平将恒、平武基、平武綱、秩父重綱、秩父重隆、葛貫能隆

秩父党

武蔵国留守所惣検校職

トップページ秩父氏 > 秩父党

平良文 平忠頼 平将恒 平武基 秩父武綱
秩父重綱 秩父重隆 葛貫能隆 河越重頼 河越重房
河越泰重 河越経重 河越宗重 河越貞重 河越高重
河越直重

●秩父惣領家略系図●

                        比企遠宗―――比企尼――――――娘
                                        ∥―――――河越重房
                                        ∥    (太郎)
平将恒――平武基――秩父武綱――秩父重綱―――秩父重隆―――秩父能隆―――+―河越重頼
(太郎) (太郎) (十郎)  (留守所)  (留守所)  (葛貫別当)  |(留守所)
                                      |
                                      +―娘
                                        ∥―――――小代弘家
                                        小代行平

トップページ秩父氏 > 平将恒


平将恒(????-????)

 陸奥介平忠頼の子。母は平将門次女とされる。室は足立郡司判官代武芝娘とも(『氷川神社書上』)。通称は大蔵太郎(『千馬家系図』)秩父六郎(『西角井系図』)秩父三郎(『桓武平氏諸流系図』)。官途は武蔵権大掾(『千馬家系図』)。官途は武蔵権守(『尊卑分脈』、『桓武平氏諸流系図』)

 治安3(1023)年4月、武蔵国で武蔵介藤原真枝が勅命に反したため、党類を率いて武蔵国豊嶋郡で真枝一党を滅ぼし、恩賞として駿河国益頭郡・武蔵国豊嶋郡・上総国埴生郡・下総国葛西郡を賜ったとされる(『千葉大系図』)が、藤原真枝という人物については伝がないため不明。


トップページ秩父氏 > 平武基


平武基(????-????)

 武蔵権守平将恒の子。母は足立郡司判官代武芝娘(『氷川神社書上』)。号は秩父別当(『尊卑分脈』)秩父別当大夫(『桓武平氏諸流系図』)秩父大夫(『入来院系図』)秩父別当大夫(『源威集』)。官途は武蔵国押領使(『入来院系図』)。「大夫」の号ならびに子息の平武綱「秩父武者十郎」と号したとあることから、武基は上洛して武者所に出仕し、官途は五位を有したとみられる。また、長男と思われる荒大夫武家は上洛し、子孫は院北面および鎌倉家人として出仕。越後国瀬波郡本庄、色部周辺の地頭職を得て、越後本庄氏、色部氏として発展する。

 祖父の平忠頼、父の平将恒は大里郡の荒川沿いを本拠としていたと思われるが、武基は荒川を遡って秩父地方へ移っていたと思われ、秩父地方に勢力を有していた丹党と姻戚関係にあったのではなかろうか。武基の「武」字は丹党貫主の通字であることから、武基はその一字を受けていた可能性があろう。その後上洛して官途を得たと思われるが、帰国ののち、武基を「秩父別当」へ補する太政官符が武蔵国司に出されたのだろう。

 当時の秩父は、官牧のほか渡来系氏族が伝えたとみられる養蚕・被服の文化や鉱物の発掘技術などの文化が根付いていた。武蔵国西部の入間郡、高麗郡一帯には、飛鳥時代の天智天皇5(666)年冬に「百済男女二千余人、凡不択緇素」を三年「賜官食」って東国に移して以降(『日本書紀』天智天皇五年是冬条)、彼ら渡来系氏族による馬術、養蚕・被服技術、妙見信仰など様々な技術や文化が東国に齎されていったと考えられる。

 渡来人が武蔵国へ置かれた公的記録は天武天皇13(684)年5月14日の「百済僧尼及俗人、男女并廿三人、皆安置于武蔵国」(『日本書紀』天武天皇十三年五月十四日条)を初見とするが、持統天皇元(687)年3月22日には新羅人を下毛野国、4月10日には新羅僧尼と男女合わせて二十二人を武蔵国に移住させている(『日本書紀』持統天皇元年三月二十二日条、四月十日条)。その後も朝廷の施策に拠って幾度にわたり高麗人、百済人、新羅人が武蔵国、下野国などに移され、和銅4(711)年3月6日には上野国に「多胡郡」が置かれ、霊亀2(716)年5月16日に「駿河、甲斐、相摸、上総、下総、常陸、下野七国高麗人千七百九十九人」が武蔵国の西部山岳地域に移されて「高麗郡」が置かれた(『続日本紀』霊亀二年五月十六日条)。さらに天平宝字2(758)年8月24日には新羅人の僧尼や男女を「武蔵国閑地」へ移して「新羅郡」を置いた。

■7~8世紀の東国移住の渡来人

天智天皇5(666)年是冬 百済男女二千余人居于東国、凡不択緇素、起癸亥年至于三歳並賜官食 『日本書紀』
天武天皇13(684)年5月14日 化来百済僧尼及俗人、男女并廿三人、皆安置于武蔵国 『日本書紀』
持統天皇元(687)年3月22日 以投化新羅人十四人、居于下毛野国、賦田受稟使安生業 『日本書紀』
持統天皇元(687)年4月10日 筑紫大宰献投化新羅僧尼及百姓男女廿二人、居于武蔵国、賦田受稟使安生業 『日本書紀』
持統天皇3(689)年4月8日 以投化新羅人居于下毛野 『日本書紀』
持統天皇4(690)年2月25日 以歸化新羅韓奈末許満等十二人、居于武蔵国 『日本書紀』
持統天皇4(690)年8月11日 以歸化新羅人等居于下毛野国 『日本書紀』
慶雲5(708)年正月11日 武蔵国秩父郡献和銅 『続日本紀』
和銅4(711)年3月6日 上野国甘良郡織裳、韓級、矢田、大家、緑野郡武美、片岡郡山等六郷、別置多胡郡 『続日本紀』
霊亀2(716)年5月16日 駿河、甲斐、相摸、上総、下総、常陸、下野七国高麗人千七百九十九人、遷于武蔵国、始置高麗郡 『続日本紀』
天平5(733)年6月2日 武蔵国埼玉郡新羅人徳師等男女五十三人、依請為金姓 『続日本紀』
天平宝字2(758)年8月24日 帰化新羅僧卅二人、尼二人、男十九人、女廿一人、移武蔵国閑地、於是始置新羅郡 『続日本紀』
天平宝字4(760)年4月28日 置帰化新羅一百卅一人、於武蔵国 『続日本紀』
天平宝字5(761)年正月9日 美濃武蔵二国少年、毎国廿人習新羅語、為征新羅也 『続日本紀』
宝亀8(777)年8月15日 上野国群馬郡戸五十烟、美作国勝田郡五十烟、妙見寺 『続日本紀』
宝亀10(779)年3月17日 従三位高麗朝臣福信、賜姓高倉朝臣 『続日本紀』
宝亀11(780)年5月11日 武蔵国新羅郡人沙良真熊等二人、賜姓廣岡造 『続日本紀』
延暦8(789)年10月17日 散位従三位高倉朝臣福信薨、福信武蔵国高麗郡人也、本姓背奈、其祖福徳属唐将李勣抜平壌城、来帰国家、居武蔵焉、福信即福徳之孫也、小年隨伯父背奈行文入都…神護元年授従三位、拝造宮卿兼歴武蔵近江守、宝亀十年上書言、臣自投聖化年歳已深、但雖新姓之栄、朝臣過分、而旧俗之号高麗未除、伏乞、改高麗以為高倉、詔許之、天鷹元年、遷弾正尹兼武蔵守、延暦四年上表乞身以散位帰第焉、薨時八十一
『続日本紀』
貞観12(870)年9月15日 配置新羅人五人於武蔵国、至是、国司言、其中二人逃去、不知在所、仍太政官下符、左右京五畿七道諸国捜索 『日本三代実録』
貞観15(873)年6月21日 武蔵国司言、新羅人金連、安長、清信等三人逃、不知在所、令京畿七道諸国捜捕金連等、貞観十二年自大宰府所遷配也 『日本三代実録』

 武蔵国西部の渡来系氏族は、多胡郡、高麗郡、新羅郡など諸郡が成立する以前の七世紀後半にはすでに入間川を遡って秩父盆地に入部して活動していたとみられ、慶雲5(708)年正月11日、朝廷に「武蔵国秩父郡献和銅」(『続日本紀』和銅元年正月十一日条)とあり、この銅を採掘したのは、採掘技術を有した渡来系氏族であろう。

 こうした秩父地域の鉄銅などの鉱物資源の採掘技術を持った氏族が、擬制同族集団「丹」党(「丹」とは赤い鉱物を指す)に発展したと思われる。なお、丹党の系譜には遠祖の「宮内太郎家義」なる人物が「引導弘法大師令高野山、故追号丹生明神是也」(『武蔵七党系図』)とあり、弘法大師を高野山へ導いた人物として記されている。紀伊半島には古来より硫化水銀(辰砂=丹)の鉱脈が存在しており、これらの採掘技術を有した渡来系氏族が武蔵国へ移住した中に含まれていたのかもしれない。系譜上で家義の子孫で「峯時」という人物が「丹貫主」「始関東居住」(『武蔵七党系図』)とみえる。「峯」は秩父の山々を表す印象を受けるが、関東に移った丹氏の氏族神話的な「貫主」とも感じられる。彼の子・峯房の子に「武経」という人物がみられるが、彼は「達朝庭領秩父郡」とあり、実質的な秩父丹氏の始祖であろう。なお、別の丹氏系譜(根岸冑山文庫『武蔵七党系図』)には峯房の子に「武綱 秩父十郎 住武州秩父」とあり、平姓秩父氏の系譜に見られる武基の子「武綱 秩父武者十郎」が組み込まれているが、同系図では武綱の子は「武経 秩父十郎」とあり、仮名は父と同じ「十郎」である。これは後世の相馬氏系譜でも「綱」「経」が混雑したことにより、架空の人物が形成されてしまった例があるように、「武綱」「武経」を混同したもので両者は同一人物であり、他系譜にも見えるように峯房の子の武経であろう。

 武経の跡を継いだ丹党貫主(貫首)は武経子・武時であるが(『武蔵七党系図』)、その子・武平は「平大夫」を称しており、彼は平姓だった事がうかがえ(その子・経房は丹三冠者と称しており、武平の平姓は一代のみと考えらえる)、武基猶子(改姓を伴った)となっていたのかもしれない。

 武基が補された秩父牧は「兒玉郡阿久原牧(児玉郡神川町~藤岡市鬼石周辺)」「秩父郡石田牧(秩父郡長瀞町)(『政事要略』年中行事二十三)からなる勅旨牧であり、急流に囲まれた肥沃な土地に形成された官牧であった。承平3(933)年4月2日に設置され、初代の別当として「散位藤原惟條(山蔭中納言の孫)が充てられている(『政事要略』年中行事二十三)

太政官符武蔵国司
 応以朱雀院秩父牧為勅旨牧、以八月十三日定入京期事

  秩父郡石田牧一處
  兒玉郡安久原牧一處

 如御馬疋

右、左大臣宣、奉勅件牧宜為勅旨牧、散位藤原朝臣惟條、充其別当、毎年令労飼廿疋御馬、合期牽貢者、国宜承知、依宣行之、符到奉行

 承平三年四月二日

 藤原山蔭――藤原言行―――藤原惟條――+―藤原義時
(中納言) (左近衛少将)(上野介)  |(主殿頭)
                    |
                    +―藤原作忠
                    |(大炊助)
                    |
                    +―千勧
                     (園城寺披鎮坊)

 また、武蔵西部から上野国にかけて広がった妙見信仰は、高麗郡、入間郡、新羅郡周辺の渡来系氏族土着信仰として発生し、氏族の移動に伴って秩父盆地へも流入し、秩父と文化・生活圏が深く繋がっていた児玉郡内神流川流域の阿久原を経て麓に下り、烏川や利根川を通じて上野国中心域へと伝播したのではなかろうか。宝亀8(777)年8月15日には「妙見寺(河内国の大寺)」「上野国群馬郡」「美作国勝田郡」から封戸が施入されているが、これは群馬郡も勝田郡もともに渡来系氏族の妙見信仰が根付いていたことが朝廷に把握されていたがゆえの措置ではなかろうか(妙見信仰が河内妙見寺から齎されたのではなく、もともと当地に存在していた妙見信仰に由来して封戸が施入された)。そして、河内国の妙見寺を封主として直接的な関わりを持った上野国群馬郡には妙見寺由来の文化が齎されて七星山息災寺が建立され、妙見信仰の拠点となったのではなかろうか。

 千葉氏へ伝わった妙見信仰は、常胤の妻となった秩父太郎大夫重弘の娘が齎した可能性も考えられるが、『千葉妙見大縁起絵巻』の平良文と平将門が共闘して平国香と戦ったという染谷川の戦いの伝承や、青木祐子氏の研究で詳述される西上野の榛名山麓に見られる千葉氏と将門に関わる伝承(青木祐子氏『榛名山東南麓の千葉氏伝承 : 寺社縁起を中心に』(学習院大学大学院日本語日本文学11 2015)、『上野府中の千葉氏伝承』(群馬歴史民俗第41号)2020、『船尾山柳沢寺と千葉氏伝承(ぐんま地域文化第54号)2020)、常胤子・相馬師常に始まる相馬氏に将門の末裔伝承が色濃く残されていることから、千葉氏の妙見信仰は秩父・上野からの直接的な伝播というよりも、将門と妙見に纏わる伝承が取り入れたものと考えるべきか。

 千葉氏と妙見信仰の具体的な接点がみられるのは、千葉大夫常長の三男・千葉三郎常房(鴨根三郎)の子孫である原太郎常泰の子・如圓「妙見座主」とあり(『神代本千葉系図』)、その子も名は不明ながら「妙見座主」とある。世代で見ると当時の千葉惣領家は千葉介胤綱千葉介時胤代となることから、千葉氏が妙見信仰を取り込んだのは鎌倉初期後半と見るべきだろう福田豊彦氏らによる妙見説話の研究において、宝治合戦を契機として妙見信仰が取り入れられたとされているが(福田豊彦・服部幸造 『源平闘諍録 上・下』 講談社学術文庫2000)、千葉介常胤、上総介常秀、上総権介秀胤が地頭職を有していた薩摩国内および越中国新川郡松倉(魚津市松倉)の椎名氏周辺に妙見信仰が認められず(宝治合戦では、上総権介秀胤が討たれ、越中椎名氏祖とされる良明(三浦氏からの養子という)が松倉へ逃れた伝承が残る)、宝治合戦で上総権介秀胤を討った東胤氏入道素暹が美濃国郡上へ隠棲した際(またはその子・六郎左衛門尉行氏)が郡上へ粟飯原氏を以て妙見菩薩を奉じた伝があることから、福田豊彦氏らの説の通り、宝治合戦がひとつの契機になって可能性は非常に高いと考えられる。

 永承6(1051)年3月、陸奥守源頼義は奥州安倍氏との戦いのために勅命により奥州へ出兵する(前九年の役)。そして6月、武蔵国府に逗留した頼義のもとに「奥入先陣譜代ノ勇士ヲ撰給ケルニ、秩父別当大夫武基子息、童形六歳桓武天皇九代、村岡五郎良文ニハ五代、其仁ニ当ノ間、七歳ニ為ニ用ンカ、俄ニ六月朔日ヲ元三ニ表而、円鏡ヲ見セ、七歳ト号シテ元服、秩父武綱是也、白旗ヲ給フ」(『源威集』第七十後冷泉院)とあり、頼義の奥州出兵に際して「譜代」の士として応召したとみられる。その際、頼義は武基が連れてきた六歳の子息を七歳と称して「武綱」と名乗らせて元服させ、白旗を給わったという。

 この「前九年の役」は、陸六郡を支配する俘囚長安倍頼良が兵を挙げ、陸奥守藤原登任が秋田城介平繁成とともに追討軍を送るも大敗したことを発端とする奥州の大乱である。登任は陸奥守を解任された上、都に召還された。代わって朝廷は摂関家侍衛の臣・源頼義陸奥守に任じて奥州に派遣すると、頼良は歯向かわずに降伏。頼良は名前が頼義と「ヨリヨシ」という訓で繋がるのを畏れ多いとし、「頼時」に改めたほどで神妙であった。この出陣に際し、頼義は武基をはじめとする関東の武士を動員しており、下総の平常長、相模の平為通らも頼義に従って出陣していたという。

 この戦いで、記録に残る頼義の主な郎従は下記の通り。

●前九年の役での源家の主な郎党(『陸奥話記』)

名前 略歴等
修理少進藤原景通 安倍頼時、貞任の軍勢に源氏勢が追い詰められたとき、源頼義・義家に従った五騎の一人。頼義の馬が射られたとき、自分の馬を頼義に渡した。鎌倉家郎従・加藤氏の祖。
大宅光任 安倍頼時、貞任の軍勢に源氏勢が追い詰められたとき、源頼義・義家に従った五騎の一人。遁れるとき、義家とともに敵兵数騎を射殺し、虎口を脱した。
清原貞広 頼義に随って来た「坂東精兵」。安倍頼時、貞任の軍勢に源氏勢が追い詰められたとき、源頼義・義家に従った五騎の一人。
藤原範季 安倍頼時、貞任の軍勢に源氏勢が追い詰められたとき、源頼義・義家に従った五騎の一人。
藤原則明 安倍頼時、貞任の軍勢に源氏勢が追い詰められたとき、源頼義・義家に従った五騎の一人。義家の馬が射られたとき、敵の馬を奪い取って義家に渡した。
散位佐伯経範 相模国人。頼義の厚遇を受けた人物で、頼義に仕えて三十年、年齢も「耳順(六十歳)」となり、安倍勢に追い詰められた際には、ここが死に場所とばかりに敵陣に斬り込み戦死した。相模国の波多野氏の祖と思われる。
藤原景季 修理少進藤原景通の長子。年齢は二十余歳、言葉少ない寡黙な青年で、騎射に長じていた。安倍勢に追い詰められた際には敵陣に討ち入り捕らえられた。敵勢はその武勇を惜しんだがついに斬られた。
散位和気致輔 頼義の郎党。敵陣に討ち入り討死した。
和気為清 頼義の郎党。散位和気致輔の孫。敵陣に討ち入り討死した。
藤原茂頼 頼義の腹心。戦場を馳せ回っているうちに戦いは源氏方の敗戦となり、茂頼ははぐれてしまった。頼義がすでに戦没したものと思い込み、頼義の遺骸を得るためににわかに剃髪して、僧侶として戦場を走り回り、なんとか頼義と合流することに成功した。
散位平国妙 頼義の郎党。出羽国人。武勇あふれる人物で善戦し、敗北知らずであった。そのため、俗に平不負、字を平大夫と呼ばれた。しかし、黄海合戦で馬が斃されて捕らえられ虜となった。そのとき、敵将で外甥(姉妹の子)の藤原経清(奥州藤原氏祖)によって助けられた。「武士猶以為耻矣」とされた。
平真平 頼義に随って来た「坂東精兵」。 相模国の中村氏、土肥氏とも関係があるかもしれない。
菅原行基 頼義に随って来た「坂東精兵」。
源真清 頼義に随って来た「坂東精兵」。
刑部千富 頼義に随って来た「坂東精兵」。
大原信助 頼義に随って来た「坂東精兵」。
藤原兼成 頼義に随って来た「坂東精兵」。
橘孝忠 頼義に随って来た「坂東精兵」。
源親季 頼義に随って来た「坂東精兵」。
藤原朝臣時経 頼義に随って来た「坂東精兵」。
丸子宿禰弘政 頼義に随って来た「坂東精兵」。
藤原光貞 頼義に随って来た「坂東精兵」。
佐伯元方 頼義に随って来た「坂東精兵」。
平経貞 頼義に随って来た「坂東精兵」。
紀季武 頼義に随って来た「坂東精兵」。
安倍師方 頼義に随って来た「坂東精兵」。

 この中に武基の名は見ることはできないが、多くの「坂東精兵」が附き随っていることがわかる。「坂東」には下級武官出自で源氏の摂津時代からの一族郎従の末裔と思われる大宅氏、佐伯氏、和気氏、藤原氏、源氏、丸子氏のほか、国司層が土着したと思われる藤原氏、菅原氏、平氏、紀氏、安倍氏、橘氏、郡司層が出自と思われる刑部氏、大原氏など多様な出自の郎従がいたことがうかがえる。

 頼時の降伏の後、奥州は一旦は平穏を保ったが、天喜2(1054)年、頼義の陣を何者かが襲い馬を強奪して去っていった事件が起こるが、頼義はその犯人を頼時嫡男・安倍貞任としたことから、怒った頼時・貞任を中心に安倍一族はふたたび兵を挙げた。天喜5(1057)年には頼時が討死するも、後継の貞任が前にも増して強硬に対抗したことから、戦いは長引くこととなる。これらの戦いの中、武基は姿を見せないが、その子・武綱は頼義に従軍して活躍したようで、永承12(1062)年、「実年十七」の武綱「合戦度毎ニ先ヲカク略ヲ施シケル」(『源威集』第七十後冷泉院)という活躍を見せたという。

 また、武基の弟・武常の子である「五郎常家」(『入来院系図』)も頼義の郎従として見え、天喜5(1057)年11月、安倍貞任らの籠る「河捶城」に降雪を無視して進軍した頼義が進退儘ならぬまま状況に陥り、安倍貞任の軍勢に大敗を喫した合戦(黄海合戦)で、安倍勢二百騎あまりが頼義らを追いつめる中、頼義に最後まで従った「腰滝口末方、後藤内範明、大生大夫光任、大新大夫光房、豊嶋平検杖恒家計也」の一人として名がみえる(『源威集』第七十後冷泉院)。常家は「検杖」とあることから、鎮守府将軍頼義の「傔仗」に任じられていたのだろう。応徳3(1086)年正月23日に「前陸奥守源頼俊」が讃岐国拝任の申状を奏上しているが、この中で「陸奥国住人平常家」ら三人はとくに綸旨を以て召し進められたことが述べられている(『御堂摂政別記裏文書』「平安遺文」4652)

■『前陸奥守源頼俊申状』(『御堂摂政別記裏文書』「平安遺文」4652)

前陸奥守従五位上源朝臣頼俊誠惶誠恐謹言
 請特蒙天恩、任先朝綸旨、依以曾別嶋荒夷并閇伊七村山徒討随、拝任讃岐国闕状

右、頼俊去治暦三年任彼国守、著任之後、廻治略期興複、挟野心俗不憚朝憲、然而王威有限、即討随三方之大■■其間無国之費、注子細言上之日、被宣下、云旁勤知有勒辺鎮、事不可黙止者、捧件宣旨文参洛之処、清原貞衡申請拝任鎮守府将軍、為大将軍頼俊、于今不蒙朝■■公文之輩依勲功勧賞之例、古今是多、近則源頼義朝臣、越二階任伊予守、加之子息等及従類蒙恩賞之者廿人也、又参上之後、依綸旨召進武蔵国住人平常家、伊豆国■■、散位惟房朝臣、条条之勤不恥先蹤者也、望請天恩、依□□勤節、被拝任彼国守闕状、弥守勤王之節、将令励後輩矣、頼俊誠恐謹言、

 応徳三年正月廿三日
  前陸奥守従五位上源朝臣頼俊

 その後の武基の情報はなく、状況は不明である。


トップページ秩父氏 > 平将綱


平武綱(1046?-????)

 秩父別当平武基の十男とみられる。通称は秩父武者十郎。、秩父十郎(『桓武平氏諸流系図』)。母は不明。娘は有道経行(有三別当)室。兄には荒大夫武家(『桓武平氏諸流系図』)がおり、彼は上洛して五位の位を得ていたようで、子孫は北面武士として在京し、のちに越後国に越後秩父党を結成する。

 永承6(1051)年3月、陸奥守源頼義は奥州安倍氏との戦いのために勅命により奥州へ出兵する(前九年の役)。そして6月、武蔵国府に逗留した頼義のもとに「奥入先陣譜代ノ勇士ヲ撰給ケルニ、秩父別当大夫武基子息、童形六歳桓武天皇九代、村岡五郎良文ニハ五代、其仁ニ当ノ間、七歳ニ為ニ用ンカ、俄ニ六月朔日ヲ元三ニ表而、円鏡ヲ見セ、七歳ト号シテ元服、秩父武綱是也、白旗ヲ給フ」(『源威集』第七十後冷泉院)とあり、頼義の奥州出兵に際して「譜代」の士として応召したとみられる。その際、頼義は武基が連れてきた六歳の子息を七歳と称して「武綱」と名乗らせて元服させ、白旗を給わったという。

 その後、頼時が将軍頼義に降伏すると、奥州は一旦平穏を保つこととなるが、天喜2(1054)年、頼義の陣を何者かが襲い馬を強奪して去っていった事件が起こると、頼義はその犯人を頼時嫡男・安倍貞任としたために、頼時・貞任を中心に安倍一族がふたたび挙兵した。そして、天喜5(1057)年に頼時は討死するが、後継者の貞任が強硬に対抗したことから、戦いは長引くこととなる。この戦いで武綱は頼義に従軍して活躍したようで、永承12(1062)年に「実年十七」の武綱は、この年に終わった前九年の役での「合戦度毎ニ先ヲカク略ヲ施シケル」(『源威集』第七十後冷泉院)という活躍を見せたという。

 応徳2(1085)年に再び起こった奥州清原氏の内紛から勃発した奥州大乱(後三年の役)では、武綱は陸奥守源義家に従軍して奥州へ向かったという。このときの謂れは、治承4(1180)年、武綱の子孫・畠山次郎重忠が頼朝のもとに参じた際に、「君が御先祖八幡殿、宣旨を蒙らせたまひて武平、家平を追討せしむる之時、重忠が四代祖父秩父十郎武綱、初参して侍りければ、此の白旗を給ひて先陣を勤め、武平以下の凶徒を誅し候了」(『源平盛衰記』)と述べたと伝わる。ただし、この白旗については、武基にも将軍頼義に参じた際に同様の謂れ(『源威集』第七十後冷泉院)があることから、いずれかが仮託したものかもしれない。

 これ以降の武綱の記録は見られない。その他では、武綱女婿の有三別当経行の兄「兒玉ノ有大夫弘行ノ朝臣」についての記録が遺されている(『小代宗妙置文』)。有三別当経行とともに兒玉党の祖となった人物である。

 義家には「副将軍トシテ相並ビテ朝敵ヲ追討ノ次第絵図ニ書カ被キ、奥州征伐ノ後、有大夫弘行、同有三別当経行、武州兒玉郡ヲ屋敷トシテ居住セ令メ給フ、凡ソ兒玉ノ先祖代々君ノ奉為メニ忠勤吉例ノ事、諸家ノ記録ニ載セ被ル上、世以テ其隠レ無歟、又右衛門佐朝政、関東ノ御代官トシテ在京ノ時、蓮華王院ノ宝蔵御絵ヲ申出シテ拝見セ令メケルニ、奥州後三年ノ合戦ノ次第書カ被タル所ニ、東八箇国ノ人々ハ皆ナ以テ大庭ニ敷皮居烈レリ、八幡太郎義家ノ朝臣、大将軍ニテ屋形ニ御座ハシマスニ、兒玉ノ有大夫弘行ノ朝臣、副将軍ニテ同屋形ニ赤革ノ烏帽子懸シテ、八幡殿ノ御対座ニ書レ給ヒタルヲ、平兒玉倉賀野ノ八郎公行当座ニ有合テ拝見シタリキ」(『小代宗妙置文』)とあるように、兒玉党の遠祖の一人、有大夫弘行(おそらく弟の有三別当経行も従軍か)も義家に従って奥州へ下向しているようである。なお、有大夫弘行も有三別当経行も後三年の役の「後」に兒玉郡に居住したとあることから、彼らは義家の郎従として京都から下向した武士であったのだろう。なお、有大夫弘行の子孫である小代宗妙(小代伊重)は弘行を「別当」と記しておらず、その弟・有三別当経行(武綱女婿)を「別当」としていることから、「兒玉郡阿久原牧」の別当に補されていたのは弟の経行であり、兒玉氏の系譜との相違がみられる。

●後三年の役で従軍の伝のある人々

名前 略歴等 出典
有大夫弘行 副将軍(蓮華王院宝蔵の御絵に描かれ、平賀朝雅に同道した倉賀野公行が確認) 『小代宗妙置文』
有三別当経行 副将軍(蓮華王院宝蔵の御絵に描かれ、平賀朝雅に同道した倉賀野公行が確認) 『小代宗妙置文』
横山野次大夫小野経兼 野三別当資隆の嫡子。「八幡殿奥州貞任給」に「承先陣」ったという 『小野系図』
五郎道兼 経兼兄忠常(出家し小澤野小院)の子 『小野系図』
忠兼 経兼弟(野五郎) 『小野系図』

■越後秩父氏(色部氏)


秩父武家(????-????)

 秩父別当平武基の長男。号は荒大夫武家(『桓武平氏諸流系図』)。具体的な事歴は不明。「荒」とは荒々しいという意味であるが、曾祖父の陸奥介平忠頼(『桓武平氏諸流系図』)、祖父の秩父三郎将恒(『桓武平氏諸流系図』)が居住していたと思われる武蔵国大里郡を流れる「荒河」に因んだ可能性があろう。


秩父重長(????-????)

 荒大夫武家の長男。号は秩父平新大夫(『桓武平氏諸流系図』)

 秩父を称しているが、彼自身が新大夫とあるように在京武士であった可能性があり、子孫も北面武士となっており、秩父地方に私領は残していた可能性はあるが、事実上武蔵秩父氏とは別系の在京武士となったのだろう。


常葉惟長(????-????)

 秩父平新大夫重長の子。号は常葉平内(『桓武平氏諸流系図』)。官途は内舎人。「常葉」がいずれの地かは不明。

 上洛して内舎人となり、さらに鳥羽院北面に祗候した。


平光長(????-????)

 常葉平内惟長の子。幼名は千代松丸(『古案記録草案』)。通称は三郎(『古案記録草案』)。官途は玄蕃允(『桓武平氏諸流系図』)。後白河院北面。

 「越後国瀬波郡小泉庄加納色部(村上市)」(『古案記録草案』)の地頭職を得て、在名を以て色部を名字称号としたという(『古案記録草案』)


平季長(????-????)

 玄蕃允光長の長男。官途は修理少進(『吾妻鏡』『桓武平氏諸流系図』)

 後白河院北面に祗候するが、その後、頼朝郎従(御家人)として鎌倉に出仕している。弓の名人として知られていたようで、文治5(1189)年正月3日には例年の埦飯が行われたのち、良辰ということで急遽行われた御弓始に於いて、下河辺行平が召されて弓場へ進み出た際、頼朝が「堪能者一人可立逢」(『吾妻鏡』文治五年正月三日条)と人々に命じたが「修理進季長起座著香水干」して行平の後ろに蹲踞した。ところが行平はまったく進み立たなかった。行平は季長の腕を認めておらず、いまだ人なき体を演じたものであった。これをみた頼朝は、これも弓の名手であった榛谷四郎重朝を遣わしたところ、行平は衣文の組紐を解いて弓を取り直し、見事的を射抜いた。この恥辱に季長は我慢がならず、元の座に戻ることなく御所を退出している(『吾妻鏡』文治五年正月三日条)

 その後、季長がどのような処罰を受けたかは不明だが、季長は書画の道にも通じており、建久3(1192)年10月29日、「修理少進季長」永福寺の扉と釈迦如来の後壁の書画を描き上げている(『吾妻鏡』建久三年十月廿九日条)


平行長(????-????)

 修理少進季長の長男。官途は左衛門尉。越後本庄氏祖。

 越後国瀬波郡小泉庄の地頭として「小泉左衛門尉」と号した(『桓武平氏諸流系図』)。子の左衛門尉定長以降、越後国小泉庄本庄で繁栄し、本庄氏として伝えた。一方、季長の弟・為久の子孫は色部氏として発展し、

 弟の左衛門尉宗長(号進)は、嘉禎4(1238)年2月17日の将軍頼経の上洛に随兵廿六番として供奉(『吾妻鏡』嘉禎四年二月十七日条)し、2月23日、将軍頼経の参内に「御車八葉」に「着直垂、令帯剣、候御車左右」に供奉した「修理進三郎宗長」として見える(『吾妻鏡』嘉禎四年二月廿三日条)。さらに、6月5日にも将軍頼経の春日社参に「修理進三郎宗長」が御輿の左右に徒で供奉している(『吾妻鏡』嘉禎四年六月五日条)

 建長4(1252)年7月23日の将軍宗尊親王の方違えの供奉に「進士三郎左衛門尉宗長」として見える(『吾妻鏡』建長四年七月廿三日条)。建長6(1254)年6月16日、「故武州禅室(泰時入道)」の十三回忌に及んで鎌倉で騒擾が起こった際には御所に駆け付けた一人として着到に名を連ねた(『吾妻鏡』建長六年六月十六日条)。その後も将軍に近い御家人として、文応元(1260)年11月27日、将軍宗尊親王の二所参詣の供奉に「進三郎左衛門尉宗長」(『吾妻鏡』文応元年十一月廿七日条)、弘長3(1263)年8月9日、将軍宗尊親王の上洛の供奉に「御中持」の奉行人の一人として「進三郎左衛門尉宗長」が予定され(『吾妻鏡』弘長三年八月九日条)、8月15日の鶴岡八幡宮寺の放生会に際し、将軍宗尊親王の供奉となった「進三郎左衛門尉宗長」(『吾妻鏡』弘長三年八月十五日条)として見える。なお、色部氏の由緒書である『古案記録草案』では、「進三郎 後 修理進」と記される(『古案記録草案』)

 従兄弟の本家、進三郎為長の子・右衛門尉公長は伯耆国布美庄を継承しているが、康永4(1345)年10月18日には「進三郎入道長覚」が嘉祥寺「領家職事」を押領している(『実相院及東寺菩提院文書二』康永四年十月十八日条:『大日本史料』第六編)が、彼は「号進」した左衛門尉宗長の末裔で、本家の色部秩父氏の代官として布美庄に入部していた可能性があろう。


平為久(????-????)

 玄蕃允光長の次男(『桓武平氏諸流系図』)修理少進季長の弟にあたる。


平為長(????-????)

 平為久の嫡子(『桓武平氏諸流系図』)。号は進三郎(『古案記録草案』)。官途は修理進(『古案記録草案』)、鳥羽院北面祗候(『古案記録草案』)。法名は善阿(『古案記録草案』)。妻は「せんあか」。ただし、「鳥羽院之北面為伺候」(『古案記録草案』)は子孫の色部隆長が「後鳥羽院書誤無疑」(『古案記録草案』)とする。

 置文を遺しており、為長が所領としていた「いろへうしやあふしまらのこと(色部、牛屋、粟島)」につき、「いろへあふしま」「ちゃくしゑもんの志やうきんなか(左衛門尉公長)」「うしや」「志なんすけなか(資長)」に譲ることとしている。なお、「せんあか(為長妻か)」の生前は「いろへあふしま」はせんあかが知行し、その後は左衛門尉公長に給うべしとしている(『古案記録草案』)

 嘉禄3(1227)年4月7日に嫡子公長への譲状を発給して鎌倉家政所に提出し、二日後の4月9日に頼経袖判下文が下されていることから、為長入道善阿は鎌倉に居住していたことがわかる。ただ、為長法師は建長6(1254)年11月8日に譲状を発給していることから、最初の譲状から二十七年後もまだ生存していたことになる。


平公長(????-????)

 平為長の嫡子(『桓武平氏諸流系図』、『古案記録草案』)。官位は従五位下(『古案記録草案』)。官途は内舎人(『古案記録草案』)、右衛門尉(『桓武平氏諸流系図』、『古案記録草案』)。法名は行忍(『古案記録草案』)。諱は「きんなが」と読む(『古案記録草案』)

 嘉禄3(1227)年4月7日に「為長法師」より譲状(江戸期にはすでに紛失)が下され、鎌倉家政所に提出され、二日後の4月9日に「内舎人平公長」へ政所下文が発給されている(『古案記録草案』、『鎌倉遺文』3604)。その下文によれば、公長が譲られたのは、

・伯耆国布美庄
・越後国小泉庄加納内色部、粟嶋
・讃岐国木徳庄

 の四か所である。また、建長6(1254)年11月8日、「父為長法師法名善阿」からの譲状(勝長寿院三重御塔仏聖供養致沙汰之子細載之)に基づき、建長7(1255)年3月27日に政所下文が下されている(『古案記録草案』)

 長男に内舎人経長、次男に持長(『桓武平氏諸流系図』)という人物がいたようだが、彼らは早世したようである。その後、文永7(1270)年8月25日に公長入道行忍は「子息三郎平忠長為惣領相」「子息五郎左衛門尉平氏長」「子息七郎左衛門尉平長茂」への譲状を発給し、それぞれ12月14日に関東下知状(鎌倉家当主の家政文書)が下されるが、三男忠長が惣領と定められ、他の弟たちは「御公事共守惣領忠長之支配」とされた(『古案記録草案』)

三郎平忠長 越後国小泉庄内色部条
五郎左衛門尉平氏長 越後国小泉庄牛屋条内作路以東(松沢新田等は除く)
 ・東限:大山
 ・南限:石堤荒河流
 ・西限:作路
 ・北限:色部条堺
七郎左衛門尉平長茂 越後国小泉庄牛屋条内作路以西(上新保は除く)
 ・東限:作路
 ・南限:石堤荒河流
 ・西限:大山
 ・北限:色部条堺
出雲国飯生庄
弥三郎清長 色部庄内か

 公長の死後、惣領忠長は異母兄の弥三郎清長「越後国小泉庄加納色部、牛屋、讃岐国木徳庄、出雲国飯生庄地頭職等事」について相論が起こっている。清長はもともと公長嫡子であったが、継母の謀によって配分が洩れたと主張したが、公長は生前すでに清長を「不孝之仁」としており、弘安2年10月26日の関東下知状で「於今者停止清長之知行」と清長の知行は否定されることとなり、惣領三郎左衛門尉忠長のもと色部氏は越後国揚北衆の一角として、越後秩父氏の嫡家である本庄氏とともに勢力を奮い、室町期の越後守護職上杉氏に従属するも、強い独立性を保った。江戸時代には米沢藩上杉家の家老家となっている。

トップページ秩父氏 > 平重綱


平重綱(????-????)

 武者十郎武綱の長男。妻は有三別当経行女。通称は秩父権守(『小代宗妙置文』:石井進『鎌倉武士の実像』平凡社1987)秩父出羽権守(『吾妻鏡』嘉禄二年四月十日条)武蔵国留守所惣検校職。妻(兒玉経行女子)は源義朝の子「悪源太殿(義平)」の乳母となり「号乳母御前」している(『小代宗妙置文』:石井進『鎌倉武士の実像』平凡社1987)。そして、悪源太義平は彼女を「御母人」と称するほど懐いていた。

 秩父平氏は勅旨牧の秩父牧の別当として「兒玉郡阿久原牧(児玉郡神川町~藤岡市鬼石周辺)から山麓の児玉郡、「秩父郡石田牧(秩父郡長瀞町)から山麓の大里郡、比企郡へと進出。児玉郡の武士団(児玉党)と婚姻関係を結ぶとともに、秩父在住当時から被官化していた丹党を大里郡や比企郡に展開し、武蔵国北西部から上野国国境付近まで勢力を拡大していった。

 こうした環境の中で国衙行政においても「武蔵国留守所惣検校職」に補され(『吾妻鏡』家禄二年四月十日条)「付当職四ヶ条有掌事」を執行した(『吾妻鏡』寛喜三年四月二日条)。重綱が補された留守所惣検校職はこれ以降、重綱の子孫が代々独占的に継承する家職と化していく。そして、この惣検校職の「本職四ケ條」(『吾妻鏡』寛喜三年四月廿日条)は、重綱子孫の河越三郎重員が「付当職四ヶ条有掌事、近来悉廃訖、仍任例可執行之由」を武蔵守泰時に「愁申」たことから、寛喜3(1231)年4月2日、泰時は岩原源八経直を「被尋下留守所」して留守所惣検校職の謂れと執行状況を問い合わせている(『吾妻鏡』寛喜三年四月二日条)

 その結果、4月14日に「自秩父権守重綱之時至于畠山次郎重忠、奉行来之条、符号于重員申状之由」「在庁散位日奉実直、同弘持、物部宗光等」が勘状を認め、15日には「留守代帰寂」が副状を付して経直に託したものが20日に鎌倉に到着。泰時はこれらに基づいて「仍無相違可致沙汰之由」を指示(『吾妻鏡』寛喜三年四月廿日条)し、翌貞永元(1232)年12月23日に「武蔵国惣検校職国検之時事書等、国中文書加判及机催促加判等事、(任)父重員讓状、河越三郎重資如先例可致沙汰」国司泰時「庁宣」が下された(『吾妻鏡』貞永元年十二月廿三日条)

 この留守所惣検校職の職務は、武蔵国司の留守に諸政を見る留守所の一職種であるが、その具体的な「本職四ヶ条」の職務内容は不明。しかし、「武蔵国、毎郡置検非違使一人、以凶猾成党群盜満山也」(『日本三代実録』貞観三年十一月十六日条)という武蔵国における強力な「検校」(おそらく武蔵国特有の各郡の検非違所を監督・統率し、検断権を含む職掌)を行使できる役職であったと思われる。そのほか、惣検校職とともに河越重員から重資への譲られた「国検時事書等国中文書之加判及机催促加判等之事」については、本来は惣検校職とは関わりのない留守所の役務とみられるが、慣例的に惣検校職に付帯されるものであったと推測される。

■惣検校職(警察・司法・監察):国内についての「検校」(監督・追捕・裁判・断罪=各郡検非違所の統括か)を持つ「職」であろう。
⇒「本職四ヶ条」を具体的に明らかにする術はないが、四ヶ条は「検校」すなわち治安維持のための監督に関するもの(警察・司法・監察)であったと推測できる。重員が重資に譲ったほかの三ヶ条はいずれも租税や検地など内政に関わるもの(租税・行政)及び、国内への軍勢催促に関するもの(軍事)であるためである。四ヶ条は、盗賊追捕および訴訟・裁判、検非違所や押領使(または追捕使)の管理・統率、追捕に関する国解作成(在京国司に付するか)、寺社の管理監督などであろうか。

■付帯の三職(租税、行政、軍事)
(1)国検時の事書(租税):徴税のために国内の土地検注を行った際の書類作成
(2)国中文書への加判(行政):国務に関する文書への加判
(3)机催促への加判(軍事):「机」とは「木几」すなわち「床几」の略と思われることから、軍勢催促状への加判であろう。国衙行政の文書と思われるため、国衙付随の地方郡司らに対する軍勢催促状か。

であろうと思われる。比企郡嵐山町平澤寺より発掘された経筒には、「久安四年(1148)歳時戊辰二月廿九日」の年紀ならびに「當国大主散位平朝臣茲縄」の名が刻まれている。「平朝臣茲縄」は重綱であると推定され、武蔵国に隠然たる勢力を持つ「大主」であったことがうかがえる。「當国大主」はすなわち留守所惣検校職をあらわすのであろう。

 また、重綱は在京の義家孫(血統上は曽孫)である六条判官為義の被官であったと思われ、義朝が関東に下向した際、その嫡子・義平を養育している。これは父祖以来の紐帯であったろうと考えられる。義朝が関東に下向した時期は、遅くとも「源氏ノ大将軍左馬頭殿ノ御嫡子、鎌倉ノ右大将ノ御料ノ御兄悪源太殿」(『小代宗妙置文』)が誕生した永治元(1141)年(『平治物語』から逆算)の前年、保延6(1140)年となる。義朝十八歳の頃である。ただし、弟の義賢が東宮體仁親王(のちの近衛天皇)の春宮坊帯刀先生となったのが保延5(1139)年8月17日のことであり、実際の義朝の関東下向はそれ以前のこととなろう。

 院近臣家・藤原忠清の娘を母として京都で生まれ育った義朝が、若くして東国に下向した理由は諸説あるが、為義が鳥羽院の信任を失って摂関家に近づくにあたり、院近臣の娘を母とする義朝を廃嫡し遠ざける意味があったという説が通説とされている。しかし、義朝は東国に下向して東国武士等の再組織化やそれに伴う私領強奪、源氏私領の寄進などを行ったのち、数年で京都へ戻っており、義朝が関東へ下ったのはあきらかに為義による東国経営の一環であったと考えられる。

 義朝「嫡子」の悪源太義平は、武蔵国比企郡菅谷周辺に館を構えていたとみられる秩父重綱の妻(有三別当経行女)「悪源太殿称御母人」(『兒玉党系図』)として慕っていることから、武蔵国で生まれるも実母を早くに亡くし、重綱とその妻に養育されて成長したと考えられる。義朝がわざわざ生後間もない嫡子を伴って下向することはまず考えられないためである。義平実母は系譜には「橋本遊女或朝長同母」(『尊卑分脈』)とあるが、弟朝長は天養2(1145)年生まれ(『平治物語』より逆算)であることから、義朝が朝長母(修理大夫範兼女或大膳大夫則兼女)と婚姻したのは帰京後であり、義平の母とは異なる。推測するに、義朝は東国下向のさなかに遠江国橋本宿で義平母と出会い、武蔵国比企郡の秩父重綱館へ伴ったのだろう。そして比企郡菅谷で義平は誕生したと思われる。

 一方、義朝は比企在住中に、「天承元年建立」の上野国緑野郡高山御厨について「起請寄文」を皇大神宮へ奉じている。そしてこの寄進状により「永治二年(1142)」に「被下奉免宣旨也」(『神宮雑書』)されたとみられる。なお、秩父重綱もこの寄進に関わっているとみられ、義朝は重綱の三男・三郎重遠に高山御厨の実務を任せたと考えられる。そしてその後は武蔵国を離れ、為義の指示があったと思われるが、続けて上総国へ移って上総権介常澄の庇護を受け、その「浮事」を利用して、翌康治2(1143)年に相馬御厨へ介入し、平常重(当時も下総権介か)から相馬御厨に関する文書を強引に得ている(常重の子・平常胤からは圧状と非難される)。そして、翌天養元(1144)年9月にはすでに上総からも撤退して相模国鎌倉郷へ移り大庭御厨への介入を行っており、この一年の間に下総国の平常重・常胤も義朝に従属したとみられる。

 この義朝が寄進した高山御厨は、のちに帯刀先生源義賢(義朝異母弟)が館を構えた上野国多胡館多野郡吉井町多胡)に直線で約7キロと近く、義賢は上洛した義朝に代わって、秩父氏との紐帯を強める意味で下向を指示されたとみられる。後年、義賢遺児で信濃国木曾郡で平家政権への反旗を翻した木曾冠者義仲は一時多胡郡に立ち寄っており、治承5(1181)年、越後国から信濃国に攻め込んできた平家党の越後平氏・城越後守資職と千曲川の横田河原合戦の際には義仲方の「上野国住人高山党三百騎」が参戦し、城資職方の老将・笠原平五頼直一党八十五騎と交戦している。頼直は寡勢にもかかわらず奮戦し、高山党は九十三騎にまで討ち減らされたという。ただしこの高山党の中には「上野国住人西七郎広助」という「俵藤太秀郷が八代末葉、高山党に西七郎広助」がおり、上野国高山党とは高山氏のみで構成されたものではなかったようである(『源平盛衰記』)

●兒玉党系譜(『小代宗妙置文』)

 有道遠峯―+―兒玉弘行――兒玉家行
(有貫主) |(有大夫) (武蔵権守)
      |
      +―有道経行――女子     秩父権守号重綱(室)也 彼重綱者高望王五男村岡五郎義文五代後胤
       (有三別当)(号乳母御前) 秩父十郎平武綱嫡男也、
                  
               秩父権守平重綱為養子令相継秩父郡間改有道姓移テ平姓、以来於行重子孫稟平姓者也、
               母秩父十郎平武綱女也
 
  下総権守    秩父平武者   武者太郎   蓬莱三郎 母江戸四郎平重継女也、
 行重      行弘      行俊     経重    経重者畠山庄司次郎重忠一腹舎兄也、

 義朝と重綱は、前述の通り、重綱妻が義朝嫡子義平の乳母となっており、為義・義朝との間に深い主従関係が構築されていることがわかる。そして、この重綱が武蔵国惣検校職として支配していた比企郡司・比企氏も義朝と親交を持ち、のち義朝は京都で誕生した三男頼朝の乳母に、所縁の比企氏の女性(のちの比企尼)を召し出したと考えられる。

 なお、高山御厨はその後没官されるが、それは義朝が平治の乱で討たれたためであろう。そして、建久6(1190)年8月に「可早任宣旨故左馬頭家御起請寄文代々国判等旨、如本奉免、被令知行所」として奉免されるが、これは6月まで在京し、故義朝の復権に尽力した義朝の子・源頼朝の強い働きかけによるものであろう。なお、高山御厨が建立された天承元(1131)年当時、義朝はまだ九歳であることから「故左馬頭家御起請寄文」が出されたとは考えにくく、天承元(1131)年に高山御厨を建立したのはその父為義と考えられる。

 重綱は嫡男・太郎大夫重弘男衾郡畠山郷(大里郡川本町畠山)に置き、三男・三郎重遠は為義・義朝の代官であるものの国境を越えて上野国緑野郡高山御厨へと進出している。一方で、荒川・入間川の水系に沿って開拓を行うべく、二男の次郎重隆を鳩山丘陵を越えた葛貫牧から入間川畔に広がる河越の地へ送り、さらに四男・重継は秩父から流れ下る荒川の河口付近、江戸郷(中央区)へと派遣、弟・基家は相模国境の地である荏原郡河崎郷(神奈川県川崎市)を開発し、河崎氏の祖となった。このように、重綱は水系を利用して武蔵国南部にまでその勢力を広げている。

 娘は武蔵国埼玉郡大田郷(行田市小針周辺)の大田大夫行政の子・三郎行光に嫁ぎ、大田太郎行広大河戸行方を産んでいる(『続史籍集覧』「秀郷流藤原氏諸家系図 上」)。その弟が小山四郎政光下河辺五郎行義であるが、彼らの母はおそらく兄の行広と行方とは異なるのだろう。政光と行義の両者はともに武蔵国を離れており、政光は下野国衙付近の小山郷に進出し、行義は下総国下河辺庄の庄司となっている。大田氏の領有する埼玉郡大田郷は荒川を挟んで秩父氏の支配地と隣接しており、こうした関係から婚姻関係が成立したものとみられる。また、大田大夫行政の弟・阿闍梨快実は都幾川の上流にある古寺慈光寺別当となっており、武蔵国の秀郷流藤氏は秩父地方にまで強い影響力を持っていたと思われる。しかし、秩父氏が武蔵国の国衙留守所の惣検校職に補されると、大田氏もその影響下に属するようになり、秩父氏から慈光寺別当が輩出されるようになったのだろう。

 重綱室の一人、横山次郎大夫経兼娘の姉妹(近衛局)は常陸国八田郷の八田権守宗綱の室となるが、彼女は頼朝の乳母の一人となっている。そしてその娘(のちの寒河尼)も頼朝乳母となり、小山政光に嫁いで小山朝政、長沼宗政、結城朝光を産んでいる(『続史籍集覧』「秀郷流藤原氏諸家系図 上」)。義朝が下野守となるに及んで、秩父氏と血縁関係のあった小山政光を目代に起用しているのかもしれない。比企郡の比企氏(のちの比企尼)を頼朝の乳母に招聘したのも秩父氏所縁の女性という事になろうから、将軍頼義・陸奥守義家以来、六条源氏と武蔵国秩父氏との紐帯は非常に大きなものであったと推測される。

            【重綱養子】
            +―秩父行重―――――――――秩父行弘―――秩父行俊====蓬莱経重
            |(平太)         (武者所)  (武者太郎)   (三郎)
            |                             ↑
            |【重綱養子】                       |
            +―秩父行高―――――――――小幡行頼           |
            |(平四郎)        (平太郎)           |
            |                             |
       兒玉経行―+―女子         +―宇都宮朝綱          |
      (別当大夫) (乳母御前)      |(三郎)            |
              ∥          |                |
              ∥   八田宗綱   +―八田知家           |
              ∥  (八田権守)  |(四郎)            |
              ∥   ∥      |                |
              ∥   ∥――――――+―女子   +―小山朝政    |
              ∥   ∥       (寒河尼) |(太郎)     |
              ∥   ∥        ∥    |         |
              ∥   ∥        ∥――――+―長沼宗政    |
              ∥   ∥        ∥    |(五郎)     |
              ∥   ∥        ∥    |         |
              ∥ +―女子   +―――小山政光 +―結城朝光    |
              ∥ |(近衛局) |  (下野大掾) (七郎)     |
              ∥ |      |                  |
              ∥ +―横山孝兼―――――女子   +―法橋厳耀    |     +―畠山重秀
              ∥ |(横山大夫)|   ∥    |(慈光寺別当)  |     |(小太郎)
              ∥ |      |   ∥    |         |     |
 横山資隆――横山経兼―――∥―+―女子   |   ∥――――+―畠山重能  +―畠山重光  +―畠山重保
(野三別当)(次郎大夫)  ∥   ∥    |   ∥     (畠山庄司) |(庄司太郎) |(六郎)
              ∥   ∥    |   ∥      ∥     |       |
              ∥   ∥――――――――秩父重弘   ∥―――――+―畠山重忠――+―阿闍梨重慶
              ∥   ∥    |  (太郎大夫)  ∥      (庄司次郎) |(大夫阿闍梨)
              ∥   ∥    |          ∥             |
              ∥   ∥    | +―江戸重継―+―女子            +―円耀
              ∥   ∥    | |(四郎)  |               |(慈光寺別当)
              ∥   ∥    | |      |               |
              ∥   ∥    | +―高山重遠 +―江戸重長          +―女子
              ∥   ∥    | |(三郎)   (太郎)           | ∥
              ∥   ∥    | |                      | ∥     
              ∥   ∥    | +―女子   +―大田行広          | 島津忠久
              ∥   ∥    | | ∥    |(太郎)           |(左兵衛尉)
              ∥   ∥    | | ∥    |               |
              ∥   ∥    | | ∥――――+―大河戸行方         +―女子
              ∥   ∥    | | ∥     (下野権守)           ∥
              ∥   ∥    | | ∥                      ∥
              ∥   ∥    +―|―藤原行光                   足利義純
              ∥   ∥      |(四郎)                   (上野介)
              ∥   ∥      |                      
       秩父武綱―+―秩父重綱―――――――+―秩父重隆―――葛貫能隆――+―河越重頼――+―河越重房
      (十郎)  |(秩父権守)       (次郎大夫) (葛貫別当) |(太郎)   |(小太郎)
            |                           |       | 
            +―女子                        +―妹     +―河越重員
              ∥――――――――――+―秩父行重           ∥      (三郎)
              ∥          |(平太)            ∥
              ∥          |                ∥
       有道遠峯―+―兒玉経行       +―秩父行高           ∥―――――+=小代俊平
      (有貫主) |(別当大夫)       (平四郎)           ∥     |(二郎)
            |                             ∥     |
            +―兒玉弘行―――――――――入西資行―――小代遠広――――小代行平  +―小代弘家
             (有大夫)        (三郎大夫) (二郎大夫)  (右馬允)

 

トップページ秩父氏 > 秩父重隆


秩父重隆(????-1155)

 秩父権守平重綱の次男。通称は次郎大夫武蔵国留守所惣検校職

 若い頃にはおそらく父・出羽権守重綱から鳩山丘陵を越えた南側、葛貫牧(毛呂山町)から河越方面にかけての一帯に派遣され、秩父平氏の勢力拡大の一翼を担ったと思われる。

大蔵館
武蔵大蔵館跡

 しかし、兄の太郎大夫重弘はおそらく早世したものと思われ、重弘の子重能がまだ幼少であったなどの理由で、重弘の次弟・次郎重隆が秩父貫主になったと考えられる。重隆も大番役を務めて権門に仕え「大夫(五位)」に叙されていたのだろう。

 重綱の跡を受け、次郎重隆は南の入間郡から比企郡菅谷館嵐山町菅谷)へ帰還し、武蔵守より留守所惣検校職に補された。比企郡嵐山町の平澤寺より発掘された経筒から、久安4(1148)年にはまだ父の重綱が存命であり、彼が「當国大主」と主張していることから、いまだ重綱が留守所惣検校職にあったと思われる。その後、重隆がこれを継承したと思われるが、そのきっかけは、おそらく久安6(1150)年7月28日の武蔵守交代ではなかろうか。新任の武蔵守は藤原信頼であり、重隆は信頼から留守所惣検校職に補されたと考えられる。

 その後、「彼義賢、去る仁平三年夏の頃より、上野国多胡郡に居住したりけるが」とあるように(『延慶本平家物語』第三本)、仁平3(1153)年夏ごろに上野国多胡郡(多野郡吉井町多胡)に下向した前帯刀先生義賢の下向を受け、彼を「養君」として庇護することとなった。これも為義の指示であった可能性があろう。為義は秩父平氏との提携を重要視していたが、在地の義朝嫡子・源太義平は孫とはいえ面識はなく「他人」であったろう。そこで、かつての義朝に相当する人物を送り込むことを考え、次男の前帯刀先生義賢を派遣したのであろう。

 義賢は上野国多胡郡(多野郡吉井町多胡)へ下向すると、重隆の「養君」となる一方で、高山秩父党や多胡周辺の平兒玉党(秩父重綱養子系)を召し出し、さらに信濃国東部の滋野一族をも支配下に置くといった勢力拡大を進めたとみられる。この急激な勢力拡大は、多胡・高山と接する上野国八幡庄や新田庄を勢力圏とする新田内舎人義重との軋轢を生んだのではなかろうか。

 その後、重隆は上野国多胡郡多野郡吉井町多胡)から帯刀先生源義賢を菅谷館とわずか八百メートル南東の大蔵の高台(比企郡嵐山町大蔵)に招請した。かつての重綱と義朝の関係と同様の印象であろうか。ところが、この義賢の動きをみていた「小代ノ岡(東松山市正代)」「御屋形(現在は正代御霊神社)(『小代宗妙置文』)を造って住んでいた源太義平は、久寿2(1155)年8月16日、「御舎兄悪源太殿、上野国大蔵の館にて多古の先生殿を攻られける時、父の庄司重能、又此旗を差て即攻落し奉り候ぬ」(『源平盛衰記』)とあるように、重隆の甥・畠山重能を率いて大蔵に攻め寄せて義賢を殺害したのである。源太義平の舅である新田内舎人義重との対立も関係しているのかもしれない。余談だが「悪源太義平女」と武田信光との間に生まれた小五郎信政「新田大炊助義重上西養子」(『諸家系図纂』)とあり、曾祖父の義重の養子になったことがわかる。

                                                       源義朝――源義平
                                                      (左馬頭)(悪源太)
                                                            ∥――――女子
                                            藤原敦基―女子         ∥    ∥
                                           (上野介) ∥    【新田祖】 ∥    ∥    
                                                 ∥―――――源義重――女子   ∥―――源信政
                                                 ∥    (内舎人)      ∥  (小五郎) 
                                                 ∥               ∥
                                            源義家――源義国        源信義――源信光
                                           (陸奥守)(式部大夫)     (太郎) (伊豆守)
                                                 ∥    
                                                 ∥    【足利祖】
                                                 ∥―――――源義康
       +―村上天皇―+―――――――具平親王                       ∥    (式部大夫)
       |      |      (中務卿)                       ∥     ∥
       |      |       ∥――――源師房 +―源顕房―+―源顕仲――源有房――女子    ∥――――源義兼
       |      |       ∥   (右大臣)|(右大臣)|(刑部卿)(信濃守)       ∥   (上総介)          
       |      +―為平親王――女子   ∥   |     |                 ∥
       |       (式部卿)       ∥―――+―源麗子 +――――――源師子  藤原季範――女子
       |                   ∥     ∥          ∥   (熱田大宮司)
+―醍醐天皇―+―源高明――――源明子        ∥     ∥          ∥
| (左大臣) (高松殿)   ∥          ∥     ∥          ∥
|               ∥――――――――――藤原尊子  ∥―――――藤原師通―藤原忠実
|               ∥                ∥    (関白) (関白) 
|        藤原兼家―――藤原道長             ∥
|       (関白)   (関白)              ∥
|               ∥―――――藤原頼通―――――――藤原師実
|               ∥    (関白)       (関白)
+―敦実親王―――源雅信――――源倫子
 (式部卿)  (左大臣)

 重隆はこのとき居館の菅谷館にいたと思われるが、系譜によれば「為悪源太被誅畢」(『千葉上総系図』「続群書類従」)という。しかし、その後勝者であるはずの畠山庄司重能が留守所惣検校職についた記録はなく、重隆の孫・河越太郎重頼が惣検校職をつつがなく継承していることを考えると、重隆の死後はそのまま孫の重頼が国司信頼または目代より留守所の惣検校職に補されたとみられる。

 この合戦はあくまでも義賢と義平の氏族内部の抗争であり、重隆は「養君」(『平治物語』)である義賢の救援を行い討たれたのではなかろうか。乱が起こった際の武蔵守は右兵衛佐藤原信頼であるが(『公卿補任』)、その留守所を預かる重隆を討つことはすなわち叛乱となろうから、大蔵合戦は義賢を討つための戦いであって、重隆はその巻き添えであったのだろう。国衙は義平らの追捕は行っておらず、「悪源太は義賢を討て京上しける」(『源平盛衰記』)とある。自主的な状況のように記されるが、信頼、義朝らより京都へ召喚されたとみられる。そして、この義賢殺害事件が義朝と為義の関係決裂の端緒となったのであろう。

 義賢が討たれたことを知った在京の実弟・前左衛門尉頼賢は「義賢与頼賢、成父子之約、而義賢為義朝子見殺」により「頼賢為報其仇」のため東国へ向けて「去月(9月)逃信濃国」したが、「遂侵凌院御荘、故使義朝討之」と、後白河院の御領を侵犯したことで逆鱗に触れ、「下野守源義朝、承院宣、為討前左衛門尉源頼賢、下向信濃国云々(『台記』久寿二年十月十三日条)という。信濃国を経ていることからこの庄園は東山道沿いの院領であろう。結局、追討は免じられ、頼賢は京都に戻っているとみられる。

****************************************

源義賢(????-1155)

 源義賢は六條判官源為義の次男で、源義朝の異母弟にあたる。母は六条大夫重俊娘

 義賢はもともと父・源為義のもと京都で生まれ育った人物であり、保延5(1139)年8月17日、東宮となった體仁親王(のちの近衛天皇)の春宮坊帯刀先生となる。兄・源義朝は保安4(1123)年の生まれで当時十七歳であることから、義賢はさらに年少で任官したこととなる。この年には義朝はすでに関東へ下っていたとみられ、次弟の義賢がこれに充てられたのだろう。

 なお、體仁親王の東宮傅は内大臣藤原頼長で、義賢がその後主君として仕えることとなる人物だが、家政機関の春宮坊との関係はなく、この時点で両者に関わりがあったわけではないだろう。しかし、当時の為義は、本人の過失や郎従の濫行などにより院の信頼を失っており、摂関家に急速に近づいている。そのために院近臣・藤原忠清の娘を母とする兄・義朝を「廃嫡」して東国に移し、弟の義賢を嫡男としたとする説もみられる。しかし、義朝は東国に下向して東国武士等の再組織化やそれに伴う私領強奪、源氏私領の寄進などを行ったのち、数年で京都へ戻っており、義朝が関東へ下ったのはあきらかに為義による東国経営の一環であったと考えられる。自らが持つ武力を形勢挽回のきっかけとするべくおこなったのではなかろうか。

 義賢は保延6(1140)年、「瀧口源備、宮道惟則いさかひ起して備ころされにけり帯刀先生源義賢、惟則をからめて後に義賢犯人と心をあわせたるよし、さた出来て、義賢帯刀の長をとられにけり」(『古今著聞集』巻十五 闘争第廿四)とあり、義賢が瀧口武者の源備殺害に関与していたことが判明して、春宮坊帯刀先生を罷免された。

 康治2(1143)年6月30日、父・為義が内府・藤原頼長の家人となる(『台記』康治二年六月三十日条)。それに伴い義賢も頼長家人になったと思われ、法成寺法橋信慶が頼長に寄進して預所となっていた能登庄について、信慶が罪を犯したため「預源義賢了」となった(『台記』康治二年十一月廿五日条)。ところが、久安3(1147)年6月4日、義賢は先年預所となった荘園(能登庄か?)の預所職を罷免され、秦公春(義賢と同じく頼長家人)が預所となる。これは義賢が「不済新物也年貢」だったためであった。おそらく義賢はこれにより頼長と「不快」となっている(『台記』久安四年正月五日条)

 そして、翌久安4(1148)年正月5日までの義賢在京は確認できるものの、その後は姿がふっつりと途絶える。この頃に周防守藤原宗季(左近衛少将隆宗弟)の娘を娶って、嫡子・仲家(義賢死後に源三位頼政入道の猶子となり、八条院蔵人となる。以仁王の乱で戦死)を儲けている。

                源義家         +―源義重
               (陸奥守)        |(新田氏祖)
                ∥           |
                ∥――――――源義国――+―源義康
 藤原実綱―+―藤粗有綱――――娘     (加賀介)  (足利氏祖)
(文章博士)|(文章博士) 
      |                平忠盛  +―平家盛
      |               (播磨守) |(右馬頭)
      |                ∥    |
      |                ∥――――+―平頼盛
      +―藤原有信――――娘      ∥     (権大納言)
       (右中弁)    ∥――――――藤原宗子
                ∥     (池禅尼)
 藤原良基―+―藤原隆宗――+―藤原宗兼
(太宰大弐)|(左近衛少将)|(少納言)
      |       |
      |       +―藤原宗子
      |        (崇徳院乳母)
      |         ∥――――――藤原家成
      |         ∥     (中納言)
      |         藤原家保
      |        (参議)
      |
      +―藤原宗季――+―娘
       (周防守)  | ∥――――――源仲家
              | ∥     (八条院蔵人)
              | 源義賢
              |(帯刀先生)
              |
              +―女子
                ∥――――――藤原高業
                藤原清高  (肥後権守)
               (上総介)

 そして「彼義賢、去る仁平三年夏の頃より、上野国多胡郡に居住したりけるが」(『延慶本平家物語』第三本)と見えるように、仁平3(1153)年夏ごろ、上野国多胡郡(多野郡吉井町多胡)に下向したのだろう。おそらくこれも為義の指示を受けたもので、秩父平氏及び兒玉党との連携維持及び信濃国への東山道に奥平丘陵地を挟んで東西に接する要衝を抑えるためであったろう。なお、義賢が上野国へ下向する五か月ほど前の仁平3(1153)年3月28日、兄の源義朝「下野守」に任官し、同時に従五位下に叙されている(『兵範記』仁平三年三月廿八日条)。これは義親流源氏としては、対馬守義親以来の受領という大抜擢であった。下野国には義朝の目代が置かれたと思われるが、その目代となったのは久安6(1150)年に国府にほど近い小山郷に入部した大田四郎政光(小山四郎政光)の可能性があろう。

 義賢は多胡郡を中心に、高山三郎重遠を祖とする秩父高山一党や上野多胡郡周辺に進出した兒玉党(倉賀野氏、小幡氏、新屋氏、片山氏等)を支配下に収めていたと思われるが、倉賀野氏ら上野兒玉党はいずれも秩父重綱養子となった平太行重、平四郎行高の子であった。これらのことから、おそらく多胡郡にあった当時から重隆と義賢は結びついていたと考えられよう。さらに、子の義仲の郎従を見る限り、信濃国東部の小県郡の望月氏、海野氏、禰津氏ら滋野氏をも勢力下に収めていたと思われる。信濃国へと繋がる東山道は多胡郡の北の奥平丘陵の向こう側にある八幡庄内を通過していたが、多胡郡はこの迂回する東山道を東西に接する地でもあった。一方で、東山道が通る八幡庄を支配していたのは、娘を「小代ノ岡(東松山市正代)」に居住する源太義平に嫁がせていた内舎人義重(新田義重)であり、勢力圏も近接する義賢と義重は、互いに対立関係にあったと推測できる

 重隆は仁平3(1153)年夏ごろに多胡郡に下った義賢を「養君」として迎え、のちには義賢をみずからの居館・比企郡菅谷館とわずか数百メートルの高台に位置する比企郡大蔵(比企郡嵐山町大蔵)に屋形を造営して住まわせたのだろう。ところが、二年後の久寿2(1155)年8月16日、「於関東、前帯刀先生源義賢」(『一代要記』)と甥の「鎌倉悪源太義平」(『吾妻鏡』治承四年九月七日条)が合戦し、「義賢被斬了」(『一代要記』)という。そして8月27日に主君の藤原頼長のもとに「或人、源義賢、為其兄下野守義朝之子、於武蔵国見殺」(『台記』久寿二年八月廿七日条)という一報が届けられている。「近日風聞云、去十六日、前帯刀長源義賢与兄子源義平於武蔵国合戦」とも伝えられている(『百錬抄』)

義賢が討たれた際には、「于時義仲為三歳嬰児也」(『吾妻鏡』治承四年九月七日条)と、まだ赤子の義仲(義賢庶子・駒王丸)がおり、乳母に抱かれて大蔵館を脱出、信濃国木曾郡の中原三郎兼遠のもとで成長して「木曽冠者義仲」と名乗った。なお、駒王丸が木曽へ落ち延びていく謂れについては、軍記物ながら『源平盛衰記』に記されている。

大蔵館
大蔵館跡

 戦いの後、義平は上京することになったため、重能に義賢の二歳の遺児・駒王について、

「駒王をも尋ね出だして必ず害すべし、生き残りては後悪べし」

と、殺害を命じている。重能はこれを了承するが、二歳の幼児を手にかけることは不憫でならず、知己の斎藤別当実盛が武蔵国へ戻ったことを聞いた重能は、匿っていた駒王丸とその母を実盛に預けた。実盛はこのまま関東に置くことは危険だと思い立ち、信濃国木曾郡の中三権守兼遠へ預けた(『源平盛衰記』)というものである。

 義賢の嫡男・仲家は在京であったが、義賢が討たれたことを知った摂津源氏惣領・源頼政が猶子として育て、彼はのちに八条院蔵人となっている。そして、治承4(1180)年5月に以仁王・源頼政が平清盛入道と宗盛の父子を討つために挙兵(以仁王の乱)した際には、頼政入道に従って出陣し、宇治平等院の戦いで嫡子・蔵人太郎仲光とともに討死にした。なお、この戦いでは千葉介常胤の子・園城寺の律静房日胤も戦死している。

 なお、義賢が上野国へ下向する五か月ほど前の仁平3(1153)年3月28日、兄の源義朝「下野守」に任官し、同時に従五位下に叙されている(『兵範記』仁平三年三月廿八日条)。これは義親流源氏としては、対馬守義親以来の受領という大抜擢であった。

 保元元(1156)年7月の「保元の乱」の際には父為義と「年比コノ父ノ中ヨカラズ、子細ドモ事長シ」(『愚管抄』巻四)とみえ、なにやら説明すると長い理由があるがここ数年で関係が悪化したようである。さらに「為義ハ新院ニマイリテ申ケルヤウハ、ムゲニ無勢ニ候、郎従ハ皆義朝ニツキ候テ内裏ニ候」(『愚管抄』巻四)とあり、義朝はの郎従らへの人望や影響力は為義を凌いでいたことがうかがえる。

トップページ秩父氏 > 葛貫能隆


葛貫能隆(????-????)

 秩父次郎大夫重隆の嫡男。通称は葛貫別当「義隆」とも(『小代文書』)。娘は兒玉党の一流である小代小太郎弘家の正室。

 能隆は「葛貫(入間郡毛呂山町葛貫)」にあった官牧・葛貫牧の別当職にあったと思われる。能隆は惣領重綱の子ではあるが、惣検校職を帯していた形跡は見られない。

 久寿2(1155)年8月の大蔵合戦の際にどこにいたのかは定かではないが、子の河越太郎重頼が武蔵国惣検校職を継承していることや、畠山庄司重能が惣検校職に就いていないことを考えると、久寿2(1155)年の大蔵合戦時には能隆はすでに亡くなっていた可能性があろう。惣検校職は重隆亡き後、まだ十代半ばの孫・河越重頼が補されたと考えるのが自然である。

 小代行平―+=小代俊平
(八郎行蓮)|(小次郎生蓮)
      |
      +―小代弘家 母葛貫別当平義隆女河越太郎重頼妹也…
       (小太郎)

○兒玉党発祥の秩父氏○

秩父行重(????-????)


 通称は平太。武蔵七党・兒玉党の兒玉別当大夫行経の子。妹が秩父権守平重綱の妻となっていた関係から、弟・平四郎行高とともに重綱の養子となり、秩父氏を称した。時代的に見て行重の妹は重綱の後妻であったろう。この兒玉行経娘は「悪源太殿称御乳母人」とあり、重弘の子・重能が秩父惣領・重隆に反発して義平と結んだ背景には、義祖母が悪源太義平の乳母であった関係があったのかもしれない。

●兒玉党系譜(『小代宗妙置文』)

 有道遠峯―+―兒玉弘行――兒玉家行
(有貫主) |(有大夫) (武蔵権守)
      |
      +―有道経行――女子     秩父権守号重綱(室)也 彼重綱者高望王五男村岡五郎義文五代後胤
       (有三別当)(号乳母御前) 秩父十郎平武綱嫡男也、
                  
               秩父権守平重綱為養子令相継秩父郡間改有道姓移テ平姓、以来於行重子孫稟平姓者也、
               母秩父十郎平武綱女也
 
  下総権守    秩父平武者   武者太郎   蓬莱三郎 母江戸四郎平重継女也、
 行重      行弘      行俊     経重    経重者畠山庄司次郎重忠一腹舎兄也、   

●兒玉党と秩父党系譜

 有道遠峯―+―兒玉弘行―+―兒玉家行―――兒玉家弘――――+―庄弘高
(有貫主) |(有大夫) |(武蔵権守) (庄大夫)    |(庄権守)
      |      |                |
      |      |                +―庄忠家
      |      |                |(三郎)
      |      |                |
      |      |                +―庄高家
      |      |                |(刑部丞)
      |      |                |
      |      |                +―庄弘方
      |      |                 (五郎)
      |      |
      |      +―入西資行―+―浅羽行業
      |       (三郎大夫)|(小太夫)
      |             |
      |             +―小代遠広――――+―小代経遠
      |              (次郎大夫)   |(小太郎)
      |                       |
      |                       +―小代高遠
      |                       |(三郎)
      |                       |
      |                       +―小代遠平―――吉田俊平
      |                       |(七郎)   (小二郎)
      |                       |
      |                       +――――――――小代行平―――+―小代弘家
      |                               (右馬允)   |(太郎)
      |                                ∥      |
      |             +―秩父重隆――――――葛貫能隆 +―妹      +―小代俊平   
      |             |(次郎大夫)    (葛貫別当)|(河越尼御前)  (次郎)
      |             |           ∥    |
      |             |           ∥――――+―河越重頼
      |             |           ∥     (太郎)
      |             |           某氏     ∥――――――――河越重房
      |             |          (老母)    ∥       (小太郎) 
      |             |                  ∥ 
      |             |           比企尼――+―次女 
      |             |                |(後家尼) 
      |             |                | 
      |             |                +―長女
      |             |                  ∥
      |             |                  源義信――――――源惟義
      |             |                 (武蔵守)    (相模守) 
      |             |
      |        秩父重綱―+―秩父重弘――――――畠山重能―――畠山重忠
      |       (秩父権守) (太郎大夫)    (畠山庄司) (庄司次郎)
      |        ∥
      |        ∥
      |      +―娘〔悪源太殿称御母人〕
      |      |(乳母御前)
      |      |
      +―兒玉経行―+―兒玉保義―――寺島行遠――――――山名親行
       (別当大夫)|(兒玉)   (五郎大夫)    (大夫四郎)
             |
             |【秩父重綱養子】
             +―秩父行重―――秩父行弘――――――秩父行俊
             |(平太)   (平武者)     (武者太郎)
             |
             |【秩父重綱養子】
             +―秩父行高―――小幡行頼
              (平四郎)  (平太郎)


ページの最初へ千葉氏の一族秩父氏のトップ千葉日記ブログ

Copyright©1997-2020 ChibaIchizoku. All rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固くお断りいたします。