上総平氏~上総国の大武士団~

上総氏

上総氏

 平常長――+―平常家
(下総権介)|(坂太郎)
      |
      +―
平常兼―――平常重――――千葉介常胤――千葉介胤正―+―千葉介成胤――千葉介時胤
      |(下総権介)(下総権介) (下総権介)        |
      |                           |
      |                           +―
千葉常秀―――千葉秀胤
      |                            (上総介)  (上総権介)
      |
      +―
平常晴―――平常澄――+―伊南常景―――伊北常仲
       (上総権介)(上総権介)|(上総権介) (伊北庄司)
                   |
                   +―
印東常茂
                   |(次郎)
                   |
                   +―
平広常――――平能常
                   |(上総権介) (小権介)
                   |
                   +―相馬常清―――
相馬貞常
                    (九郎)   (上総権介?)

ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

 (1)「上総氏」について

平常長の頃の両総平氏勢力想像図
平常長の頃の両総平氏勢力想像図

 「上総氏」は両総平氏の族長家、惣領家とされている家である。この家を指して「上総氏」とするのは厳密には不適切であるが、便宜上「上総(権)介」に就任(除目による任官ではないだろう)した平氏を指して「上総氏」と呼ぶ場合もある。

 両総平氏の歴史上、上総氏の祖・相馬常晴以前には、平高望平忠常以外で「上総(権)介」に就任した明確な記録(平高望の上総介就任は「六国史」や公文書での記録はないが、『将門記』や『神皇正統記』などに記述)はない。つまり、両総平氏の惣領家が必ずしも「上総(権)介」に就任したわけではない、ということになる。

 そもそもこの平氏一族は相馬常晴以前には、常晴の兄・鴨根三郎常房(上総国夷隅郡鴨根)を除いて、上総国を名字地とした人物はいない(『徳嶋本千葉系図』)。つまり、「両総平氏」が上総国へ進出したのは比較的新しく、一方で下総国には多くの人物が名字地としていることから、両総平氏の根本は上総国ではなく下総国であった可能性が高いだろう。また、鴨根三郎常房はもともと「千葉三郎常房」を称しており(『桓武平氏諸流系図』)常兼常房常晴の父・常長(千葉大夫)の代にはすでに千葉を領していたということであろう。これは鎌倉時代成立の古系図『徳嶋本千葉系図』『桓武平氏諸流系図』では常将常長の代からすでに「千葉」の註があることからも推測できる。

平常兼・平常晴の頃の両総平氏勢力想像図
■:下総平氏 ■:上総平氏

 天治元(1124)年6月、千葉大夫常兼の弟で下総国相馬郡を治めていた(相馬郡は常長から常晴に譲られたものだろう)相馬五郎常晴は、甥の常重を「養子」として相馬郡を譲った。

 なお、常晴をして両総平氏の「惣領(族長権者)」とする説があるが、そもそも初期両総平氏に「族長」的な立場の人物はみられず、あくまで「父権(家父長権)」による子孫の支配に過ぎなかったと推測できる。これは、のちの千葉氏をはじめ東総の下総平氏庶家が「上総氏」から惣領権の行使を受けていた形跡が見られないことからも明らかなように、「上総氏」が「両総」平氏の族長権者とはいえない

 常晴常重に相馬郡を譲ったのち、何らかのきっかけにより上総国へ移ったことは、常晴が「上総介常晴」と呼ばれていた(永暦2年4月1日『下総権介平申状案』)ことから事実であろう。ただ、常晴自身、勢力を上総国に大きく及ぼした形跡は見られないため、おそらく常晴の子・常澄が実際に上総国に勢力を拡大していったのだろう。常晴が上総国内で本拠とした場所は、遠祖・忠常ゆかりの夷隅郡であったと推測される。常晴にとっては曾祖父に当たる忠常が居住した場所が「伊志み」とあり(『小右記』)、以来、忠常の子・常将や孫・常長が何らかの形で伝えてきたのだろう。

平常重・平常澄の頃の両総平氏勢力想像図
■:下総平氏 ■:上総平氏

 この地にはすでに兄・鴨根三郎常房が入っていたが、常房の子である千田常益、原常宗、次浦常盛らはいずれも下総国千田庄を名字地としており、常房一族は上総国から撤退し、下総国千田庄へ移っていることがわかる。常房亡きあとと推測されるが、常晴常房の跡を襲う形で夷隅郡に入ったのだろう。推測だが、この常晴の上総移住時期が、常晴常重に相馬郡を譲った天治元(1124)年6月なのかもしれない。 

 そして、常晴の子・平常澄は長男・伊南新介常景夷隅郡伊南庄に住んでいた(荘官か)ことからも想像できるように、夷隅郡を中心に勢力をひろげている。その勢力拡張の背景にあったのは、おそらく「上総権介」という国司権力と、上総国一宮である玉前神社の神威であり、常晴とその子・常澄に至って上総平氏は在地勢力を自己勢力に組み込みながら、上総国内への影響力を次第に拡大させたのだろう。

 また、常澄には、印東次郎常茂、匝瑳三郎常成、埴生六郎常益、木内太郎常範、相馬九郎常清といった下総国の土地を名字地とする子息があり(『徳嶋本千葉系図』)、下総国内にまでその勢力を伸ばしたことがうかがわれる。ただし、少なくとも常澄後の上総平氏が下総各地の一族に対して「族長権」を行使した形跡はなく、それぞれが独立した勢力となっていた。また、のちに上総介八郎広常率いた人々を見ても、上総平氏自体の勢力基盤も上総国内にほぼ集約されていたと推測される。

 上総介八郎広常が二万騎ともされる兵力を率いて頼朝の挙兵に参戦できたのに対し、千葉介常胤が三百騎という手勢であったのは、上総平氏自体の分立が比較的新しく、介八郎広常(兄・印東常茂の留守か)は上総各地に分流していた甥や弟たちを統率しやすい立場にあったことに加え、甥の数が多かったことがあげられよう。これに対し、下総平氏はすでに分立が古いためそれぞれ独立した勢力を築いており、千葉氏が統率する立場になかったことと、常胤には弟がわずかに二人(小見胤隆、椎名胤光)であったことが原因であろう。それゆえ、千葉介常胤は子や孫といった血縁者のみで構成された集団での参戦となったと思われる。

●両総平氏系譜(は広常に「可相随輩」)  

 平常長――+―平常兼――+―千葉常重        +―臼井成常
(下総権介)|(下総権介)|(下総権介)       |(四郎)
      |      |             |
      |      +―臼井常安―――臼井常忠―+―臼井久常
      |       (六郎)   (太郎)   (五郎)
      |
      +―大須賀常継――大須賀常信――大須賀時常
      |(八郎太夫) (太郎)   (小太夫)
      |
      |      +=千葉常重―――千葉常胤―――相馬師常
      |      |(下総権介) (下総権介) (二郎)
      |      |
      |      +―戸気長実        +―伊北常仲――+―伊北常信
      |      |(五郎)         |(伊北庄司  |(太郎)
      |      |             |       |
      +―相馬常晴―+―平常澄――+―伊南常景―+―伊北常明  +―伊北時常
                    |(伊南新介) (次郎))   (小大夫)
                    |
                    +―印東常茂―+―長南重常――+―長南久常
                    |(印東介) |(太郎)   |(次郎)
                    |      |       |
                    +―木内常範 +―印東頼常  +―多名気常泰
                    |(太郎?) |(印東別当) |(三郎)
                    |      |       |
                    +―佐是圓阿 +―南郷師常  +―米満親常
                    |(四郎禅師)|(四郎)    (七郎)
                    |      |
                    +―大椎惟常 +―戸田常政
                    |(五郎)   (七郎)
                    |
                    +―埴生常益
                    |(六郎)
                    |
                    +―匝瑳常成―――匝瑳助常
                    |(三郎)   (次郎)
                    |      
                    +―平広常――――平能常(常顕)
                    |(八郎)   (小権介)
                    |
                    +―相馬常清―――相馬貞常
                    |(九郎)   (上総介?)
                    |
                    +―天羽秀常―――天羽直常
                    |(天羽庄司) (次郎)
                    |
                    +―金田頼常
                     (権太夫)

 常晴と養子の常重の間に対立関係は見えないが、常晴の子・平常澄常重との間では、常晴から常重へ伝領された「相馬郡」を巡って激しい争いが勃発した。しかし武力衝突に至った形跡はなく、この一件を解決するため、常澄は摂関家に仕える河内源氏の一流・源義朝と結んで、常重から相馬郡の権利に関する文書を強引に責め取った。ただし、常澄常重に対して両総平氏族長として相馬郡の権利を取り戻すことをしておらず、却って外部勢力の力を頼るという体たらくであり、常澄=上総平氏が「両総平氏の族長家」とすることはできないのである。

 常澄がその後、相馬郡の権利をどのように有したかは不明だが、常澄の九男に「相馬九郎常清」がおり、彼が相馬郡に入っていたのかもしれない。天養2(1145)年、義朝は伊勢内宮へ相馬郡内の土地を寄進し、自らの子孫を下司職とするよう依頼しており、その下司職の実務に常澄の介入が図られた可能性はある。

 そして、平治元(1159)年の「平治の乱」で源義朝が討たれて、河内源氏の勢力が衰えると、「上総氏」は台頭した平家政権と交流を持つようになる。

平常胤・平広常の頃の両総平氏勢力想像図
■:下総平氏 ■:上総平氏

 常澄が亡くなったのち、長男・伊南新介常景は二男・印東次郎常茂に討たれ、常茂ものちに頼朝によって討たれているが、上総国での活躍は伝わっていない。弟の介八郎広常が実質的な政務を行っていたのだろう。広常もこのような背景の中、「伊藤右衛門尉忠清被配流、上総国の時、介八郎広常志を尽し、思を運て賞翫し、愛養する事甚し」と、上総国へ流罪となった平家の侍大将・藤原右衛門尉忠清広常が歓待した様子がうかがえる(『源平盛衰記』)

 しかし、忠清は厚免されて上洛したのち、広常に受けた恩を忘れて広常を讒訴。その職掌を奪い取ろうとした。広常は子の平能常を上洛させて仔細を述べさせたが却下され、広常自身を無理に上洛させたといい、これに広常は平家に対する遺恨を含んだという(『源平盛衰記』)

 忠清は治承3(1179)年11月18日、御白河院幽閉を行った公家を処分した「治承三年政変」ののち上総介に補任されたが、忠清自身が上総に赴任したわけではなく、目代を置いて支配していた。のち、広常は源頼朝の挙兵に呼応して「当国周東、周西、伊南、伊北、庁南、庁北輩等」の約二万騎を率いて参じたとあるが(『吾妻鏡』)、そこには、本来真っ先に挙げられるべき国衙のあった「市東」「市西」が含まれておらず、国衙には上総介藤原忠清の派遣した目代の勢力があって、上総平氏は国衙を掌握していなかったのではなかろうか。もちろん、上総平氏が国衙に参じて政務を行っていたことを示す文書はない。「市東」「市西」については、上総介広常の誅殺後、千葉介常胤から孫・平次常秀へ譲られた地として「市東西常秀請所」が見られることから、上総平氏が平安末期から市原郡を領していたともされるが、のちに勲功によって常胤へ与えられた薩摩国島津庄内の地頭職なども常秀へ譲られており、常胤が有した市原郡が前代上総氏が領していた地とする材料にはならない

 忠清が上総介に補された1日前の11月17日、政変に加わったとして平時家(清盛の甥)が解官の上、上総国(安房国とも)へ流罪に処された。これは継母の讒訴を信じた父・権大納言時忠や伯父の相国・平清盛による措置である。時家は広常と接近しその娘婿となった。

 平常澄――――平広常―――娘
(上総権介) (上総権介) ∥
              ∥
 平時信――+―平時忠―――平時家【頼朝の信頼厚く重用された】
(兵部大輔)|(権大納言)(前右近衛権少将)
      |
      +―平時子
      |(二位尼)
      |  ∥――――平徳子
      |  ∥   (建礼門院)
      |  ∥     ∥
      | 平清盛    ∥
      |(太政大臣)  ∥――――――安徳天皇
      |        ∥
      +―平滋子    ∥
       (建春門院)  ∥
         ∥――――高倉天皇
        後白河法皇

 治承5(1180)年、源頼朝の挙兵に際しては、広常は義理の従兄弟である千葉介常胤とともに源頼朝に味方し、頼朝の挙兵を成功に導いた。『吾妻鏡』によればその際、常胤の総勢は一族郎党三百名余であったのに対し、広常は上総国内の手勢二万騎とされている。多少の誇張もあろうが、実に常胤率いる手勢の六十倍超という大勢力であった。広常の勢力基盤は『吾妻鏡』によれば、

「当国周東、周西、伊南、伊北、庁南、庁北輩等」

 だったとある。伊南庄、伊北庄は長兄・常景の遺領であり、庁南郡は次兄・常茂の基盤の一つと思われる。頼朝挙兵の頃には、広常は兄達の遺領・私領に支配的な影響力を持つまでにいたっている。

 この広常に反発して、おそらく参戦しなかったのが甥・伊北庄司常仲(広常の兄・平常景の子)であり、彼は舅の長狭六郎常伴とともに頼朝に敵対したと推測される。常仲のこの行動は、広常に対する反発があるとすれば、広常が常仲の父である常景の遺領・伊北や伊南にまで手を伸ばしたことへの反抗ではなかろうか。広常は兄の遺領・私領に進出することで勢力を急速に広げた、つまり「上総氏」という武士団を成立させたのは、広常であろう。

 しかし、鎌倉幕府の成立に多大な功績があった広常ではあったが、頼朝に対して無礼な振るまいが目立ち(『吾妻鏡』)、頼朝が朝廷から東国の支配権を認められると、粛清されて一族は所領を没収された。そして広常一族の所領はおもに千葉氏に受け継がれることとなった。

 鎌倉時代、千葉介胤正の二男・境常秀上総介に任官した。常秀は兄・成胤の死後、千葉宗家をしのぐ勢力を持つが、その幕府内での地位は千葉家の庶流という扱いだった。常秀の子・上総権介秀胤は幕府評定衆にも抜擢されている。御家人の重鎮・三浦氏とも縁戚になったが、北条一族に警戒され、宝治元(1247)年の「宝治合戦」で滅亡した。


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

copyright(c)1997-2009 chiba-ichizoku all rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。