千葉一族 粟飯原氏

粟飯原氏

トップページ粟飯原氏千葉氏流粟飯原氏


平良兼流粟飯原氏千葉氏流粟飯原氏その後の粟飯原氏各地の粟飯原氏

◆千葉氏流粟飯原氏◆

トップページ粟飯原氏 > 千葉氏流粟飯原氏 > 栗原寛秀禅師


栗原寛秀禅師(????-????)

 千葉介胤正の子。通称は四郎禅師。系譜では「寛秀」とあるが入道号である。法名は能光

 最も古い系統に属する千葉系図『徳嶋本千葉系図』によれば、彼は「栗原四郎」とあり、「粟飯原」ではなく、粟飯原氏とは関係のない人物である。

 建暦2(1212)年12月24日、法然一周忌に合わせて造立された阿弥陀如来像に、全国各地の念仏信者からの結縁交名が納められたが、その中に父「平胤政」や兄「平常秀」「平成胤」、弟の「平胤忠(辺田胤忠)」、従兄弟の「平胤重(武石胤重)」とともに「寛秀」として名を連ねている(峰岸純夫『中世東国の浄土信仰』「玉桂寺阿弥陀如来立像胎内文書調査報告書」)

 

トップページ粟飯原氏 > 千葉氏流粟飯原氏 > 粟飯原常行


粟飯原常行(????-????)

 栗原四郎入道寛秀の子と伝わるが、寛秀は粟飯原氏ではなく「栗原」氏であるから、常行は寛秀の子ではなく、粟飯原五郎家常の末裔であろう。官途は兵衛尉(『千葉大系図』)。実在は不明。

 

トップページ粟飯原氏 > 千葉氏流粟飯原氏 > 粟飯原常実


粟飯原常実(????-1260?)

 粟飯原兵衛尉常行の子。官途は右衛門尉(『千葉大系図』)。実在は不明。

 鎌倉時代中期の千葉介頼胤の代に「粟飯原道光入道」があり、文永3(1266)年に道光入道の七回忌が行われている(『本土寺過去帳』)。つまり粟飯原道光入道は文応元(1260)年に没していることになる。この「粟飯原道光入道」の実名は不明だが、粟飯原五郎家常の末裔であろう。

 「粟飯原道光入道」は「曾谷弾正忠内方親父」とあり、八幡庄曾谷村(市川市曽谷)の曾谷氏と縁戚であったことがわかる(『本土寺過去帳』)。「曾谷弾正忠」については、「曾谷弾正忠直満」という人物が同じく『本土寺過去帳』内に見えるが、彼は室町時代中期の千葉介胤直に仕えた人物で、粟飯原道光娘と婚姻関係にあった「曾谷弾正忠」とは別人である。しかしながら「弾正忠」という通称から、おそらく曾谷弾正忠直満の先祖であろうと考えられる。

●曽谷氏略系図

 粟飯原道光入道―弾正内方 
        (=蓮華尼か)
          ∥
         (?) 
          ∥
+―大野政清―+―曽谷教信―――+―道崇 
|(1263)|(1294)  |(妙興寺開基)
|      |        |     
|      +―浄蓮     +―山城守
|      |(金原法橋)  |(日心)
|      |        |                              
|      +―大進房    +―日源         +―曽谷祐典――?―曽谷弾正忠?――+―曽谷左衛門尉直繁(秀典)
|      |(大進阿闍梨) |            |(1416)   ∥ ∥     |(1456)
|      |        |            |         ∥ ∥     |
|      +―三位房    +―伝浄――――曽谷典久―+―日福      ∥ 妙院尼   +―曽谷彈正忠直満(蓮宗)
|      |        |(1359)(1388)          ∥(1457) |(1456)
|      |        |                      ∥       |
|      |        +―日貞                   堯院尼     +―曽谷七郎将旨(典意)
|      |         (妙林院)                (1457)    (1456)
|      |          ∥
|      |          ∥―――?―千葉胤泰
|      |          ∥    (次郎)
|      | +―千葉宗胤―――千葉胤貞
|      | |(千田太郎) (大隅守)
|      | |
|      | |
|      | +―千葉介胤宗――千葉介貞胤
|      |  (千葉介)  (千葉介)
|      |          ∥
|      |          ∥―――――千葉介氏胤――千葉介満胤―――千葉介兼胤
|      |          ∥    (千葉介)  (千葉介)   (千葉介)
|      +―■■―――――――法頂尼
|                (曽谷教信姪

+―妙蓮―――――日蓮        
                 

 八幡庄(市川市)の曾谷弾正忠と千葉氏被官の粟飯原道光入道が縁戚となった理由は、粟飯原道光入道の主君である千葉介頼胤が八幡庄を含む下総国西部に進出したことにあるのだろう。頼胤は小金(松戸市小金)や馬橋(松戸市馬橋)に館を構え、太日川の港のあった市河(市川市真間)の守護所には曾谷氏富木氏(富木常忍)、大田氏(大田乗明)といった八幡庄所縁の人物出仕していたことがわかっている。曽谷弾正忠と粟飯原道光入道はこうした縁で接触したのだろう。

 

トップページ粟飯原氏 > 千葉氏流粟飯原氏 > 粟飯原常久


粟飯原常久(????-????)

 粟飯原常実の子とされる。官途は左衛門尉(『千葉大系図』)。実在は不明。

 嘉元3(1305)年4月23日子の刻、北条左京権大夫時村とその子息・親類に謀反の疑いがかけられ、侍所別当・北条宗方の手勢に誅殺された。時村は北条義時の末男・北条政村の嫡男であり、有力な北条一族であった。北条家内の権力闘争が背景にあったと思われるが事実は不明。しかし、時村の謀反の疑いは事実無根であったことが発覚し、5月2日、幕府は時村を実際に手にかけた武士十二名を斬首し、与党も捕らえて御家人への召し預けとした。この与党の一人、井原四郎左衛門尉盛明掃部頭入道へ召預けとなったが、その際の使者に「粟飯原左衛門尉」があたっている(『鎌倉年代記裏書』増補続史料大成51巻)

 鎌倉円覚寺で毎月四日に行われていた「大斎(北条時宗忌日)」の結番が徳治2(1307)年5月に定められたが、『相模円覚寺毎月四日大斎番文』「二番」「粟飯原左衛門尉」が、「五番」には「粟飯原後家」が、「十番」には「粟飯原右衛門四郎」が列している。この『大斎番文』に記された人物は「長崎」「諏訪」「尾藤」「塩飽」「安東」「五大院」など、北条得宗家の家臣(北条嫡流の家臣=御内人)が多く見え、粟飯原氏の中には身内人になった一族がいたようである。おそらくこの「粟飯原左衛門尉」は井原四郎左衛門を掃部頭入道へ預けた「粟飯原左衛門尉」と同一人物と考えられる。

 彼ら御内人となった粟飯原氏が千葉氏の系統の粟飯原氏か、横山党粟飯原氏かは即断することはできないが、元亨3(1323)年の『北条貞時十三年忌供養記』において、御内人の「禄役人」五人の一人として「粟飯原五郎左衛門尉常忠」の名が見える(『北条貞時十三年忌供養記』「鎌倉史」二所収)。諱に「常」字が用いられていることから、千葉氏系の粟飯原氏であると推測される。

●徳治2(1307)年5月『相模円覚寺毎月四日大斎番文』(『鎌倉遺文』)

     (花押:北条貞時)   円覚寺毎月四日大斎結番事
 一 番
         泉谷

  長崎左衛門尉(高綱)   長崎木工左衛門尉
  周防前司         嶋田民部大夫入道(行兼)
  安東四郎右衛門入道    足立源左衛門入道
  諏方六郎左衛門尉     合田四郎左衛門尉

 二 番

  工藤次郎右衛門尉(貞祐) 粟飯原左衛門尉
  葛山左衛門尉       大瀬三郎左衛門尉(惟時)
  本間太郎左衛門尉     合田五郎左衛門尉(遠貞)
  吉岡四郎左衛門尉     高柳三郎兵衛尉

 三 番

  大蔵五郎入道       長崎宮内左衛門尉
  越中局          大森右衛門入道
  広沢弾正左衛門尉     大瀬次郎左衛門尉
  葛山六郎兵衛尉      岡村五郎左衛門尉(資行)

 四 番

  伊具三郎左衛門入道    小笠原孫次郎(宗長)
  佐介殿          長崎三郎左衛門入道(思元)
  土肥三郎左衛門尉     下山刑部左衛門入道
  塩飽三郎兵衛尉      佐野左衛門入道

 五 番

  武田伊豆守(時綱)    万年馬入道
  武田七郎五郎       渋谷十郎入道(宗重)
  粟飯原後家        亘理四郎左衛門尉(亘理胤継)
  但馬新左衛門尉      斎藤図書左衛門尉

 六 番

  工藤三郎右衛門尉     桑原新左衛門尉(高近)
  讃岐局          渋谷六郎左衛門尉
  荻野源内左衛門入道    浅羽三郎左衛門尉
  蛭川四郎左衛門尉     千田木工左衛門尉

 七 番

  安東左衛門尉(高貞)  工藤右近将監
  佐介越前守(貞房)   南條中務丞
  小笠原四郎       曾我次郎左衛門尉
  工藤左近将監      千竃六郎

 八 番

  諏方左衛門尉      塩飽右近入道
  主税頭         諏方三郎左衛門尉
  安保五郎兵衛入道    五大院太郎右衛門尉(高繁)
  本間五郎左衛門尉    岡田十郎

 九 番

  尾藤左衛門尉        長崎四郎左衛門尉(泰光)
  神四郎入道(了義)     渋川次郎左衛門入道
  安東平内右衛門入道(道常) 工藤治部右衛門尉
  内嶋四郎左衛門尉      諸岡民部五郎

 十 番

  長崎左衛門尉      尾藤六郎左衛門尉
  長崎後家        権医博士
  狩野介         尾張権守
  矢野民部大夫      粟飯原右衛門四郎

 十一番

  南條左衛門尉      岡村太郎右衛門尉
  尾藤五郎左衛門尉    武藤後家
  中三中務入道      佐藤宮内左衛門尉
  万年新馬允       矢田四郎左衛門尉

 十二番

  工藤右衛門入道(景禅) 五大院左衛門入道
  出雲守         妙鑑房
  武田弥五郎       諏方兵衛尉
  内嶋後家        水原図書允

 右、守結番次第、無懈怠、可致沙汰之状如件、
 
   徳治二年五月 日
 

 

トップページ粟飯原氏 > 千葉氏流粟飯原氏 > 粟飯原常光


粟飯原常光(????-????)

 粟飯原常久の子という。官途は左衛門尉(『千葉大系図』)

 元亨3(1323)年の『北条貞時十三年忌供養記』において、「禄役人」五人の一人として「粟飯原五郎左衛門尉常忠」の名が見える(『北条貞時十三年忌供養記』「鎌倉史」二所収)。常忠以外の四名はいずれも得宗家の御内人であり、おそらく粟飯原氏も御内人となっていた様子がうかがわれる。

●『北条貞時十三年忌供養記』

禄役人
(大工・引頭への禄担当)
合田五郎左衛門尉遠貞 粟飯原五郎左衛門尉常忠 尾藤弾正左衛門尉資広
本間木工左衛門尉助茂 五大院右衛門太郎高繁  

 そして、この供養に列した公卿に対し、幕府より贈り物が渡されたが、「三条中納言(公雅)」へ馬一疋、銀、剣が贈られ、御家人の「石岡九郎」が進上している。このとき御使となったのが「粟飯原宮内左衛門尉」であった。御使となっている人物はいずれも「合田」「足立」「工藤」「本間」「尾藤」「諏訪」「塩飽」「五大院」など御内人であり、この粟飯原宮内左衛門尉も粟飯原五郎左衛門尉常忠と同族の粟飯原氏であろうと思われる。また、銀剣一、馬一疋(鞍置栗毛)を寄進した「粟飯原左衛門入道」もみえる(『北条貞時十三年忌供養記』「鎌倉史」二所収)

トップページ粟飯原氏千葉氏流粟飯原氏 > 粟飯原氏光


粟飯原氏光(????-1340)

 千葉介胤宗の子。通称は不明。官途は左衛門尉・下総守。法名は慶意。粟飯原氏の名跡を継いだ人物。鎌倉幕府最後の将軍・守邦親王に仕えたという(『千葉大系図』)

 鎌倉時代半ば、粟飯原氏は千葉氏被官の流れと北条得宗家の御内人の流れに分かれているが、さらに鎌倉時代末期に記載されたと考えられている『足利氏所領奉行人交名』には足利家領を管理する人物のひとりとして「粟飯原十郎」の名前が見える。彼のほかに見える人物名(南氏、三戸氏、上椙氏、寺岡氏など)は、南北朝時代に活躍した足利家被官であり、この粟飯原十郎はのちに政所執事になった粟飯原下総守清胤に何らかの形で関わる人物か。しかし、清胤がはじめて資料に見えるのは暦応4(1341)年7月13日の天竜寺供養(「粟飯原刑部右衛門尉清胤」)であり、鎌倉時代末期では一世代ほど前と考えられる。

 氏光の一世代前の人物と考えられるのが「粟飯原中務入道蓮胤」であるが、彼は建武4(1337)年2月13日に足利直義麾下の官僚として、茂木越中権守知貞法師明阿の各地地頭職について尋問をしている(建武四年七月三日「足利直義下文」『茂木文書』)。その後の足利氏被官の粟飯原氏は、足利直義とのかかわりも含めてこの粟飯原入道蓮胤の名跡を継承していると考えられよう。

 氏胤は兄・千葉介貞胤新田義貞に呼応して、鎌倉幕府を滅亡させたが、このときの氏光の動向は不明。貞胤は幕府滅亡後に樹立した建武の新政権に忠誠を誓う。しかし、新政権樹立に大きな功績があった清和源氏の両頭・足利尊氏と新田義貞が対立。さらに後醍醐天皇の皇子・大塔宮護良親王が尊氏暗殺を図るなど、新政権と足利尊氏の間に激しい軋轢が生じると、新政権内でも足利方・朝廷方に分かれて対立が生まれた。

 このような世情の中、建武2(1335)年7月、関東・鎌倉をめざして信濃国諏訪で挙兵した北条時行(最後の得宗・北条高時の二男)が武蔵国に攻め入った。このとき、鎌倉を守っていたのは尊氏の弟・足利直義で、さらに尊氏の妻・赤橋登子(15代執権・北条守時の妹)や、嫡男・千寿王(のちの二代将軍・足利義詮)は鎌倉に滞在しており、直義は援軍を乞う早馬を京都へ飛ばした。

 京都でこの報を受けた尊氏は、直ちに参内して「征夷大将軍」の任命を迫ったが、後醍醐天皇は尊氏による幕府政治の復活を危惧して許さず、関東への下向も認めなかった。

護良親王廟
護良親王廟

 こうして8月、直義は武蔵国分倍河原で北条時行の軍勢に大敗を喫して潰滅。鎌倉も北条氏の手に落ちた。この一連の戦いを「中先代の乱」という。直義は鎌倉を脱出するにあたり、足利家を敵視し続けていた護良親王を幽閉所の東光寺(現在の大塔宮)で暗殺した。

 一方、京都で鎌倉陥落の報を聞いた尊氏は、諸将の声にも押され、ついに勅許を得ることなく独断で武士を集めて鎌倉へ攻め下ることを決意。8月中に箱根を越えて鎌倉を攻め落とした。

 足利勢の猛攻の中、時行を育ててきた諏訪頼重は自刃し、時行は行方をくらまして中先代の乱は鎮圧された。鎌倉奪還の報を受けた京都からは、違勅の罪は問わず、恩賞を与えるから京都へ戻るよう勅命が下ったが、尊氏は疑って従わなかったことから、朝廷は尊氏を「朝敵」とみなし、新田義貞を総大将とした足利尊氏追討軍を鎌倉へ派遣した。

 この朝廷軍には脇屋義助など新田一族・股肱の臣ほか、旧御家人の巨頭・佐々木高氏入道道誉など近江源氏佐々木党も加わっており、千葉介貞胤も朝廷軍の一翼として京都を出陣した。このときの氏光についても伝わらないが、おそらく足利家の将として尊氏または直義のもとにあったと思われ、貞胤とは図らずも敵対関係にあったのかもしれない。

 新田義貞率いる官軍は、東海道の足利方を打ち破って箱根まで一気に進撃した。これを箱根で迎え撃った足利方の総大将は足利直義であり、尊氏は鎌倉浄光明寺の一庵に籠もって謹慎していた。しかし各地で味方敗北の報告を受け、12月、朝廷に歯向かうのではなく、”君側の奸”たる新田義貞を討つと称し、自ら兵を指揮して箱根竹之下において佐々木道誉はじめ佐々木一族を寝返らせ、朝廷軍を壊滅させた。そして浮き足立って逃げ戻る新田義貞ほか官軍を追って、足利軍は京都に攻め上った。同じころ、陸奥守・北畠顕家陸奥国多賀城を発って、足利軍を追撃している。

 尊氏来るの報告を受けた朝廷は大混乱。後醍醐天皇以下公卿衆、新田義貞ら官軍の将士は近江国坂本へ逃れ、1月8日、新田勢を追ってきた尊氏は入京を果たした。しかし、13日には奥州から北畠顕家が坂本に到着し、16日に新田義貞は京都へ総攻撃をかけた。このとき、千葉介貞胤千葉新介一胤(貞胤の嫡子)も京都へ攻め込んだ。京都粟田口への入口を押さえる三井寺(園城寺)には足利方の知将・細川定禅が守っていたが、この戦いで千葉新介一胤は討死を遂げた。この討死は大変惜しまれたという。

 京都になだれ込んだ官軍と足利勢は京都市街で激戦となり、足利勢は劣勢となり尊氏は京都を捨てて摂津国へ逃れ、2月、摂津国でも敗れて九州へ落ち延びていった。しかし、尊氏は京都奪還のために中国地方に諸将を配置しながらの逃避行となった。3月には少弐頼尚をはじめとする九州諸将をまとめ、朝廷方の菊池武時入道寂阿の大軍を筑前国多々良浜に潰滅(多々良浜の戦い)させて九州北部を平定。4月には一族・一色範氏を筑前に残して京都へ向けて軍勢を発すると、播磨国兵庫湊川(湊川の戦い)新田義貞の大軍を破り、楠木正成一党を討ち取った。この足利勢の中には千葉介貞胤と惣領をめぐって争っていた千田太郎胤貞(貞胤の従兄弟)が加わっていた。

 退勢挽回を図ろうと、朝廷は建武3(1336)年10月、新田義貞尊良親王恒良親王を奉じて越前国へ向かわせた。千葉介貞胤もこれに従ったが、北陸の山中で猛吹雪にあった千葉勢は立ち往生となり、ここに現れた足利方・足利高経(斯波高経)の軍勢に取り囲まれ、千葉介貞胤は足利方に降伏した。千田太郎胤貞は貞胤を下総に連行することとなったが、その途路、三河国で11月19日に没している。

 建武4(1337)年、足利高経らの率いる足利方は越前国金ヶ崎城を攻め落とした。新田義貞は逃走するが、義貞の嫡子・新田義顕尊良親王自害して果てた。また、恒良親王は捕らえられて京都に護送された。

 建武5(1338)年4月12日、「粟飯原下総守氏光」は足利直義から、花山院邸に捕らわれの身であった恒良親王(皇太子)・成良親王(将軍宮)両宮の殺害を命じられた。かつて越前国杣山で足利尾張守高経斯波伊予守家兼が新田義貞に敗れたのは、皇太子・恒良親王の「此事は偏へに春宮の彼等を御扶けあらん為に、金崎にて此等は腹を切たりと宣しを誠と心得て、杣山へ遅く討手を差下さるによつて也」とし、直義は鴆毒("鴆"という鳥の毒とされる。猛毒の意味)を氏光に渡して両宮の殺害を命じた。

 氏光は鴆毒を持って花山院邸へ参上すると、

「何時となく斯様に打籠りて御座候へば、御病気等の萌す御事も候はんずらんとて、三条殿より調進せられて候、毎朝一七日聞食候へ」

と、毒の包みをおいて帰った。この薬を見た成良親王は、

「未だ見へざる前に、兼て療治を加ふる程に我等を思はば、此一室の中に押籠て朝暮物を思はすべし哉。是は定めて病を治する薬にはあらじ、只命を縮める毒なるべし」

と、庭に投げ捨てようとしたが、兄宮・恒良親王は包みを手に取ると、

尊氏・直義等、其程に情なき所存を挿む者ならば、縦ひ此薬を飲まずとも遁ぐべき命かは。是元来所願成就也。此毒を呑みて世をはや失せばやとこそ存じ候へ。それ人間の習ひ、一日一夜を経る間に八億四千の念あり。一念悪を発せば一生の悪身を得、十念悪を発せば十生悪身を受く。ないし千億の念もまたこれ也と謂へり。如是一日の悪念の報ひ、受け尽さん事猶難し。況や一生の間の悪業をや。悲し哉、未来無窮の生死出離いづれの時ぞ。富貴栄花の人に於て、猶此苦を遁ず。只我等籠鳥の雲を恋ひ、涸魚の水を求る如くに成て、聞くに付け見るに随ふ悲の中に待事も無き月日を送りて、日の積もるをも知らず。悪念に犯されんよりも、命を鴆毒の為に縮めて、後生善処の望を達せんにはしかじ

と言って毒をあおり、翌13日暮れ方に亡くなったという。また、成良親王も20日、全身に黄疸が出て亡くなったという(『太平記』)。ただ、弟宮・成良親王については康永3(1344)年まで生きている事実があり、少なくとも成良親王の毒殺は誤伝である。

 暦応3(1340)年、引付奉行人として名を見せている「粟飯原左衛門入道慶意」は氏光が出家した姿と思われ、元弘3(1333)年に幕府御家人・田代実綱が駿河において戦死したとき、田代家相伝の文書一切も失ったため、実綱の嫡子・田代房綱が、引付奉行・粟飯原慶意へ安堵状発給を訴えたが、暦応3(1340)年に慶意が亡くなったことが『田代房綱申状』(『田代文書』)に記されている。

●『足利氏所領奉行人交名』(青森県『倉持文書』:『群馬県史』資料編所収)

   御領奉行事
 足利庄 賀美庄 田井庄 讃甘庄 廣澤郷 垪和東郷
 垪和西郷 大佐貫郷 久多大見 放光寺 黒田保

 南右衛門入道 駿河六郎二郎 横瀬五郎入道 粟飯原十郎
 醍醐三郎入道 堀松三郎入道 寺岡太郎左衛門尉
…《後略》…

トップページ粟飯原氏千葉氏流粟飯原氏 > 粟飯原清胤


粟飯原清胤(????-1353)

 粟飯原下総守氏光の嫡子。官途は刑部右衛門尉山城権守下総守

 父・粟飯原入道慶意(粟飯原氏光か)が亡くなった翌年の暦応4(1341)年7月13日、暦応寺地曳の際に足利尊氏・直義とともに名を連ねている。このときの署名は「粟飯原刑部右衛門尉清胤」であって、氏光と同様、足利兄弟の側近として活躍を始めていたと思われる。伯父の千葉介貞胤や従兄弟の氏胤との関わりは見えてこないため、千葉家とは深い関係を持っていなかったのではないだろうか

 この翌年の康永元(1342)年8月3日、天龍寺供養の際には、千葉介氏胤東中務丞常顕と並んで、「粟飯原山城権守」が供奉人として参加、さらに「山城権守清胤」「鞍馬一足」を曳いて奉納している。

 康永3(1344)年3月、幕府の引付結番(訴訟担当)が定められたが、その「三番」「粟飯原下総守」が定められた。おなじく五番に定められた人物に「東下総入道(東氏村)」の名が見える。

◆応永3(1344)年3月21日、幕府引付結番◆

三番

左衛門佐 長井前大膳大夫 長井縫殿頭 長井治部少輔 宇都宮三河守入道 波多野因幡入道
町野但馬民部大夫 中条大夫判官 粟飯原下総守清胤 斎藤左衛門尉 依田左衛門尉 斎藤主計四郎兵衛尉
佐藤次郎左衛門尉 斎藤五郎左衛門尉 薬師寺彦次郎 関左近大夫 下條十郎左衛門入道 松田七郎
雑賀掃部允          

五番

越後守 駿河守 長井丹後入道 伯耆入道 後藤壱岐入道 東下総入道氏村
島津豊後前司 後藤対馬守 雑賀隼人入道 豊前四郎左衛門入道 斎藤四郎兵衛入道 和田四郎入道
門真弾正忠入道 杉原左近将監 松田右近入道 青砥左衛門尉 佐藤九郎左衛門尉 中沢又四郎
帯刀中務丞          

 貞和元(1345)年8月の天龍寺供養では、千葉介氏胤東中務丞常顕粟飯原清胤ら千葉一族が参列している。その翌年の貞和2(1346)年3月21日、醍醐寺の三宝院賢俊のもとへ直義の使者として「粟飯」が派遣され、同年12月、直義が京都六条の八幡宮に鏡を奉納した際の使者として「粟飯原下総」が、翌貞和3(1347)年2月、足利直義の夫人・渋川貞頼女が懐妊した際の着帯之儀、御産之儀でも、「粟飯原下総守平清胤」が奉行となっている。当時、直義は行政・訴訟など、幕政の中枢を担当しており、粟飯原清胤は行政に関する実務官僚となっていたと思われる。

 天龍寺供養よりも前の康永3(1344)年10月8日、直義が霊夢を見たことで行われた歌会には粟飯原清胤が参加しており、「清胤 粟飯原」として一首載せられている。

ふりぬるにたちかへりつる道なれは さはらすはこふみつきものかな  清胤

 これら尊氏・直義の信頼を一身に受けた清胤は、貞和3(1347)年から2年間、幕府政所執事に抜擢されて幕政の中枢を担うこととなった。幕府財政の責任者である。さらに貞和4(1348)年2月1日、八坂祇園社に対して祇園神楽についての書状を発給しているが、肩書きは「御所奉行」となっており、幕府御所奉行でもあったことがわかる。

●粟飯原清胤の官途変遷

年月 名前 収録・役職
暦応4(1341)年7月13日 粟飯原刑部右衛門尉清胤 『天竜寺造営記録』(『大日本史料』第六編)
康永元(1342)年8月3日 粟飯原山城権守清胤
康永3(1344)年3月21日 粟飯原下総守 『結城文書』(『大日本史料』第六編)
〃  5月17日 『師守記』(『大日本史料』第六編)
〃  10月8日 清胤 粟飯原 『園太暦』(『大日本史料』)
貞和3(1347)年6月 8日 粟飯原下総守清胤 直義夫人の御産奉行
〃  6月 9日  前下総守 祇園社の御産祈願巻数を直義に披露したことを祇園社に奉る
〃  12月3日 粟飯原下総守 政所執事就任
〃  12月12日 前下総守 播磨清水寺に宛てて歳末の巻数を見せたことを奉る
貞和4(1348)年11月7日
下総前司清胤
直義が清胤の請いに任せ、近江国守山郷内長楽寺に祈願した
    〃  12月20日 前下総守 播磨清水寺に宛てて歳末の巻数を見せたことを奉る
文和2(1353)年    粟飯原下総守 政所執事就任
〃  6月 9日 粟飯原下総入道 京都神楽岡の戦いで、山名・楠木の軍勢に討たれる

 しかし貞和4(1349)年6月6日、清胤は何らかの罪で尊氏の勘気を蒙ってしまった。この前日の5日には出仕を停められた大高伊豫権守重成がおり、清胤とともに6日、出仕を留められている『園太暦』貞和4(1349)年6月7日条

■貞和4(1349)年6月6日(『園太暦』)

 日食の祈祷
 六月七日 天陰

 入夜増仁僧正入来謁之、其次語曰、大高伊豫権守重成蒙将軍勘気、
 一昨日評定有沙汰所領悉収公、止出仕、又、相原下総守、同勘気自昨日止出仕、 
 此間武家不静、心苦云々、

 貞和5(1349)年8月、高師直(足利家執事)と足利直義の間で派閥争いが起こり、高師直は在京の武士に呼びかけて兵を集めたて、直義が逃げ込んだ尊氏邸を包囲した。軍事クーデターである。このとき、それまで直義の忠実な部下であったはずの清胤も師直勢に加わって尊氏邸を取り囲んだ。これは尊氏が師直と謀り、弟・直義の行政権を廃して鎌倉の足利義詮(尊氏嫡子)を京都に召還するための陰謀ともいわれており、結局、この「クーデター」は成功し、義詮は京都へ召還され、尊氏・義詮による政治が始まった。清胤は義詮の側近に配され、ふたたび行政担当者としての活動を始めた。一方、政治の表舞台から追放された直義は出家して「恵源」を称し、京都に隠棲することになる。

 貞和6(1350)年正月17日、翌日の義詮初参内について、清胤が使者として洞院公賢を訪問して話し合いをしている。清胤は、御所奉行としての経験から公家との交流もあったとも思われ、それを尊氏から認められてこの重要な役を任せられたのかもしれない。4月、義詮の祇園社参詣に際しては、義詮の使者として祇園社へ走り、「物忌」を注進するよう指示している。

 観応元(1350)年10月、密かに京都を脱出した直義(入道恵源)は、翌年正月、尊氏・義詮が播磨国へ出陣した隙をついて、桃井直常(足利一族)を大将とした軍勢をもって京都を制圧した。これら尊氏・直義兄弟の一連の騒乱を「観応の擾乱」という。関東では高師冬(師直従弟)が直義党の上杉能憲に攻められて甲斐国須沢で自刃。その直後、直義は高師直・師泰兄弟を捕らえ、摂津国武庫川で暗殺した。尊氏・義詮は高一族という翼をもがれ、直義方の説得に応じて講和。政局は一旦落ち着きをみせた。しかし、尊氏は高師直兄弟の暗殺を実行した上杉能憲・畠山直宗を越前に流して殺したことから、両者はふたたび対立。ただ、今度の対立で直義に荷担するものは少なく、直義は各地で敗れて鎌倉へ逃れ、ついに囚われの身となった。彼はその直後に死亡していることから、尊氏によって暗殺されたと言われている。

 文和2(1353)年6月9日、南朝方の山名時氏楠木正儀の軍勢が京都奪還を目指して京都へ乱入したとき、清胤は義詮の側にあったが、あまりに急な攻撃に義詮は兵を集めきれずに、後光厳天皇を奉じて粟田口を抜けて京都を脱出し、美濃国小島へ土岐氏を頼ったが、「粟原下総入道」が粟田口のそば、京都神楽岡の戦いで討死しており、これが清胤と考えられる。また『太平記』には「…粟飯原下野守・匹田能登守も討死しつ」 とある(『太平記』)

■文和2(1353)年6月9日条(『常楽記』)

 六月九日 京都没落、粟原下総入道於神楽岡討死・・・

 清胤の弟・粟飯原彦五郎基胤は、鎌倉公方・足利基氏に仕えて「基」字の偏諱を受けていると思われる。基胤は武蔵国で起こった新田義宗義治の乱の追討に出陣し、笛吹峠に迎え撃って大功をあげている。

 阿波国に繁栄した粟飯原氏「太平記二十七巻ニ出ル、粟飯原下総守清胤之末葉也 千葉氏紋月星」とあり、子孫はいつのころか阿波に渡ったようである。

 

トップページ粟飯原氏千葉氏流粟飯原氏 > 粟飯原詮胤


粟飯原詮胤(????-????)

 粟飯原下総守清胤の嫡子。官途は弾正少弼左衛門尉。「詮胤」の「詮」はおそらく将軍・足利義詮より受けたと思われる。

 貞和5(1350)年正月6日、室町幕府の政務始である「評定始」が執り行われたが、その評定衆御荷用の一人として「粟飯原又次郎」の名が見える(『御評定着座次第』群書類従巻第五百十一)が、詮胤はこの当時、まだ十歳前後の子供と思われることから、この又次郎詮胤ではないだろう。

 延文3(1358)年12月3日の評定始に際して、御陪膳人衆八人のうちの一人に「粟飯原下総四郎」なる人物が見えるが、彼は粟飯原下総守清胤四男であると考えられ、詮胤または兄弟と考えられる(『御評定着座次第』群書類従巻第五百十一)

 粟飯原氏光――粟飯原清胤―+―粟飯原詮胤――?――粟飯原将胤
(下総守)  (下総守)  |(弾正少弼)    (九郎左衛門)
              |
              +―粟飯原下総四郎
              |
              ?
              +―粟飯原常善
               (但馬守)

 12月22日、足利義詮参内の供奉として、「粟飯原弾正少弼詮胤」随身十四騎の一騎として見える(『宝筐院殿将軍宣下記』群書類従巻第四百五)

●延文3(1358)年12月22日『宝筐院殿将軍宣下記』(『群書類従』所収)

 秋山佐渡守高重、松尾美作守堅信、陰山出羽守吉道、粟飯原弾正少弼詮胤
 本間左衛門佐茂景、嶋田土佐守是平、大原阿波守元種、海老名讃岐守詮秀、  
 宇都宮遠江守能重、風間右馬允信忠、多勢左馬助長利、久世対馬守正方、 
 甘富河内守縄家、高梨越後守光範

 貞治4(1365)年に千葉宗家の家督を継いだ千葉介満胤(八歳)の後見人となり、千葉一族代表として幕府に出仕している。

 貞治6(1367)年3月29日に行われた中殿和歌御会に参加した将軍・足利義詮の供奉として「粟飯原弾正左衛門尉詮胤」の名が記載されている(『貞治六年中御会記』:大日本史料第六編二十七所収、『太平記』)。詮胤のその日の装束は「地かりやすの直垂、白泥にて水を書き、黄泥にて楓を書き、腰黄薄、大帷香、白太刀」だったとある。

 詮胤の弟とされる粟飯原但馬守常善は応永5(1398)年、幕府から下総国大戸庄を安堵され、応永23(1416)年の「上杉禅秀の乱」では千葉介満胤の軍中にあって幕府軍と戦ったという。

 

トップページ粟飯原氏千葉氏流粟飯原氏 > 粟飯原将胤


粟飯原将胤(????-????)

 粟飯原弾正少弼詮胤の子か。通称は九郎左衛門

 応安7(1374)年9月27日の『鎌倉府執事奉書』が発給された一族の中に「粟飯原彦次郎」「粟飯原虎王」が見える。このうち「粟飯原彦次郎」については、下総国における『海夫注文』にも「小見川の津」が知行分である人物として記されている。彼らが満胤ら幕府内で活躍した粟飯原氏とどのような関係にあるのかは不明。

 明徳3(1392)年8月28日に行われた相国寺供養の際、三番手として「粟飯原九郎左衛門尉平将胤」と、美濃国郡上郡の千葉一族東下総守平師氏の名が見える。粟飯原将胤の名は系譜に見えないが、相国寺供養に随った先陣番衆の人々はいずれも名門であり、おそらく将胤も執事・粟飯原下総守清胤の末裔と考えて差し支えはないと思われる。世代的にみると清胤とは五十年ほどの差があることから、孫世代ということになり、粟飯原弾正少弼詮胤の子か。

 将胤の副添人として「馬場九郎源秀経」「馬場源六経光」「中島三郎平定重」「白井小太郎藤原元光」が見えるが、馬場氏、中島氏については不明だが、白井氏は粟飯原氏の本拠地・小見川にほど近い香取郡白井村(香取市白井)の豪族だったのかもしれない。

―粟飯原将胤の副添人―

馬場九郎源秀経  
馬場源六経光  
中島三郎平定重  
白井小太郎藤原元光 香取市白井(旧小見川町白井)の豪族?

 同じく相国寺供養に「帯刀」として参列した人物に「粟飯原次郎左衛門尉平兼胤」が見える。「粟飯原兼胤」なる人物は、粟飯原下総守清胤の弟に名を見ることができるが(『千葉大系図』)清胤の活躍時期とは三十年から四十年ずれていることなどを考えると、ここに参列した「次郎左衛門尉兼胤」清胤の弟とは考えにくく、九郎左衛門尉将胤の兄弟世代となろう。

●明徳3(1392)年8月28日「相国寺供養参仕人」要旨抜粋
(『相国寺供養記』:『国史大系』35「後鏡」所収)

  土御門有世(刑部卿)
御沓役 日野重光(頭右大弁)
御簾役 花山院通定(右大将)
先侍所 畠山右衛門佐源基国
畠山尾張守満家
戦陣郎従
三十騎
遊佐河内守国長 遊佐豊後守資国 斎藤次郎基則 隅田彦次郎家朝
遊佐孫太郎基光 古山次郎胤貞 神保宗三郎国久 飯尾善六清政
遊佐五郎家国 門真小三郎国康 三宅四郎家村 三宅次郎慶明
誉田孫次郎 酒向次郎国頼 斎藤彦五郎利久 斎藤四郎国家
槙島次郎左衛門尉光元 槙島三郎光貞 杉原五郎貞平 井口彦五郎泰忠
斎藤次郎左衛門尉利宗 佐脇孫五郎久隆 椎名次郎長胤 吹田孫太郎国道
斎藤孫左衛門利房 松田孫左衛門尉秀久 稲生平左衛門尉基宗 和田太郎正友
神保肥前守氏久 神保四郎左衛門尉国氏    
先陣一番 武田伊豆守源信在
福島山城五郎藤原在景 福島肥前彦七郎藤原在直 小笠原又七郎源信長  
小笠原兵庫助源長秀
山中三河守長泰 関太郎左衛門尉政氏    
二番 武田五郎源満信
坪井次郎左衛門尉平盛次 江戸平五秋氏    
伴次郎源長信
広沢掃部允実綱 武者六秀朝    
三番 東下総守平師氏
遠藤修理亮顕基 遠藤新左衛門尉顕保 遠藤郡左衛門大夫顕久 遠藤兵庫助氏遠
粟飯原九郎左衛門尉平将胤
馬場九郎源秀経 馬場源六経光 中島三郎平定重 白井小太郎藤原元光
四番 佐々木三郎左衛門尉高光
若宮新右衛門尉秀重 赤田肥前守高■ 日向太郎左衛門尉久長 箕浦修理亮高長
佐々木四郎左衛門尉高数
多賀兵庫助高信 神保掃部助秀氏 田中孫三郎詮氏 目賀田六郎左衛門尉頼景
五番 今川遠江守源貞秋
柴兵庫助藤原家秀 長瀬駿河守藤原泰貞 横地尾張守藤原長連 勢多修理亮藤原朝昌
寺嶋但馬守藤原泰行 加茂七郎藤原助頼    
今川左馬助源氏秋
佐竹安房守源秋吉 夷比信濃守小野氏信 井伊修理亮藤原朝藤 菅谷掃部助菅原秋政
粟生左京亮藤原氏広 富田八郎藤原言泰    
六番 左兵衛佐源俊氏
巨海弥六橘氏国 新左衛門尉高階満秋 高橋式部丞大宅光秀 三浦日向守平満有
右馬助高階氏業 富永六郎左衛門尉伴貞兼    
土佐守高階師秀
佐渡四郎兵衛尉高階盛直 大炊助高階師守 隅田藤三師親 香川三郎左衛門尉平景家
先駆 治部少輔惟宗行数 大膳権大夫高階敏経 前大膳権大夫大江俊重 前左京権大夫惟宗行冬
帯刀 赤松孫次郎源満則 赤松彦次郎源則康 佐々木大原五郎左衛門尉源満信 赤松近江守源則春
赤松信濃孫五郎則綱 佐々木越中守頼泰 佐々木田中太郎源頼兼 伊勢守平貞行
伊勢七郎左衛門尉平貞長 伊勢因幡八郎左衛門尉平盛久 伊勢因幡九郎左衛門尉平成秀 大内修理亮多々良満景
大内左京亮多々良満長 松田彦次郎藤原満重 松田次郎左衛門尉藤原詮秀 朝山出雲守大伴師綱
宮修理亮藤原満盛 海老名八郎左衛門尉源満秀 本間甲斐太郎源詮忠 粟飯原次郎左衛門尉平兼胤
和田九郎左衛門尉源満平 土肥六郎左衛門尉平直氏 小早川四郎次郎平基平 松田三郎藤原満朝
中條五郎 長佐渡次郎左衛門尉長谷部頼連 佐々木岩山四郎源秀定 市四郎坂上重明
山城三郎左衛門尉平忠泰 富樫介藤原満成 佐々木備中守源高数 佐々木六郎左衛門尉源信長
土岐小里余一源満信 土岐肥田源六満昌 赤松左馬助源頼則 赤松越後次郎源則貞
佐々木五郎左衛門尉満秀 佐々木左近将監源満高    
御車 足利義満
衛府長 下毛野武音
衛府侍 真下新左衛門尉源詮広 古山勘解由左衛門尉平満藤 伊勢十郎左衛門尉平貞清 本庄二郎左衛門尉藤原満宗
朝日三郎左衛門尉藤原満清 古山五郎左衛門尉藤原満景 朝日孫右衛門尉藤原満時 安東平次右衛門尉平満康
後陣一番 斯波治部大輔源義重
二宮余一源種氏 島田平次郎憲国 島田弥次郎重憲 甲斐八郎藤原将教
由宇新左衛門尉多々良氏英 氏家主計允藤原将光    
斯波民部少輔源満種
二宮与二源種泰 長田左近蔵人藤原将経 斎藤石見守藤原種用 岩井彦左衛門尉藤原教秀
安居孫五郎藤原種氏 二宮七郎藤原種隆    
二番 一色右馬頭源満範
小笠原三河三郎満房 小笠原左近将監光長 淵辺長門守兼秀 尾藤三郎左衛門尉種光
氏家近江守範守 佐野中務丞秀勝    
一色兵部少輔源範貞
小笠原修理亮幸長 石川八郎左衛門尉長貞 延永修理亮光信 岩田次郎左衛門尉範久
氏家三郎詮守 川崎肥前守光信    
三番 佐々木備中守源満高
楢崎太郎左衛門尉源高行 蒲生六郎左衛門尉藤原貞■ 儀峨左京亮藤原氏秀 多賀五郎左衛門尉平康貞
目賀田次郎左衛門尉源兼遠 伊庭六郎源高貞    
佐々木山内源三左衛門尉源義綱
高田太郎左衛門尉兼範 高田小次郎兼長 野田九郎左衛門尉信貞 宇佐美彦次郎祐光
赤佐弾正忠高家 赤佐孫三郎秀俊    
四番 赤松出羽守源義祐
浦上帯刀左衛門尉紀清景 浦上弾正左衛門尉紀景則 小寺次郎左衛門尉藤原則職 河匂伊賀七郎小野実秀
佐藤太郎左衛門尉藤原資頼 喜多野帯刀左衛門尉実勝    
赤松三河守源時則
上原弾正左衛門尉神貞祐 後藤弾正左衛門尉藤原則基 富田次郎平貞重 芝原五郎次郎源友久
工藤七郎左衛門尉藤原則久 富田弾正左衛門尉平貞経    
五番 土岐美濃守源頼益
小笠原兵庫助康政 揖斐民部丞貞近 渡辺太郎左衛門尉次久 市橋四郎左衛門尉益仲
土岐伊勢守源光兼
毛利余五美作守国世 毛利左京亮光世    
公卿 今出川左大将実直 花山院右大将通定 万里小路大納言嗣房 勘解由小路広橋大納言仲光
日野中納言資教 中山左衛門督親雅 近衛中納言中将良嗣 柳原別当資衡
殿上人 頭左大弁日野資藤 頭右大弁日野重光 高倉左兵衛権佐永行 飛鳥井中将雅縁
中御門松木中将宗量 日野左中弁資国 西園寺中将実永 勧修寺権右少弁経豊
万里小路右兵衛権佐重房         
管領 細川右京大夫源頼元
小笠原備後守成明 小笠原又太郎頼長 海部三郎経清 由木太郎之春
十河又四郎兼重 安富安芸又三郎盛衡 物部九郎成基 那伽三郎氏宗
内藤左衛門四郎秀綱 長塩兵衛五郎家次 長尾六郎高之 薦田新四郎頼尚
大西三郎貞広 香川五郎頼景 妻鳥但馬十郎清次 荘駿河四郎次郎頼資
松田彦次郎重秀 飯尾善六長尚 佐々木加地彦次郎朝包 粟野三郎範幸
三宅七郎氏村      

 その2年後の応永元(1394)年3月12日、将軍・義満が南都へ向かった際、興福寺一乗院へ宿を取ったが、このとき「粟飯原」が供奉十名の中に見える。この人物の具体的な諱はわからないが、同年9月11日に行われた将軍・義満の日枝神社参詣に供奉した人物に「粟飯原九郎右衛門」が見えるが(『日枝社室町殿御社参記』)「粟飯原九郎左衛門尉平将胤」と同一人物であると思われる。

●応永元(1394)年9月11日「将軍家日枝社参詣供奉人」要旨抜粋(『日枝社室町殿御社参記』:『国史大系』35「後鏡」所収)

将軍家
片庇四方輿、狩衣、直衣
合力十八人
足利義満(准三后従一位前左大臣征夷大将軍)
供奉公卿
四方輿
万里小路嗣房(大納言、惣奉行) 勘解由小路仲光(広橋大納言) 日野資教(東洞院大納言)
中山親雅(中納言) 烏丸重光(右大弁宰相)  
殿上人
狩衣、乗馬
日野資国(東洞院頭弁) 高倉永行(左兵衛佐) 飛鳥井雅縁(近衛中将)
中御門宗量(近衛中将) 中山満親(近衛中将) 山科教興(近衛中将)
四辻実茂(近衛中将) 大宮隆躬(近衛少将) 藤原定清(伯耆少将)
勧修寺経豊(権右中弁)    
衛府侍走衆
徒歩
伊勢貞長(七郎左衛門) 伊勢十郎左衛門 伊勢盛久(八郎左衛門)
曾我満康(平次右衛門) 本庄満宗(次郎左衛門) 粟飯原九郎右衛門
朝日満清(弥三郎右衛門) 松田満重(上野彦次郎) 小早川基平(四郎次郎)
松田満朝(備前三郎)    
  細川頼元(右京大夫) 畠山基国(右兵衛佐)  
京極高詮(治部少輔) 六角満高(備中守) 結城藤原満藤(勘解由左衛門尉)
奉行 飯尾貞之(美濃守)      
女中 紀良子(大方殿) 寝殿御方  
新御所 足利義持    

 永享年中(1429~41)の奉公衆、詰衆四番中に「粟飯原下総入道」「粟飯原三郎左衛門尉」の名が見える(『永享以来御番帳』)。「粟飯原三郎左衛門尉」は「粟飯原下総入道」の子か? 「下総入道」は「粟飯原下総守清胤(のち粟飯原下総入道)」の末裔と考えられ、九郎左衛門将胤の後身かもしれない。

 文明18(1486)年7月、足利義尚の「右大将」拝賀の際に「粟飯原下総前司胤元」が見える。時代的に永享年中の「粟飯原下総入道」の孫世代であろう。そして某年8月16日、奉公衆の「粟飯原三郎左衛門尉」「依困窮」って「餓死」しそうになり「遁世」したという(『吉見文書』)

 粟飯原三郎左衛門尉依困窮及餓死之■、昨日十六日遁世仕候
 対 上意申、更無別心緩怠通、以書状申入候由、相番中へ■申置候、
 以御憐愍、可然様被■食計候者、各忝可存候由、以御取合、御披露可畏入候、
 恐々謹言、
 
  八月十七日  下津屋与次郎
            信秀(花押)
           :
           : 
         東宮内少輔
            師胤(花押)
 
         大和佐渡入道
            永存(花押)
 
         ■■新蔵人佐
            資継(花押)

 この粟飯原三郎左衛門の出家遁世は、近江国守護職・佐々木高頼の幕命無視から引き起こされた、頼高による近江国内の奉公衆領押領にあった。幕命に背き続ける六角氏を追討すべく、長享元(1487)年9月12日、将軍・足利義煕(義尚)は頼高追討の兵を起こして親征。みずから近江国内で戦闘の指揮を執ったが、急な病に倒れ、長享3(1489)年3月26日に陣没した。享年二十五。

 文明18(1486)年7月に名が見える粟飯原下総前司胤元」と翌年餓死の危機に瀕した「粟飯原三郎左衛門尉」がいかなる関係にあるかは不明だが、永享年中(1429~41)の詰衆四番中の「粟飯原下総入道」「粟飯原三郎左衛門尉」の関係からみると、近い親族と考えられる。

■千葉介竹壽丸後見人(一族)

名前 法名 実名
粟飯原弾正左衛門   粟飯原弾正左衛門尉詮胤
大隅次郎   千田義胤?大隈守の二男をあらわす。木内下総介胤康の義弟。
相馬上野次郎   相馬左衛門尉胤長
大須賀左馬助   大須賀左馬助憲宗
国分三河入道 沙弥寿歓 国分三河守胤詮
東次郎左衛門尉入道 沙弥宏覚 東次郎左衛門尉胤秀
木内七郎兵衛入道    
国分六郎兵衛入道   国分小六郎胤任?
国分与一   国分与一氏胤?
国分越前五郎   国分越前五郎時常
神崎左衛門五郎   神崎左衛門五郎秀尚(文和3年:1354の『左衛門五郎常家譲状』と関係あるか?)
那智左衛門蔵人入道   ?(下総町の那智山に関係した大須賀・神崎・木内一族か?)

■応安7(1374)年9月27日『山名智兼・安富道轍連署奉書』(『旧大禰宜家文書』)

 下総国香取社大禰宜長房申、当国津宮津以下浦々海夫事、注文一通遣之、度々被仰之處、
 不事行云々、甚不可然、所詮云知行分、云庶子等分、厳密可被致其沙汰、若猶及異議者、
 可有殊沙汰之由候也、仍執達如件、
   応安七年九月廿七日      智兼(花押)
                  道轍(花押)
    千葉介殿

国分三河入道、同余一、海上筑後八郎入道、木内七郎兵衛入道殿、東六郎、東次郎左衛門入道、神崎安芸次郎、多田左衛門五郎、粟飯原彦次郎、同虎王、以上十一通名所々付之外者、同文章

■応安7(1374)年9月27日『山名智兼・安富道轍連署奉書』が発給された一族

名前 法名 実名
千葉介殿   千葉介満胤
国分三河入道 沙弥寿歓 国分三河守胤詮
国分与一   国分与一氏胤?
海上筑後八郎入道   海上筑後八郎入道公胤
木内七郎兵衛入道 沙弥誓阿 木内下総介胤康?
東六郎   東胤光?
東次郎左衛門入道   東次郎左衛門尉胤秀
神崎安芸次郎    
多田左衛門五郎   文和3(1354)年の『左衛門五郎常家譲状』と関係あるか?
粟飯原彦次郎   粟飯原基胤の子?
粟飯原虎王   粟飯原彦次郎の子?

■『海夫注文』に見える、各氏族が支配した下総の海夫■

名前 実名 支配した津
飯沼   いひぬまかうやの津(飯沼:銚子市飯沼町)
海上筑後八郎入道 海上公胤入道 かき祢の津(垣根:銚子市垣根町)
野志りの津(野尻:銚子市野尻町)
志不可わの津(塩川:銚子市内)
森戸 森戸胤豊? も里との津(森戸:銚子市森戸町)
篠本   さゝもとの津(篠本:銚子市笹本町)
石出   いしての津(石出:香取郡東庄町石出)
今泉   いまいつミの津(今泉:香取郡東庄町東今泉)
東六郎 東胤光か? さつさ可わの津(笹川:香取郡東庄町笹川)
粟飯原彦次郎 粟飯原基胤の子? おみ可わの津(小見川:香取 市小見川)
大蔵(安富?)   たとかうやの津(??)
そ者多可の津(側高:香取郡小見川町脇鷹)
ゑちこうちの津(越後内?)
中村三郎左衛門尉   すくゐの津(須保居:香取市内)
不つ可わの津(布津川?)
内山中務(中沢)   不つ可わの津(布津川?)
よこす可の津(横須賀:香取市内)
中村式部 中村胤幹 つのミやの津(津宮:香取市津宮)
さわらの津(佐原:香取市佐原)
けつさわ   志の原津(篠原:香取市篠原)
国分与一 国分氏胤? せきとの津(関戸:香取市佐原イ)
木内 木内七郎兵衛入道 いわ可さきの津(岩ヶ崎:香取市岩ヶ崎台)
知行人不明   いとにわの津(井土庭:香取市内)
国分三河入道 国分胤詮 奈可すの津(中洲?)
神崎西■■ 神崎安芸次郎 かうさきの津(神崎:香取郡神崎町神崎本宿?)

■応永17(1410)年8月10日『香取社造営料足内納帳写』の簡単な内容

名前 知行 名前 知行
円城寺六郎兵衛   明石入道  
円城寺右衛門五郎 長峯郷(若葉区大宮町) 明石民部四郎  
円城寺源兵衛 須越 匝瑳勘解由入道(村山殿)  
円城寺四郎 飯田(佐倉市飯田台) 匝瑳二郎左衛門 高田
円城寺将監入道 高津原(多古町高津原)   匝瑳兵衛二郎  
佐野(多古町佐野)   中村三郎左衛門 土橋(多古町)
円城寺源内左衛門 椎名(緑区椎名崎町) 高房代民部  
牛尾(多古町牛尾) 平河新兵衛入道 篠塚
円城寺能登守 大和田(八千代市大和田) 平河左衛門四郎 篠塚
八幡庄内釈迦堂免(?) 平河中務 森田
風早たうちやう にしな(仁科?)
円城寺近江入道 谷当(千葉市内) 紀 弥次郎 高石神長小免田
円城寺掃部 河井(千葉市内) 粟飯原六郎 泉水
円城寺三郎左衛門 架臂(若葉区加曾利町) 椎名(緑区椎名崎町)
円城寺左衛門五郎 星茎(中央区星久喜町) 荻迫
円城寺兵庫入道 矢作(中央区矢作町) 粟飯原三郎
円城寺勘解由 大針 粟飯原五郎  
原 越前入道 原郷(多古町原) 泉水与三兵衛入道 泉水
長峯郷(若葉区大宮町) 泉水太郎二郎入道 泉水
椎名郷(緑区椎名崎町) 泉水兵庫入道 泉水
小栗原 木内五郎左衛門入道 大原(多古町大原)
牛尾(多古町牛尾) 寺山
高篠 八代
原将監 高崎 六崎新兵衛 六崎
三谷蔵人   六崎新左衛門 六崎
三谷兵庫 中沢(印旛郡富里町中沢) 六崎将監入道 大谷口(松戸市大谷口)
おとろかうや(富里町高野?) 高千代民部 大谷口
楯跡 村越九郎左衛門入道 高崎
苅荒野 宍倉七郎左衛門入道 篠塚
三谷又四郎 若宮戸 椎名(緑区椎名崎町)
ひちかや(八街市文違) 寺山新兵衛入道 寺山
三谷孫六 亀崎(八日市場市亀崎) 寺山五郎左衛門 寺山
牛尾(多古町牛尾) 芝原四郎左衛門  
三谷弾正 大原郷内篠塚 麻生入道  
三谷平七 蒲萱 橋間掃部 花薗
椎名九郎 椎名(緑区椎名崎町) 又二郎入道  
はたの六郎   平新左衛門 高篠
風早たうちやうより  
竹元六郎 竹元(多古町笹本?)       

平良兼流粟飯原氏千葉氏流粟飯原氏その後の粟飯原氏各地の粟飯原氏


千葉宗家トップページへページの最初へ千葉氏の一族リンク集掲示板

Copyright(C)1997-2013 Chiba-Ichizoku. All rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。