東氏
東胤頼 東重胤  東胤行 [1]東行氏
       
[2]東時常 [3]東氏村 [4]東常顕 [5]東師氏
       
[6]東益之 [7]東氏数 [8]東常縁 [9]東縁数
       
[10]東元胤 [11]東常和 [12]東常慶 [13]東常堯
   
東氏とは
東氏惣領家
郡上東氏の一覧
江戸時代の遠藤家・東家
安東氏世(東益之の子)
東貞常(東時常の子)
東氏胤(東元胤の子)
東尚胤(東元胤の子)
郡上遠藤氏

トップページ東氏 > 東貞常


東貞常(????-????)

 郡上東氏三代。東左衛門尉時常の嫡子。通称、官途ともに不明。行氏、時常、貞常と続く郡上東氏の惣領家であり、北条貞時より「貞」字の偏諱を受けた御内人であったのだろう。

 東氏の系譜には一切見えない人物だが、東氏の末裔である建仁寺の名僧・正宗龍統が書き記した『故左金吾兼野州太守平公墳記』「貞常の父は時常、時常は行氏の長嫡、行氏は氏村の兄なり」とある。

●『故左金吾兼野州太守平公墳記』『円覚寺蔵大般若経刊記』を基本とした系譜

    +―行氏―――時常―――貞常―――こう====益之
    |
東胤行―+―氏村―――常顕―+―師氏―+―泰村
              |    |
              +―常長 +―江西派公
                   |
                   +―益之――――正宗龍統

 また、『故左金吾兼野州太守平公墳記』によれば、貞常の子・こう(諱不明)には子がおらず、一族の益之を養子にしたという。こうは益之を大変かわいがり、幼少時代から少々型はずれであった益之に「以心副心」と諭したという。益之はこのことを生涯心に刻んでいた。なお、『故左金吾兼野州太守平公墳記』の著者・正宗龍統はこの益之の子である。


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

東氏惣領家沼闕東氏上代東氏郡上東氏諸国の東氏

郡上藩主遠藤家三上藩主遠藤家旗本乙原遠藤家旗本和良遠藤家

copyright(c)1997-2009 chiba-ichizoku all rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。