千葉兼胤

千葉氏 千葉介の歴代
桓武天皇
(737-806)
葛原親王
(786-853)
高見王
(???-???)
平 高望
(???-???)
平 良文
(???-???)
平 経明
(???-???)
平 忠常
(975-1031)
平 常将
(????-????)
平 常長
(????-????)
平 常兼
(????-????)
千葉常重
(????-????)
千葉常胤
(1118-1201)
千葉胤正
(1141-1203)
千葉成胤
(1155-1218)
千葉胤綱
(1208-1228)
千葉時胤
(1218-1241)
千葉頼胤
(1239-1275)
千葉宗胤
(1265-1294)
千葉胤宗
(1268-1312)
千葉貞胤
(1291-1351)
千葉一胤
(????-1336)
千葉氏胤
(1337-1365)
千葉満胤
(1360-1426)
千葉兼胤
(1392-1430)
千葉胤直
(1419-1455)
千葉胤将
(1433-1455)
千葉胤宣
(1443-1455)
馬加康胤
(????-1456)
馬加胤持
(????-1455)
岩橋輔胤
(1421-1492)
千葉孝胤
(1433-1505)
千葉勝胤
(1471-1532)
千葉昌胤
(1495-1546)
千葉利胤
(1515-1547)
千葉親胤
(1541-1557)
千葉胤富
(1527-1579)
千葉良胤
(1557-1608)
千葉邦胤
(1557-1583)
千葉直重
(????-1627)
千葉重胤
(1576-1633)
江戸時代の千葉宗家  

トップページ千葉宗家 > 千葉介兼胤


千葉兼胤 (1392-1430)

生没年 延文5(1360)年11月3日?~応永33(1426)年6月8日
千葉介満胤
不明
上杉氏憲入道禅秀女
官位 正五位下?
官職 下総権介?
役職 下総国守護職
所在 下総国千葉庄
法号 輝山常光・称名院兼哲往讃
墓所 千葉山海隣寺?

 千葉氏十四代。千葉介満胤の嫡子。明徳3(1392)年7月21日誕生したと伝わる。官途は家督を継ぐ以前に修理大夫に任じられていたという(『千葉大系図』)。片諱の「兼」は、鎌倉公方・足利満兼からの偏諱であろう。

千葉介兼胤花押
兼胤花押

 応永16(1409)年、鎌倉公方・足利満兼が亡くなり、嫡男・幸王丸(のちの持氏)が公方家跡を継ぐと、新田義貞の嫡孫と称する者が反乱を起こしたため、十八歳の侍所所司兼胤は、在府の武士に命じてこれを生け捕り、鎌倉七里ガ浜で処刑した(『鎌倉大草紙』)兼胤自身も新田義貞の曾孫にあたる。

-千葉介兼胤略系図-

      千葉介氏胤  +―酉誉上人《増上寺開山》
        ∥    |
        ∥――――+―千葉介満胤―――千葉介兼胤  +―千葉介胤直
        ∥                ∥    |(上総下総守護職)
 新田義貞―――娘                ∥――――+
                         ∥    |
              上杉氏憲入道禅秀―――娘    +―千葉胤賢――→《武蔵千葉氏》
                               (中務大輔)

 応永20(1413)年8月28日、兼胤は直臣を引き連れて香取神宮に参詣した。そして、応永23(1417)年2月26日には木内三郎左衛門曽谷弾正円城寺新兵衛を奉行として、飯沼円福寺(銚子市)に参詣している『新介殿御参詣記録』。ここにみえる「曽谷弾正」とは、八幡庄曽谷を本貫地とする在地豪族で、兼胤の祖父・千葉介氏胤の母親の実家でもある。

■千葉介兼胤の舅・上杉禅秀の乱■

 応永22(1415)年4月25日、鎌倉政所での御評定のとき、犬懸上杉家の家人で常陸国の越幡六郎が咎によって所領を没収された。このとき関東管領・上杉氏憲入道禅秀(犬懸上杉家の隠居)は「さしたる罪科にあらす」と、六郎を不便(不憫)であるとして扶持を与えたことから、公方・足利持氏の怒りを買った。しかし禅秀は「道の道たる事をいさめす、法外の御政道に随ひ奉りて職にゐて何の益かあらん」と述懐して、5月2日、管領職を辞する旨を上表した。

化粧坂
化粧坂(鎌倉側)

 持氏はこれを受けると、「かやうの事、弥上意を奉令軽」と立腹し、禅秀の上表を収めて、5月18日、故上杉憲定入道大全の子・上杉安房守憲基を新たな関東管領に任じた。このように持氏禅秀の間には険悪な空気が流れ出し、それにともない鎌倉中が騒動して、戦乱の臭いを嗅ぎつけた近国の兵が鎌倉に忍び集まってきた。これに鎌倉府は7月20日、兵たちに帰国を命じてその年は暮れた。

 そのころ、京都においても将軍家の弟・権大納言義嗣が将軍・足利義持と対立して兵を集め、さらに義持の勘気を受けて近江国守護職を召し上げられていた佐々木六角(六角満高)を頼ったが、満高はこれに応じなかった。結局、応永23(1416)年10月晦日に捕らえられて林光院に押し込め、厳しく守護を置いた。義嗣はこの林光院で出家を遂げ道純と号することになる。

 足利尊氏――+―足利義詮―――足利義満―――+―足利義持
(征夷大将軍)|(征夷大将軍)(征夷大将軍) |(征夷大将軍)
       |               |
       |               +―足利義嗣
       |               |(権大納言)
       |               |
       |               +―足利義教―――――足利義政
       |                (征夷大将軍)  (征夷大将軍)
       |
       +―足利基氏―――足利氏満―――+―足利満兼―――+―足利持氏
        (鎌倉公方) (鎌倉公方)  |(鎌倉公方)  |(鎌倉公方)
                       |        |
                       +―足利満隆===+―足利持仲
                       |(新御堂小路殿)
                       |
                       +―足利満直
                       |(笹川公方)
                       |
                       +―足利満貞
                        (稲村公方)

 そんな中で、関東の持氏上杉禅秀の不和が京都に伝えられ、義嗣の耳にも入ってきた。義嗣は帰依の禅僧を密かに鎌倉に下し、禅秀持氏の伯父・新御堂小路殿(足利満隆)を語らった。これを受けて、足利満隆は禅秀を招いて評定を行った。禅秀は、

持氏公御政道悪しくして諸人背申事多し、某諌め申すと云へども忠言逆耳御気色悪しくなり結句、御外戚の人々依申掠御不審を罷蒙ると云へども誤のなければ鰐の口を遁候べき、世はただ為恩に仕へ、命は依義軽しと申候へば、いかやうに不義の御政道積り、果てはやがて謀反人あり世をくつがへさん事ちかく候か内々承る子細も候、他人に世をとられさせ給はん事を御当家の御歎き申てもあまりある御事にて候、さて又君も去る応永十七年の秋、佐介入道大全が讒言にて危うき御目を御覧せし候うらみ忘れさせたまはじ、今京都の大納言家より御頼み候こそ幸ひに候、急ぎ思し召し立ち、この時御運を御開き候へ、京都の御下知を公方の御教書と号し、禅秀取り持ち語らひ候はば、於関東は誰有りてか不可参不日に思し召し立ち、鎌倉を攻め落とし、押して御上洛あらば天下の反復目の当たりにて候」

と満隆に勧めた。満隆もおおいに悦び、

「内々存る子細有りと云へども、身に於いて更に望み無し、甥の持仲猶子に定めつる間、これを取り立て給はれ」

と、猶子に定めていた足利持仲(持氏の弟)を取り立てることを頼み、禅秀に同心したため、禅秀は秋から病気と称して邸に引きこもり、謀反を計画した。禅秀の郎党は国々から兵具を俵に入れて兵糧のように見せかけて人馬に背負わせて鎌倉に集まってきており、人々に知られることなく準備が進められた。そして、満隆の御内書に禅秀が添状を付けて廻文を作成し、京都からの持氏・憲基追討の命であるとして諸大名に遣わした。その廻文を見て集まり来た人々は、禅秀の娘婿である千葉介兼胤岩松治部大輔満純入道天用を筆頭に、多くの諸大名が加担した。また、陸奥国には笹川御所こと足利満直(満隆の兄弟)を通じて葦名盛久など有力諸大名が禅秀に加担した。

●足利持隆・上杉禅秀入道に加担した諸大名(『鎌倉大草紙』)

千葉介兼胤
岩松治部大輔満純入道天用
渋川左馬助
舞木太郎
大類氏、倉賀野氏、丹党の者、荏原氏、蓮沼氏、別府氏、玉井氏、瀬山氏、甕尻氏
武田安芸入道信満
小笠原の一族
狩野介一類
曾我、中村、土肥、土屋各氏
名越一党、佐竹上総介、小田太郎治朝、府中、大掾、行方、小栗
那須越後入道資之、宇都宮左衛門佐
蘆名盛久、白川、結城、石川、南部、葛西、海東四郡の者ども
木戸内匠助父甥、二階堂、佐々木一類
上杉禅秀婿
上杉禅秀婿


武蔵国より
上杉禅秀婿。甲斐国より
信濃国より
伊豆国より
相模国より
常陸国より
下野国より
陸奥国より
鎌倉在国衆

 10月2日、満隆と持仲父子が殿中から忍び出て、西御門の宝寿院に入り、ついに挙兵した。犬懸上杉家の郎党の屋部氏岡谷氏の両人が手勢を引率して、夜に入って塔辻に下り、鎌倉の所々に堀を切り、鹿垣を結うなど防砦を築いた。

犬懸上杉邸
犬懸上杉邸跡

 一方、禅秀御所へ参上して持氏を捕らえる支度を整えていた。このとき持氏は御所でしたたかに酔って寝ていたが、近習の木戸将監満範が御座近くに馳せ参じて持隆・禅秀らの反乱を伝えた。しかし持氏は、

「さはあらじ、禅秀は以の外に違例の聞食、今朝一男中務出仕いたしけるが、存命不定の由にてこそ帰宅せし」

と言い、禅秀の反乱など思いもよらないというかのような返答であった。満範は、

「それは謀反の謀に虚病仕候、只今御所中へ敵乱入らん、分内狭く防ぐに馬の駆け引き不可叶、一間途御出あり、佐介へ御入候へ」

と、持氏を佐介の管領邸に移すべく、持氏を馬に乗せて御所を脱出させた。すでに塔辻には満隆・禅秀の手勢が篝火を炊いて警固していたため、岩戸の上の山道を通り、十二所から小坪に抜け、前浜を駆け走って佐介の上杉憲基邸に向かって遁れていった。

●足利持氏の脱出に御供した近習(『鎌倉大草紙』):■千葉一族(高瀧次郎は参考)

一色兵部大輔 一色左馬助 一色左京亮 一色讃岐守 一色掃部助
一色左馬助 龍崎尾張守 龍崎伊勢守 早川左京亮 早川下総守
梶原兄弟 印東治郎左衛門尉 田中氏(新田一族) 木戸将監満範 那波掃部助
島崎大炊助 海上筑後守 海上信濃守 梶原能登守 江戸遠江守
三浦備前守 高山信濃守 今川三河守 今川修理亮 板倉式部丞
香川修理亮 畠山伊豆守 筑波源八 筑波八郎 薬師寺
常法寺 佐野左馬助 二階堂 小瀧 宍戸大炊助
宍戸又四郎 小田宮内少輔 高瀧次郎    

 このとき、佐助の上杉憲基は禅秀らの謀反を夢にも思わず酒宴を行っていたが、上杉修理太夫頼顕が三十騎ばかりで馳せ参じ、

上杉禅秀地図
上杉禅秀の乱 関係地図

禅秀入道、新御堂殿并持仲公を勧め申し、御所をも取り込め奉り、只今是へも発向する所に、かやうに悠々とわたらせ給ふ」

と、その対応を諌めた。しかし憲基は、

「何程のことかあるべき、まず大将の満隆は先年雑説以のほかにて、御大事に及びしを親にて候大全が蒙恩御命を扶け給ひ、何の間に我等に向かひ左様の悪事思ひ立ち給はじ、天の責めの軽べからず、又禅秀は去る応永九年の夏、奥州伊達大膳大夫退治の時、赤舘の戦に敗北して両国の兵に見限られけり、いまさら何者が彼に随はんや」

と、その報告を信じようとはしなかった。しかし、そこに上杉蔵人大夫憲長が十四騎で武装して馳せ参じ、門をたたいて、

「敵味方は知らず、何様前浜には軍勢充満す、打ち立て給へ」

と叫んだ。これにさすがの憲基も異変を感じ、急ぎ鎧を運ばせて武装し、長尾出雲守大石源左衛門尉羽継修理大夫羽継彦四郎兄弟安保豊後守惟助五郎長井藤内左衛門、その外には木戸、寺尾、白倉、加治、金子、金内ら七百騎あまりを伴って出陣した。憲基は、

「御所へ馳せ参り、上様未だ恙なく御座は御供申、これへ奉り入べし、もしまた御所中を敵取り巻き申さば、西の御門より火をかけ宝寿院へ推寄せ、一戦たるべし」

と申し合わせていたが、そのとき持氏が命からがら遁れてきたので、憲基はじめ人々は安堵した。翌10月3日は悪日のため、満隆・禅秀から攻め寄せることはなかったが、翌10月4日には未明より憲基は長尾出雲守を浜面法会門をはじめとする安房国勢を差し向け、甘縄口小路には佐竹左馬助を、薬師堂南には結城弾正を、無量寺口には上杉蔵人大夫憲長を、化粧坂には三浦相模の手勢を、扇ガ谷には上杉弾正少弼氏定父子らをそれぞれ派遣した。

 一方、足利満隆も宝寿院を発って馬廻一千騎を随えて若宮小路に陣を張り、千葉大介満胤千葉介兼胤馬加陸奥守康胤相馬大須賀円城寺下野守ら八千余騎もの大軍を米町表に展開した。佐竹上総入道の手勢百五十騎は、浜の大鳥居から極楽寺口に展開した。

 禅秀の手勢は、嫡子の上杉中務大輔憲顕、弟の上杉修理亮氏顕千坂駿河守塩谷入道蓮沼安芸守長尾信濃守坂田弾正忠小早川越前守矢部伊予守臼井、太田、秋元、神崎、曾我、中村氏ら二千五百騎あまりが鳥居の前から東に向いて陣を張った。ここに見える「臼井」「神崎」はおそらく千葉一族の各氏であろう。

化粧坂
鎌倉化粧坂

 満隆・禅秀の手勢は十万騎(おそらく数千騎ほどだろう)にも膨れ上がり、10月6日、禅秀は岩松満純渋川左馬助らの手勢を六本松に差し向けた。ここを守るは御所方の扇ガ谷上杉弾正少弼氏定であったが、戦いは禅秀方の勝利に終わり、氏定は重傷を負って退却、上田上野介疋田右京進ら大将は討死を遂げた。この余勢を駆って禅秀勢は化粧坂に攻め懸けて勝鬨を上げた。

 氏定が大敗を喫したため、持氏・憲基勢は化粧坂の守りのために、持氏の馬廻衆の梶原但馬守海上筑後守(海上筑後守憲胤)海上信濃守(海上信濃守頼胤)椎津出羽守園田四郎飯田小次郎以下の三十騎あまりが化粧坂に登って防戦したが、梶原但馬守椎津出羽守が討死、「飯田、海上、園田四郎」も負傷して無量寺まで退却した。

 満隆、禅秀の手勢は鎌倉中を席巻し、御所方の江戸近江守今川三河守畠山伊豆守ら主だった大将が討死を遂げ、さらに佐介の上杉憲基邸にも火の手が襲い掛かり、もはや消火もままならず持氏は憲基に守られながら極楽寺口から鎌倉を脱出し、小田原、箱根を経て駿河守護職・今川上総介範政のもとに逃れた。六本松で重傷をおった上杉氏定は藤沢まで供したものの、力尽きて自害した。

 一方、鎌倉市街で合戦をしていた木戸満範ら持氏の馬廻衆の将は、持氏の行方をつかむことができず、国清寺(佐助にあった寺院)に持氏が入ったとの報告を信じて国清寺に馳せ集まった。国清寺には管領・上杉憲基が入っていたが、御所方の諸将が国清寺に集まっている報告を聞いた禅秀方は持氏が国清寺にいると思い、10月10日、狩野介らが大軍で攻め寄せた。しかし、これを防ぐ御所方はわずかに百名ほどであり、衆寡敵せず憲基は夜陰にまぎれて寺を脱出し、越後国に逃れ去った。また、木戸満範ら二十一人の将は高矢倉に登って一斉に自害した。

 持氏が鎌倉を落ちると、満隆と持仲は鎌倉の主と宣言し、公方と称された。しかし近国にはいまだに持氏の味方として持隆の召しに応じなかった諸将があり、持隆は持仲を大将に任じ、上杉中務大輔憲顕(禅秀子)、上杉伊予守憲方(禅秀弟)とともに武蔵国に派遣した。しかし、憲顕は病のために鎌倉にとどまることとなり、憲方を大将軍として11月20日、武蔵国小机まで出陣させた。一方、持氏方の江戸氏、豊島氏、二階堂氏、宍戸氏なども入間川辺に集結して布陣した。

 禅秀方の上杉憲方は持仲とともに入間川へ向かったが、23日、途中の世谷原で合戦となり、憲方は打ち負けて鎌倉へ引き返した。これに御所方の江戸氏、豊島氏らは猛追したため、25日になってようやく鎌倉に入ることができた。

 また、上野国では先代公方・足利氏満が困窮していた新田一族の里見、烏山、世良田、額田、大島、大館、堀口、桃井氏を同族の誼としてわずかながら一所懸命の地を与えて庇護した。それ以来、上野新田党は鎌倉公方の恩を重んじるようになり、満隆・禅秀による持氏追い落としに対して、故新田左少将義宗(新田義貞子)の遺児で坂中(群馬県太田市強戸町)に蟄居中の新田六郎を奉じて挙兵。館林方面へ打ち出でて、その大半を切り随え、由良、横瀬、長尾但馬守らをして、12月18日、岩松満純の所領に攻め込ませた。岩松満純は鎌倉で戦っているため留守であり、留守の金井新左衛門が防戦するが討死を遂げた。しかし22日、岩松勢は大軍をもって反撃に出、横瀬、長尾但馬守は打ち散らされた。

 このような中、持氏を庇護していた今川範政は、京都に鎌倉の大乱を注進し、幕府はただちに禅秀一党ならびに満隆、持仲父子の追討の御教書を発給。範政は12月25日、関東の諸大名に対して、禅秀追討の回状を発した。

 こうして禅秀は、千葉介兼胤、小山、佐竹、長瀬、三浦、葦名の手勢三百騎を足柄山向こうの入江庄の北山麓に展開させたが、持氏も今川勢を先頭に入江山の西に陣取って対峙した。今川勢は夜討ちを仕掛け、禅秀勢は敗走。箱根水呑に陣を取った。一方、今川勢は伊豆国三島に陣を取り、葛山、荒川治部大輔、大森式部大輔、瀬名陸奥守を先陣として足柄山を越えて、曾我、中村の禅秀方の砦を攻め落とし、小田原に着陣した。その後の禅秀勢は各地で雪崩をうつように敗れ続け、応永24(1417)年正月9日には味方の大半が心変わりして御所方となってしまった。

鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮

 このような状況ではもはやなす術もなく、満隆、持仲、禅秀は鎌倉に戻ると、翌10日、禅秀の子息で鶴岡八幡宮寺若宮別当である宝性院快尊雪ノ下御坊に籠もり、満隆、持仲、禅秀をはじめとして、禅秀の子・伊予守憲方憲春宝性院快尊らが自害して果てた。

 今川勢は鎌倉に攻め入るが、禅秀勢はすでに壊走した跡であり、正月17日、持氏は鎌倉に還御し、御所のそば浄智寺に入った。そして戦功ある者には禅秀一党の収公地を与えるなどの行賞を行っている。4月28日、大蔵に御所が再建され、持氏は帰館して鎌倉公方の座に再び座ることができた。

 一方、岩松満純入道上野国岩松郷に戻って挙兵したが、鎌倉から派遣された舞木宮内丞によってたちまち鎮圧され、生け捕りのまま鎌倉に連行され、5月13日、滝口の刑場において斬首された。

 兼胤も禅秀党の首領の一人として、持氏を御所に襲い、足柄山では今川勢と戦うなど、終始禅秀方の対象として活動していた。しかし、禅秀の敗北をいち早く察して早々に降伏したため、罪に問われることはなかったようである。禅秀の乱に随った背景には、彼が禅秀の婿だったことのほかに、挙兵の回状が幕府の御教書を奉じたという満隆、禅秀の謀略があったためであり、その部分も考慮されたのかもしれない。

 兼胤はその後、鎌倉府の将として上総国で禅秀の残党が起こした「上総本一揆」を鎮圧している。

 永享2(1430)年6月10日急病に倒れ、6月17日に39歳の若さで亡くなった。法名は輝山常光称名院兼哲往讃。家中は「愁歎無其限」だったという。

●応永20(1413)年8月28日『千葉介兼胤香取社参記録』

 香取御社参事、  兼胤御参詣、応永二十年庚巳八月廿八日

 一 御神馬一疋、栗毛印雀     神主請取申
 一 御神楽銭十結     大禰宜請取申
 一 返田大明神五結     六司代御代官参五結
 一 大般若御布施十結     供僧中
 一 御幣役     円寺隼人佐「御代官役」
 一 社頭御剣役     木内平次左衛門尉
 一 御敷皮役     木内平三郎
 一 笠懸  
 一 御引出物事  
 一 御太刀一振 海梅花 目貫牡丹     役人円城寺隼人佐
 一 御小袖一重 朽葉     役人円城寺五郎兵衛督
 一 御馬一疋 月毛印雀     「多古」
    役人円城寺兵衛次郎
 一 御遷宮時、満胤為御代官下総守殿御社参事、
 一 御幣 社人直取渡之、依御遷宮也、
 一 御神楽銭十結     大禰宜請取之
 一 大般若御布施銭十結     供僧中
 一 返田大明神五結     六司代御代官
 一 御剣役 社頭     木内七郎左衛門尉
 一 御敷皮役     木内四郎
 一 御引出物事  
 一 御太刀一振 鮫 目貫菊     役人円城寺五郎兵衛督
 一 御小袖一重  朽葉     役人円城寺次郎兵衛
 一 御馬一疋 鴇毛印雀     役人円城寺四郎兵衛

●応永34(1427)年11月1日『千葉介兼胤下写』

 香取今吉名内田地田数別紙在之等事、中平神虎房丸以下仁等押領之云々、虎房丸雖例参陳、
 不帯一紙證文上者、於押領之段者勿論歟、所詮任永仁観応之御證文之旨、令知行之、
 至于有限神事者、不可有退転之状、如件、

   応永卅四年十一月一日      兼胤(在判)
  御物忌

★千葉介兼胤の重臣★(『千葉大系図』他)

●家老

木内左京亮 鏑木大蔵少輔 湯浅対馬守

●族臣

馬加陸奥守(康胤) 大須賀左馬助(憲康) 国分三河守(忠胤) 粟飯原但馬入道(入道常善) 相馬大炊助(胤長) 円城寺下野守 原四郎(胤高)

●側近

幡谷刑部少輔 麻生左馬助 岩井弾正 石毛権太夫 木村織部 押田源五左衛門尉 平山 八木 土屋


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

copyright(c)1997-2009 chiba-ichizoku. all rights reserved
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。