東氏
東胤頼 東重胤  東胤行 [1]東行氏
       
[2]東時常 [3]東氏村 [4]東常顕 [5]東師氏
       
[6]東益之 [7]東氏数 [8]東常縁 [9]東縁数
       
[10]東元胤 [11]東常和 [12]東常慶 [13]東常堯
   
東氏とは
東氏惣領家
郡上東氏の一覧
江戸時代の遠藤家・東家
安東氏世(東益之の子)
東貞常(東時常の子)
東氏胤(東元胤の子)
東尚胤(東元胤の子)
郡上遠藤氏

トップページ東氏 > 東師氏


東師氏(1343-1426)

 郡上東氏庶家三代。東下野守常顕の子。官途は下野守、下総守。号は素杲『故左金吾兼野州太守平公墳記』によれば、「応永三十三年、…師氏卒、実八十四歳之冬也」とあり、応永33(1426)年に八十四歳で亡くなったと思われ、逆算すると康永2(1343)年生まれとなる。

●『故左金吾兼野州太守平公墳記』を基本とした想像系譜

    +―行氏―――時常―――貞常―――こう====益之
    |
東胤行―+―氏村―――常顕―――師氏―+―泰村
                   |
                   +―江西派公
                   |
                   +―益之――――正宗龍統

 若干内容が不明瞭だが、康応2(1390)年3月17日夜、「東下総守殿」「家来」であった「小太郎」という人物が反乱を起こしたため、翌18日に「野田殿」「一族池田将監殿、三木郎衆」を引き連れて松尾城を取り囲み、これを攻め落としたという(長滝寺文書『長滝寺引付書』:郡上八幡町史)。また、3月17日夜、「東下総殿若党小太良」が翌18日に「野田殿松尾城開」て、「守護殿一族池田将監殿、気良勢」を率いて「彼城落了」ったという(長滝寺文書『荘厳講執事帳 第二巻』:白鳥町史 資料編古記録)。松尾城(郡上市大和町大間見)とは大間見郷にあった東氏の城で、東氏の有力支族であった野田氏が入っていたことがわかる。ここの「東下総守」は時代的に見て師氏と考えられるが、その師氏の若党・小太郎が土岐一族の池田将監に内通し、東一族・野田氏の居館である松尾城の門を開き、池田将監によって松尾城が乗っ取られたという意か。

 師氏は足利義詮・足利義満・足利義持の四代に仕え、明徳3(1392)年8月の義満の相国寺供養の際には「東下総守平師氏」が供奉の三番手についている。その姿は背が高く、鬚が立派な剛勇の武士と伝わる。

●先陣三番:東下総守平師氏
(副添:遠藤修理亮顕基・遠藤新左衛門尉顕保・遠藤郡左衛門大夫顕久・遠藤兵庫助氏遠)

 このとき、師氏に従っていた遠藤一族は東氏の世臣と推測される。「遠藤修理亮顕基」「遠藤新左衛門尉顕保」「遠藤郡左衛門大夫顕久」は師氏の父・常顕の偏諱を受けていると思われ、常顕の代から仕えていたのだろう。「遠藤兵庫助氏遠」は師氏の「氏」を受けたものだろう。

 師氏も歌人として知られ「素杲」と号した。時の歌人・招月庵清巖正徹は師氏の歌を「理のうへを美しく遊ばしけるとみまゐらせしなり」と評している。西行法師の家集『山家集』を愛読し、勅撰集の『新後拾遺和歌集』『新續古今和歌集』に計四首選ばれている。

 なつ山の青葉にまじりさく花や 春におくるるこつゑ成るらん  師氏(『新續古今和歌集』)

 応永16(1409)年、「東四郎」が病に臥せったたことを聞いた美濃守護・土岐頼益は、9月7日、郡上郡気良(郡上市明宝気良)に侵攻した。しかし、東氏の恩恵を受けていた郡上郡の民衆は、郡内の中野川に砦を築いて土岐勢の侵略を許さず、頼益もついに侵攻をあきらめた(長滝寺文書『荘厳講記録』:白鳥町史)。ただし、このころ師氏は六十七歳、すでに出家して「素果 東下野入道を称しており、この「東四郎」は師氏の子・東泰村か。泰村は早くに亡くなり、玉洞禅庵を導師として祠が建てられた(『故左金吾兼野州太守平公墳記』)

 依東四郎煩、土岐勢郡内発向、九月七日土岐一門悉気良中保マテ発向、当郡人々、一味同心シテ中野川ニ構要害云々、属無為里帰云々、

 応永33(1426)年10月12日に八十四歳で没した。法名は松林院暁月常山。のち建仁寺の正宗龍統(師氏孫)が東益之(師氏子)が亡くなった際の記述で「京之先壟霊泉(建仁寺霊泉院)と認めていることから、師氏も霊泉寺に葬られたのだろう。

 八十ちにおほくあまりてよみ侍りける

 玉の緒のあるへきほとは長らへぬ 今はたのみを何にかけまし  素杲(『新續古今和歌集』)

ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

東氏惣領家沼闕東氏上代東氏郡上東氏諸国の東氏

郡上藩主遠藤家三上藩主遠藤家旗本乙原遠藤家旗本和良遠藤家

copyright(c)1997-2009 chiba-ichizoku all rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。