可被仰之子細、不廻時刻、可被参洛」すべきことを命じている。

 この頃関東においては諸国の御家人に対して「大塔宮楠木兵衛尉正成事、為誅伐所差遣軍勢也」と、追討の軍勢を「去季雖発向、重可進発」ことを述べ、「殊以神妙、引率庶子親類、可抽軍忠之状」を命じている(「関東御教書」『鎌倉遺文』31915『熊谷家文書』)

■六波羅御教書(『鎌倉遺文』31911『紀伊隅田家文書』)

 依大塔宮并楠木兵衛尉正成事、自関東尾藤弾正左衛門尉殿上洛也、有可被仰之子細、不廻時刻、可被参洛、仍執達如件

 正慶元年十二月五日 左近将監
           越後守
 須田一族中

■関東御教書(「関東御教書」『鎌倉遺文』31915『熊谷家文書』)

 大塔宮并楠木兵衛尉正成事、為誅伐所差遣軍勢也、去季雖発向、重可進発云々、殊以神妙、引率庶子親類、可抽軍忠之状、依仰執達如件

 正慶元年十二月九日 右馬権頭
           相模守

  熊谷彦四郎殿

■関東御教書(『鎌倉遺文』31933『和泉日根野文書』)

 大塔宮并楠木兵衛尉正成誅伐事、所被差上関東軍勢也、早引率一族親類、殊可致軍忠状、依仰執達如件

 正慶元年十二月廿五日 右馬権頭
            相模守

  日根野雅楽左衛門尉殿

 また、大塔宮の令旨を受けたとみられる「朝敵」「阿■河」に充満し、12月9日には「山崎」から京都へ攻め入った(「上総茂原寺文書」『鎌倉遺文』31923)「阿■河」は現在の高槻市安満新町から東天川一帯とみられ、反関東の軍勢が水無瀬、大山崎の要衝を抑えていたことがうかがえる。このとき、大番として在京していたと思われる「宇津宮、赤松入道賜打手、早速追返了」と、宇都宮高綱および赤松円心入道がこれを追い返している。「朝敵」は壊走して摂津国の山寺忍頂寺に逃れ、「仁定寺に構城郭引籠」ったが、宇都宮勢によって攻め落とされた。宇都宮は12月15日に帰洛し、「打落頸其数令持参候」(「上総茂原寺文書」『鎌倉遺文』31923)という。

河内平野の争乱と赤松円心の挙兵

 こうした畿内の不穏な状況に、関東御教書を受けたとみられる「紀伊国御家人」が翌年の正慶2/元弘3(1333)年正月5日、上洛の途上で通過する「河内国甲斐庄安満見」(『楠木合戦注文』)で楠木勢と遭遇し交戦。「井上入道、上入道、山井五郎以下五十余人」が楠木勢に討たれた。

 正月14日には「河内守護代」「俣野」「和泉国守護(脱代歟)」「田代、品河、成田以下地頭御家人」が追い落とされている。守護代俣野某が居住していた守護所は「丹南」にあり、俣野が地頭職であった地(丹下、池尻、花田)もその周辺にあることから、合戦は守護所を中心に行われ、正成は甲斐庄から河内国の平野部に進み、拠点を築いて駐屯したとみられる。

 こうした河内国や和泉国での楠木勢の大規模な攻勢に、六波羅探題は翌15日、大塔宮および楠木正成が大規模な拠点を築いていた「千剣破城河内金剛山」(『続史愚抄』)に大軍を派遣し、根底の殲滅を試みた。一方、楠木正成は15日夜にも河内国御家人を攻めており「当器左衛門尉」「中田地頭」「橘上地頭代」が館を自焼して逃れるなど、河内国平野部に留まって周辺域を駆逐していたことがわかる。翌16日に「山城国問田林太郎兵衛尉実広」「馳参御方」(「林実広軍忠状」『鎌倉遺文補遺編』)したのは、正成による調略または陶器、中田、橘上などが襲撃を受け、問田林村(富田林市)周辺の情勢が緊迫したためであろう。

 六波羅探題は摂津からの防衛線及び河内平野部に展開する楠木勢への対応のため、「両六波羅殿代 一方竹井、一方有賀」を主将に、「縫殿将監、伊賀筑後守、一条東洞院(以下は辻の守護人?)、五条東洞院、春日朱雀、四条大宮、四条堀河トカシ、姉小路西洞院、春日東洞院、同大宮水谷、中条、厳島神主、芥河、此外地頭御家人五十騎」が派遣され「天王寺構城郭」という(『楠木合戦注文』)。わずかに五十騎ばかりの派遣であり、戦闘部隊ではなく四天王寺の守りを強固にするための土木を含めた部隊ではなかろうか。摂津の要衝に建つ四天王寺は城塞としての役割も持ち、すでに六波羅から遣わされた御家人が駐屯していたと思われる。

 正月19日朝には「大将軍四条少将隆貞」以下「楠木一族、同舎弟七郎、石河判官代跡代百余人、判官代五郎、同松山子息等、平野但馬前司子息四人四郎天王寺ニテ打死ス、平石、山城五郎、切判官代平家、春日地同、八田、村上、渡辺孫六、河野、湯浅党一人、其勢五百余騎其外雑兵知数」が四天王寺に押し寄せ、深夜子刻に至るまで十数時間にわたる激しい攻防の末に四天王寺は落ちた(『楠木合戦注文』)

 四天王寺は南北に連なる上町台地上にあることから、楠木勢が東から攻勢をかけることは考えにくく、南北いずれかから攻め寄せたと考えられる。摂津北部にも「大塔殿御所為」(「上総茂原寺文書」『鎌倉遺文』31923)の反関東勢力が存在していたが、すでに宇都宮高綱、赤松円心入道によって鎮定されていたことや、寄手の交名から摂津国とは連携していない河内国南東部からの出征であろうとみられることから、おそらく天王寺南部域から攻め寄せ、合戦は阿倍野(阿倍野区阿倍野筋)あたりで行われたのだろう。楠木勢は四天王寺を攻め落としたのち、熊野街道を北進し台地直下の渡邊津を占拠。22日の夕方申刻に拠点の葛城方面へと引き返している。

 四天王寺および渡邊津の陥落を受けた六波羅探題は、その奪還のために再征を決定。正月23日には勇猛で知られた「宇津宮五百余騎」が四天王寺に押し寄せた(『楠木合戦注文』)。宇都宮高綱はまず「楠木城」に討ち入るも、「宇津宮家子ニ左近蔵人舎弟右近蔵人大井左衛門以下十二人」が生け捕られている。この「楠木城」は楠木正成が渡邊津を占拠した際に、台地北端の熊野街道沿い(現在の大阪城周辺か)に築いた砦であろう。おそらく宇都宮勢は淀川筋を船で進み、渡邊津に上陸すると、楠木勢を駆逐。そのまま熊野街道を登坂して「楠木城」を攻めたものの苦戦したとみられる。ただし、その後、宇都宮高綱は四天王寺に入っていることから、四天王寺は六波羅勢によって奪還されたとみられる(『楠木合戦注文』は主に楠木方の戦勝記録のみ記載されている)。六波羅探題はさらに「佐々木判官、伊賀常陸守」らを派遣した様子がみられ、六波羅勢は天王寺周辺から楠木勢を駆逐することに成功したのだろう。そして2月2日に「宇津宮」は帰洛し、「佐々木判官、伊賀常陸守」は天王寺に駐留した(『楠木合戦注文』)

 このような中、正月21日には播磨国で「則村入道円心、赤松」が兵を挙げている(『続史愚抄』)。則村入道の子・律師妙善房(則祐律師)は「天台山大塔宮の候人なり」(『赤松記』)という由緒が伝わる人であるが、大塔宮はこの挙兵を受けて播磨国佐用庄に祗候人「殿法印御坊」(「城頼連申状」『毛利家文書』四)を派遣し、2月26日に高田城を落とした。大塔宮は2月21日、播磨国の大寺・太山寺「伊豆国在庁北条遠江前司時政之子孫東夷等」(「播磨大山寺文書」『鎌倉遺文』31996)を「為加成敗」のため、「早相催一門之輩、率軍勢、不廻時日、可令馳参戦場之由」の令旨を下すとともに、「今月廿五日寅一點、率軍勢、可令馳参当国赤松城、殊依時高名、於勧賞者、宜依好之由、重被仰下候也」と、2月25日早朝までに赤松円心のもとに馳せ参じて協力すべきことを命じており、太山寺衆徒も「殿法印御坊」の手に属して高田城を攻めたのだろう。大塔宮はこの功績に対して太山寺へ「丹波国和庄」(「播磨大山寺文書」『鎌倉遺文』32048)を寄進している。

 わずか二か月前に「大塔殿御所為」の洛中兵乱を宇都宮高綱とともに鎮圧した「赤松入道」(「上総茂原寺文書」『鎌倉遺文』31923)が、俄に播磨国に下向して関東に弓引くことになったのかは不明である。挙兵後しばらく大塔宮も対応も遅いことから、赤松入道の挙兵は宮自身も意外なことであったのかもしれない。また、大塔宮は九州にまで令旨を遣わしており、2月7日には「原田大夫種直」へ「高時法師一族凶徒等」について「早追討英時、師頼以下之輩」を命じている(『三原文書』)

 一方、正月29日、京都に「出羽守入道道蘊二階堂が入洛(『続史愚抄』)し、続けて「弾正少輔弼治時、陸奥守右馬権助高直、遠江入道宗教法師、彼等其外一族大将軍トテ関東ニサルヘキ侍多分指上」が上洛(『保暦間記』)した。すでに大和国の御家人は大塔宮の籠る大和国吉野に向かっており、正月30日には大和国高市郡松山村(高取町松山)で「大和国茉山合戦」が起こっている。

千早・金剛山攻め

 京都に到着した関東勢は、河内、大和、紀伊の三手に分かれて河内南東部へ出征し、2月22日には「大将軍阿蘇遠江左近大夫将監殿、長崎四郎左衛門尉、既楠木之城被害之由披露」と、「楠木之城」を制圧したことを六波羅探題に伝えている(『楠木合戦注文』)。この合戦では、本間氏、須山氏、猪俣党、結城白河出雲前司らの活躍が伝えられている。このときに陥落したのは千早・金剛山への入口を押さえる赤坂城のひとつ(千早川北岸の下赤坂城)と思われ、寄手は河内道を進んだ弾正少輔弼治時の大手軍とみられる。この赤坂城合戦は2月2日から「十三ケ日之間、被責」たとあり(『大乗院日記目録』)、2月15日に「大手本城」を守衛していた「平野将監入道既三十余人参降人畢、此内八人者逐電、或生捕、或及自害被所、又以被落之由」であったのだろう。この「平野将監入道」は四天王寺合戦で正成とともに戦った平野但馬前司の一族であろう。城中にいたという風聞のあった楠木正成舎弟の七郎正季も行方知れずとなった。なお、平野麾下の降参は「平野入道以下三百八十二人」(『大乗院日記目録』)であったという。また、赤坂城陥落とほぼ同時に六波羅から大和の大寺に対する援兵要請が関東に遣わされたと思われ、2月30日、「東大寺衆徒」に対し、「大塔宮楠木兵衛尉正成」らの「対治凶徒」を指示する『関東御教書』が下されている(「前田氏所蔵文書」)

 このころ、大和道を進む陸奥守右馬権助高直の搦手勢(奈良路)は金剛山の東側(高市郡方面)から「楠木爪城金剛山千早押寄」ており(『楠木合戦注文』)、2月27日には「斎藤新兵衛入道子息兵衛五郎」「佐介越前守殿御手」に属して攻めたが、「自上山以石礫数ヶ所被打」という石礫による打撲を負い、家子若党も数人が負傷したり討死したという(『楠木合戦注文』)。しかし、関東勢の攻勢は凄まじく、楠木正成が各所に構えた砦はほぼ制圧され、三、四か所を残すのみとなっていた。

 また、2月13日には松山を越えて吉野方面へと進んでいた大和国御家人の「大和国高間大弐行秀、同舎弟輔房快全等」(「能登妙厳寺文書」『鎌倉遺文』32230)「石黒坂合戦」を経て、閏2月1日には吉野山に至り、「捨身命防戦之間、所従両輩被打畢」という激戦の末に吉野山は陥落した。吉野山にいた大塔宮は高野山へと逃れたとされ、「二階堂出羽入道道蘊」が軍勢を率いて「乱入満山、卜本陣於大塔、尋求護良王子」(『高野春秋』)したが、護良親王は大塔の天井の梁間に隠されてついに発見に至らなかったという。

 赤坂城を落とした河内道の阿蘇弾正少輔弼隊は千早川を渡り、より堅固な南岸赤坂城(上赤坂城)に迫ったのだろう。熊谷小四郎直経「為誅伐大塔宮楠木兵衛尉正成、可馳参之由」に応じて、一族の「平次直氏、六郎直朝、五郎四郎直員等」を相具して、2月25日から28日の戦いにおいて「大手木戸口」に戦い、真っ先に楯や土石を以て堀を埋めたという(「熊谷直経合着到状案」『安芸熊谷家文書』)。2月26日には「俣野彦太郎藤澤四郎太郎若党十余人」が合戦し、28日には寄手大手軍は「手負死人其既一千八百余人」(『楠木合戦注文』)を数えた。苦戦しつつも、大手勢は赤坂城を攻め落とすと、千早川を遡上して千早城西側に進んだとみられる。そして閏2月5日には熊谷小四郎直経は「馳向千葉城、於大手堀鰭相戦、構矢倉、致終夜之忠勤」(「熊谷直経合着到状案」『安芸熊谷家文書』)と、千早城大手掘あたりで合戦し、さらに陣中には矢倉を築いて警衛を行ったという(「熊谷直経合着到状案」『安芸熊谷家文書』)。大手勢はその後も攻勢をかけ、閏2月26日朝には熊谷直経は「茅岩屋城大手ノ北ノ堀ノナカヨリ、ヘイノキワエせメアカリ、先ヲカケ、新野一族相共ニ、合戦ノ忠ヲイタシ候」(「熊谷直経合戦手負注文」『安芸熊谷家文書』)とあり、千早城の城内にも侵入しつつ合戦を繰り返していたとみられる。

 一方で六波羅探題は「伊予国、播磨国之悪党蜂起」に「近日被仰付国守護人可加追罰之由」を命じるなど、諸所に対応せざるを得ない状況にあったが、こうした中で、閏2月24日に「前左少将忠顕供奉」して「先帝竊出御隠岐御所国分寺、即召小舩」(『続史愚抄』)して「主上出御隠岐国」(『元弘日記裏書』「大日本史料」)と、先帝後醍醐が隠岐国から脱出。海流に乗って「着御出雲」(『続史愚抄』)した。おそらく堺の湊(境港市)に流れ着き、上陸後は「謫處幸伯州大山寺」(『皇代略記』)に入った。先帝の脱出を知った「隠岐判官(佐々木清高)」が追うも、「伯耆国名和又太郎源年長兄弟、依御憑奉入舩上山寺、奉守護之」(『大乗院日記目録』)といい、ここに「出雲守護塩冶判官高貞、富士名判官義綱以下」が馳せ参じた。これは、これまでの楠木一党や河内、和泉、大和の在地武士や寺社、一部の地頭層による叛乱とは一線を画し、関東裁定の否定及び国守護の離反という、関東の威光が一気に地に落ちる大事件であった。3月7日には六波羅勢が播磨国の「摩耶城赤松」を攻めるも敗北。京都に逃げ帰るも3月10日に再び播磨国へ出征している。これと同時にに摂津国の勝尾寺に対して、3月12日に寺僧を催して「播磨国謀叛人赤松孫次郎入道等追討事」を命じている(『勝尾寺文書』)。しかし戦いは六波羅勢の敗北に終わったという(『大乗院日記目録』)

 3月5日には「六波羅勢与橘正成戦大敗」(『続史愚抄』「道平公記」)とあり、千早及び金剛山の戦いで六波羅勢が大敗を喫したとみられる。摂津国でも赤松円心入道が太山寺大衆とともに、閏2月15日に「摂津小平野兵庫嶋合戦」、23日には「尼崎合戦」、24日には「坂部村合戦」、3月1日には「摩耶山合戦」(『大山寺文書』)など、摂津国沿岸部一帯で六波羅勢と激しく交戦していた。ここは百五十年前に一ノ谷合戦が行われた一帯で福原京が置かれたように、京都へ至る交通の要衝であり、京都の命運を左右する最重要地域であった。ところが、六波羅勢はこの戦いに敗れ撤退。強い危機感を抱いた六波羅は、3月8日「構釘貫于京師、可鑿大堀旨被定」ている(『続史愚抄』「道平公記」)。赤松円心入道は摩耶山に接する「布引ノ城(神戸市中央区葺合町)」を拠点と定めて京都へと進んだ。先帝の隠岐脱出の報や風聞も影響したとみられるが、すでに九州、西国の反旗は燎原の火のように広がっていたのだろう。そして、3月12日、「赤松入道京都七条マテ打入トイヘトモ被追返畢」(『博多日記』)といい、赤松円心入道の子・律師則祐「隅田、高橋在京武士相副、今在家、作道、西八条辺差向ケル、桂河前」に防戦する六波羅勢と対峙(『神明鏡』)。律師則祐は渡河して小勢ながら六波羅勢を駆け破ったが、12日夜に河野九郎左衛門(対馬守通有の九男・通治)、陶山次郎を大将とする六波羅勢に敗れて退いた(『神明鏡』)。赤松勢は七条辺まで攻め上っており(『博多日記』)、太山寺衆徒も加わっているが、翌13日の「京都合戦」「打死大夫房大将実名源真、肥後実名有慶、同日手負民部実名重舜、兵部実名了源、少輔実名円範、丹後実名心善(『大山寺文書』)という激戦だった様子がうかがえる。

 赤松勢を追い返したとはいえ、洛中にまで敵の侵入を許したことに危機感を強めた六波羅探題は、「帝ハ六波羅ノ北殿ニ御入」(『博多日記』)と、光厳天皇を六波羅探題北殿に遷した。なお「京中さハかしくなりて上皇も新主も六波羅にうつり給ふ」(『神皇正統記』)「後伏見院諱胤仁、正慶二年三月十二日、奉伴主上両院、幸六波羅」(『皇代略記』)とあるように、後伏見上皇、花園上皇も同じく六波羅探題に遷っている。供奉の公卿は「日野大納言資名、同中納言資明卿、二人、堀川大納言具親已下、上達部三、四人」(『続史愚抄』)であった。なお、京都から敗走した赤松円心入道は、一旦は拠点の「布引ノ城」へ籠るが、その後「八幡」に陣して京都を窺っている(『博多日記』)。この合戦と同時に六波羅探題は関東に追加兵力の上洛を要請したのだろう。千早・金剛山を攻める軍勢も手いっぱいであり、そこからの援兵は見込めない状況であったからである

 また、3月11日には千早金剛山寄手の「新田小太郎義貞、自大唐宮綸旨給之下向下野国」(『大乗院日記目録』)という。大塔宮の「綸旨」とある時点で当時の記録とは言い難いが、当時の新田氏は足利氏の指揮下にある「足利一門」(田中大喜『新田一族の中世:「武家の棟梁」への道』)であり、帰国は足利家当主・足利高氏の密命であったのかもしれない。「新田一族」は千早・金剛山攻めが行われる直前には「大番衆」として在京しており(『楠木合戦注文』)新田義貞も大番衆の一人であったろう。「新田一族」は「大和道」の「大将軍陸奥右馬助殿」の手に属して金剛山を攻めていたとみられ、新田義貞が関東に帰還したことが事実とすれば、鎌倉在の宗家足利高氏と「先代追討」の相談を行った可能性が高いだろう。

 この頃、千早攻めを行う「和泉国御家人和田修理亮助家」のもとに4月3日付の大塔宮令旨が届けられる。大塔宮はおそらく金剛山に籠っていたと思われるが、寄手の一人である和田助家へ「追討関東之凶徒、可励報国之忠節」を命じる令旨を届けているのは、内通発覚による混乱も視野に入れたものかもしれないが、和田氏が和泉国御家人であり、楠木正成とも面識があったためかもしれない(『和田文書』)。助家は「治病更発」のために「子息助康」に郎従数名を付けて密かに千早陣中を抜けさせて赤松円心勢と合流させており、助康は4月8日に桂川西岸久我畷の「於赤井河原戦場致合忠」(『和田文書』)している。これは桂川西岸の高台(西岡)から石清水八幡宮寺の鎮座する男山を抑えていた赤松入道勢と、奪還せんとする六波羅勢との攻防が続いていたことを意味し、久我畷付近の戦いはおそらく4月3日にも行われている(「村上太郎左衛門所蔵文書」『萩藩閥閲録』132)。そしてこの日、「但馬宮自峯堂御出于男山」(「林実広軍忠状」『鎌倉遺文補遺編』)とあり、「但馬宮」なる皇族が突如「峯堂(高野山?)」から御出して、前線の男山へ移っている。なお、助家はこの後も千早攻めに従軍しており、4月14日には子息の中次助秀が「茅葉屋城」の合戦で負傷(『和田文書』)している。

 そして3月27日、「関東大勢重而上洛、大将足利高氏兄弟、吉良、上杉、仁木、細川、今川、荒川等卅二人大名、次日名越高家同為大将上洛」(『大乗院日記目録』)という。これは六波羅探題から関東への救援要請を受けたものとみられ、関東も追加派兵は想定外で、急遽定められた大将軍は足利高氏と名越高家の二名であった。彼らの上洛日時は不明だが、鎌倉出立時期を考えると4月10日頃だろう。なお、派兵の大将がわずか二名で「気早ノ若武者」の高家を起用せざるを得なかったのは関東の人材不足が原因であるともされているが、この派兵はあくまでも京都を窺う桂川西岸域の”叛乱”軍からの京都防衛と地域奪還を主目的とするものであって、千早・金剛山攻めの援兵ではない。すでに京都から笠置攻めで動員された東国御家人は帰国する人々もあり、鎌倉守衛の兵も残しつつ、足利高氏・名越高家という名門血統の両大将を派遣することで、士気の鼓舞も狙ったのであろう。

※足利高氏がのちの北条一門滅亡後に最大級の厚遇を受けていることから、かなり以前、具体的には元弘2(1332)年の笠置攻めの大将軍として上洛した際に後醍醐先帝から関東からの離反を命じる綸旨を賜っていた可能性が高いだろう。これもまた綸旨発覚による追討軍の混乱も想定したものであったろうが、足利高氏は笠置攻め後には御所に参内して挨拶することもなく早々に関東へ帰還してしまっていることからも、北条「一門」とは一線を画していたことがうかがえる。そして、畿内の楠木正成らの蜂起により多くの御家人が上洛したことで、鎌倉は相当手薄な状況にあったと推測される。足利高氏はこうした状況下で後醍醐上皇の綸旨を奉じて鎌倉の占拠を計画したと思われるが、京都の情勢をより正確に把握するまでは動かなかったのだろう。実は京都大番衆には「足利蔵人二郎跡」「山名伊豆入道跡」「寺尾入道跡」「新田一族」「里見一族」ら足利庶家が多くあり、高氏は鎌倉にいながら畿内の情勢を把握できたのだろう。そして、先帝の隠岐脱出及び摂津筋の陥落も知った高氏は、3月に入り金剛山攻めの搦手軍に加わっていた新田寺尾の惣領家・新田小太郎義貞を関東に呼び戻すと、新田一族と連携しながら鎌倉の占拠を企てたのではなかろうか。ところが、高氏は急遽、京都へ追加派兵の大将軍とされてしまったため、計画の変更を余儀なくされる。しかし、畿内の状況を実見することで最適のタイミングを図ることができた高氏は、関東在の新田岩松経家と新田義貞に決起の日付を伝えた上で、ほぼ東西同時に挙兵する計画を起こしたのだろう。

             +―北条朝直―――北条宣時――――北条宗宣―――北条維貞―――北条貞宗
             |(遠江守)  (遠江守)   (陸奥守)  (修理大夫) (陸奥守)
             |
             +―女子           +―北条時宗―――北条貞時―――北条高時
             | ∥            |(相模守)  (相模守)  (相模守)
             | ∥            |
             | 千葉介頼胤  北条時頼――+―北条宗頼―――女子
             |(千葉介)  (相模守)   (修理亮)   ∥
             |                       ∥――――+―北条守時
      +―北条時房―+―北条時盛―――女子             ∥    |(相模守)
      |(武蔵守)  (越後守)   ∥              ∥    |
      |               ∥―――――――北条義宗―――北条久時 +―平登子
      | 平基親――――女子     ∥      (駿河守)  (武蔵守)   ∥
      |(兵部卿)   ∥――――――北条長時                  足利高氏
      |        ∥     (武蔵守)                 (治部大輔)
      |        ∥
 北条時政―+―北条義時 +―北条重時―+―北条業時――――北条時兼―――北条基時―――北条仲時
(遠江守)  (陸奥守) |(陸奥守) |(陸奥守)   (尾張守)  (左馬助)  (越後守)
        ∥    |      |
        ∥――――+―北条朝時 +―女子
        ∥     (遠江守)   ∥―――――――北条時家―――北条高家
 比企朝宗―――女子     ∥      ∥      (兵庫頭)  (尾張守)
(藤内)           ∥――――――北条公時
               ∥     (尾張守)
        大友能直―――女子
       (左近将監)

 畿内はすでに大塔宮・楠木正成だけではなく、赤松入道に奉じられた先帝供奉人の「頭中将殿(千種中将忠顕)」らによる在京御家人の切り崩しが加速的に進んでおり、4月1日には千早大手攻めの熊谷小四郎直経に大塔宮から「伊豆国在庁時政子孫高時法師」の「被加征伐」(「大塔宮令旨」『安芸熊谷家文書』)を命じる令旨が下されるとともに、4月中には「可令退治四ヶ国凶徒之旨、被下 綸旨」(「熊谷直経代同直久軍忠状」『安芸熊谷家文書』)が下されている。なお、令旨の当日である4月1日には直経は「於大手西山中尾登先、抽忠節、被疵者也」(「熊谷直経合戦手負注文」『安芸熊谷家文書』)とあるように千早城の山中まで侵入して戦っているが、その直後、熊谷一族は千早陣から撤退して洛南の赤松入道勢と合流したとみられる。4月17日には陸奥国白河郡の「結城参川前司殿(結城親朝)」「前相模守平高時法師」の追討を命じる(「結城文書」『鎌倉遺文』32094)など、この頃、大塔宮は「高時法師」の誅伐を命じる令旨を頻出している。備後国で強大な影響力を持つ山内首藤三郎通継一族も離反し、5月2日には山崎の赤松・千種勢と合流している(「首藤通継申状」『山内首藤文書』)

 千種中将と同道していたとみられる「坊門侍従家(右大弁清忠カ)」も軍勢を率いて「西岡警固御向」い、「粟生山観音寺(長岡京市粟生清水谷)」に城郭を構えて「打塞大江山」いだという。芝山の街道を封鎖し丹波方面から寄せる六波羅勢を遮断するためとみられる。4月21日、六波羅勢は芝山と善峰川を挟む高台の大原野(京都市西京区大原野上里南ノ町周辺)に布陣したが、千種・赤松勢に属していた問田林太郎兵衛らが攻め落とした。大原野の陥落により、現状の兵力で六波羅勢が北部から桂川西岸の高台(西岡)へ攻め入ることは困難になったのである。

 そのころ、京都では大原野の陥落の報国もあったであろう。鎌倉から上洛して駐屯していた足利前治部大輔、名越尾張前司は、桂川西岸域を制するべく出陣したとみられる。「西岡」には赤松入道円心、千種頭中将忠顕、男山には赤松則祐律師、但馬宮らが布陣していたのであろう。足利高氏は丹波街道を南下して大原野から西岡を目指し、名越尾張前司は久我畷付近に駐屯する六波羅勢と合流して西岡を攻める手はずであったのだろう。

 ところが4月27日、「名越尾張前司発向」したものの、久我畷で赤松・千草勢とぶつかり、「菱河」で早々に討死を遂げてしまう(『元弘日記裏書』「大日本史料」)。赤松勢の一員として参戦していた問田林実広は、この戦いで「討留名越尾張前司一族、取進頸」(「林実広軍忠状」『鎌倉遺文補遺編』)という。実名は不明だが、名越高家に従軍していた名越名字の人物を討ったのだろう。また、赤松入道円心の妹を母とする佐用兵庫介範家「鎌倉ノ軍大将討名越尾張守高家大ニ在戦功」(「佐用頼景系」『播磨国諸家系図』)という。

 一方で、搦手大将軍の足利高氏は、在京中の4月22日には「先代追討ノ御内書」を関東在の「兵部大輔経家新田義貞」に送り彼等を「両大将」として関東を討つ指示をしている(田中大喜『新田一族の中世:「武家の棟梁」への道』:『正木文書』)ことから、畿内の様相を実見し、新たな先帝の綸旨も得たことで、以前からの鎌倉占拠計画を実行に移したと思われる。この両新田への密書と同時に、鎌倉にも足利一族引き上げと、千寿王丸の新田勢合流、竹王丸の上洛(三河足利党との合流か)も伝達されたと思われる。

 名越高家が久我畷の戦いで討死を遂げた4月27日、足利高氏は西岡攻めの搦手軍として丹波路へ進んでいたが、南下することなくそのまま西行して大江山を越え丹波国篠村(亀岡市篠町)に入った。高氏はここに数日滞陣し、「結城上野入道殿(結城宗広入道)」(「結城文書」)「小笠原殿(小笠原貞宗)」(『笠系大成附録』)「周防五郎三郎との(島津忠兼)」(『島津家文書』)「野介高太郎殿」(『前田氏所蔵文書』)「嶋津上総入道との(島津貞久)」(『薩藩日記』)「大友近江入道殿(大友貞宗)」(『大友文書』)「阿蘇前太宮司殿(阿蘇惟直)」(『阿蘇家譜』)など各地の有力御家人に「自伯耆国蒙 勅命候之旨参候、合力之旨本意候」と、関東を見限ることへの協力を求める文書を発給している。そして4月29日、篠村八幡宮(亀岡市篠町篠)に「随 勅命所挙義兵也、然間占丹州之篠村宿、立白旗」(『丹波篠村八幡宮文書』『鎌倉遺文』32120)と誓い、挙兵したのであった。そして5月2日、高氏は先帝後醍醐に対し、「綸旨重令拝見候」と二度目の綸旨(一度目は前年上洛時か)を拝見したことを述べ、「任 勅命、先日拝領状之請文、弥可抽軍忠候」と報告している(「足利高氏請文」『伊勢光明寺残篇』『鎌倉遺文』32127)

 一方、同日には「千寿王丸、竹王丸、鎌倉没落」(『大乗院日記目録』)とあるように、高氏の嫡子千寿王と、庶長子竹若丸(実際は竹若丸)が鎌倉から遁れている。高氏からの使者によるものと思われる。鎌倉脱出後の千寿王丸は北上して新田経家・新田義貞と合流に成功するが、西へ向かった竹若丸「長崎勘解由左衛門沙汰」によって駿河国「浮島原」で捕らえられて討たれた(『大乗院日記目録』)。竹若丸は「母加子六郎女」(『諸家系図纂』)で、「尊氏謀反之時、伊豆国走湯山頼中坊同心、忍上洛」のときに「駿河国江尻原自害」という(『諸家系図纂』)。竹若丸が頼ったのは、足利宮内少輔泰氏の子・加古六郎基氏の末子で「密厳院別当」の「加古法印 覚遍」(『尊卑分脈』)であった。竹若丸の叔父にあたる。覚遍は「元弘三壬八―討死」とあるが、これは「元弘三五八―討死」の誤りであろう。つまり、5月2日に鎌倉を脱出した竹若丸は伊豆山で覚遍法印と合流して西へ向かったものの、5月8日に浮島原で討たれたということである。駿河国にはのちに「竹若御料御菩提所、駿河国宝樹院」(『諸家文書纂』)が建立され、高氏から寺領が寄進されている。なお、伊豆山密厳院は頼朝の師僧阿闍梨覚渕が開いて以来、鎌倉殿の信仰篤い寺院であったが、足利泰氏の子の覚玄法印覚海法印曽孫頼潤法印(別当記載なし)が別当となるなど、鎌倉期初中期には足利家が別当を輩出する寺院となっていた。覚編法印もその跡を受けた者とみられる。密厳院は「是則前別当覚遍法印御一家、并竹若御料人等持寺殿御息、の御遺跡として殊に興隆を致し、彼御菩提を訪申へきよし、慇懃の仰を承て」(『醍醐寺文書』3696)とあることから、高氏は竹若丸を別当覚遍に付し、いずれ密厳院の別当に据える予定だったとみられる。

 5月7日、足利高氏は京都に発向して六波羅を攻めた。高氏は丹波国から京都へ入っていることから六条坊門小路から入京したと思われ、東進して六波羅探題北方へ向かったのだろう。一方、桂川西岸の赤松・千種勢は、「鳥羽造道」(「源頼連申状案」『毛利家文書』)「東寺造道」(「雅楽助源頼連申状案」『毛利家文書』)、「竹田河原、高倉縄手」(「僧清源申状」『毛利家文書』)を北上していることから、壬生大路から高倉小路にかけて東西幅広く入京し、六波羅南方へ迫ったのだろう。六波羅勢は鴨川を防衛線として徹底抗戦しており、寄手も問田林実広が「於六波羅西河原、終日終夜抽軍忠(「林実広軍忠状」『鎌倉遺文補遺編』)と鴨川の河原で奮戦していることがわかる。南側の寄手は鴨川の防衛線を突破すると六波羅館の「六波羅南角箭倉之際」(「雅楽助源頼連申状案」『毛利家文書』)、「六波羅未申角箭倉之際」(「僧清源申状」『毛利家文書』)で戦っているが、「南角箭倉之際」は六波羅館の隅櫓の一つとみられ、ここから散々に矢箭を降らせたのだろう。

 しかし、六波羅はすでに寡兵であったところに、本来加勢だった足利高氏が敵勢として攻め寄せ、さらに西国の御家人がこぞって離反する中で支え切れるはずもなく、7日の夕刻、「為女官沙汰、内侍所奉入権大納言公宗卿北山第」と女官に神鏡を持たせて北山の西園寺家別邸に遷した(『皇年代略記』)。そして「元弘三年五月八日、仲時時益奉具新主両主没落関東」(『皇年代略記』)と、探題北方の越後守仲時、南方の左近将監時益は光厳天皇、後伏見上皇、花園上皇に供奉して関東へ向けて京都を発した(『元弘日記裏書』)。ところが時益は「於関山伏誅」(『元弘日記裏書』)または「江州四宮川原」(『尊卑分脈』)で矢に当たって討死を遂げた。北方の越後守仲時はこの戦いを切り抜け、南方の祗候人も同道して近江国坂田郡の山間まで落ち延びたが、ここで敵勢に囲まれ、仲時以下四百三十二名が「番場宿米山麓一向堂前」で討死、自害を遂げた(『近江国番場宿蓮華寺過去帳』)。四百三十余名もの軍勢が敗れ、諸将が自害するほどの軍勢が彼等を取り囲んだのであろう。「於江州馬場宿辺、三皇令留給、是守護輩自殺之故也」と、光厳天皇、後伏見上皇、花園上皇は守護する人々が壊滅したことで進退窮まり、京都へと連れ戻されることとなる。

 この逃避行では越後守仲時のもと、北条庶流の櫻田、苅田氏を筆頭に北条家有力被官の高橋氏、隅田氏、安東氏、陶山氏、糟屋氏ら六波羅祗候の武士が戦い、あるいは自害して散っている。自刃を遂げた人々のうちには、隠岐国で先帝後醍醐の警衛をした隠岐守護・佐々木清高、関東評定衆の二階堂忠貞入道、笠置攻めの大将軍のひとり河越参河前司、六波羅評定衆の三善康世ら重鎮の御家人も見える。

●『近江国番場宿蓮華寺過去帳』より(188名)

越後守仲時
(六波羅北方)
櫻田治部大輔入道浄心
(北条貞国入道)
苅田彦三郎師時
(北条師時)
高橋参河守時英高橋孫四郎業時
高橋又四郎範時高橋五郎盛時高橋孫四郎左衛門元時隅田左衛門尉時親隅田孫五郎清親
隅田藤内左衛門尉八村隅田与一真親隅田四郎光親隅田五郎重親隅田新左衛門尉信近
隅田孫七国村隅田又五郎能近隅田藤三国近隅田三郎祐近安東太郎左衛門尉祥兼
安東左衛門太郎則兼安東左衛門三郎則満安東三郎基兼中布利五郎左衛門尉綱能石見彦三郎吉国
武田下条十郎光高関屋八郎為好関屋十郎為経黒田新左衛門尉俊保竹井太郎盛充
竹井掃部左衛門尉貞昭斎藤十郎兵衛尉基親勘解由三郎兵衛尉長兼皆吉左京亮旃信小屋木七郎知秀
加藤七郎斯決塩屋右馬允渲恒内海八郎善宣海上八郎教詣岡田平六兵衛尉遠秀
岩切三郎左衛門尉有益窪平右衛門入道陵玄 (計42名)  
一向堂大庭討死
窪新右衛門尉宣高窪四郎宣政木工助入道祐善分次郎法真吉井彦三郎忠連
吉井四郎忠信壱岐孫七郎貞住窪次郎宣次 (計8名) 
南方内人々
糟屋弥次郎入道明翁糟屋弥三郎入道道教糟屋彦三郎入道倫芳糟屋六郎渲次糟屋五郎易隆
糟屋次郎重俊糟屋三郎能隆糟屋又次郎重安糟屋新左衛門経春糟屋左衛門次郎伴興
糟屋七郎三郎伴範糟屋藤三郎家泰大井次郎伴光櫛橋次郎左衛門尉義守南和五郎家盛
南和又五郎貞経原宗左近将監入道憐戒原宗彦七定行原宗十郎次郎俊茂豊島平五重経
豊島七郎家倍豊島平右馬三郎為住豊島五郎貞秋土肥三郎則実土肥五郎元実
御器所安東七郎経倫平塚弥四郎為稔西郡十郎国演怒借屋彦三郎保弘 (計29名)
一向堂仏前自害
穐次次郎兵衛尉則光半田彦三郎稔弘華房六郎兵衛入道全幸毎田三郎則弘宮崎三郎恒則
中間平五郎宮崎太郎次郎恒利宮崎上総三郎恒遠山木八郎入道玄桓山木十郎入道源徳
山木彦三郎繁盛山木小五郎為盛山木彦五郎為泰山木孫十郎繁教足立源五長秋
足立参河又六則利足立弥六則愰黒田次郎左衛門尉憲満広田五郎左衛門尉経英 佐々木隠岐前司清高
佐々木次郎右衛門尉泰高佐々木三郎兵衛尉高秀佐々木永寿丸片山十郎次郎入道祐珪片山弥次郎祥明
伊祐三郎家高伊祐治部丞義高伊祐孫八郎高通治田八郎良決走井三郎家景
中野井次兼尚木村四郎正高 二階堂伊勢入道行照石井中務忠光石井孫次郎忠泰
石井四郎程国海老名四郎忠景海老名与三忠元石川九郎道幹石川亦次郎通近
新藤六郎元弘片依小八郎忠光 豊後民部大輔三善康世
(六波羅評定衆)
三善三郎入道善照三善彦太郎康顕
三善孫太郎康明武田与次光方兒島介三郎顕氏兒島助太郎氏明真木野藤左衛門尉朝安
池守藤内兵衛尉行直池守左衛門五郎行重池守左衛門七郎行俊池守新右衛門尉顕重池守左衛門太郎顕行
牧野藤左衛門尉忠秋問注所信濃少輔外記清近問注所阿子光丸問注所彦太郎良近斎藤宮内丞教親
斎藤阿千丸筑前民部大輔伴弘筑前七郎左衛門尉家景田村中務入道明鑑田村彦五郎資信
田村兵衛次郎親信真上彦三郎持直真上又三郎信直陶山次郎清直陶山備中守清房
陶山与次清泰陶山小四郎敏信陶山四郎入道祥宗陶山九郎元良陶山四郎盛宣
陶山三郎敏忠陶山与三清弘陶山彦九郎清忠陶山七郎直清陶山彦三郎俊景
陶山又四郎敏実陶山紀七敏直陶山新藤五入道正通陶山又三郎真次陶山肥後房海範
陶山新三郎祥近陶山新次郎良房陶山小五郎真倫小宮山孫太郎吉愰小宮山小三郎師光
高見孫三郎近好小宮山六郎次郎規真菅野源五助光
(小宮山規真若党)
塩谷弥三郎家弘荘左衛門四郎俊光
藤田六郎種法藤田七郎頼宣新藤彦四郎能忠金子十郎左衛門尉伴弘真壁三郎秀忠
江馬彦次郎常久長崎与三種長近部七郎種次能登彦次郎為祐 川越参河入道乗誓
木戸三郎家保
(川越参河若党)
新野四郎朝繁甘糟三郎左衛門尉清経甘糟七郎知清 (計109名)

 5月8日、頭中将忠顕は「伯州詔」を奉じ、権大納言公宗の北山第に遷されていた内侍所を禁中へ移し奉った(『皇年代記』)

 5月24日、「前治部大輔高氏」「吉見殿(円忠)」に対し、「伊勢国凶徒対治事」についてしたためた「事書一通」を送達し「守此旨、可令致沙汰給候」と指示している。円忠は5月30日に施行案を認めているが、高氏からの書状を「今月廿四日御教書案文」と称し、6月3日を期して諸地頭等に「小河」へ馳せ参じることを指示命じるとともに、「於緩怠之儀者、関東同心之由、可令注申」と返答している(「伊勢光明寺残篇」『鎌倉遺文』32221)。ただし「元弘三年五月卅日」当時の高氏は従五位上に過ぎず、吉見円忠がこれを「御教書」と称した理由は不明。

 5月25日、関東擁立の光厳天皇は廃されて皇位を退き、正慶の元号は止められ元弘三年とされた(『皇年代略記』)。同日には九州探題の「武蔵修理亮英時」が「島津上総入道(道鑑)」「大友近江入道(具簡)」(『薩藩旧記』)、「筑後前司入道妙恵」(『上妻文書』)らによって攻め滅ぼされている。

 一方、関東においても「尊氏のすえの一ぞくなる新田小四郎義貞といふもの、今の高氏の子四になりけるを大将軍にして、武蔵国よりいくさをおしてけり」(『増鏡』)とあるように、高氏の「先代追討ノ御内書」を受けた「兵部大輔経家新田義貞」(『正木文書』)が高氏嫡子の千寿王丸を擁して挙兵した。

●千葉=北条周辺系図

 千葉介常胤―+―相馬師常―――相馬義胤――――相馬胤綱
       |(次郎)   (五郎)    (左衛門尉)
       |                ∥―――――――相馬胤村
       |                ∥      (左衛門尉)
       | 天野遠景―――天野政景  +―娘
       |(左衛門尉) (和泉守)  |(相馬尼)                        +―北条貞将
       |        ∥     |                             |(武蔵守)
       |        ∥―――――+―娘                           |
       |        ∥       ∥―――――――北条実時―――北条顕時――+―北条貞顕―+―北条貞冬
       | 三浦介義澄――娘       ∥      (越後守)  (越後守)  |(武蔵守)  (右馬助)
       |                ∥              ∥     |     
       |                ∥              ∥     +―女子
       |                ∥              ∥      (釈迦堂殿)
       |                ∥              ∥       ∥――――――足利高義
       |                ∥              ∥       ∥     (左馬頭)
       |                ∥              ∥       足利貞氏
       |                ∥              ∥      (讃岐守)     
       |                ∥              ∥     
       |                ∥              ∥―――――――女子
       |      +―北条義時――――北条実泰  +―千田泰胤―+―女子      ∥
       |      |(陸奥守)   (五郎)   |(五郎)  |         ∥――――――千葉介貞胤
       |      |               |      |         ∥     (千葉介)
       |      +―北条時房――――――――――――女子   +―女子      ∥
       |       (左京権大夫)        | ∥      ∥       ∥
       |                      | ∥      ∥―――――――千葉介胤宗
       |                      | ∥      ∥      (千葉介)
       |                      | ∥――――――千葉介頼胤
       |                      | ∥     (千葉介) 
       +―千葉介胤正――千葉介成胤―+―千葉介胤綱―+―千葉介時胤
        (千葉介)  (千葉介)  |(千葉介)   (千葉介)
                      |
                      +―娘(北条時頼の後室・千田尼)

■新田義貞の挙兵と鎌倉滅亡

生品神社
生品神社

 元弘3(1333)年5月8日、新田小太郎義貞上野国新田庄生品神社で鎌倉打倒の兵を挙げた。最近の研究では新田氏は鎌倉前期の新田政義の自由出家による没落で舅足利家の庇護を受けて以降、足利家一門とされたとの説がある(田中大喜『新田一族の中世:「武家の棟梁」への道』)

 当時の足利家当主・前治部大輔高氏は摂津・丹波との国境である桂川西岸地域から山崎方面を奪還する六波羅探題の援兵として上洛中であったが、元弘3(1333)年4月22日、在関東の「(岩松)兵部大輔経家新田義貞」「先代追討ノ御内書」を送り、彼等を「両大将」として討幕の挙兵を指示しており(応永三十三年七月「岩松伊予守満長代成次書状」『正木文書』)、新田経家と新田義貞の挙兵はこの御内書のもと行われたとみられる。「上野国ニ高氏一族新田義貞ト云者アリ、早鎌倉ヘ発向ス、尊氏カ息男アリ、共合戦ヲ可致由ヲ尊氏催促ス、則義貞彼命ヲ受ヲ、武蔵上野相模等ヲ催シテ鎌倉ヘ馳上」(『保暦間記』)ったという。

 『太平記』によれば5月9日に鎌倉では軍評定が行われ、翌10日にまず「金澤武蔵守貞将、五万余騎ヲ差副テ下河辺ヘ下」した。この金澤勢は「上総下総ノ勢ヲ附テ、敵ノ後攻ヲセヨトナリ」(『太平記』)の搦手であった。そして、鎌倉道を下ってくる新田勢を食い止める大手には「桜田治部大輔貞国ヲ大将ニテ、長崎二郎高重、同孫四郎左衛門尉、加治二郎左衛門入道」「武蔵上野両国ノ勢六万余騎ヲ相副」(『太平記』)て入間川へと派遣したという。

鎌倉地図 新田義貞の経路
▲新田義貞の鎌倉攻め(鎌倉をクリック)

 新田勢は5月11日、入間川で川を挟んで櫻田勢と対峙し、小手指原で桜田治部大輔貞国、長崎四郎高重、長崎孫四郎左衛門尉率いる鎌倉勢と合戦に及び、鎌倉勢は敗北して防衛線を久米川まで下げる。翌12日の久米川の戦いでも鎌倉勢はわずかに敗れ、さらに分倍河原まで撤退した(『太平記』)。なお、足利高氏の嫡子・千寿王は義貞の庇護のもと新田庄世良田宿に匿われており、少なくとも12日までは世良田宿にあり、「新田三河弥次郎満義世良田」もその麾下にあった(「鹿島利氏申状写」『南北朝遺文 関東編』1356)。『太平記』では9日に武蔵国へ入った時点で千寿王が新田勢に加わったことが記されているが、事実ではない。

 久米川の敗報を受けた北条高時入道は、5月14日、「舎弟四郎左近大夫入道恵性ヲ大将軍トシテ、塩田陸奥守入道、安保左衛門入道、城越後守、長崎駿河守時光、佐藤左衛門入道、安東左衛門尉高貞、横溝五郎入道、南部孫二郎、新開左衛門入道、三浦若狭五郎氏明」(『太平記』)を援兵に差し向け、翌15日深夜に分倍河原に着陣して桜田貞国の軍勢と合流。勢いを盛り返した鎌倉勢は新田勢を打ち破り、堀金(狭山市堀兼)まで追い落とした(『太平記』)。このとき新田勢の上野国碓氷郡飽間郷(安中市秋間)の御家人「飽間齋藤三郎藤原盛貞 生年廿六」「同孫七家行 廿三」が討死を遂げている(「武蔵府中・相模村岡合戦討死者供養板碑銘」『鎌倉遺文』32175)

 分倍河原の戦いで手痛い反撃を食った新田勢だったが、5月15日夕刻、義貞のもとに三浦一族・大多和平六左衛門義勝が松田・河村・土肥・土屋・本間・渋谷ら相模武士六千騎を率いて着陣。これに喜んだ義貞は、彼らを先陣として翌16日明け方に分倍河原まで進軍。鎌倉勢に襲いかかり追い落としたという(『太平記』)

●『太平記』にみる鎌倉攻め三手(『太平記』)

極楽寺切通 大館二郎宗氏、江田三郎行義
巨福呂坂 堀口三郎貞満、大嶋讚岐守守之
大将 新田義貞、脇屋義助(堀口・山名・岩松・大井田・桃井・里見・鳥山・額田・一井・羽川以下の一族達)

 千葉介貞胤の動向は、『太平記』においては「上総下総ノ勢」が武蔵守貞将に従って下河辺庄へと進んだ旨が記されており、千葉介貞胤も従兄弟の貞将の軍勢に加わっていたのであろう。しかしその後、「搦手ノ大将ニテ下河辺ヘ被向タリシ金沢武蔵守貞将ハ、小山判官、千葉介ニ打負テ下道ヨリ鎌倉へ引返シ給ケレバ、思ノ外ナル珍事哉ト人皆周章シケル」(『太平記』)とあり、千葉介貞胤はその途上で小山判官高朝とともに寝返り、貞将に襲い掛かったのではあるまいか。なお、『梅松論』では「下ノ道ノ大将ハ武蔵守貞将向フ処ニ、下総国ヨリ千葉介貞胤、義貞ニ同心ノ義有テ責メ上ル間、武蔵ノ鶴見ノ辺ニオイテ相戦ケルガ、コレモ打負テ引キ退ク」(『梅松論』)とあり、戦った場所は武蔵国鶴見であるという。

 千葉介貞胤と小山高朝が歩調を合わせて新田勢に呼応したのは、おそらく高氏からの御内書とともに両者の相談があったためであろう。もともと貞胤と高朝はともに先帝後醍醐の配流の護送を行ったり(『太平記』)、同時期に在京するなど接点も多く、交流もあったと思われる。高氏は4月27日から29日にかけて丹波国篠村で「自伯耆国、所蒙 勅命也」として諸大名に対して「令合力給候」ことを指示(「足利高氏軍勢催促状案」:『鎌倉遺文』)しており、当然貞胤や高朝にも催促状が出されていたのだろう。高氏の鎌倉占拠の計画は前述の通り、鎌倉に居住していた時点で練られていた(占拠の根拠は上洛時の先帝綸旨であろう)と思われ、3月の新田義貞の千早・金剛山からの帰国は高氏が呼び戻したものではなかろうか。ところが直後に高氏は六波羅の援兵として上洛することとなり、計画が一時とん挫したと思われる。その計画を再び動かしたものが、4月22日の御内書であったのだろう。

 鶴見で金澤勢に勝利した千葉・小山勢は、そのまま六浦の街道から鎌倉東側の要衝・朝比奈からの突入が考えられるが、千葉・小山勢が鎌倉で戦った記録はなく、鶴見以降の貞胤・高朝の動向は不明である。

 大手の四郎入道、搦手の武蔵守貞将の大敗に加え、六波羅探題の陥落も鎌倉に達しており、こうした急激な状勢の変化に鎌倉は周章した。このような中でも得宗高時入道は諸所に軍勢を手配し、執権の相模守守時(足利高氏義兄)には洲崎(鎌倉市大船)の敵を防ぐことを命じ、守時は5月18日に新田勢と激突した。守時は「此陣ノ軍剛シテ、一日一夜ノ其間ニ六十五度マデ切合タリ」(『太平記』)という戦いぶりを見せたという。この戦いは双方に多数の死者を出し、新田勢でもこの日「飽間孫三郎宗長 卅五」「村岡(藤沢市村岡)」で討死したことが知られる「武蔵府中・相模村岡合戦討死者供養板碑銘」『鎌倉遺文』32175)。しかし、寡勢の守時勢は次第に打ち斃され、ついに執権北条守時は自刃。侍大将の南条左衛門高直以下九十余名がこれに随ったという。洲崎を破った新田勢は山ノ内まで進軍した(『太平記』)

 新田勢が実際に三軍に分かれたかどうかは不明ながら、「搦手大将軍新田兵部大輔(当時は新田下野五郎経家)は5月19日に巨福呂坂口近辺にあった長勝寺(現在の材木座長勝寺との関係は不明)の前で合戦しており、さらに20日から22日にかけて巨福呂坂で合戦があったことがわかる(『群馬県史 資料編中世2』資料569)。実際の鎌倉攻めは、高氏の命を受けた「兵部大輔経家新田義貞」の「両大将」が大手大将軍の新田義貞、搦手大将軍の新田下野五郎(兵部大輔経家)が大きく二手に分かれて鎌倉を攻めたのであろう。洲崎で執権北条守時と直接戦ったのは、その後巨福呂坂に攻め入っている新田経家であったと思われる。そして、この鎌倉攻めのときには足利千寿王(高氏嫡男)が世良田から迎えられており、千寿王に従軍していた「新田三河弥次郎(世良田満義)」が21日に鎌倉市中で戦っている。ここは大手新田義貞の管轄であることから、千寿王は新田義貞の陣中にいたとみられる。

●実際の鎌倉攻め(軍忠状より抜粋)で従軍したことが判明する人々

方面 大将軍 資料でみられる従軍御家人(●は大将軍)

大手大将軍
・極楽寺坂
・大仏坂
足利千寿王  
新田太郎義貞 ●新田孫次郎盛成(5/19~21極楽寺坂大将軍:妙本寺系図)
●新田蔵人七郎氏義
  ・三木俊連(5/21霊山攻)
  ・三木行俊(5/21霊山攻)
  ・三木貞俊(5/21霊山攻)
●新田大館宗氏(5/18稲村崎、浜鳥居討死)
●新田大館孫次郎幸氏(5/21浜鳥居脇駆入)
  ・大塚五郎次郎員成(5/21浜鳥居参戦、6/1二階堂御所着到)
  ・大塚三郎成光(5/21浜鳥居討死)
大多和太郎遠明(5/21浜鳥居合戦)
海老名藤四郎頼親(5/21浜鳥居合戦)
飽間三郎盛貞(5/15府中討死)
結城上野入道道忠(5/18~22合戦)
田嶋与七左衛門尉広堯(同上)
片見彦三郎祐義(同上)
市村王石丸代後藤弥四郎信明(5/15分倍河原参戦、5/18前浜一向堂前参戦)
塙大和守政茂(5/16入間川着到、5/19極楽寺坂参戦)
徳宿彦太郎幹宗(5/19極楽寺坂参戦)
宍戸安芸四郎知時(5/19極楽寺坂参戦)
●新田遠江又五郎経政
  ・熊谷平四郎直春(5/16参戦、5/20霊山寺下討死)
吉江三位律師奝実
齊藤卿房良俊
石川七郎義光(5/17瀬谷参陣、5/18稲村崎参戦、5/21前浜合戦)
藤田左近五郎(5/18稲村崎参戦)
藤田又四郎(5/18稲村崎参戦)
岡部又四郎(5/21前浜合戦)
藤田十郎三郎(5/21前浜合戦)
●武田孫五郎信高(霊山大将軍)
  ・南部五郎二郎時長(5/20霊山参戦、5/22高時館合戦)
  ・南部行長(5/20霊山参戦)
  ・中村三郎二郎常光(5/20霊山討死)
  ・南部六郎政長(5/15~22鎌倉合戦参戦)
●新田三河弥次郎満義(5/20霊山参戦)
  ・鹿島尾張権守利氏(5/12世良田千寿王陣着到)
天野周防七郎左衛門尉経顕(5/18片瀬原着到、稲村崎、稲瀬川、前浜参戦
             5/22葛西谷合戦参戦)
  ・天野三郎経政(5/18片瀬原着到、稲村崎、稲瀬川、前浜参戦
         5/22葛西谷合戦参戦)
新田矢嶋次郎(5/22葛西谷合戦参戦)
山上七郎五郎(5/22葛西谷合戦参戦)
搦手大将軍
・巨福呂坂
・化粧坂
新田下野五郎(岩松経家) 飽間孫三郎宗長(5/18村岡討死)
●岡部三郎(侍大将)
  ・布施五郎資平(5/19長勝寺前合戦、5/20~22小袋坂合戦)

 新田義貞の大手勢は洲崎合戦と同じく18日には極楽寺坂方面へと集結し、稲村ガ崎で合戦している(「天野経顕軍忠状写」『群馬県史 資料編6中世2』番号583)。新田勢は稲村ガ崎に配置されていた鎌倉勢を「懸破稲村崎之陣」り、そのまま海岸を伝って「前浜鳥居脇」まで侵入して合戦し、寄手大将の一人、大館宗氏が討死している。新田勢は数度にわたって鎌倉市中に攻め入っていたと思われ、21日には大規模な戦闘が行われた。

材木座海岸
材木座より稲村ガ崎を望む

 新田勢は稲村ガ崎を通して比較的自由に鎌倉に出入りしながら鎌倉勢と合戦し、北側では新田経家が指揮を取る搦手軍が巨福呂坂周辺から鎌倉への突入を試みていたのであろう。そして、翌22日には「葛西谷之合戦」で追い詰められた得宗高時入道以下、北条一門や御内人ら八百余が北条家菩提寺の東勝寺に籠もって抵抗した。

 化粧坂口から巨福呂坂へ転戦した武蔵守貞将は、全身七か所を負傷しながらも、東勝寺の得宗・高時入道のもとへ帰参してきた。高時は彼に感謝の言葉を述べるとともに、今や滅亡した六波羅南北両探題ならびに相模守護とする旨の下文を与えたという。貞将はこれを拝受し、鎧の継ぎ目に差し入れるとふたたび鎌倉市街に馳せ戻り、そのまま戻って来ることはなかった(『太平記』)

 このほか、化粧坂で新田岩松勢と交戦していた元執権・前相模守基時入道信忍(普恩寺入道)も自刃。塩田陸奥守国時入道道祐・北条民部大輔俊時父子塩飽新左近入道聖遠安東左衛門入道聖秀など名だたる大将も鎌倉の諸所で自刃して果てた。

 一方、高時の弟・泰家入道は、被官の諏訪入道直性の一族・諏訪三郎盛高に、兄・高時入道の二男・亀寿丸を託して信濃国へ遁れさせ、みずからは陸奥国へと姿を消した。得宗高時入道にも恐れられた内管領・長崎円喜入道の孫である長崎左衛門尉高重は三十二人も斬り払う奮戦ののち東勝寺へ帰参した。高重は高時にいましばらく自刃を思いとどまるよう述べると、再び新田勢に近づき、大将義貞の暗殺を企てるも、義貞被官・由良新左衛門に見破られて失敗。数十倍する敵勢相手に斬り廻り、新田勢の同士討ちを誘うと、その隙をついて東勝寺へ退却した。残った高重麾下の武士はわずかに八騎。みずからも二十三筋もの矢を体中に立てて高時入道の御前に侍ると、「まずは自分がお手本を見せますので、これを肴といたしたまえ」と、大杯三杯を飲干したのち自刃した。続いて諏訪入道直性が自刃し、最後の得宗・高時入道崇鑑も自刃した。享年二十九。時を置かずに金沢貞顕安達時顕長崎円喜長崎高資ら有力御家人や御内人も同所で自刃して果て、轟炎に包まれた東勝寺の中で、鎌倉殿家司筆頭として諸国を支配した鎌倉北条家は滅亡した。

東勝寺
北条氏の菩提寺・東勝寺の跡地

 東勝寺の跡地は「東勝寺遺跡」として、昭和50(1975)年に調査が行われ、北条氏の紋「三鱗」のある瓦、焼けた陶磁器の破片が発見されている。そして、平成9(1997)年1月、国指定史跡をめざしてふたたび発掘調査が進められ、同年6月、高熱に焼かれた土などとともに巨大な建物跡が発見された。この建物には柱が四十本用いられ、東西が8.4メートル、南北が14.7メートル、総床面積が120平方メートルにも及ぶ大きな建築物で、北条高時以下一門が自刃を遂げた東勝寺の本堂と考えられている。

 治承4(1180)年以来、千葉介常胤が幕府創設の第一の功労者であったのに対して、その六代目・千葉介貞胤が幕府討伐の功労者であるのは時代の皮肉か。貞胤は鎌倉陥落ののち上洛。鎌倉攻落の功績によって下総・遠江・伊賀の守護職に任じられたという。

足利尊氏の離反と南北朝時代 

京都御所
京都御所

 元弘3(1333)年6月、後醍醐天皇は京都に戻り、大塔宮護良親王を征夷大将軍に任じた。倒幕の功労者である足利治部大輔高氏を警戒した措置ともされているが、このころはすでに皇子が征夷大将軍となることが先例となっており、特別なことではなかった。

 ところが7月、相模次郎時行(得宗北条高時の遺児)が信濃国諏訪で挙兵し、足利義詮(尊氏嫡子)、足利直義(尊氏弟)が守る鎌倉を攻め落とすという事件が起こった。この叛乱を「中先代の乱」という。

 朝廷では北条氏残党の調伏の祈祷を行うこととなり、紫宸殿に護摩壇を構え、竹内慈厳僧正をして天下安鎮の法を執り行った。この修法は、甲冑を著した武士が御所の四門を堅め、紫宸殿南庭には武士が左右に立って抜刀し、四方を鎮める必要があった。このとき御所の四門は結城七郎左衛門親光楠河内守正成塩冶判官高貞名和伯耆守長年の四名が堅め、南庭には右に「三浦介高継」左に「千葉大介貞胤」を定めた。はじめ彼らはこの役を受けることを了承していたものの、貞胤は相手が三浦介高継であることを嫌い、対して三浦介高継は貞胤の下位(貞胤が左側で高継が右側)につくことを憤って、それぞれ出仕せずに役を断った。鎌倉時代初期には千葉介胤綱と三浦義村の幕府内での席次論争という伝えも残すほど両家は意識しあっており、このときも騒動の引き金となった。

 さて、鎌倉危うしの一報を得た足利尊氏(後醍醐天皇の御諱”尊治”の一字を賜って、高氏を尊氏に改名)は、鎌倉を落とした中先代軍追討のために「直義朝臣、無勢にして禦き戦ふべき智略なきに依て、海道に引退よし其聞え有る上ハ、暇を賜り合力を加ふべき旨」を奏聞するが、勅許が下りることはなかった(『梅松論』)。尊氏は「所詮私にあらず、天下の御為」と称して、8月2日に独断で在京武士に呼びかけて鎌倉へ向かった。ところが、鎌倉は敢無く陥落。このとき直義は、後醍醐天皇の勘気を受けて鎌倉に移されていた大塔宮護良親王を預かっており、鎌倉陥落の際に宮を暗殺して鎌倉を脱出した。

 8月7日に三河国八橋に至り、矢作の足利家領で三河足利党や鎌倉から落ち延びてきた直義らと合流を果たした。そして8月9日、遠江国橋本においてはじめての中先代軍との合戦となり、千田太郎胤貞安保丹後権守光泰の両名が先駆けて高名を挙げる。8月12日には小夜中山で合戦、8月14日には駿河国府で中先代軍大将・尾張次郎(名越尾張守高家の子か)を打ち破り、塩田陸奥八郎(塩田陸奥守国時の子か)らを生け捕った。そして17日の箱根合戦、18日の相模川合戦、19日の辻堂片瀬原合戦で中先代軍を追捕し、鎌倉奪還に成功する(『梅松論』、「足利尊氏関東下向宿次合戦注文」:『神奈川県史』史料編中世』)

 天皇は尊氏の功績を認め、帰洛を命じる勅使を送るが、尊氏はこれを無視する。さらに独断で「奥州総大将」として若き十五歳の一門・尾張弥三郎家長(斯波家長)を奥州に派遣して陸奥国府に対抗させた。そして10月、朝廷は勅命を無視した尊氏を「逆賊」とし、新田左衛門佐義貞を総大将とする尊氏討伐軍が鎌倉へ派遣された。しかし12月、尊氏は箱根竹之下において新田勢を壊滅させ、その勢いのまま京都へ攻め上った。

 当時千葉宗家内でも、本来嫡流である下総国千田庄の千田大隈守胤貞貞胤との間に対立が起こっており、胤貞が足利尊氏勢の有力武将として鎌倉攻めに従軍したのとは対照的に、貞胤は京都に駐屯したとみられる。年月欠の『洛中宿人在所注文断簡』はおそらくこのころの文書であると考えられ、京極六角にあった了善の一宇「千葉介手者一宮孫太郎」が、四条坊門の石女一宇「千葉介一族大須賀」がそれぞれ陣宿していた。この「大須賀」は時代的に大須賀越後守宗信か? 

室町期の亥鼻城土塁。神社を兼ねていたか
亥鼻城址の土塁(室町期)

 千田胤貞は足利勢によって鎌倉が解放されると、同族の相馬親胤(陸奥国行方郡小高の相馬氏)とともに、貞胤が留守にしていた千葉庄に攻め入って「千葉楯」を散々に攻めた(『相馬文書』)。この「千葉楯」がどこなのかは不明だが、室町時代後期にいたっても千葉宗家にとって重要視されていた高品城、もしくは千葉館に近い亥鼻か。「千葉楯」が攻め落とされたかどうかも不明だが、この直後に新田義貞による鎌倉攻めがあったことから、千田胤貞相馬親胤もともに鎌倉へ帰還したとみられる。

 その後、足利尊氏は京都を占領するも、新田義貞や楠木正成、奥州から下向してきた北畠顕家らによって大敗を喫し、九州へと落ち延びた。しかし、九州で息を吹き返した尊氏は一気に京都へと進軍。楠木正成を討ち、京都を占拠。後醍醐天皇は大和国吉野へと逃れた(南朝)。

 建武3(1336)年10月、新田義貞が後醍醐天皇の皇子、恒良親王(即位していた?)・尊良親王を奉じて越前国に向かことになると、貞胤も供奉を命じられ越前へ向かった。しかしその途中、越前国木芽峠で猛烈な吹雪に遭遇し、そこに足利方の越前守護職・足利高経(斯波氏祖)があらわれて貞胤勢をとり囲んだ。温暖な東国に生まれ育った千葉勢の武士は慣れない吹雪の中では戦意を失い、進退もままならず、ついに足利高経に降伏。両千葉家は足利氏に従うこととなり、胤貞も千葉を攻める名分がなくなってしまったため戦闘を中止して上洛。貞胤も胤貞の所領・香取郡千田庄への乱暴を停止し、下総での千葉両統の戦闘は終わった。

 年未詳の「供奉人交名」には「千葉介」「千葉二郎」「粟飯原下総守」の名が見える(『供奉人交名写』:我孫子市史資料〔東北大学日本史研究室保管文書〕)。保管されているの封筒の表書きには「康永四年八月廿九日天龍寺供養・供奉武家行列次第」とあるようだが、記載されている人物の没年や受領名などから、明らかに康永四年以前のものである。おそらく建武4(1337)年9月から建武5(1338)年3月までの間の出来事であると考えられる。この資料には活字編纂の際に括弧にて但書がされていて、それによれば「千葉介(氏胤)」「千葉二郎(不明のため記載なし)」「粟飯原下総守(清胤)」とある。しかし、いずれも誤りであると思われ、「千葉介=千葉介貞胤」「千葉二郎=千葉二郎胤泰か」「粟飯原下総守=粟飯原下総守氏光である。 

 延元2(1338)年正月25日、貞胤は陸奥守・北畠顕家より「令対治彼余賊、忽可企参洛候」との命を受けている。しかし、すでに貞胤は足利方となっており、この命に従った様子はない(『楓軒文書纂』所収白河証古文書「我孫子市史料」)。 

 暦応5(1342)年3月13日、香取社大禰宜・大中臣実行から「年限馳せ過ぎ候といえども、いまだ仰せ出でられ候はずの間」という訴えを受けた貞胤は、鎌倉府の奉行所へ宛てて香取社造営についての書状を提出している。それを受けた鎌倉府は、康永4(1345)年に下総国の地頭等に造営を命じた。康永4(1345)年3月に出された『造営所役注文』によれば、貞胤は「正神殿」「若宮(吉橋郷分)」「一鳥居(印東庄役)」の造営を命じられている。

 貞和元(1345)年8月29日の天龍養に後陣随兵として供奉した「千葉新介」は貞胤の子・千葉新介氏胤と思われ、父・貞胤が香取造営のために下総を離れることができなかったことから、名代となっていたか。氏胤は京都で生まれ育ったようで、歌道にも興味を示すなど教養人として成長していた。この天龍寺供養には千葉一族として東下総中務丞(東常顕)粟飯原下総守(粟飯原清胤)が参列している。

 貞和2(1346)年閏9月27日、足利直義は京都最勝光院領遠江国原田庄内細谷郷の雑掌・定祐の訴えをうけ、同郷の一分地頭・原熊伊豆丸に年貢を納めさせることを「遠江守護職」千葉介貞胤に催促している(『足利直義下知状』)

●貞和2(1346)年閏9月27日『左兵衛督直義下文』(『東寺百合文書』:『大日本史料』所収)

  最勝光院領遠江国原田庄内細谷郷雑掌定祐申年貢事、
 右当郷一分地頭原熊伊豆丸、康永三年以来対捍之由雑掌依訴申、
 仰守護人千葉介貞胤加催促畢、如貞胤執進熊伊豆丸去六月十七日散状者、
 毎年致其弁帯返抄云々、然則遂結解、有未進者可究済者、下知如件、

   貞和二年閏九月廿七日
  左兵衛督源朝臣(花押)

 貞和4(1348)年正月の河内国「四条畷の戦い」では、貞胤は高師直に従って楠木正行を攻め、その翌年に起こった高師直のクーデターでは、師直のもとに参陣して直義失脚に一役買っている。

■観応の擾乱

 この当時、将軍・足利尊氏と弟の足利直義入道恵源の間で、それぞれを推す重臣層をも巻き込んだ権力争いである「観応の擾乱」が激化していた。「観応の擾乱」の萌芽は、尊氏が征夷大将軍に任じられ、京都に幕府を開いた暦応元(1338)年にまで遡る。

 暦応元(1338)年8月11日、尊氏は北朝の光明天皇のもと、正二位征夷大将軍となり、鎌倉幕府討幕以来、つねに副将として支えた実弟・相模守直義は同日、従四位上左兵衛督となった。初期の幕府は尊氏が軍権を、直義が行政・司法権を担当する形の二頭体制で運営されていたが、尊氏の腹心で足利家執事の高武蔵守師直高越後守師泰らと、行政・司法を統括した直義の両腕とも言うべき腹心、上杉伊豆守重能畠山大蔵少輔直宗らの間に軋轢が生まれていく。

 貞和5(1349)年閏6月15日、直義派の強訴により、尊氏は高師直の執事職を解いた。これに対抗し、高師直は諸大名に働きかけ、五万の大軍を以って直義の三条邸を取り囲んだ。一方、急を聞いて直義邸に駆けつけた兵は吉良氏や斯波氏など足利一門の有力者がいたが、その勢はわずかに七千。結局、直義は尊氏の御所に駆け込んだ(『太平記』)

 しかし、高師直の軍勢は御所をも取り囲み、

いやいや是までの仰を可承とは不存、只讒臣の申処を御承引候て、無故ク三条殿より師直が一類亡さんとの御結構にて候間、其身の不誤処を申開き、讒者の張本を給て後人の悪習をこらさん為に候

と、「讒者の張本」である上杉重能、畠山直宗らの引渡しを求めた。これに尊氏は、

累代の家人に被囲て下手人被乞出す例やある、よしよし天下の嘲に身を替て討死せん

と、累代の家人の恫喝に屈するくらいであれば討死しようと甲冑を着込んでいたところ、直義は、

彼等奢侈の梟悪法に過るに依て、一旦可誡沙汰由相計を伝聞き、結句返て狼藉を企る事、当家の瑕瑾武略の衰微是に過たる事や候べき、然に此禍は直義を恨たる処也、然を軽々しく家僕に対して防戦の御手を被下事口惜候べし、彼今讒者を差申す上は、師直が申請るに任せ、彼等を被召出事何の痛候べき、若シ猶予の御返答あらんに、師直逆威を振ひ忠義を忘ば、一家の武運此時軽して、天下の大変親りあるべし

と、家僕に対してわざわざ将軍自ら手を下すことも口惜しく、今は師直の求めに応じるべきであると尊氏を制止し、尊氏も結局折れて、

師直が任申請旨、自今後は左兵衛督殿に政道綺はせ奉る事不可有、上杉畠山をば可被遠流

と師直らに通達。これに師直は満足して囲みを解いた。その後、上杉重能・畠山直宗は越前国へ流され、直義は政権内から干されることとなり、師直の勢力が幅を利かせることとなる。実はこのクーデター劇は、尊氏と師直による政権一本化を図ったものだったともされる(『太平記』)。なお、越前に流された上杉重能・畠山直宗は12月24日に自刃に追い込まれた。

 尊氏は直義の担当していた訴訟・政務について、鎌倉にあった嫡男・足利左馬頭義詮に担当させることとし、急遽鎌倉から呼び寄せることとした。同年10月4日、義詮は手勢を仕立てて上洛の途につき、23日入洛した。義詮には「川越、高坂を始として大略送りに上洛す」とあり、河越氏・高坂氏ら「平一揆」の中心者が鎌倉殿=足利義詮直属だったことがうかがえる。義詮上洛に当たっては、多くの出迎えが見られる(『太平記』)

 一方、政権から追い出された直義は、細川兵部大輔顕氏錦小路堀河邸に入り、同年12月8日、出家して「恵源」と号し、墨染めの衣をまとった。しかし、直義は出家しても自らの思想のためには政権を再びこの手に取り戻すべく、暗躍を始めた。

 観応元(1350)年、直義の養嗣子(実は尊氏の庶子)・足利直冬が少弐氏、大友氏らを麾下に従え九州で勢力を拡大していることを憂い、尊氏は高師直を召し具して25日に九州へ出陣する風聞が立った。さらに10月26日夜半、「錦小路左兵衛督入道去夜逐電、就之武門忩々、但不及懸追手、明曉進発延縮」(『園太暦』観応元年十月二十六日条)と、直義入道は石堂右馬助頼房ら少数の腹心を伴って京都を脱出した。

 尊氏は10月28日明け方、高師直ら五百騎あまりを率いて京都を出陣して西へ向った。その後、京都で夜討ちが発生するなどしたため、11月8日ごろ、尊氏は京都の留守居をしていた嫡男・義詮へ使者を送り、禁中の警固を一層固くするよう指示している。そんなころ、貞胤も留守居の一将として京都にあり、北小路里あたりに軍勢を多く寄宿させていた。そして、彼らが狼藉をはたらいていたため、永福門院(伏見天皇中宮藤原鏱子)は女房たちの一人住まいを物騒に感じ、自らの御所に引き取っている(『園太暦』観応元年十一月八日条)

永福門院自今夕被来、世上物騒之間、女房独住非無怖畏、就中北小路里辺千葉軍勢多寄宿
狼藉之企触耳、仍難治之間、談女房被合宿彼方也…

 11月23日晩、洞院公賢のもとに親承法印が訪れ、

今日向宰相中将許飛脚到来、兵衛督入道降参吉野

 と、直義入道が吉野に降伏したことを伝えている(『園太暦』観応元年十一月二十三日条)。また、公賢は直義入道の南朝降伏と尊氏への敵対は「只師直師泰奇恠之憤許也」と談じている。

 12月に入ると南朝の攻勢が活発化し、近江国や河内国などで戦乱が相次いでいた。このようななか、観応2(1351)年正月1日、貞胤は京都で病死した。享年六十一。法名は善珍浄徳院。貞胤は死の直前、嫡男の氏胤千葉山海隣寺に先祖の絵を奉納して一族の廟所とするよう遺言したと伝わり、貞胤以後の千葉氏は時宗を信奉した。

■千葉介貞胤没についての文書■

・〔園太暦〕正月一日、伝聞、今日未時、千葉前介貞胤有事云々、兵革之時分以疫病有事、…
・〔観応二年日時記〕正月一日、天晴、一天風静、四海波収、千葉介年歯満六十、逝去云々、
・〔常楽記〕観応二年辛卯正月一日、千葉介貞胤他界、
・〔本土寺過去帳〕千葉介貞胤 観応二年正月朔、京ニテ卒、六十一

★千葉介貞胤の家臣★

家老 原権太郎 円城寺左衛門尉 木内 鏑木
家臣 湯浅 山梨 押田 布施左京亮 土屋勘解由 大山大膳亮 鈴木刑部少輔 伊藤隼人 土屋内膳

********************************

◎千葉介貞胤の母親◎

 千葉介貞胤の母親は、千田庄内に所領を得ていた北条一族でも名門の金沢越後守顕時(法名・惠日)の娘で、彼女の母親は千葉介成胤の子・千葉次郎泰胤の娘である。建武4(1337)年の「千葉貞胤亡母三十五日表白」(『拾珠抄』)には系譜が併記されていて、貞胤の母についての記述には、

「今聖霊也、母儀千葉次郎泰胤女、三十五歳出家、三十六ニシテ喪」

とあり、貞胤の母親は逆算して文永11(1274)年生まれということになる。

 彼女の父・金沢顕時が安達泰盛の乱(霜月騒動)に連座して、平頼綱(内管領)によって埴生庄に流されたのは弘安8(1285)年であり、それ以前から千葉泰胤と金沢顕時の間に交流がもたれていたことがわかる。顕時は下総国埴生庄地頭職であり、すぐ隣の千田庄の領主である泰胤とは交流があった可能性がある。顕時は正応6(1293)年4月、平頼綱が執権・北条貞時によって討たれたために鎌倉に戻っており、正応6(1293)年の「香取社殿造営負担交名」に見える「埴生西条」「埴生西条富谷郷」「地頭」「越後守」が記されていることから、赦免と同時に顕時が埴生庄の地頭職に復職したと思われる。

 顕時女は延慶元(1308)年以前に夫と別れて35歳で出家、翌延慶2(1309)年、36歳の時に夫・千葉介胤宗を喪ったという。『千葉大系図』によれば胤宗は正和元(1312)年3月28日に亡くなったとされ、3年の誤差がある。

 千田庄は金沢北条氏との関わりが深く、土橋山東禅寺(香取郡多古町寺作)と金沢北条氏の菩提寺・金沢称名寺は実に密接な関わりを持っており、称名寺の本如房湛睿(のち称名寺三世長老となる)が東禅寺の長老として就任している。

********************************

◎千田庄内の内紛◎

 建武年中、千田庄内において守護方(下総千葉介)と千田千葉氏勢力が対立して争っていた。千葉新介宗胤は母・千葉泰胤から千田庄を継承して以降、千田千葉氏の中心的所領となった。また、肥前に移った千田千葉氏の一族(肥前千葉氏)の重臣には千田庄出身の円城寺氏岩部氏仁戸田氏中村氏がいる。

 宗胤の子・千葉胤貞に継承された千田庄は、建武元(1334)年12月1日、「ひせんの国小城郡下総国千田八幡両庄内知行分のそうりやう職、嫡子たるによりて孫太郎胤平に限、永代所譲渡也」とあり、千葉胤貞の嫡男・孫太郎胤平に継承されたことがわかる。

●千田庄の継承●

⇒千葉介成胤―→千葉次郎泰胤→千葉新介宗胤→千葉大隅守胤貞→千葉弥太郎胤平→千葉胤継(多古千葉氏)

島城
千田庄内遠望

 しかし、胤平ののち千田庄を継承したのは胤平の弟・千葉大隈守胤継であり、胤平の子と思われる「瀧楠(胤■?)」某年8月2日付の『小比丘悟円書状』(『金沢文庫文書』)によれば、「千田孫太郎殿子息瀧楠殿、千葉介殿と一味同心、可落大島之由、依被申下候」とあり、守護方と同心して千田庄大島城を攻め落とした。

 この瀧楠という人物は千葉氏の諸系図には記されていないが、「千田孫太郎殿」の子息であることがわかる。千田孫太郎とは千葉孫太郎胤平のことと思われ、「瀧楠殿」が継承するはずであった千田八幡庄が叔父の胤泰胤継らによって押領されたことから、千葉介貞胤に同心して争ったのだろう。

 建武2(1335)年某月28日の湛睿文書では、千葉侍所・竹元(ササモト)三郎左衛門尉千田庄土橋東禅寺に検断を行っていることから、このころすでに守護勢力の力が千田庄に及んでいたのだろう。

********************************

◎千葉氏の侍所◎

多古の東禅寺
土橋東禅寺境内

 千葉氏は全国の守護ではもっとも早い時期に「守護侍所」を設置していた。とくに関東では千葉家以外に「侍所」を持っていた大名家は見られないため、特殊な例であったことがわかる。その初見は『金沢文庫文書』にみえる建武2(1335)年某月28日『湛睿文書』(『金沢文庫文書』)で、「千葉侍所」竹元三郎左衛門尉「奉行」羽田大弐房が、千田庄内の土橋東禅寺に赴いて僧侶の引渡しを求めた。このころ、上記のように千田庄内で下総守護・千葉介貞胤と千田千葉氏とが争っており、侍所・奉行の行為は内紛に関わりがあるのだろう。また、千田庄内において千葉介の侍所が検断職を有していることから、守護職である貞胤が事実上、支配権を持ったとも考えられる。

 『年月未詳文書断簡』(『金沢文庫文書』)によると、竹元氏岩部中務■(丞?)とともに千田千葉勢力と戦っていた際、大原城に入って国内の武士を集めた。さらに某年8月2日付『小比丘悟円書状』(『金沢文庫文書』)によれば、「千葉侍所」が7月27日に東禅寺のある土橋城を攻め落とした。竹元氏は守護侍所として千葉家直参の武士たちを統率する役割を担っていたのだろう。そして、竹元氏は千田庄東禅寺や、その本寺・金沢称名寺とも深く関わっており、称名寺の湛睿は某年11月2日付の文書を「竹元殿」に送っている。 

 このように竹元氏は下総守護職の官僚として軍事面・行政面で大きな影響力を持っていたと推測できる。しかしこの後、竹元氏の活躍はさほど見られなくなり、貞和2(1346)年7月23日、千葉介貞胤の代官として香取社造営に関する祭礼の沙汰について指示した「竹元五郎左衛門尉」、応永10年代(1403-1413)の『香取造営料足納帳』「竹元六郎殿」「竹元 田数一町二反大 卅五歩」を担当していることが見られる他は、その活躍を記した文書は残っていない。 

 この竹元氏の出自は不明だが、応永年中の『香取造営料足納帳』「竹元」から「1町2反35歩」を負担していることから、在地の豪族だったのだろう。「竹元」は匝瑳郡匝瑳南条庄篠本(匝瑳郡光町篠本)に比定されており、『年月未詳親真』(『金沢文庫文書』)の発給した文書に「竹元殿」「岩部中務」とともに「サヽ下」の名が見え、竹元氏と「サヽ下」は同族とも思われる。

 千葉氏は直臣に在地の豪族を取り込んでいたようで、千葉介頼胤の代には、下総国府近辺の富木氏・曽谷氏らが官僚的な地位にあって宗家を支えていた。そして、頼胤の嫡子・千葉新介宗胤も千田庄・神保郷を継承すると、在地豪族たちを被官化していったと考えられる。このとき千葉氏の直臣層となったのが岩部氏・仁戸田氏・円城寺氏・中村氏らであったと思われ、彼らは宗胤が九州へ赴いた際に従い、肥前千葉氏の重臣となっている。竹元氏もこのころ召し抱えられた豪族だったのかもしれない。  

●千葉介宗胤系図● 

⇒千葉介成胤―+―千葉介時胤―千葉介頼胤
       |         ∥
       |         ∥――――+―千葉新介宗胤《肥前千葉氏の祖》
       |         ∥    |
       +―千葉二郎泰胤――女    +―千葉介胤宗 《下総千葉氏の祖》
       |
       |
       +―千田尼(北条時頼の後室) 

●千田庄の継承●

⇒千葉介成胤―→千葉次郎泰胤―→泰胤娘――→千葉新介宗胤→千葉大隅守胤貞→千葉弥太郎胤平→千葉胤継(多古千葉氏)

●神保郷の継承●

⇒千葉介成胤―→千田尼――→千葉次郎泰胤―→泰胤娘―――→千葉新介宗胤―→千葉弥太郎胤平→千葉胤継(多古千葉氏)

******************************* 

◎後醍醐天皇の倒幕計画◎

 後醍醐天皇は、政治を独占する鎌倉幕府を次第に敵視するようになり、元亨元(1321)年に後宇多院政を廃止してからは倒幕の計画を本格化させた。ひそかに花山院師賢・四條隆資・日野資朝・日野俊基・洞院実世ら公家、土岐頼員・土岐頼有・多治見国長・足助重成・足助重範ら武士を集め、倒幕の計画が練られた。しかし、元亨4(1324)年9月19日、土岐頼員が妻に倒幕計画を話したため、妻の父で六波羅探題に出仕する斎藤利行に漏れて計画が発覚。土岐頼員らは館で討ち取られ、日野資朝・日野俊基は捕らえられた。この変を「正中の変」という。 

 しかし、後醍醐天皇は正中の変後も倒幕計画を練り続け、嘉暦元(1326)年、第一皇子・尊雲法親王(護良親王)を比叡山延暦寺の座主(天台座主)につけて比叡山を傘下におさめ、さらに元徳2(1330)年3月、畿内の寺社に行幸して、その勢力を固めていった。しかしこうした倒幕計画は、天皇の身を安じた内大臣・吉田定房によって幕府に密告され、計画の首謀者とされた日野俊基が鎌倉にひき据えられて斬首された。 

 元弘元(1331)年8月27日、後醍醐天皇はついに倒幕計画を実行に移し、密かに京都を脱出して大和国笠置山にのぼり、比叡山には後醍醐天皇に扮装させた花院賢を派遣して比叡山の兵をまとめさせた。さらに天皇は畿内の武士たちに挙兵の密勅を出し、これに応じた楠木正成が河内国赤坂城に挙兵した。 

 幕府はこの報を受け取ると9月、北条貞直金沢貞冬名越高家足利高氏らを大将とした軍勢を上洛させ、9月28日、笠置山を攻め落とした。10月21日には赤坂城も攻め落とし、山中をさまよっていた後醍醐天皇以下公卿衆は捕らえられて、後醍醐天皇は六波羅探題南方に幽閉され、翌年3月7日に隠岐へと流された。 

 しかし、それから2年後、伯耆の豪族・名和長年などの支援を受けて隠岐を脱出した後醍醐天皇は、幕府の滅亡とともに建武の新政をはじめた。

◎千葉氏周辺の系譜

 千葉介常胤――千葉介胤正――千葉介成胤―+―千葉介胤綱
       (千葉介)  (千葉介)  |(千葉介)
                     | ∥      
                     | ∥――――――千葉介時胤――――――――――千葉介頼胤 +―千田宗胤
        伊賀朝光―+―伊賀光季―+――女     (千葉介)          (千葉介)  |(太郎)
             |      ||                       ∥     |
             |      |+―千田泰胤―――――――――――女      ∥―――――+―千葉介胤宗
             |      | (次郎)            ∥      ∥      (千葉介)
             |      |                 ∥――――――女
             +―伊賀方  +―伊賀光綱            ∥
               ∥                      ∥
               ∥――――+―北条政村――――女       ∥
               ∥    |(相模守)    ∥       ∥
        北条時政―――北条義時 |         ∥―――――――北条顕時
        (遠江守)  (相模守) |         ∥      (越後守)
                    +―北条実泰    ∥       ∥
                     (浄仙)     ∥       ∥
                      ∥―――――――北条実時    ∥――――――北条貞顕
               天野政景―――女      (宣陽門院蔵人) ∥     (修理亮)
                                      ∥
                              遠藤為俊――――女

●某年「洛中宿人在所注文断簡」(『竹内氏所蔵文書』:『群馬県史』史料編所収)

 …前欠…
 一宇 蔵人右少弁殿以瀧口左衛門尉
 一宇 戒心   宿人富部大舎人頭手者掃部助
   同京極六角以南東頬
 一宇 了善   宿人千葉介手者一宮孫太郎
   四条坊門櫛筍以東北頬
 一宇 楠木判官手者
…中略…

 一宇 石女   宿人千葉介一族大須賀
…後欠…

●暦応5(1342)年3月13日「千葉介貞胤書状」(『香取文書』:『千葉県史料』所収)

 下総国香取社御造営事、雖年限馳過候、未被仰出候之間、神主実行令参申候、
 厳密可被経御沙汰候歟、以此旨可有御披露候、恐惶謹厳、

   暦応五年三月十三日       平 貞胤(花押)
  進上 御奉行所

●「造営所役注文」(『香取文書』:『千葉県史料』所収)

  注進 下総国香取太神宮廿一ヶ年一度造替諸社役所雑掌人事
 一当国諸御家人勤仕役所

  一宇 正神殿 千葉介貞胤
  一宇 同大床舞殿 当国上猿嶋郡役所 地頭常陸前司跡
  一宇 あさめ殿 当国大戸神崎両庄役所
  一宇 同大床舞殿 同役所
  一宇 仮あさめ殿 同役所
  一宇 内院中門 同北条庄南北役所 地頭飯高彦二郎以下輩
  一宇 楼門 同埴生印西庄役所
  一宇 東廻廊五間 同風早庄役所
  一宇 脇門 印西庄役所
  一宇 二間廻廊
  一宇 西廻廊五間 同矢木庄役所
  一宇 脇門 印西庄役所
  一宇 不開殿 同小見郷役所 地頭小見四郎左衛門入道跡
  一宇 佐土殿 同北条庄役所 地頭飯高彦二郎
           小鮎猿俣役所 地頭伊豆四郎入道
  一宇 財殿 葛西伊豆入道明蓮
  一宇 勢至殿 仁保代枝役所 地頭千葉大隈守跡
  一宇 若宮社 吉橋郷役所 地頭千葉介
  一宇 日御子社 同役所
  一宇 勢至殿 仁保代枝役所 地頭千葉大隈守跡
  一宇 息洲社 同役所
  一宇 南庁 結城山川庄役所 地頭結城七郎跡 山川判官跡
  一宇 北庁 大須賀保役所 地頭大須賀下総前司入道
  一宇 酒殿并高倉 遠山形役所
  一宇 外院中門 印西所役
  一宇 忍男 千田庄役所
  一宇 瞻男
     印東庄役所
  一鳥居 千葉介役所
  二鳥居 葛西伊豆入道明蓮
  三鳥居 当国大方庄役所
 
    已上廿九ヶ所
 一大行事造進所々
  一宇 鹿嶋社
  一宇 脇鷹天神社
  一宇 八郎王子社
  一宇 馬場殿社
  一宇 大炊殿
  一宇 薦殿      一宇 忍男
  六所 雷神社     一宇 瞻男
  一宇 中殿      一宇 返田悪王子社
  一宇 印手社     一宇 又見社
   以上十八ヶ所并諸社四十三ヶ所
 
  此外
   御幣棚  所々玉垣  四面八町釘貫
   内殿アリ
   御輿一基  六所雷神御躰  大楯
   八龍神   獅子      じゅ
 
  色々御神宝物以下調進物 大行事所役也、
 
 右大概粗注進如件、
 
     康永四年三月   日 

●下総香取社遷宮の歴代の担当者

名前 被下宣旨 御遷宮
―――――― 保安元(1120)年〔逆算〕 保延3(1137)年丁巳
―――――― 保延元(1135)年〔逆算〕 久寿2(1155)年乙亥
葛西三郎清基   治承元(1177)年12月9日
千葉介常胤 建久4(1193)年癸丑11月5日 建久8(1197)年2月16日
葛西入道定蓮 建保4(1216)年丙子6月7日 嘉禄3(1227)年丁亥12月
千葉介時胤 嘉禎2(1236)年丙申6月日 宝治3(1249)年己酉3月10日
葛西伯耆前司入道経蓮 弘長元(1261)年辛酉12月17日 文永8(1271)年12月10日
千葉介胤定(胤宗) 弘安3(1280)年庚辰4月12日 正応6(1293)年癸巳3月2日
葛西伊豆三郎兵衛尉清貞 永仁6(1298)年戌戊3月18日 元徳2(1330)年庚午6月24日

●某年8月2日付の『小比丘悟円書状』(『金沢文庫文書』)

 並木のふけにて、皆打留候了、不可思議事候之處、千葉侍所廿七日以大勢、土橋城へ打入候て、
 朝より及晩影まて、散々合戦仕候いて、土橋城責落候き、城内人々、力不及候て、敵多打候て、
 十二人打死仕候了、大嶋よりも、岩部よりもなにと存候けるやらん、しりつめも不仕候て、
 此城被打落て候、並木の城も、如本千葉方より、たてつき候よし承候、以此旨可有御披露、
 恐惶敬白、

     八月二日          小比丘悟円(花押)

   進上 称名寺御侍者

ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

Copyright©1997-2008 ChibaIchizoku. All rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固くお断りいたします。