涌谷伊達家

涌谷伊達家

トップページ涌谷伊達家 > 伊達村盛


竹に雀 月星 十曜半月 十曜 竪三引
涌谷竹ニ雀 月星 月に九曜 十曜 縦三引両紋

武石胤盛~亘理重宗】【佐沼亘理家

千葉氏】【相馬氏】【大須賀氏】【国分氏】【東氏】【円城寺氏

ご協力・ご参考

伊達定宗
(1578-1652)
伊達宗重
(1615-1671)
伊達宗元
(1642-1712)
伊達村元
(1666-1718)
伊達村定
(1687-1723)
伊達村盛
(1715-1736)
伊達村胤
(1721-1759)
伊達村倫
(1749-1776)
伊達村常
(1759-1803)
伊達村清
(1779-1820)
伊達義基
(1808-1839)
伊達邦隆
(1835-1867)
伊達胤元
(1857-1882)
   

伊達村盛 (1715-1736)

 武石氏二十五代。涌谷伊達家六代。父は伊達安芸村定。母は泉田采女虎時娘。妻は中村日向成義娘。初名は村重。通称は三郎、安芸

涌谷伊達邸跡遠景

 正徳5(1715)年6月15日、仙台城下涌谷邸に誕生した。享保2(1717)年正月24日、三郎を伴って登城し、藩公・伊達吉村に謁見した。三郎の初目見えである。

 彼の母・泉田氏は、三郎が五歳の享保4(1719)年2月25日、わずか二十九歳で亡くなった。法名は清香院殿蘭岫貞蕋。父・村定はその後、後妻を娶り、享保6(1721)年8月11日、三郎の異母弟・十次郎が誕生した。のち、三郎(伊達安芸村盛)の養嗣子となった伊達安芸村胤である。

 母が亡くなった六年後の享保8(1723)年10月20日には、父・村定も三十七歳の若さで亡くなってしまった。藩公・伊達吉村は12月15日、奉行の葦名刑部盛連、遠藤文七郎を涌谷邸に遣わし、嫡男であった三郎を家督と定めた。このとき三郎わずかに九歳。藩公も三郎の幼さを心配し、目付を涌谷領へ遣わして涌谷領内の政務を見させることとした。

仙台城遠景

 享保9(1724)年閏4月15日、三郎は家督相続後はじめて仙台城へ登城し、藩公吉村に謁見し、手ずから熨斗鮑を賜った。その後、一族の長谷三郎左衛門元章、村田三郎兵衛元健、坂元勘左衛門元倚、亘理彦右衛門元信、亘理五郎介定章、家老の坂本総右衛門乗俊らが謁見を賜り、太刀馬代を献じている。

 10月7日、三郎は元服のため仙台城に登り、藩公・吉村の「村」の字を賜って「村重」と改め、涌谷伊達家の代々の当主の名乗りである「安芸」を称するよう命じられた。村重このとき十歳。さらに12月18日、故あって村重の名を「村盛」と改めた。これは、将軍・徳川吉宗の世子・長福丸が12月1日に元服して「家重」を名乗ったため、その名乗りと通じる「重」字を憚ったものと推測される。

見龍寺
海雲山見龍寺

 享保16(1731)年8月28日、栗原郡岩ヶ崎領主・中村日向成義の娘を娶り、一女・を儲けるが、元文元(1736)年3月13日、二十二歳の若さで亡くなった。法名は泰陽院春厳慈光

 村盛に嫡男はなく、一人娘の順が異母弟の伊達彦七郎村胤の養女になって、仙台藩士・葛西壱岐清存の妻となった。しかし、安永2(1773)年、故あって涌谷に戻り、天明4(1784)年正月16日に亡くなった。法名は体雲院円厳明鏡。村盛の早世により、弟の彦七郎村胤が家督を継いだ。

●涌谷伊達家系譜

 伊達綱宗―+―伊達綱村  某氏娘  +―伊達村胤
(陸奥守) |(陸奥守)  ∥    |(因幡)
      |       ∥    |
      +―類姫    ∥――――+―園
        ∥     ∥     (茂庭周防苞元妻)
        ∥     ∥     
        ∥―――――伊達村定 +―涼
 伊達宗元――伊達村元  (安芸)  |(古内采女広寿妻)
(安芸)  (安芸)    ∥    |
              ∥――――+―叔
       泉田虎時―――娘    |(瓊雲智英)
      (采女)         |
                   +―益
                   |(蘭■惟秀)
                   |
                   +―テイ
                   |(梅心智脱)
                   |
                   +―愛
                   |(高泉長門兼元妻)
                   |
                   +―伊達村盛
                   |(安芸)
                   |
                   +―ハイ
                   |(玄海了■)
                   |
                   +―従
                    (心鑑常照)

~ご協力・参考文献~ 

坂本氏 『佐沼亘理家御系図草案』(享和2年 目々澤新右衛門)
『涌谷伊達家関係資料集』
『平姓千葉一家武石亘理分流坂本氏関係系図並びに史料』
臼井D-FF氏 長野県武石村の武石氏宝塔フォト
『仙台藩史料大成 伊達治家記録 一』 監修/平重道 発行/宝文堂
『亘理家譜』 『仙台叢書 第九巻』(平重道 監修 宝文堂) 所収

ページの最初へトップページへ武石氏初代~19代千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

copyright(c)1997-2009 chiba-ichizoku all rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。