相馬貞常

上総氏

上総氏

 平常長――+―平常家
(下総権介)|(坂太郎)
      |
      +―
平常兼―――平常重――――千葉介常胤――千葉介胤正―+―千葉介成胤――千葉介時胤
      |(下総権介)(下総権介) (下総権介)        |
      |                           |
      |                           +―
千葉常秀―――千葉秀胤
      |                            (上総介)  (上総権介)
      |
      +―
平常晴―――平常澄――+―伊南常景―――伊北常仲
       (上総権介)(上総権介)|(上総権介) (伊北庄司)
                   |
                   +―
印東常茂
                   |(次郎)
                   |
                   +―
平広常――――平能常
                   |(上総権介) (小権介)
                   |
                   +―相馬常清―――
相馬貞常
                    (九郎)   (上総権介?)

ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板


トップページ上総介について >相馬貞常


相馬貞常 (????〜????)

 上総権介広常の甥で、父は広常弟・相馬九郎常清。母は不明。通称は太郎「定常」とも。能常の子ともされる(『桓武平氏諸流系図』:『奥山庄史料集』所収)

 貞常は伝統的権威の上総介を継承したという説がある(1)。『吾妻鏡』には貞常を「上総介」とした記述はなく、実際に上総介を称したのかは不明だが、『徳嶋本千葉系図』によれば貞常「上総介」と記され、『吾妻鏡』の古本『吉川本吾妻鏡』(2)「相馬介」と記されている。貞常の上総介継承とその後の貞常子孫については野口実論考(3)に詳しい。

 貞常の子・角田太郎常親は、千葉介胤正の娘を娶って千葉宗家と縁続きになっている。おそらく千葉氏に従ったと思われ、常親は名を「胤親」に改めた。上総平氏の一族に過ぎない常親に千葉介胤正の娘が嫁いでいることは、おそらく貞常流相馬氏が上総平氏の宗家的な立場にあり、千葉氏は縁戚となって上総平氏惣領家を吸収したのだろう(3)

 文明年中(1469〜1489)初頭の諸大名の家紋集である『見聞諸家紋』によれば、「角田或人曰與上総介同紋云々」として、黒地に白抜き九曜紋が掲載されている。角田氏はこの貞常の末裔であり、「上総介」との関連を想像させる(3)

【参考文献】

(1)野口実「上総千葉氏の盛衰」(関東武士研究叢書5『千葉氏の研究』名著出版2000)
(2)『吾妻鏡 吉川本 上巻』(図書刊行会1915)
(3)野口実「中世東国武家社会における苗字の継承と再生産」(関東武士研究叢書5『千葉氏の研究』名著出版2000)


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

copyright(c)1997-2009 chiba-ichizoku all rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。