平忠頼

千葉氏 千葉介の歴代
桓武天皇
(737-806)
葛原親王
(786-853)
高見王
(???-???)
平 高望
(???-???)
平 良文
(???-???)
平 経明
(???-???)
平 忠常
(975-1031)
平 常将
(????-????)
平 常長
(????-????)
平 常兼
(????-????)
千葉常重
(????-????)
千葉常胤
(1118-1201)
千葉胤正
(1141-1203)
千葉成胤
(1155-1218)
千葉胤綱
(1208-1228)
千葉時胤
(1218-1241)
千葉頼胤
(1239-1275)
千葉宗胤
(1265-1294)
千葉胤宗
(1268-1312)
千葉貞胤
(1291-1351)
千葉一胤
(????-1336)
千葉氏胤
(1337-1365)
千葉満胤
(1360-1426)
千葉兼胤
(1392-1430)
千葉胤直
(1419-1455)
千葉胤将
(1433-1455)
千葉胤宣
(1443-1455)
馬加康胤
(????-1456)
馬加胤持
(????-1455)
岩橋輔胤
(1421-1492)
千葉孝胤
(1433-1505)
千葉勝胤
(1471-1532)
千葉昌胤
(1495-1546)
千葉利胤
(1515-1547)
千葉親胤
(1541-1557)
千葉胤富
(1527-1579)
千葉良胤
(1557-1608)
千葉邦胤
(1557-1583)
千葉直重
(????-1627)
千葉重胤
(1576-1633)
江戸時代の千葉宗家  

トップページ千葉宗家 > 平経明


平経明  (930?-1018?)

別名 忠頼
忠依(『二中歴』)
経明(永暦二年二月廿七日『正六位上下総権介平朝臣常胤解案』)
恒明(『千馬家系図』)
生没年 延長8(930)年6月18日?~寛仁2(1018)年12月17日?
元服 不明
通称 村岡次郎(伝)?
平良文(村岡五郎)?
大野茂吉娘(伝)?
官位 不明
官職 陸奥介(寛和3(987)年正月24日『太政官符』)?

 村岡五郎平良文の子。諱は恒明(『千馬家系図』)とも。千葉氏の祖とされる「平忠頼」と同一人物ともされる。系譜や伝がないため具体的な事柄は不明。「平良文朝臣」の「男」であり(『正六位上下総権介平朝臣常胤解案』)、活躍時期としては天暦年中か。

 経明の名が見えるのは、千葉介常胤が相馬郡を伊勢内外二宮に寄進した久安2(1146)年の寄進状である久安二年八月十日『御厨下司正六位上平朝臣常胤寄進状』と、相馬郡をめぐる左兵衛少尉源義宗との争いの中で、自家が相馬郡を正当に継承してきたことを伊勢神宮に訴えた永暦2(1161)年の永暦二年二月廿七日『正六位上行下総権介平朝臣常胤解案』の、

「是元平良文朝臣所領、其男経明、其男忠経、其男経政、其男経長、其男経兼、其男常重、而自経兼五郎弟常晴相承之当初、為国役不輸之地…」

という文書だけである。これを系譜に直すと、以下のようになる。

 平良文―経明―忠経―経政―経長―+―経兼―常重
                 |
                 +―常晴

 千葉氏の祖としては、鎌倉期の系譜以降、平忠頼が良文の子として見られる。しかし、千葉氏の諸系図が作成されるよりもかなり以前の平安時代後期には、千葉氏の祖は「忠頼」ではなく「経明」と認識されていたことになる。  

 同一人物とされる平忠頼は、寛和2(986)年ごろ、「忠光」とともに、平繁盛(平国香の子で陸奥守貞盛の弟)の使者を武蔵国で追い払っている。寛和3(987)年正月24日の太政官符によれば、繁盛は忠頼・忠光を「旧敵」と呼んでおり、両者の間には何らかの確執があったことがわかる。忠頼と忠光の関係は『続左丞抄』に記載はないが、平安時代末期成立の『掌中歴』『懐中歴』をベースとする『二中歴』によれば「陸奥介忠依、駿河介忠光忠依弟とあり、兄弟であることがわかる。

陸奥介平忠頼、忠光等、移住武蔵国、引率伴類、運上際可致事煩之由、普告隣国連日不絶」(寛和三年正月廿四日『続左丞抄』:『国史大系』)

 一方、千葉氏の系譜上では忠頼の子とされ、常胤からは「経明」の子とある「忠経(平忠常)」は、長保2(1000)年頃にはすでに両総に勢力を広げ、常陸介源頼信の家人となっている。忠頼・忠光の活動時期とわずか十年あまりの差異であり、忠常の両総への勢力拡大等を考えれば活動時期はほぼ同時期と見ていいだろう。忠頼・忠光兄弟は別の地域から「移住武蔵国」とあることから、想像をたくましくすれば、忠頼・忠光・忠常は兄弟であり(当時の通字は兄弟で共通を用いる傾向にあった)、忠頼・忠光は武蔵国へ移り、忠常は父祖の下総国に残っていたと考えることもできよう。

 平高望―+―平良兼―+―平公雅―――+―平致利   +―平致経
(上総介)|(下総介)|(上総掾)  |(出羽守)  |(左衛門大尉)
     |     |       |       |
     |     |       +―平致成   +―平公親――――平公経
     |     |       |(出羽守)  |(内匠允)
     |     |       |       |
     |     |       +―平致頼―――+―平公致
     |     |       |(備中守)
     |     |       |
     |     |       +―平致光
     |     |       |(大宰大監)
     |     |       |
     |     |       +―平致遠
     |     |
     |     +―平公連
     |      (下総権少掾)
     |
     +―平良文―――平経明―――+―平忠頼=====平忠経
      (五郎)         |(陸奥介)   (上総介)
                   |
                   +―平忠光
                   |(駿河介)
                   |
                   +―平忠経―――――平経政――――平経長
                    (上総介)  

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

●桓武平氏の活躍時期と世代(『中世東国武士団の研究:野口実著』記事より作成)

初代 ニ代 三代 四代 五代
国香
・935没
貞盛
・940頃活躍
・947鎮守将軍
・972丹波守叙任
・974陸奥守
・976馬を貢進
維敏
・982検非違使尉に推薦
・990頃、肥前守
・994没
   
維将
・973左衛門尉
・994肥前守
維時
・988右兵衛尉在任
・1016常陸介在任
・1029上総介叙任
・1028上総介辞任
直方
・1028忠常追討使
・1028追討使更迭
維叙
・973右衛門少尉在任
・996前陸奥守
・999常陸介在任
・1012上野介在任
・1015上野介辞任
維輔
・1005検非違使任
 
維衡
・974左衛門尉在任
・998伊勢で致頼と合戦
・1006伊勢守→上野介
・1020常陸介
・1028郎従が伊勢で濫妨
正輔
・1019伊勢で致経と合戦
・1030安房守
 
繁盛
・940頃活躍
・986忠頼らと紛争
維幹
・1016左衛門尉在任
為幹
・1020常陸で濫妨
 
兼忠
・980出羽介→秋田城介
・1012以前没
維茂
・1012鎮守将軍
・1017以前没
 
維良
・1003下総国衙焼討
・1012頃鎮守将軍
・1018陸奥国司と乱闘
・1022没
 
良兼
・931将門と紛争
・939没
公雅
・940上総掾
・942武蔵守
致頼
・998伊勢で維衡と合戦
・1011没
致経
・1019伊勢で正輔と合戦
 
公連
・940押領使
・940下総権少掾
     
良持
・?
将門
・935国香討つ
・939没
     
良文
・?
忠頼
・986陸奥介在任
【活動時期が一世代後】
忠常
・1000~1012源頼信家人
・1027安房国司を焼殺
・1028以前上総介辞
・1031没
常昌
・1031降伏
 
常近
・1031降伏
 
忠光
・986駿河介?
     

平忠頼(????-????)

 村岡五郎平良文の子。母は大蔵卿大野茂吉娘。通称は村岡次郎。官途は陸奥介『二中歴』には「陸奥介忠依」とあり、弟に「忠光 駿河介」がいる(『二中歴』)。『千葉大系図』には平忠頼の項目に「初号経明」とあって、経明と忠頼は同一人物とされている。『千葉大系図』によれば、「忠頼」は延長8(930)年6月18日に下総国千葉郡で生まれたとある。外祖父とされる「大野茂吉」「大蔵卿」であったとされるが、十世紀半ば頃の大蔵卿にはその名は見えない。

 平安時代末期、千葉介常胤が神宮へ相馬御厨を寄進した際に、相馬郷の謂れを認めた一文には、

「是元平良文朝臣所領、其男経明、其男忠経、其男経政、其男経長、其男経兼、其男常重、而自経兼五郎弟常晴相承之当初、為国役不輸之地…」

とあるとおり、忠頼の名が見られない。初名が経明であったとすると、なぜ後名の「忠頼」が記されなかったのかという疑問がある。「経明」と「忠頼」は本来別人で、平安時代末期においては、千葉氏の祖は「経明」であって「忠頼」ではなかったと考えられる。では、忠頼とは何者だったのだろうか。

 具体的な伝承は残されていないが、寛和2(986)年ごろ、「陸奥介平忠頼」「忠光」とともに、従兄弟で「旧敵」平繁盛(平国香の子で、平貞盛の弟)の使者を武蔵国で追い払っているとおり、「平忠頼」は実在の人物である。

陸奥介平忠頼、忠光等、移住武蔵国、引率伴類、運上際可致事煩之由、普告隣国連日不絶」(寛和3(987)年正月24日『続左丞抄』:『国史大系』)

 この文書によれば、「陸奥介忠頼、忠光」は他の国から武蔵国へ移住したことがわかる。また、寛和3(987)年正月24日の太政官符には、繁盛は忠頼・忠光を「旧敵」であると記している(寛和3(987)年正月24日「続左丞抄」)。この「旧敵(仇敵)」とは、天慶の平将門の乱との関係があるともされている。しかし、世代から考えると、繁盛は平将門と合戦した天慶2~3(938~939)年当時においてすでに参戦する成人であったが、一方で忠頼・忠光の兄弟は、寛和3(987)年当時が活動時期であったという点から、繁盛は忠頼兄弟よりも一世代前と推測される。忠頼・忠光と平良文との間には、一世代人物がおり、その人物が平将門の乱で繁盛らと対立したと見ることもできよう。

 推測だが、千葉介常胤の相馬御厨寄進状に見られる

「是元平良文朝臣所領、其男経明、其男忠経、其男経政、其男経長、其男経兼、其男常重、而自経兼五郎弟常晴相承之当初、為国役不輸之地…」

という記述と、忠頼と忠常の活躍時期はほぼ同時期であること、当時は兄弟間で通字を用いた傾向があることから、「忠頼」が千葉氏の系譜に包括された事実を考え合わせると、平良文の子の「平経明」には「陸奥介平忠頼、忠光」そして「忠経(平忠常)」の子がいて、忠頼の養子として忠常が据えられたのかもしれない。また、忠頼の弟として「忠通」の名が見える系譜もあることから(『神代本千葉系図』『桓武平氏諸流系図』他)、忠頼、忠光、忠常、忠通が兄弟であったのかもしれない。

 平高望―+―平良兼―+―平公雅―――+―平致利   +―平致経
(上総介)|(下総介)|(上総掾)  |(出羽守)  |(左衛門大尉)
     |     |       |       |
     |     |       +―平致成   +―平公親――――平公経
     |     |       |(出羽守)  |(内匠允)
     |     |       |       |
     |     |       +―平致頼―――+―平公致
     |     |       |(備中守)
     |     |       |
     |     |       +―平致光
     |     |       |(大宰大監)
     |     |       |
     |     |       +―平致遠
     |     |
     |     +―平公連
     |      (下総権少掾)
     |
     +―平良文―――平経明―――+―平忠頼=====平忠経―――――平経昌
      (五郎)         |(陸奥介)   (上総介)
                   |
                   +―平忠光
                   |(駿河介)
                   |
                   +―平忠経
                   |(上総介)   
                   |
                   +―平忠通―――――平為通
                    (小五郎)   (平太夫)  

 繁盛が運上していたのは金泥(純金の墨)で書写した大般若経一部六百巻で、天慶3(939)年の「将門の乱」での軍功を評価されなかったことを憂い、戦いから四十五年を経て「聖朝安穏鎮護国家の御為」という名目で延暦寺へ納めるためのものであった。その金泥の写経を持った繁盛の使者一行が武蔵国を通過したとき、待ち受けていた「陸奥介平忠頼、忠光等」によって散々に打ちのめされたことから、報告を受けた繁盛が太政官にこの乱暴を「解状」という形で訴え、これを受けた朝廷では「官符」を東海道・東山道の国司に発布した。

 しかし、8月9日にはその官符が何らかの理由で「停止」されたため、「忠光等」の乱暴は「逆弥倍、奸謀尤甚」と、ますます激しくなった。「忠頼等」ではなく「忠光等」となっていることから、その後の事件の中心は「忠光」だったと推測される。なお、忠頼と忠光の関係は『続左丞抄』に記載はないが、平安時代末期成立の『掌中歴』『懐中歴』をベースとする『二中歴』によれば「陸奥介忠依、駿河介忠光忠依弟とあり、兄弟であったことがわかる。

 その忠光らの濫妨を停止すべく、寛和2(986)年11月8日、繁盛による太政官符の再発布の申請を求める「解状」が提出された。また、繁盛の訴えを聞いた比叡山も翌年1月5日に「奏状」を朝廷に提出している。しかし、朝廷は繁盛の訴えのうち、比叡山への大般若経の搬送は認めたものの、繁盛の参内は認めなかった。忠光等と繁盛の争いがふたたび大乱を引き起こすことがないようにとの配慮があったのかも知れない。

 忠頼はこの騒動以前にすでに陸奥介に任じられており、伝承によれば、その後は上総・下総・常陸の介を歴任して、最終的には従四位下、陸奥守に任じられたという。

 寛仁2(1018)年12月17日、90歳で没したというが、伝承の色合いが濃いか。

●『千葉大系図』忠頼の項

「忠頼 初号経明 正四位下陸奥守 上総下総常陸介
 延長八年庚寅六月十八日、誕生於下総国千葉郡千葉郷也。於此所忽水涌出。以此水為生湯矣。後世号湯花水。又葛飾郡栗原郷有不増不減之水。此水亦為生湯。云々。此所葛飾大明神社也。俗呼謂千葉生湯之水矣。此時有祥瑞。備月星之小石墜於空中。此石入醍醐天皇之叡覧。勅号千葉石也。嫡流者月星為家紋、末流者諸星為家紋。其詳見花見系図。当家之秘。千葉氏之称始于此。然未顕於矣。後年歴任上総下総常陸介、陸奥守、叙四位下也。寛仁二年戌午十二月十七日卒。年九十。」


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

Copyright©2008-2016 ChibaIchizoku. All rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固くお断りいたします。