千葉直重

千葉氏 千葉介の歴代
桓武天皇
(737-806)
葛原親王
(786-853)
高見王
(???-???)
平 高望
(???-???)
平 良文
(???-???)
平 経明
(???-???)
平 忠常
(975-1031)
平 常将
(????-????)
平 常長
(????-????)
平 常兼
(????-????)
千葉常重
(????-????)
千葉常胤
(1118-1201)
千葉胤正
(1141-1203)
千葉成胤
(1155-1218)
千葉胤綱
(1208-1228)
千葉時胤
(1218-1241)
千葉頼胤
(1239-1275)
千葉宗胤
(1265-1294)
千葉胤宗
(1268-1312)
千葉貞胤
(1291-1351)
千葉一胤
(????-1336)
千葉氏胤
(1337-1365)
千葉満胤
(1360-1426)
千葉兼胤
(1392-1430)
千葉胤直
(1419-1455)
千葉胤将
(1433-1455)
千葉胤宣
(1443-1455)
馬加康胤
(????-1456)
馬加胤持
(????-1455)
岩橋輔胤
(1421-1492)
千葉孝胤
(1433-1505)
千葉勝胤
(1471-1532)
千葉昌胤
(1495-1546)
千葉利胤
(1515-1547)
千葉親胤
(1541-1557)
千葉胤富
(1527-1579)
千葉良胤
(1557-1608)
千葉邦胤
(1557-1583)
千葉直重
(????-1627)
千葉重胤
(1576-1633)
江戸時代の千葉宗家  

トップページ千葉宗家 > 千葉直重


千葉直重 (????-1627)

生没年 弘治3(1557)年3月22日~天正13(1585)年5月7日
義父 千葉介邦胤
北条陸奥守氏照
実父 北条相模守氏政
武田信玄娘(黄梅院)
千葉介邦胤娘
市原実兵衛入道如雪妹(後妻)
官位 不明
官職 不明
役職 不明
所在 下総国印旛郡佐倉
阿波国徳島(後)
謙入
墓所 不明

 千葉氏二十五代。千葉介邦胤の養子。実父は北条相模守氏政。母は武田信玄娘・黄梅院。妻は千葉介邦胤、のち市原実兵衛入道如雪妹。北条氏直の実弟で武田信玄の外孫にあたる。

 千葉介邦胤の娘を正妻に迎えて千葉氏の家督を継承した。ただし「千葉介」を称したかは疑問もある。叔父・北条陸奥守氏照の養子となってもいるが(『寛政重修諸家譜』)、小田原合戦ののち自刃した氏照家(大石家)を受け継いだということだろう。

 直重の千葉氏入嗣には北条氏政の佐倉領直接支配という考えがあったと思われ、これに原若狭守親幹・大炊助邦房父子が反発して下総最大の内紛に発展した。しかしこの反抗は、氏直の下総出陣によって鎮圧され、親幹は出家して降伏。以降は北条氏の指示に従って、下総北部の最重要拠点・森山城の責任者となった。

 直重の妻となった千葉介邦胤の娘は、天正13(1585)年12月に完成したと思われる鹿島城(佐倉城の南隣)に入っており、中村雅樂助常顕がその保育を命じられていた。しかし彼女は早世したようで、直重と彼女が実際に対面していたかも不明。

 直重の千葉家相続には、千葉氏家老・原大炊助邦房の考えも大きく影響したようで、天正17(1589)年8月1日、「我等儀其方御かせきを以、御名跡ニ成就申付而者、別而立身させ可申候事」と、邦房の働きをもって家督を相続したならば(1)進退は望みに任せ、何分にも引き立てること(2)何事も邦胤の御代の如く働いてもらうこと(3)親幹・邦房父子については隔意なく付き合うことの三条を伝えている『北条直重書状』原大炊助邦房は直重の家督相続に反発した原若狭守親幹の嫡男であり、北総の安定のために欠かせない存在である森山原氏に恩を売る意図があったとも考えられる。

 天正17(1589)年8月24日付の氏政からの書状では「佐倉名跡被相移以前之義」とあり、直重は天正17年8月に千葉宗家の家督を相続したと思われる。『小田原一手役之書立写』には「さくら」「七郎殿」とあることから、直重が千葉氏の家督を継ぎ、佐倉領を支配していたことは間違いないだろう。

北条氏政、氏照墓石
北条氏政、氏照墓石(小田原城下)

 しかし天正19(1591)年、豊臣秀吉の大軍に囲まれた小田原城は開城して降伏。隠居の北条氏政、その弟・北条氏照は処断された。このとき直重も小田原城にあったが、助命されている。豊臣秀吉の軍勢は関東一円を平定し、佐倉城も落城した。

 降伏した直重は、秀吉から折紙付で蜂須賀正勝に預けられ、五百石を知行することとなり、徳島城下に屋敷を与えられた。蜂須賀家内での席次は定められなかったようである。家臣というよりも客分での待遇だったようだ。

 市原実兵衛入道如雪妹との間に十三郎が生まれたが、早くして亡くなったため、蜂須賀家の宿老である益田大膳豊正の三男・能之助を養子に迎え、藩に願い上げたとおりに家督継承が許された。能之助(左兵衛重昌)に家督を譲ると、剃髪して謙入と号し、寛永4(1627)年3月1日に亡くなった。没年齢不明。

●千葉直重の周辺系図●

        織田信長――於犬
       (右大臣)   ∥
               ∥
        細川晴元   ∥
       (右京大夫)  ∥
         ∥     ∥
         ∥――――昭元
         ∥   (右京大夫)
 三条公頼――+―娘           +―北条氏直
(左大臣)  |             |(左京大夫)
       |             |
       +―娘(本願寺顕如光佐妻) +―氏房
       |             |(十郎)
       |      +―義信   |
       +―娘    |      +―千葉直重===大石重昌――直玄―――――直富―――――伊勢直武
         ∥――――+―黄梅院  |(七郎)   (六大夫) (六郎右衛門)(六郎右衛門)(金左衛門)
        武田晴信     ∥   |
       (大膳大夫)    ∥―――+―直定
                 ∥    (新太郎)
                北条氏政
               (相模守)

天正17(1589)年8月1日『北条直重書状』

  等儀其方御かせきを以、御名跡ニ成就申付而者、別而立身させ可申候事、
 一 御進退任御望、何分ニも引達可申候事
 一 於何事も、邦胤如御代、可為御走廻事
 一 御父子別内外共不可有別心事、為後日仍状如件

   天正十七巳丑
    八月朔日       直重(花押)
     原大炊助殿

『小田原一手役之書立写』

  小田原一手役役之書立
                い津
 御旗本          清水太郎左衛門(清水康英)
    八王子
 陸奥守殿(北条氏照)   笠原い津
    はちかた
 安房守殿(北条氏邦)   山角(山角康定)小田原上野
    ミうら
 美濃守殿(北条氏規)   垪賀(垪賀氏続)小田原いよ
    小田原
 左衛門佐殿(北条氏忠)  依田小田原下総
    こつくへ         たハら
 右衛門佐殿(北条氏光)  大藤式部
    くの           つくい
 彦太郎殿(北条氏隆)   内藤将監(内藤綱秀)
    玉なわ
 左衛門大夫殿(北条氏勝) 太田江戸肥後
    小田原
 新八郎殿(北条直重)   冨永(冨永政家)江戸
    ゆわ付       江戸
 岩付殿(北条氏房)    治部少輔殿(北条氏秀)
    さくら
 七郎殿(千葉直重)    山中小田原大炊助

    小田原
 松田殿          足軽衆頭

    江戸           十人
 遠山殿          やなた殿

    川越
 大道寺殿         一色殿

    松山
 上田殿          佐々木殿
    おし
 成田殿          羽生衆
 深谷殿(上杉氏憲)
 小幡殿(小幡信真)
 内藤殿(内藤昌月) 
 安中殿
 和田殿(和田信業) 
 倉加野殿(倉賀野家吉)


  合木殿

  白井長尾(白井憲景) 
  大胡殿(大胡高繁)
 まやはし
  毛利殿(北條芳林) 
  那波殿(那波顕宗)
  由羅殿(由良国繁)
  たて林長尾(長尾顕長)
  佐野殿(佐野宗綱)
  皆川殿(皆川広照)
  壬生殿(壬生義雄)
 うすい
  原殿(原胤栄)   長南殿(武田豊信)
  伊田殿        房州衆
  大須賀殿
  助崎殿
 とけ
  酒井伯耆守(酒井康治)
 とうかね
  酒井左衛門尉(酒井政辰)
 こかね
  高木(高城胤辰)
 ふかわ
  豊嶋新六郎(豊嶋貞継) 
  江戸崎土き殿(土岐治綱)
  岡見治部太輔(岡見治広)
  岡見中務(岡見宗治)
  相馬殿(相馬治胤)
  やなた殿(簗田持助)
  一色殿
  毛呂又十郎
  近藤出羽(近藤綱秀)
  佐倉御旗本
  佐々木殿

大石重昌(????-1677)


 千葉介直重の養子。幼名は能之助。のち興次右衛門左兵衛六大夫。はじめ北条を称していた。実父は蜂須賀家の宿老・益田大膳豊正。妻は北条直重(千葉介直重)娘。益田家は蜂須賀家が尾張国の地方豪族であった頃からの重臣で、五千五百石を禄していた。

 養父・直重の知行五百石を継承して徳島藩鉄砲組頭となった。重昌はかねて養父・直重より小田原没後は北条姓を名乗ることは宜しくなく、養父・北条陸奥守氏照が養子として入っていた大石源左衛門家を相続して「大石」と改氏すべしと申し渡されていたことから、家名を大石と改めた。また、大坂の陣では蜂須賀家の将として活躍した。

 寛永17(1640)年12月12日、山田主税、上田丹波、林大学、片山弥次兵衛、笹山加兵衛、中山惣右衛門とともに夜分、徳島城に召されて御茶を賜った。その後、「六大夫」と改名した。

 このように優遇されていた重昌であったが、寛文3(1663)年、特に理由もなく暇願を藩に提出して、嫡子・七郎右衛門重利を連れて徳島を立ち去って大坂に移り住み休閑軒と号して浪人となった。

 その後、重昌はどこにも仕官することなく、延宝5(1677)年2月23日に病死した。法名は不明。ともに徳島藩を立ち去った嫡子・七郎右衛門重利は江戸に上っていたが、延宝7(1679)年正月19日、亡くなった。重利の妻は林和泉吉時の娘で、娘は仁尾右京永栄に嫁いだ。

 大石家は次男・直玄が万治元(1658)年に二百石で分家し、徳島藩士として幕末まで続いた。

大石直玄(????-1670)


 大石六大夫重昌の次男。母は北条七郎直重娘。妻は古市加右衛門娘。幼名は七郎。通称は六郎右衛門徳島藩士

 万治元(1658)年、新たに二百石を支給されて大石家分家を設立し、奥御小姓役となった。

 万治2(1659)年3月4日、森金右衛門上屋敷を拝領したが、寛文3(1663)年、父の大石六大夫重昌、兄の大石七郎右衛門重利が突然暇願いを藩庁に提出して徳島藩を立ち退いたのに従い、浪人となって江戸に上ったが、延宝7(1679)年正月19日、兄・重利が亡くなると、江戸の徳島藩邸に出頭して帰参。以前と同じく二百石を給わり、国許の徳島に戻されて御手廻を仰せ付けられた。

 一族そろって、理由もなく藩を退転して江戸に浪人として過ごしていたにもかかわらず、その後帰参した際には以前と同じ石高を給されているところから、彼らの脱藩は藩からの指示があったのかもしれない。

 寛文10(1670)年9月15日に亡くなった。

大石直富(????-1708)


 大石六右衛門直玄の子。母は古市加右衛門娘。妻は川島六郎兵衛吉惟姪。幼名は新六。通称は六郎右衛門徳島藩士

 寛文11(1671)年、相続が認められたものの、五十石減知の百五十石となる。江戸屋敷在番に三度任命され、御使者にも二度任命された。

 元禄3(1690)年6月16日、喜多村市之進旧屋敷を与えられた。この屋敷が江戸末期までの代々の屋敷となる。その後、名を新六から六郎右衛門と改めた。

 宝永5(1708)年4月17日に亡くなった。

伊勢直武(????-1717)


 大石六郎右衛門直富の長男。母は川島徳左衛門娘。幼名は新蔵徳三郎。通称は金左衛門徳島藩士

 宝永5(1708)年、父・直富が亡くなったため大石家を相続、百五十石を安堵された。その翌年、名字の「大石」を、祖先の氏である「伊勢」に改めて伊勢氏を復興した。家祖の北条七郎直重の高祖父は、室町時代中期の関東地方を席巻した伊勢新九郎盛時(伊勢早雲庵宗瑞)であり、その氏に戻したと思われる。

 伊勢盛定―――伊勢盛時―+―北条氏綱――北条氏康―+―北条氏政―+―北条氏直
(新左衛門尉)(北条早雲)|(相模守) (相模守) |(相模守) |(左京大夫) 
             |            |      |
             +―北条長綱       +―北条氏照 +―千葉直重
              (北条玄庵)       (陸奥守)  (北条七郎)

 御次小姓役をつとめ、享保2(1717)年に病気のために実弟の弁五氏勝が養嗣子とすることを藩に願い上げ、正月27日に亡くなった。

伊勢氏勝(????-1772)


 大石六郎右衛門直富の末子。母は川島徳左衛門娘。妻は寺西金次郎時信妹。幼名は弁五。通称は浅右衛門徳島藩士

 兄・直武の養嗣子として、享保2(1717)年3月18日に伊勢家百五十石を相続した。藩侯・蜂須賀宗英の御児小姓をつとめていることから、幼少で家督を相続したことがうかがえる。

 享保9(1724)年3月13日、賀島民部組に組み入れられた。6月3日には、かねて願い上げの通り、浅右衛門と名乗りを改めた。寛延2(1749)年7月3日、新御蔵奉行に就任した。

 安永元(1772)年10月25日に亡くなった。

伊勢氏高(????-1785)


 伊勢浅右衛門氏勝の子。母は寺西金次郎時信妹。幼名は喜三郎延五。通称は禎蔵徳島藩士

 安永2(1773)年正月10日、伊勢家百五十石を相続。長江縫殿組士となった。

 天明5(1785)年7月29日に亡くなった。

 弟の弥代吉時英は、叔父の寺西金右衛門時信の養嗣子となっている。

伊勢氏品(????-1835)


 伊勢禎蔵氏高の子。母は某氏。妻は青山牛兵衛成節妹。幼名は虎五郎。通称は黙介徳島藩士

 天明5(1785)年10月18日、伊勢家百五十石を相続した。名東・名西郡代御蔵奉行勘定方共海部那賀郡代美馬・三好郡代本締役を歴任して五十石が加増となり、しめて二百石となった。

 天保6(1835)年7月6日に亡くなった。

伊勢直誠(????-1861)


 伊勢黙介氏品の子。母は某氏。妻は寺西道太郎時雄姉。幼名は真太郎。通称は黙介。初名は氏忠。徳島藩士

 天保6(1835)年閏7月28日に伊勢家二百石を相続。学問所御奉行新御蔵奉行櫓御目付などを歴任し、幕末の動乱を予感させる桜田門外の変の翌年、文久元(1861)年に亡くなった。


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

copyright(c)1997-2008 chiba-ichizoku. all rights reserved
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。