秩父党 畠山氏

畠山氏

武蔵国留守所惣検校職

トップページ平良文の子孫秩父氏 > 畠山氏1


平良文
(????-????)
平忠頼
(????-????)
平将恒
(????-????)
平武基
(????-????)
秩父武綱
(????-????)
秩父重綱
(????-????)
畠山重弘
(????-????)
畠山重能
(????-????)
畠山重忠
(1164-1205)
畠山重保
(1190-1205)
重慶阿闍梨
(????-1213)
       

●畠山・小山田氏略系図

           足立遠元―――娘
          (右衛門尉)  ∥
                  ∥――――畠山重秀
                  ∥   (小次郎)
                  ∥   
畠山重弘―+―畠山重能―+――――畠山重忠――阿闍梨重慶
     |(畠山庄司)|   (次郎)
     |      |     ∥――――畠山重保
     |      |北条時政―娘   (六郎)
     |      |
     |      +―長野重清
     |      |(三郎)
     |      |
     |      +―畠山重宗
     |       (六郎)
     |
     +―小山田有重―――――+―――――稲毛重成 
     |(小山田別当)    |    (三郎)  
     |           |      ∥―――小沢重政
     +―娘(千葉介常胤妻) |北条時政――娘  (次郎)
                 |
                 +―榛谷重朝―――+―榛谷重季
                 |(四郎)    |(太郎)
                 |        |
                 +―小山田行重  +―榛谷秀重
                  (五郎)     (次郎)


トップページ平良文の子孫秩父氏畠山氏 > 秩父重弘


秩父重弘(????-????)

 秩父出羽権守重綱の長男。母は兒玉別当大夫行経娘か。妻は武蔵七党の横山大夫孝兼娘。通称は太郎大夫。梶原平三景時は甥にあたる。

 秩父重弘―+―娘
(太郎大夫)| ∥――――――千葉介胤正
      | 千葉介常胤 (千葉介)
      |(千葉介)
      |
      +―畠山重能―――畠山重忠
      |(畠山庄司) (畠山庄司)
      |
      +―小山田有重――稲毛重成
       (小山田別当)(稲毛三郎)

 秩父権守重綱の長男であったにも関わらず、秩父氏の惣領は弟・次郎太夫重隆に継承された。これは、おそらく重弘自身の早世が理由であったのだろう。父の秩父権守重綱「久安四年歳時戊辰二月廿九日」の年紀のある経筒比企郡平沢寺経筒に納めており、重弘の死と関連があるのかもしれない。

 重弘の活躍はとくに伝わらないが、次女は千葉介常胤に嫁ぎ、男子では六子(千葉太郎胤正相馬次郎師常武石三郎胤盛多部田四郎胤信国分五郎胤通東六郎胤頼)を儲けた。常胤の次男・相馬次郎師常が生まれたのが保延5(1139)年であることから(『吾妻鏡』)、常胤との婚姻は保延初年あたりか。

秩父行重


 武蔵七党・兒玉党の兒玉別当大夫行経の子。通称は平太。姉妹が秩父出羽権守重綱の妻となっていた関係から、弟・平四郎行高とともに重綱の養子となり、秩父氏を称した。秩父太郎太夫重弘の義弟にあたる。この兒玉行経娘「号乳母御所、悪源太殿称御母人」とあり(『兒玉党系譜』、『小代宗妙置文』)、秩父氏と六条源氏との間には親密な関係があった様子がうかがえる。

 兒玉行経―+―兒玉保義
(別当大夫)|
      |
      +―秩父行重 【秩父重綱の養子】
      |(平太)
      |
      +―秩父行高 【秩父重綱の養子】
      |(平四郎)
      |
      +―娘(悪源太殿称御乳母人)―――→源義平
        ∥                ↑
        ∥              【従属する】
        ∥                |
       秩父重綱―+―秩父重弘――――+―畠山重能
      (出羽権守)|(太郎大夫)   |(畠山庄司)
            |         |
            +=秩父行重    +―娘
            |(平太)       ∥
            |           ∥
            +=秩父行高      千葉介常胤
            (平四郎)      (下総権介)


トップページ平良文の子孫秩父氏畠山氏 > 畠山重能


畠山重能(????-????)

 秩父太郎太夫重弘の嫡男。通称は畠山庄司。官途は左兵衛尉または右兵衛尉か。母は横山大夫孝兼娘。妻は三浦介義明娘江戸四郎重継娘。梶原平三景時とは従兄弟同士、和田小太郎義盛は義理の従弟になる。武蔵国男衾郡畠山庄(埼玉県深谷市畠山)の庄司を務めた。

 横山孝兼―+―横山時重――+―横山時広
(大夫)  |(横山権守) |(横山権守)
      |       |
      |       +―娘
      |         ∥
      |         和田義盛
      |        (小太郎)
      |
      +―娘  三浦義明―娘
      | ∥ (三浦介) ∥
      | ∥       ∥======畠山重忠
      | ∥       ∥     (庄司次郎)
      | ∥―――――+―畠山重能   ↑
      | 秩父重弘  |(畠山庄司)  |
      |(太郎太夫) | ∥――――――畠山重忠
      |       | 江戸重継娘 (庄司次郎)
      |       |
      |       +―小山田有重
      |        (小山田別当)
      |
      +―娘
        ∥―――――――梶原景時
        梶原景長?  (平三)

畠山館
畠山氏館址(深谷市畠山)

 秩父氏の長男の系統でありながら家督を継げなかったため、叔父で惣領となっていた次郎大夫重隆に敵意を抱いていたようだ。父・太郎太夫重弘の事蹟が伝わっておらず、おそらく早世したものと見られる。重能はまだ幼少であり、祖父・秩父権守重綱は次男・次郎大夫重隆を家督相続者と定めたのだろう。

 当時、北関東では六条判官源為義の次男・帯刀先生源義賢が上野国多胡郡多胡庄(高崎市吉井町周辺)を本拠として北関東に勢力を伸ばしつつあり、秩父次郎大夫重隆は義賢を「養君」とし、みずからの勢力拡大を狙っていたようである。

 義賢はもともと父・源為義のもと京都で生まれ育った人物であり、保延5(1139)年8月17日、東宮となった體仁親王(のちの近衛天皇)の東宮坊帯刀先生となる。兄の源義朝が保安4(1123)年の生まれで当時十七歳であることから、義賢はさらに年少で任官したこととなる。東宮傅は内大臣藤原頼長で、義賢がその後主君として仕えることとなる人物だが、この時点では父・為義は白河院に仕えて摂関家とは距離を置いており、頼長と義賢の個人的な関係はない。のち、為義は院の信頼を失い摂関家に臣従することとなるが、そのために院近臣・藤原忠清の娘を母とする兄・義朝を廃嫡して無位無官のまま東国に移し、弟の義賢を嫡男としたとする説もある。しかし、義賢が東宮帯刀先生に任官したのは為義がまだ摂関家に臣従する以前のことであるため、この時点で義賢を嫡子とするのは妥当ではないだろう。

 翌保延6(1140)年、「瀧口源備、宮道惟則いさかひ起して備ころされにけり帯刀先生源義賢、惟則をからめて後に義賢犯人と心をあわせたるよし、さた出来て、義賢帯刀の長をとられにけり」(『古今著聞集』巻十五 闘争第廿四)とあり、義賢が瀧口武者の源備殺害に関与していたことが判明して、東宮帯刀先生を罷免された。

 康治2(1143)年6月30日、父・為義が内府・藤原頼長の家人となる(『台記』康治二年六月三十日条)。それに伴い、義賢も頼長家人になったと思われ、法成寺法橋信慶が頼長に寄進して信慶が預所となっていた能登庄について、信慶が罪を犯したため「預源義賢了」となった(『台記』康治二年十一月廿五日条)

 ところが、久安3(1147)年6月4日、義賢は先年預所となった荘園(能登庄か?)の預所職を罷免され、秦公春(義賢と同じく頼長家人)が預所となる。これは義賢が「不済新物也年貢」だったためであった。

 翌久安4(1148)年正月5日までの義賢在京は確認できるものの、その後は姿がふっつりと途絶える。この間に、周防守藤原宗季(左近衛少将隆宗弟)の娘を娶って、嫡子・仲家(源三位頼政入道の猶子となり、八条院蔵人となる。以仁王の乱で戦死)を儲けている。

                源義家         +―源義重
               (陸奥守)        |(新田氏祖)
                ∥           |
                ∥――――――源義国――+―源義康
 藤原実綱――+―藤粗有綱―――娘     (加賀介)  (足利氏祖)
(文章博士) |(文章博士)
       |               平忠盛  +―平家盛
       |              (播磨守) |(右馬頭)
       |               ∥    |
       |               ∥――――+―平頼盛
       +―藤原有信―――娘      ∥     (権大納言)
        (右中弁)   ∥――――――藤原宗子
                ∥     (池禅尼)
 藤原良基―+―藤原隆宗――+―藤原宗兼
(太宰大弐)|(左近衛少将)|(少納言)
      |       |
      |       +―藤原宗子
      |        (崇徳院乳母)
      |         ∥――――――藤原家成
      |         ∥     (中納言)
      |         藤原家保
      |        (参議)
      |
      +―藤原宗季――――娘
       (周防守)    ∥――――――源仲家
                ∥     (八条院蔵人)
                源義賢
               (帯刀先生)

 そして「彼義賢、去る仁平三年夏の頃より、上野国多胡郡に居住したりけるが」と見え(『延慶本平家物語』第三本)、仁平3(1153)年夏ごろ、上野国多胡郡(高崎市吉井町周辺)に下向したと推測される。おそらく多胡庄の荘官としての下向と思われるが、領家及び本家等は不明である。なお、義賢が上野国へ下向する五か月ほど前の仁平3(1153)年3月28日、兄の源義朝「下野守」に任官し、同時に従五位下に叙されている(『兵範記』仁平三年三月廿八日条)。これは義親流河内源氏としては、対馬守義親以来の受領という大抜擢であり、散位であったと思われる義賢はもはや義朝に及ぶべくもなかった

 義賢は多胡庄を中心に東西に勢力の拡大を企図したようで、在地の多胡氏や信濃国東部の小県郡の望月氏、海野氏、禰津氏ら滋野氏も勢力下に収めたと思われる。ただし、信濃国に繋がる東山道は多胡庄の北、八幡庄内を通過していた。この八幡庄を支配していたのが、源義重(源義家の孫)であった。義重自身も信濃国東部の信濃源氏・平賀氏と結びつきがあり、平賀盛義の子・義澄(新田判官代)と盛義の弟・源実光の子・義隆(新田判官代)を養子としている。義賢と義重はその勢力圏が非常に近接または重複したことから、おそらく互いに対立関係にあったと推測される

 義重は義賢の兄・義朝と何らかの結びつきを持っていたと思われ、義朝の嫡子・義平はのちに義重の娘を娶ることとなる。また、義重の異母弟・源義康の妻は義朝の室となった熱田大宮司家の藤原季範の娘と姉妹であり、義重・義康の父である源義国と義朝が在京時に交流を持っていた可能性があろう。

 義賢は上野国で義重と対立する一方で、武蔵国衙に強い影響力を持つ秩父次郎大夫重隆と結び、重隆の「養君」となって「武蔵国比企郡」に通うようになり、重隆から比企郡大蔵郷(比企郡嵐山町大字大蔵)に屋敷を受けている。義重との対立により北方・東方への拡大が難しくなっていたことが察せられる。また、重隆も甥・畠山庄司重能との惣領を巡る対立の中で、義賢の存在は大きなものと映り、これを迎えることとして、両者の利害が一致した結果となったのだろう。

 一方、重能は義朝の「嫡子鎌倉悪源太義平」(『平治物語』)を推して叔父の重隆に対抗していたと思われる。義平と重能の関係については、重能の祖母(秩父権守重綱の室。有三別当経行女)が「号乳母御所、悪源太殿称御母人」(『兒玉党系譜』、『小代宗妙置文』)であり、義平が「御母人」と慕う女性であった。こうしたことから、義平を推戴するに至ったのだろう。当時義平は十三歳、重能は次郎重忠の誕生が長寛2(1164)年であることを考えると、義平とさほど変わらぬ年齢だったと思われる。

  余談だが、源義朝の嫡子は中央貴族出身女性を母に持ち、官途の昇進がもっとも早かった三男・源頼朝とされているが、実際は相模国の有力在庁三浦氏を母に持ち、相模鎌倉党や武蔵国秩父氏や児玉党、おそらく父義朝以来の上総平氏をも支援者とする義平が嫡子だった可能性が高いだろう。義朝も十代前半という幼少にして関東へ下向し、上総権介常澄の「養君」として守り立てられる中で、安房国、相模国、武蔵国、下総国と勢力を拡大していく流れは、まさに義平のそれと重なるのである。

大蔵館
大蔵館跡

 そして、久寿2(1155)年8月16日、義平は義賢を武蔵国大蔵館に攻めて殺害する。義平はこの直前に「小代ノ岡(埼玉県東松山市正代)「御屋形」を造って移り住んでおり(『小代宗妙置文』)、畠山庄司重能の勢力下に拠点を作っていたことが伺える。

 大蔵合戦の報が京都に届いたのは8月29日近辺で、「近日風聞云、去十六日、前帯刀長源義賢与兄子源義平於武蔵国合戦」と記される(『百錬抄』)重能も義平の軍勢に加わっており、戦いの後、義平は上京することになったため、重能に、義賢の二歳の遺児・駒王について、

「駒王をも尋ね出だして必ず害すべし、生き残りては後悪べし」

と、殺害を厳命している。重能はたしかに承ったと答えたが、さすがに二歳の和子を手にかけることは不憫でならず、斎藤別当実盛が武蔵国へ戻ったことを聞いた重能は、匿っていた駒王丸とその母を実盛に預けた。実盛はこのまま関東においておくことは危険だと、信濃国木曾の中三権守兼遠へ預けることとした。この木曾で育った駒王がのちの木曾冠者義仲である(『源平盛衰記』)

 この大蔵合戦のときの武蔵守は後年、義平の父・源義朝と結んで平治の乱を起こした藤原信頼が務めている。義朝と信頼の関係は不明だが、受領国において大規模な合戦が起これば信頼にとってもプラスになることではないと思われ、合戦自体に信頼の関与はなかったろう。

菅谷館
▲大蔵館より菅谷館遠景

 重能は敵対していた叔父・重隆を討ち果たすことには成功したものの、「留守所惣検校職」に就くことはなかったようだ。国司・藤原信頼が任命しなかったためだと思われるが、重隆の子・秩父能隆にも留守所惣検校職は任命されておらず、合戦を遂げた秩父氏に対する懲罰的な意味があったのかもしれない。

 しかし、この合戦によって畠山重能秩父党の惣領的な地位を取り戻すことに成功している。重能は男衾郡畠山から大蔵郷と都幾川を挟んだ対岸の高台、菅谷比企郡嵐山町大字菅谷)に進出しており、重隆の遺領も自領として取り込んだようであるが、菅谷は重隆の館を取り立てたものではないだろうか。重隆の子・能隆は大蔵郷の南、入間郡葛貫郷入間郡毛呂山町葛貫)へ移って葛貫牧の別当になって「葛貫別当」を称し、その子・河越太郎重頼入間郡河越庄川越市)へ移っている。

 平治元(1159)年12月、「平治の乱」藤原信頼・源義朝が敗れて討たれると、永暦元(1160)年には、平清盛が武蔵国の知行国守になった。すると、重能と小山田別当有重の兄弟は積極的に平清盛に仕えたようで、天台座主・慈円大僧正(九条兼実の弟)が記した『愚管抄』には、

「平家世ヲ知リテ久シクナリケレバ、東国ニモ郎等多カリケル中ニ、畠山荘司、小山田別当ト云フ者、兄弟ニテアリケリ」(『愚管抄』)

と記されている。畠山荘司重能・小山田別当有重の兄弟は、平家の力を背景として独自の勢力を築いていったと推測される。また、同族の江戸太郎重長も、平家の郎党として武蔵国南部に勢力を広げており、頼朝の挙兵時には、平家党に属して河越重頼や畠山重忠とともに三浦氏を攻め滅ぼしている。『吾妻鏡』の治承4(1180)年9月28日の項に、

「御使を遣はして、江戸太郎重長を召さる。景親が催しによつて、石橋合戦を遂ぐること、その謂れありといへども、令旨を守りて相従ひたてまつるべし。重能・有重は折節在京す。武蔵国においては、当時汝すでに棟梁たり。専らたのみ思しめさるるの上は、便宜の勇士等を催し具して、余参すべきの由と云々」(『吾妻鏡』治承四年九月二十八日条)

とある。重能がいないから重長が棟梁である、つまり、頼朝は重能・有重が武蔵国の棟梁であったと考えていたことがわかる。また、このような記述から、秩父党は実質的に、秩父党の嫡家・畠山氏、惣領家・河越氏、四男流・江戸氏に大きく三つに分裂して、それぞれが勢力を蓄えていたと考えられる。

 治承4(1180)年7月、重能は大番役のために弟・有重とともに上洛したが、京都についた直後、伊豆で源頼朝が挙兵した。

 治承5(1181)年3月26日の除目によって「左右兵衛尉」に任官した人物に「平重能」の名が見える(『吉記』治承五年三月廿六日条)。この「平重能」が畠山庄司重能と同一人物であるかは判断できないが、当時在京し、平家政権のもとで平知盛の有力な家人であったことから、畠山重能である可能性も排除できないであろう。その任官は「真言院曼荼羅幷御齋会功」によるものであった。御齋会は2月25日に最勝光院で催されたものと思われる。

 治承5(1181)年6月中旬、「故禅門、前幕下等」から信濃国の叛乱分子追討の命を受けていた「越後国勇士」である「城太郎助永弟助職」が信濃国に侵攻。ほぼ抵抗のないまま進むも、結局、信濃国内に集結していた「木曽党」「佐久党」「甲斐国武田党」の三手から攻められて大敗。「木曽党」の源義仲(木曽義仲)は越後へと侵攻を始める(『吾妻鏡』治承六年七月一日条)。この義仲侵攻により、「能登、加賀等」が平家に反旗を翻し、能登の目代(平教経の家人か)は京都へ逃げ戻った(『玉葉』治承六年七月廿四日条)。8月には能登国で教経の郎従が殺害されている(『玉葉』治承六年八月八日条)

 こうした事を受けて、8月13日、「平資永」に義仲追討の院宣が下され、弟の「平助基」越後守に任じた。15日には但馬守経正(三位経盛長男)を大将とする北陸道追討使が派遣され、その翌日には中宮亮通盛が派遣された。通盛はこの直前、兼帯の越前守を辞めて、代わりに平親房が越前守に任じられている。これについて藤原兼実は、通盛が越前守として追討使に選ばれたにもかかわらず、俄に他人を越前守に任じた人事を「不心得」と非難している(『玉葉』治承五年八月十五日条)

 その後も断続的に木曽勢と平家勢は合戦するが、寿永2(1183)年4月17日、朝廷は木曽義仲追討の兵を北陸へ発する。この北陸道追討使に、平宗盛は「汝等は故い者なり、戦の様をも掟よ」「畠山庄司重能、小山田別当有重、宇都宮左衛門朝綱」を加えたという(長門本『平家物語』「篠原合戦」)

 5月3日、加賀国へ官軍が攻め入り、双方に多数の死者を出す(『玉葉』寿永二年五月十二日条)。その後、20日には加賀国江沼郡篠原において合戦となったが、この「篠原合戦」に重能らは三百余騎で打ち向かい、木曽方からは今井四郎兼平が五百余騎で馳せ向った。今井・畠山双方とも五騎、十騎と掛け合わせた後、入り乱れての戦闘となったという。この戦いで今井兼平は多くの兵を討たれて壊走し、畠山も多くの家子郎従を討たれ、力及ばず退いたという(長門本『平家物語』「篠原合戦」)。なお、篠原合戦における重能らの逸話は、古態の『延慶本平家物語』には見えず、後世の挿入と考えられる。

 木曽義仲との戦いに敗れた官軍は京都へ逃げ帰り、木曽勢による攻勢がますます激しさを増したことを受けて、7月25日、平家一党は六波羅や西八条の邸宅に放火して灰燼とし、安徳天皇を奉じて京都から脱出する。「宇都宮左衛門尉朝綱、畠山庄司重能、小山田別当有重等」は、都落ちする安徳天皇以下の一行に供奉しつつ、鳥羽まで来たところで、前内大臣・平宗盛「いづくの浦にも、落ち留らせましまさむ所を身置き参せむ」と嘆願した(延慶本『平家物語』)。ところが、宗盛は「志は誠に神妙なり。左はあれども、汝等が子供多く源氏に付きて東国にあり。心は単に東国へこそ通ふらめ。脱殻ばかり具してはいかがはせむ。疾々帰れ。世にあらば忘るまじきぞ。汝等も訪ね来たれ」と言って、東国への帰国を勧める。重能らは「いづくまでも御供して、身置き参らせむと思けれども、弓矢の道にこれほど心を置かれ参らせて参りたらば、何事のあらむぞ」と、ここで一行と別れる(延慶本『平家物語』)

 そして28日には義仲が入京し、翌29日、平家追討の院宣を賜うこととなる。

畠山重能墓
畠山重能墓

 その後の重能の動向は不明である。重能は『吾妻鏡』の中にも見えず、平家との戦いに参戦した記録はない。おそらくそのまま遁世した可能性が高いだろう。なお、畠山重能の次男・畠山庄司次郎重忠は頼朝に気に入られ、清廉潔白な性格と豪腕無比な武勇は、鎌倉武士の鑑と称された。

 重能の墓と伝わる卵石が、畠山氏の居館跡に遺されている。「重忠墓の南東、椎ノ木下にある自然石」がそれであるという。椎の木の根元にひっそりと隠れるように収まっている姿は、平家が滅び鎌倉時代になって、世の中から忘れ去られた重能の姿そのものであるかのようである。


千葉氏の一族〕〔千葉氏の掲示板〕〔秩父氏のトップ〕〔平良文の子孫

Copyright(C)1997-2007 S-Shibata. All rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。