印東常茂

上総氏

上総氏

 平常長――+―平常家
(下総権介)|(坂太郎)
      |
      +―
平常兼―――平常重――――千葉介常胤――千葉介胤正―+―千葉介成胤――千葉介時胤
      |(下総権介)(下総権介) (下総権介)        |
      |                           |
      |                           +―
千葉常秀―――千葉秀胤
      |                            (上総介)  (上総権介)
      |
      +―
平常晴―――平常澄――+―伊南常景―――伊北常仲
       (上総権介)(上総権介)|(上総権介) (伊北庄司)
                   |
                   +―
印東常茂
                   |(次郎)
                   |
                   +―
平広常――――平能常
                   |(上総権介) (小権介)
                   |
                   +―相馬常清―――
相馬貞常
                    (九郎)   (上総権介?)

ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板


トップページ上総介について >印東常茂


印東常茂 (????〜1180)

 上総権介常澄の次男。母は不明。名は常義とも。通称は印南次郎(伊南次郎か)、印東次郎上総介(上総権介)への任官はおそらくなかったと思われる。「伊南介常義」と見える書物もあるが(『四部合戦状本平家物語』)、書物全体に見るその信憑性は低い。

 父・常澄地主職(公権とは別の私領主としての権限)を務めていた印東庄を受け継いで、印東次郎を称していた(『吾妻鏡』『神代本千葉系図』『平朝臣徳嶋系図』『源平闘諍録』)が、「印南次郎」(『中条家文書』:「桓武平氏諸流系図」)とも。

 長寛年中(1163〜1166)、兄・伊南新介常景と争い殺害した(『中条家文書』:「桓武平氏諸流系図」)。ただし、常景常茂の合戦が惣領職を巡っての争いだったかは疑問で、常茂は下総国印東庄のほか、上総国内にも長南長生郡長南町)、武射南郷山武市上横地周辺)、戸田山武市戸田)の地主職または権利を有していたようで、長南太郎重常、印東別当頼常、南郷四郎師常、戸田七郎常政の子が見える(『神代本千葉系図』)。とくに長南郡伊南新介常景・伊北庄司常仲父子の本拠である夷隅郡伊南庄・伊北庄いすみ市周辺)に隣接しており、このあたりで戦いがあったのかもしれない。

 上総国では新介常景亡きあと、弟・八郎広常が実権を握っており、嘉応2(1170)年以降に「伊藤右衛門尉忠清被配流、上総国の時、介八郎広常志を尽し、思を運て賞翫し、愛養する事甚し」とあるように、上総国へ流罪となった平家の郎従・右衛門少尉藤原忠清広常が歓待した様子がうかがえる(『源平盛衰記』)。上総国における常茂の活動は皆無であり、平家政権のもと「大番役」のために上洛し、治承の乱でも平家方として出陣して(『吾妻鏡』)、上総国とは隔絶していたのかもしれない。

 平家政権との関係は、常茂の私領である印東庄が、平家の親戚にあたる下総守藤原親盛の領する千田庄が比較的近いことから、親盛を通じて平家と通じていたのかもしれない。親盛は娘(二条院内侍。実は親盛の姪)平重盛に嫁いで平資盛を産んでいた。

 治承4(1180)年8月4日、源頼朝は伊豆国目代の山木判官平兼隆を討ち、平家に対して反旗を翻した。しかし、以仁王の乱に加担した源頼政の子・伊豆守仲綱の子息を追討するべく、8月2日に大庭三郎景親を関東に戻していた。その仲綱息はすでに奥州へ逃れていたが、頼朝が挙兵したため景親は頼朝追討に転じた。

 頼朝は8月23日、大庭景親率いる平家勢に相模国石橋山中で敗れて房総半島へ逃れ、安西景益、千葉介常胤広常の協力のもと10月6日に鎌倉に入り、さらに西に進んで駿河国の富士川岸に陣を張った。

 一方、京都から大軍を引き連れて下って来たのは若い公達・近衛権少将平維盛。常茂は先陣押領使として加わっていた(『源平闘諍録』)。このとき、駿河国はすでにその大半が甲斐源氏・武田信義の一党によって平定されており、頼朝は地理に詳しい信義に先陣を依頼し、信義は夜営している平家軍を奇襲するため、10月23日、富士沼(富士川の岸は中世は泥湿地だった)に入ったが、そこで休んでいた数万羽の水鳥が、甲斐源氏の気配に驚いて飛び立ち、羽音に驚いた平家の軍は戦う前に西へむかって壊走。「印東次郎常義」駿河国鮫島で追いすがる源氏の兵によって討ち取られた(『吾妻鏡』)。なお「義」「茂」の行書体は酷似しており「印東次郎常義」は「印東次郎常茂」と見られる。

 頼朝勢の中には常茂の弟・広常も加わっていたが、「為弟弘常被害」(『中条家文書』「桓武平氏諸流系図」)とあり、常茂を討ったのは広常の手勢かもしれない。


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

copyright(c)1997-2009 chiba-ichizoku all rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。