平能常

上総氏

上総氏

 平常長――+―平常家
(下総権介)|(坂太郎)
      |
      +―
平常兼―――平常重――――千葉介常胤――千葉介胤正―+―千葉介成胤――千葉介時胤
      |(下総権介)(下総権介) (下総権介)        |
      |                           |
      |                           +―
千葉常秀―――千葉秀胤
      |                            (上総介)  (上総権介)
      |
      +―
平常晴―――平常澄――+―伊南常景―――伊北常仲
       (上総権介)(上総権介)|(上総権介) (伊北庄司)
                   |
                   +―
印東常茂
                   |(次郎)
                   |
                   +―
平広常――――平能常
                   |(上総権介) (小権介)
                   |
                   +―相馬常清―――
相馬貞常
                    (九郎)   (上総権介?)

ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板


トップページ上総介について > 平能常


上総氏 平能常 (????〜????)

 上総権介広常の嫡男。通称は小権介。名は良常(『吾妻鏡』)常顕(『神代本千葉系図』)とも。

 平家政権の中で、平家の郎従・伊藤右衛門尉忠清が罪を得て上総国に流された際、父の広常が忠清を手厚く世話をしたという。しかし、忠清が厚免を得て上洛したのち、恩義を忘れて広常を讒したという。広常は能常を上洛させて子細を申し述べたが、能常の弁明では足りなかったのか、平家は広常の上洛を命じたため、広常は平家に対して恨みを含んだという(『源平盛衰記』)

 寿永元(1182)年8月11日、北条政子の安産を祈願するため、奉幣の使者を伊豆・箱根のほか、関東各国に立てた。上総国の上総一宮(玉前社)には「小権介良常」が使者となった。

 その後は目立った活躍は伝わらず、寿永2(1183)年12月、父・広常が頼朝の命によって殺害されたときに、同時に殺害されたようだ。その日付は「而寿永元十二廿二父子共為鎌倉大将被誅了」(『中条家文書』)とある。


ページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板

copyright(c)1997-2009 chiba-ichizoku all rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。