千葉秀胤

上総氏

上総氏

 平常長――+―平常家
(下総権介)|(坂太郎)
      |
      +―
平常兼―――平常重――――千葉介常胤――千葉介胤正―+―千葉介成胤――千葉介時胤
      |(下総権介)(下総権介) (下総権介)        |
      |                           |
      |                           +―
千葉常秀―――千葉秀胤
      |                            (上総介)  (上総権介)
      |
      +―
平常晴―――平常澄――+―伊南常景―――伊北常仲
       (上総権介)(上総権介)|(上総権介) (伊北庄司)
                   |
                   +―
印東常茂
                   |(次郎)
                   |
                   +―
平広常――――平能常
                   |(上総権介) (小権介)
                   |
                   +―相馬常清―――
相馬貞常
                    (九郎)   (上総権介?)

ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板


トップページ上総介について >千葉秀胤


千葉秀胤 上総権介秀胤 (????~1247)

 上総介常秀の嫡男。母は不明。通称は兵衛太郎、上総介太郎。妻は三浦駿河守義村娘。官途は従五位下、上総権介

 秀胤は自分の子に「胤」字を用いず「秀」字を用いており、秀胤は千葉惣領家とは別個の御家人であった。さらに幕府重鎮・三浦義村とも婚姻関係を結び、三浦氏、北条氏とも深くつながりを持つに至った。こうして、幕府の最高執政機関・評定衆の一員に名を連ねるが、三浦氏が安達氏・北条氏と対立する中で三浦氏との縁戚関係とその強大な勢力が危険視され、三浦氏滅亡とともに幕府軍に攻め滅ぼされた

●上総千葉氏と千葉宗家■:千葉宗家■:上総千葉氏

千葉介胤正―+―千葉介成胤――千葉介胤綱――千葉介時胤
      |(千葉介)  (千葉介)  (千葉介)
      |        
      |
      +―千葉常秀―――千葉秀胤
       (上総介)  (上総権介)

 秀胤が『吾妻鏡』にはじめて現れるのが、承久元(1219)年7月19日で、四代将軍・九条三寅(藤原頼経)の鎌倉下向に供奉した記述である。まだこのころは「堺兵衛太郎」と称しており、任官していない。

 文暦2(1235)年2月9日、将軍・藤原頼経後藤基綱の屋敷で行った笠懸の興のとき、三浦泰村とともに参加している。三浦氏と千葉惣領家の関係はあまりしっくりしていなかったようだが、常秀以来、上総千葉氏と三浦氏との関係は良好で、秀胤は泰村の妹を娶った。

 嘉禎元(1235)年6月29日の頼経の明王院御出、翌年8月4日の若宮大路の新御所への移座では、大須賀次郎左衛門尉胤秀とともに供奉した。嘉禎4(1238)年2月17日の頼経の上洛にも「上総介太郎」の名が見え、その後も頼経のそばに仕えて、諸処に供奉している。

■秀胤、評定衆に列する

●北条得宗家と名越北条家の関係■:得宗家■:名越家

北条義時―+―北条泰時―+―北条経時
     |      |
     |      +―北条時頼――北条時宗――北条貞時――北条高時
     |
     +―名越朝時―+―名越光時
      (遠江守) |(越後守)
            |
            +―名越時章――名越公時――名越時家――名越高家
             (尾張守) (左近将監)(美作守) (尾張守)

 仁治2(1241)年11月10日、父・常秀の跡を継いで「上総権介」に任じられ、寛元元(1243)年閏7月27日、従五位上に叙された。そして翌寛元2(1244)年正月23日、秀胤嫡子・時秀従五位上に叙され、秀胤は幕府の評定衆の一員に加わった。4月21日の藤原頼嗣(五代将軍。藤原頼経の長子)元服式では、評定衆として着座している。

 寛元3(1245)年8月15日、鶴岡八幡宮の放生会に参列している。これには千葉惣領家の代行人と思われる千葉次郎泰胤千葉介時胤弟)、秀胤の子・上総式部大夫時秀が列し、将軍・頼経の車脇に武石三郎朝胤、上総六郎秀景、その後ろに五位大夫として、上総五郎左衛門尉泰秀、上総権介秀胤が列した。

 翌8月16日、八幡宮の馬場でとり行なわれた流鏑馬では、四番を差配した「上総介(秀胤)」が見え、射手は「子息六郎(秀景)」が行った。

■寛元の政変と宝治合戦

 寛元4(1246)年3月、執権の北条修理亮経時が病のために弟・左近将監時頼に執権職を譲ったが、北条一族の名門・名越越後守光時(北条義時の孫)が時頼の執権就任に反対して、大御所・藤原頼経を擁して兵を集めたが、事前に発覚して光時ら一党は捕らえられ、寛元4(1246)年6月7日に後藤佐渡前司基綱・狩野前太宰少貳為佐・上総権介秀胤・町野加賀前司康持が事件の関係者として評定衆をはずされた。町野康持に至っては、問注所執事をも解任されている。秀胤は13日に鎌倉を追放され、主犯格の北条光時も伊豆北条へ追放された。これら一連の事件を「寛元政変」という。

 ただし、公家の葉室定嗣の日記『黄葉記』によれば、寛元4(1246)年6月6日、京都に関東からの飛脚が到来し、

六日癸巳、晴、…

今日関東飛脚到来、入道将軍御所警固之後、近習者定員被召籠、越後守光時出家、配伊豆国、其舎弟修理亮ム自害、又秀種追遣本国、其外香請降之輩、或召籠云々、是等時頼沙汰歟、衆口嗷々、天下紛々、夜闌参東山殿

 と伝えた。『吾妻鏡』によれば、秀胤が評定衆を解職されたのは6月7日とされ、13日に鎌倉を追放されたとある。『黄葉記』の記述はこれよりも前となるため、実際に秀胤らが解職されたのはこれよりも前ということになる。『吾妻鏡』の記述の誤りだろうまた、前将軍・藤原頼経入道京都へ送還されることが決した。このことについて、頼経の実父・九条道家入道行慧(源頼朝の姪子)は6月10日にはすでに伝えられているが、頼経送還の理由については「不知其由来」とあって、幕府より一切聞かされておらず、同意もしていないとし、「修調伏法、被呪詛武州経時」ともあることについても、頼経は一切行なっていないと神に誓っている(『九条家文書』)

近日関東有騒動、入道大納言無告送事、不知其由来、無被示合旨、不同意于此事、不知不聞也、又修調伏法、被呪詛武州経時云々、可修彼法之由、無被申旨之間、自モ不修之、以人モ不令修、上件両事、一旦為免其殃…

     寛元四年六月十日

●寛元4(1246)年の評定衆(年号:在職期間、■:寛元政変で免職■:宝治合戦で免職

・中原師員(1225-1251) ・二階堂行盛(1225-1253) 後藤基綱(1225-1246) ・太田康連(1225-1256)
毛利季光(1232-1247) 狩野為佐(1234-1246) ・北条資時(1237-1251) 三浦泰村(1238-1247)
・二階堂行義(1238-1268) 町野康持(1238-1246) ・大佛朝直(1239-1264) ・安達義景(1239-1253)
・北条政村(1239-1256) ・二階堂基行(1239-1240) ・清原満定(1239-1263) ・長井泰秀(1241-1253)
・宇都宮泰綱(1243-1261) ・伊賀光宗(1244-1257) 三浦光村(1244-1247) 上総秀胤(1244-1246)
・矢野倫長(1244-1273) 毛利忠成(1245-1247)    

 その後、秀胤は8月15日の放生会「上総式部大夫」とともに供奉していることから、鎌倉に召し返されたものの、翌宝治元(1247)年6月6日、執権・北条時頼は、大須賀左衛門尉胤氏東胤行入道素暹に秀胤の追討を命じた(『吾妻鏡』宝治元年六月六日条)。秀胤はこのころ上総国一宮大柳館に籠もっていた。

 東胤行入道素暹は秀胤の子・五郎左衛門尉泰秀に娘を嫁がせている血縁者であったが、翌6月7日、幕命を奉じて大須賀左衛門尉胤氏ほか「于時当国御家人、如雲霞起、而成合力」して上総一ノ宮の大柳館に馳せ向かった。安達勢と三浦勢の合戦は、開戦してわずか二時間後には上総国に報が届いており、7日夕刻には隣接する上総国埴生庄(睦沢町、長南町、茂原市)をめぐって秀胤と仲違いをしていた弟の下総次郎時常も大柳館に入っており、美談と讃えられた。

 素暹らが一ノ宮大柳館についた時点で、すでに館の郭外四面には薪が積み上げられており、秀胤は自害の心を固めていたと思われる。そして戦うこともなく薪に火をつけると、「其焔太熾、而非人馬之可通路」とあるほどの火勢が館を覆った。その火勢から薪に油を掛けるなどしていた可能性もあろう。素暹胤氏をはじめ「当国御家人」とは千葉氏の系統の者が多かったと推測され、秀胤への攻撃は「軍兵安轡於門外、僅造時声発箭」とするに留まっている。すると、館内の馬場の辺りに集まったから秀胤方の兵士が「射答箭」し、その間に「上総権介秀胤、嫡男式部大夫時秀、次男修理亮政秀、三男左衛門尉泰秀、四男六郎景秀」は心静かに念仏を唱えて自害したという(『吾妻鏡』宝治元年六月七日条)

 『吾妻鏡』の記述を見ると、大柳館は塀を巡らした四面に門を持つ方形館で、その内外には政務機関や郎従などの家など数十宇が立ち並ぶ広大な家並みで形成されていたようである。秀胤方はそれらの家屋にも放火したため、一帯は燃え狂って「内外猛火混而迸半天」とあるように、火災旋風が発生していたようである。そのあまりの火勢と輻射熱に耐えられず「胤氏以下郎従等、咽其熾勢、還遁避于数十町之外」したという。これは数キロあまり退避したことになる。これらから大柳館は平地に営まれていたことがわかる。玉前社に近いことから、かつての上総氏の館を利用していた可能性が高いだろう。おそらく館は現在の瑞沢川に近接し、仮に足利氏の館と同規模(約200m四方)であったと仮定すると、かなり広い平地に置かれていたと考えられる。ただし瑞沢川は流域をかなり変化させている形跡があるため、断定はできないが、大柳館は現在の睦沢町大谷木のあたりに該当するか。

 結局、素暹らはこの炎焔のために館に近づけず、「敢へてかの首を獲る能わずと云々」とあきらめて鎌倉へ帰還した。素暹は6月11日、幕府に現れて、追討使の一人としての勲功と引き換えに、外孫にあたる1歳の男子(泰秀の子)の助命嘆願をした。この願いは聞き入れられ、素暹が預かることが認められた。また、この素暹の愁訴がきっかけか、ほかの秀胤縁者の子どもたちについても助命が認められ、6月17日、幕府に秀胤の末子(1歳)、修理亮政秀の子息二人(5歳、3歳)、埴生次郎時常の子(4歳)が出頭。具体的な人物は不明だが、しかるべき御家人に預けられた(『吾妻鏡』)

●『吾妻鏡』宝治元年六月十一日条

 今日、東入道素暹愁へ申す事あり。これ上総五郎左衛門尉泰秀素暹が息女を嫁して男子を生む。今年一歳なり。たとひ縁坐に処せらるべしといへども、当時襁褓の内に纏はれ、是非を知るべからざるものか。今度一方の追討使の賞に募り、預り置くべきの由と云々。

●『吾妻鏡』宝治元年六月十七日条

 故上総介末子一人一歳同修理亮子息二人五歳三歳埴生次郎子息一人四歳。おのおの出で来る。面々に検見を加へられ、人々預かりこれを守護す

●上総権介秀胤周辺系図

 千葉介常胤―+―胤正――+―成胤――――胤綱―――+―時胤――――――頼胤
(千葉介)  |(千葉介)|(千葉介) (千葉介) |(千葉介)   (千葉介)
       |     |            |
       |     |            +―泰胤
       |     |             (次郎)
       |     |
       |     |     +―埴生時常―――男子 (四歳)
       |     |     |(次郎)
       |     |     |
       |     +―常秀――+―秀胤―――+―時秀
       |      (兵衛尉) (上総権介)|(式部丞)
       |                  |
       |                  +―政秀―――――+―男子 (五歳)
       |                  |(修理亮)   |
       |                  |        |
       |                  +―末子(一歳) +―男子 (三歳)
       |                  |
       |                  |
       |                  +―泰秀
       |                   (五郎左衛門尉)
       |                    ∥――――――――男子 (一歳)
       |                    ∥
       +―東胤頼―――重胤――――胤行―――+―娘
        (六郎大夫)(兵衛尉) (左衛門尉)|
                          |
                          +―泰行
                          |(図書助)
                          |
                          +―行氏
                          |(左衛門尉)
                          |
                          +―氏村
                           (左衛門尉)

 また、秀胤の子・式部丞時秀の子という「豊田五郎秀重」「左衛門尉常員」両名の名が薩摩国の系譜に見える(『山門文書』)。時秀の子については『吾妻鏡』には伝えられていないが、遺されていた可能性も否定できない。

 千葉秀胤――時秀―――+―豊田秀重―+―秀持                   +―秀徳―――橋本秀助――秀房
(上総権介)(式部大夫)|(五郎)  |(源六)                  |(太郎)
            |      |                      |
            +―常員   +―秀遠――秀村――秀高――秀行―――秀光――+―堤秀朝――朝篤
             (左衛門尉) (五郎)(平三)(平六)(伊豆守)(美濃守)|(次郎) (安房守)
                                          |
                                          +―澤田秀明
                                          |(三郎)
                                          |
                                          +―文殊寺秀棟
                                           (四郎)

 秀胤は現在の長柄町胎蔵寺に葬られたともいわれ、同寺には「損館長柄山殿別賀秀胤居士・胎蔵寺殿花渓大姉」という位牌が伝わっている。「損館」である「別賀(別駕=介)秀胤」と記されていることから、自刃を遂げた秀胤一族の菩提を弔ったと思われる。

 裏には「当年開基胎長万寿四丁卯歳七月廿四日・長元三庚午七月七日」と記されているが、「万寿四年・長元三年」はそれぞれ西暦1027年、1030年であり、秀胤の時代とは200年ほどのずれが生じている。位牌には裏に記された「当年開基胎長万寿四丁卯歳七月廿四日」は開基の胎長に関する記述だろう。

 秀胤一族滅亡の直前、鎌倉では三浦泰村一族が、北条氏に対して兵を挙げ、和田義盛の乱以来、30年ぶりに鎌倉が火に包まれた。結局三浦一族はやぶれ、泰村・光村父子は頼朝の墓前に逃れ、持仏堂に籠って自害して果てた。三浦泰村の挙兵と上総秀胤の滅亡を「宝治合戦」という。

●宝治合戦で戦死した人物
■:三浦党■:千葉一族■:秩父一族、■:下野の宇都宮・小山氏系統)

三浦泰村三浦景村三浦駒石丸三浦光村三浦駒王丸三浦式部三郎三浦實村三浦重村三浦朝村三浦氏村 三浦朝氏三浦員村三浦忠氏三浦景泰三浦駒孫丸三浦駒鶴丸三浦駒在丸三浦有駒丸三浦駒若丸三浦駒増丸 三浦皆駒丸毛利季光毛利光広毛利泰光毛利経光毛利吉祥丸大戸川重澄大戸川重村大戸川家康三浦義有 三浦高義三浦胤泰三浦二郎高井実重高井実泰高井実村佐原泰連佐原信連佐原秀連佐原光連佐原政連 佐原光兼佐原頼連佐原胤家佐原光連佐原泰家・佐原泰連長井義重佐原家経下総三郎佐貫経景 稲毛左衛門尉稲毛十郎臼井太郎臼井二郎・波多野六郎左衛門尉・波多野七郎宇都宮時綱宇都宮時村・宇都宮五郎 ・春日部実景・春日部太郎・春日部二郎・春日部三郎関政泰関四郎関五郎左衛門尉・能登仲氏・宮内公重・宮内太郎 ・弾正左衛門尉・十郎・多々良二郎左衛門尉・石田大炊亮印東太郎印東二郎印東三郎平塚小次郎平塚光広 平塚太郎平塚三郎・土用左兵衛尉・平塚五郎・遠藤太郎左衛門尉・遠藤二郎左衛門尉・佐野左衛門尉榛谷四郎 榛谷弥四郎榛谷五郎榛谷六郎・白河判官代・白河七郎・白河八郎・白河式部丞・武左衛門尉上総権介秀胤上総時秀上総政秀上総泰秀上総秀景埴生時常・岡本次郎兵衛尉・岡本次郎長尾景茂長尾定村長尾為村 長尾胤景長尾光景長尾為景長尾新左衛門四郎・秋庭信村・橘惟広・橘左近大夫・橘蔵人

●宝治合戦で生け捕りの人物(■:三浦党■:千葉一族

三浦胤村金持次郎左衛門尉毛利文殊丸豊田太郎兵衛尉豊田次郎兵衛尉長尾次郎兵衛尉長井時秀大須賀範胤

●宝治合戦で逐電した人物(■:千葉一族

・小笠原七郎大須賀重信・土方右衛門次郎

 宝治合戦では「臼井太郎・次郎」が秀胤に荷担し、ほかに「下総三郎」「印東太郎・次郎・三郎」の千葉氏系の武士の名を見ることができる。

 また、建長3(1251)年12月、三浦・千葉の残党が先の将軍家・九条頼経を擁立して挙兵を企てる事件が起こるが、首謀者の「了行法師」千葉介近親「矢作左衛門尉」「長次郎左衛門尉久連」らが生け捕られている。

矢作左衛門尉 矢作胤氏(左衛門尉)
矢作常氏(六郎左衛門尉)
常胤の従兄弟にあたる海上常幹の孫。
常胤の子・国分胤通の六男。国分矢作氏の祖である。
臼井太郎・二郎 臼井胤常・親常
臼井則胤・則常
山無流臼井氏の子。
友部流臼井氏の子。父・友部秀常の諱「秀」は秀胤からの偏諱か?
下総三郎 上代胤忠?(下総三郎?) 東胤頼の子・木内胤朝の子は「下総」を称しているが、そのなかに「三郎」だけがなく、「二郎」胤家の次は「四郎」胤時である。なんらかの意図があって三郎は除かれたものか。

●矢作・臼井・下総系図

平常兼―+―千葉常重―千葉常胤―+―千葉胤正―+―千葉成胤  +―上総秀胤
    |           |      |       |
    |           |      +―上総常秀――+―埴生時常
    |           |
    |           +―国分胤通―――矢作常氏
    |           |(五郎)   (六郎左衛門尉
    |           |
    |           +―東 胤頼―――木内胤朝――――下総三郎(?)
    |            (六郎大夫) (下総前司)
    |
    +―海上常衡―海上重常―――矢作惟胤―――矢作胤茂――――矢作胤氏
    |            (左衛門尉) (新左衛門尉) (左衛門尉
    |
    +―臼井常康―臼井常忠―+―友部宗常―――友部秀常――+―臼井則胤
     (六郎) (三郎)  |(二郎)   (宰相)   |(太郎
                |              |
                |              +―臼井則常  +―臼井胤常
                |               (次郎)   |(太郎
                |                      |
                +―臼井成常―――臼井盛常――――山無常清――+―臼井常親
                 (四郎)   (九郎)    (五郎)    (次郎

 宝治元(1247)年7月14日、宝治合戦の恩賞として、足利義氏入道正義(左馬頭)が上総権介秀胤の遺跡を賜り、伊勢皇太神宮へと寄進している。


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

copyright(c)1997-2009 chiba-ichizoku all rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。