千葉利胤

千葉氏 千葉介の歴代
桓武天皇
(737-806)
葛原親王
(786-853)
高見王
(???-???)
平 高望
(???-???)
平 良文
(???-???)
平 経明
(???-???)
平 忠常
(975-1031)
平 常将
(????-????)
平 常長
(????-????)
平 常兼
(????-????)
千葉常重
(????-????)
千葉常胤
(1118-1201)
千葉胤正
(1141-1203)
千葉成胤
(1155-1218)
千葉胤綱
(1208-1228)
千葉時胤
(1218-1241)
千葉頼胤
(1239-1275)
千葉宗胤
(1265-1294)
千葉胤宗
(1268-1312)
千葉貞胤
(1291-1351)
千葉一胤
(????-1336)
千葉氏胤
(1337-1365)
千葉満胤
(1360-1426)
千葉兼胤
(1392-1430)
千葉胤直
(1419-1455)
千葉胤将
(1433-1455)
千葉胤宣
(1443-1455)
馬加康胤
(????-1456)
馬加胤持
(????-1455)
岩橋輔胤
(1421-1492)
千葉孝胤
(1433-1505)
千葉勝胤
(1471-1532)
千葉昌胤
(1495-1546)
千葉利胤
(1515-1547)
千葉親胤
(1541-1557)
千葉胤富
(1527-1579)
千葉良胤
(1557-1608)
千葉邦胤
(1557-1583)
千葉直重
(????-1627)
千葉重胤
(1576-1633)
江戸時代の千葉宗家  

トップページ千葉宗家 > 千葉介利胤


千葉利胤 (1515-1547)

生没年 永正12(1515)年8月5日~ 天文16(1547)年7月12日
千葉介昌胤
金田左衛門大夫正信娘
不明
官位 不明
官職 不明
役職 不明
所在 下総国印旛郡佐倉
法号 慶岩常賀覚阿弥陀仏
秀光院殿利円剣哲覚阿弥陀仏
墓所 佐倉の海隣寺?

 千葉氏二十一代。千葉介昌胤の嫡男。母は金田左衛門大夫正信娘という。永正12(1515)年8月5日生まれとされる(『千葉大系図』)。天文15(1546)年1月に父・昌胤が病死し、家督を継いだ。

 当時、千葉氏には宿老というべき原氏・木内氏・鏑木氏の三家老がおり、なかでも原氏は主家をしのぐ勢力を持ち、千葉は百騎、原は千騎」と言われていたという。さらに、原氏の軍事力を担っていた高城氏・酒井氏がいて、千葉に原、原に高城、両酒井」とも言われていた。

 大永3(1523)年11月の望月の日、利胤の元服式が佐倉妙見宮にて行われた。慣例のごとく千葉妙見宮での挙行ができなかったのは、千葉の南にある小弓城に千葉氏と敵対関係にあった小弓御所・足利義明がいたためである。ただし千葉妙見宮での元服式と同様の規模での挙行となった。妙見座主は常覚僧都(千葉介勝胤子)、利胤の供二騎は原孫七粟飯原文三が務めた。神前への御使は木村左京亮、千葉諸社への御使は安藤左衛門がこれを務めた(『千学集抜粋』)

 天文15(1546)年9月14日、古河公方・足利義氏の家臣であった豊前左京亮に対して、「上総国武作郡之内本柏(山武郡松尾町本柏)」を進上した。

 その翌年の天文16(1547)年7月12日、30歳で亡くなった。法名は慶岩常賀覚阿弥陀仏(『千葉大系図』『松羅館本千葉系図』)秀光院殿利円剣哲覚阿弥陀仏。利胤には子がなく、末弟の親胤が家督を継いだ(『千学集抜粋』)

『松羅館本千葉系図』による利胤周辺系譜(参考)

千葉介勝胤―+―千葉介昌胤――――――千葉介利胤
      |             弘治3(1557)年8月7日卒。31歳。
      |             ⇒逆算すると、生没年は"大永7(1527)年~弘治3(1557)年"
      |
      +―千葉鳴戸胤定―――+―利胤―――――――――――――親胤
         八郎、兵部少輔 |  大永5(1525)年生    元亀3(1572)年生
                 |
                 +―胤富―――――――――――+―良胤――――――――――――――当胤――知胤
                    享禄4(1531)年生 |  千葉介。多病により弟に譲る
                    実、利胤三弟      |
                                +―邦胤――――――――――――――重胤


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

copyright(c)1997-2009 chiba-ichizoku. all rights reserved
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。