高見王

千葉氏 千葉介の歴代
桓武天皇
(737-806)
葛原親王
(786-853)
高見王
(???-???)
平 高望
(???-???)
平 良文
(???-???)
平 経明
(???-???)
平 忠常
(975-1031)
平 常将
(????-????)
平 常長
(????-????)
平 常兼
(????-????)
千葉常重
(????-????)
千葉常胤
(1118-1201)
千葉胤正
(1141-1203)
千葉成胤
(1155-1218)
千葉胤綱
(1208-1228)
千葉時胤
(1218-1241)
千葉頼胤
(1239-1275)
千葉宗胤
(1265-1294)
千葉胤宗
(1268-1312)
千葉貞胤
(1291-1351)
千葉一胤
(????-1336)
千葉氏胤
(1337-1365)
千葉満胤
(1360-1426)
千葉兼胤
(1392-1430)
千葉胤直
(1419-1455)
千葉胤将
(1433-1455)
千葉胤宣
(1443-1455)
馬加康胤
(????-1456)
馬加胤持
(????-1455)
岩橋輔胤
(1421-1492)
千葉孝胤
(1433-1505)
千葉勝胤
(1471-1532)
千葉昌胤
(1495-1546)
千葉利胤
(1515-1547)
千葉親胤
(1541-1557)
千葉胤富
(1527-1579)
千葉良胤
(1557-1608)
千葉邦胤
(1557-1583)
千葉直重
(????-1627)
千葉重胤
(1576-1633)
江戸時代の千葉宗家  

トップページ千葉宗家 > 高見王


高見王  (???-???)

御諱 高見王
生没年 延暦5(786)年~仁寿3(853)年6月4日
天長元(824)年~嘉承元(848)年8月19日
弘仁8(817)年~斉衡2(855)年
弘仁元(810)年~天安元(857)年8月19日(『佐沼亘理家譜』)
?~仁和元(885)年4月27日(『系図纂要』)
元服 不明
葛原親王
土佐大目秦福代女(『千馬家系図』)
仲野親王女(『系図纂要』)
官位 無位
官職 無官

 葛原親王の第三皇子とされ、天長元(824)年、京都で生まれたと伝えられている。桓武平氏の遠祖。一説には、母は土佐大目秦福代女。弘仁8(817)年に誕生したという(『千馬家系図』)

 この秦福代とは葛原親王家の家令だった人物で、葛原親王のもとで働いていたことがわかる唯一の実在人物であり、千馬家系図の製作過程で系譜に組み込まれた可能性がある。比叡山にて元服したとされるが不明。妻については、桓武天皇皇子・上総太守仲野親王の娘ともされている(『系図纂要』)が、詳細は不明である。

 病弱で、無位無官のままで生涯を閉じたといわれている。

●高見王系図(『系図纂要』)

桓武天皇―+―葛原親王――高見王
     |(式部卿)   ∥――――高望王
     |        ∥   (上総介)
     +―仲野親王―+―娘     ∥―――――平国香
      (上総太守)|       ∥    (常陸大掾)
            |       ∥     ∥
            +―茂世王―――娘     ∥――――平貞盛
             (刑部卿)        ∥   (陸奥守)
                          ∥
                   藤原村雄―+―娘
                  (下野大掾)|
                        |
                        +―藤原秀郷
                         (下野押領使)

 高棟王ら兄弟姉妹は天長2(825)年7月6日に父・葛原親王の上奏によって「平」姓を賜ることが決まり、閏7月に臣籍降下した。高棟王は平高棟となり、正三位大納言に任じられて子孫は公卿となった。のち、平清盛の正妻となり、清盛の死後、二位尼と称された平時子は高棟王の子孫。時子の弟・平時忠は清盛政権の中で大納言に任じられ、「平家に非ずんば人に非ず」と豪語した人物として知られている。

 嘉承元(848)年8月19日、25歳の若さで亡くなったといわれるが、一説には天安元(857)年秋に亡くなったとも、斉衡2(855)年に39歳で亡くなったとも(『千馬家系図』)。別説では、天安元(857)年8月19日に四十八歳で亡くなったともされる(『佐沼亘理家譜』)

 高見王は系譜のみに名が見え、いわゆる『六国史』などにも一切その名が見えないため、謎の人物である。

高見王の謎と「善棟王」

 「高見王」は桓武天皇の皇子・葛原親王の子であるとされており、そのことは、もっとも信頼性の高いとされている『尊卑分脈』にも掲載されている。しかし、その『尊卑分脈』も南北朝時代に洞院家が諸系譜を集めて成立した系譜であり、やはり南北朝期以前の系譜については、各家々の伝承が多分に含まれていると考えられる。

 高見王の生没年については、諸系譜ともに記されておらず、その略歴についても「無官」とあるだけである。なお、江戸初期成立の『千葉大系図』には「天長元年甲辰誕(824年)」とされている。

 平安時代末期成立の『日本紀略』によれば、高見王が生まれたという天長元(824)年の翌年、天長2(825)年7月6日には父・葛原親王が子息たちの王号を捨てて「平朝臣」という姓を与えてほしいと異母兄・淳和天皇に上表して許されている。この勅許によって葛原親王の皇子たちは「王」から「平朝臣」という一貴族となった。高棟王はすでに弘仁14(823)年正月7日、20歳の若さで従四位上に昇叙し(令の規定では親王の子は二十一歳を越えると従四位下に叙爵だが、高棟王は二十歳で叙爵か)、9月に侍従、天長元(824)年9月22日に大学頭へと着実な昇進を重ねていた。ちなみに、葛原親王の上表は天長2(825)年7月6日のことだが、高棟王が実際に「平朝臣」姓を賜ったのは翌月の閏7月であったようだ(『公卿補任 承和10(843)年条』)

●天長2(825)年3月24日(『日本紀略』)

三月丁卯

 二品行弾正尹葛原親王上表、臣之男女、一皆被賜姓平朝臣不許…

●天長2(825)年7月6日(『日本紀略』)

七月丁未

 二品行弾正尹兼太宰帥葛原親王上表、割愛子息庶捨王号、許之…

 天長2(825)年3月24日の葛原親王の上表文には、『日本紀略』からうかがう限り、「臣之男女、一皆被賜姓平朝臣」であったわけで、男女を問わない子息達「一皆」に「平朝臣」姓を授けてほしい旨が記されていたと考えられる。

 また、高棟王には善棟王という弟がいたことが菅原道真が撰した『類聚国史』によってうかがえる。彼は天長2(825)年正月7日、兄・高棟王から遅れること3年にして従四位下に叙された。しかし、それからわずか4年後の天長6(829)年6月22日に亡くなった。

●天長6(829)年6月22日(『類聚国史』)

六年六月庚午
 
 従四位下平朝臣善棟卒、一品葛原親王第二男也…

 葛原親王の上表は天長2(825)年7月6日であり、従四位下に除された正月7日時点ではまだ「善棟王」であり、閏7月におそらく兄の高棟王とともに「平朝臣」を賜って「平善棟」となったのだろう。

 なお、高棟王・善棟王の兄弟は「棟」という字を通字として用いている。平安時代初期、貴族などの一般的な習慣として、諱の一字を兄弟で用いる習わしがあった(絶対的なものではないが)。また、兄弟同士で途中から通字が変化するといった場合もあった。しかし、平安時代後期などからはじまる、親から子への一字伝承といった風習はまだ定着してはいない(例1例2を参照)。

 高見王の実際の生年はわからないが、『千葉大系図』では天長元(824)年の生まれであったとする。父の葛原親王「臣之男女、一皆被賜姓平朝臣」を奏上したのは、その1年後の天長2(825)年7月6日のことであるから、葛原親王が「賜姓平朝臣」を奏上したとき、高見王はすでに誕生していたことになるが、この奏上によって「平朝臣」姓を給わった高棟王、善棟王とは対照的に、高見王がこの「賜姓平朝臣」に則って「平高見」になった形跡はない。つまり、この天長2(825)年当時、高見王は存在していなかったことになる。

 高見王はいずれの系譜でも「無位無官」もしくは「早世」であるが、「令」によれば「廿一歳以上」の「諸王子」には「従五位下」が与えられる「令」の規定があった(『選叙令蔭皇親條』)。ただし、このころ「諸王子」は奈良時代以来かなりの人数にのぼっており、朝廷にはすべての王に位階=位階相当額の給与を出す余裕はなく、実際には二十一歳を超えても無位無官のままの王が多数あったことから、高見王がこのような無位無官の王だった可能性もあるが、高棟王・善棟王の二人の兄弟の叙爵がおそらく規定通り行われていることから、高見王も二十一歳まで生きていたとすれば、その規定に適ったであろう。つまり、高見王は「王」のまま二十歳前に亡くなったと推測される。王のままの薨去であるのは、子・高望王が「王」号を称していることからも想像されるが、天長2(825)年当時に高見王は存在せず、子・高望王も「平朝臣」姓の対象となっていないということは、高見王が実在の人物であれば、天長2(825)年以降、葛原親王が薨じる仁寿3(853)年までの間に生まれ、元服して賜姓される以前に薨じ、その遺児が高望王ということになる。高望王は伝によれば寛平元(889)年正月12日または13日に「賜平朝臣姓」り、上総介に任じられた(『神皇正統録』

●寛平元(889)年5月12日(『神皇正統録』)

同五月十二日 桓武天皇四代孫高望王始而平姓賜而上総介任、…

●寛平元(889)年5月13日(『日本紀略』:『国史大系』所収)

五月
 十三日 賜平朝臣姓者五人

○葛原親王周辺系図

桓武天皇―+―平城天皇
     |(774-824)
     |
     +―朝原内親王
     |(779-817)
     |
     +―長岡岡成
     |(???-848)
     |
     +―良峯安世 +―継王  +―平実          +―珍
     |(785-830)|      |              |
     |      |      |              | 
     +―伊予親王―+―高王  +―平正   +―時―――+―直
     |(???-807) (788-???)|       |(878-939) (900-968)
     |             |       |
     +―葛原親王―+―平――+―平惟―――+―伊
     |(786-853)|(806-867) (855-909)  (881-939)  
     |      |
     |      +―平善          +―国香―――――貞盛
     |      |(???-829)        |(???-935) (???-989?)
     |      |              |
     |      +―見王――――平望―――+―兼―――――公雅
     |       (???-???) (???-???) |(???-939) (???-???)
     |                     |
     +―嵯峨天皇―――仁明天皇         +―持―――――将門
     |(786-842)               |(???-???) (???-940)
     |                     |
     +―淳和天皇                +―文―――――経明
     |(786-840)                (???-???) (???-???)
     ↓

【例1】北家藤原氏:甘露寺家

 藤原高藤―+―文―+―信―+―懐
      |    |    |
      +―数 +―経 +―成
      |
      +―国―+―雅―+―兼―+―定雅―+―雅
      |    |    |    |    |
      |    +―述 +―嘉 +―基宗 +―盛
      |    |    |
      |    +―清 +―実
      |    |    |
      |    +―基 +―定
      |    |    |
      |    +―好 +―安
      |    |
      |    +―
      |    |
      |    +―
      |    |
      |    +―
      |    |
      |    +―風      +―是高
      |              |
      +―方―+―佳節―――是藤―+―孝理
           |
           +―理実―――文貫
           |
           +―忠―――理兼―――致義
           |
           +―成      +―惟
           |         |
           +―頼―――為輔―+―説
                     |
                     +―宣

【例2】坂上家

 坂上大宿禰田村麻呂―+―大
           |
           +―広
           |
           +―浄
           |
           +―正
           |
           +―滋
           |
           +―
           |
           +―
           |
           +―広
           |
           +―
           |
           +―
           |
           +―


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

Copyright©2009 ChibaIchizoku. All rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固くお断りいたします。