千葉守胤

武蔵千葉氏

○武蔵千葉氏○

千葉氏HP千葉宗家目次下総原氏リンク集掲示板

―― 初代 二代 三代 四代 五代 六代
千葉胤賢
(????-1455)
千葉実胤
(1442?-????)
千葉介自胤
(????-1493)
千葉介守胤
(1475?-1556?)
千葉胤利
(????-????)
千葉胤宗
(????-1574)
千葉直胤
(????-????)

トップページ武蔵千葉氏千葉自胤


千葉介守胤(1475?-1556?)

生没年 文明7(1475)年?〜弘治2(1556)年11月8日?
通称 不明
千葉介自胤
某氏(龍興院殿了室覚公大姉)か
某氏
官位 不明
官職 中務丞
幕府役 千葉介
所在 武蔵国石浜
法号 總見寺殿長山昌撤
墓所 妙亀山総泉寺

 武蔵千葉氏三代。初代武蔵千葉介・千葉介自胤の子。官途は中務丞。母は不明。弟に顕胤祐胤(二郎)があったともいわれるが不明。守胤は石浜に住み、菩提寺として妙亀山総泉寺を建立した。

 公卿・三条西実隆から彼は「千葉介」と呼ばれており、永正16(1519)年9月2日、「千葉介守胤」「同妻」百首歌合点の依頼東下野守常和の書状が三条西家へ届けられた(『再章草』)東常和は歌人武士・東常縁の子でやはり歌道に通じており、三条西実隆とも交流があった人物。このころ東常和相模国芦名に住んでおり、歌道に深く傾倒していたと思われる千葉介守胤(盛胤)は彼と親交があったのだろう。

 千葉介守胤、百首歌よみて、合点の事申とて、つヽみ紙に歌侍し、これより浦紙に、
 
  としふかきおもひもさそとあしたつの 心しらるヽわかのうら風
 
 同妻、百首歌、おなしく歌侍し
 
  藻しほ草まきれぬ玉の数々は ひろひのこすもあかぬ光を
 
 東下野守常和、同前
 
  代々の跡に和歌のうら波かけて猶 神のまもらん末をしそ思

 武蔵千葉氏と東氏の関係は、守胤の父・千葉介自胤東常和の父・東常縁がともに下総千葉氏と戦ったころから始まったと思われ、その交流がそれぞれの子・千葉介守胤と東常和にも引き継がれたと考えられる。自胤の兄・千葉七郎実胤は突然隠居をするが、実胤は「美濃辺」へ下って亡くなったという。東常縁の所領は美濃国郡上郡であり、実胤も東氏を頼っていったのかもしれない。

●下総千葉氏、武蔵千葉氏の関係(番号は「千葉介」の就任順番。赤:武蔵千葉介青:下総千葉介緑:就任疑問

+―馬加康胤―――+?=岩橋胤輔――――D千葉介孝胤――E千葉介勝胤
|(陸奥守)   | (千葉介?)   (千葉介)   (千葉介)
|        |
|        +―千葉胤持
|          

+―@千葉介兼胤―+―A千葉介胤直―+―B千葉介胤将
  (千葉介)  | (千葉介)  | (千葉介)
         |        |
         |        +―C千葉介胤宣<胤直(父)、胤賢(叔父)とともに、馬加康胤に討たれる>
         |          (千葉介)
         |
         +―千葉胤賢―――+―@千葉介実
          (中務丞)   | (七郎)
                  |
                  +―A千葉介自胤――B千葉介守胤
                    (千葉介)   (千葉介)

 大永3(1523)年9月、武蔵国淵江から「東下総守胤?」なる人物が三条西実隆のもとへ和歌が遣わされている。同時代、東氏の系譜上で見える「下総守」で「胤」のつく人物は「東下総守尚胤」がいる。淵江と石浜は非常に近く、守胤とも何らかの接点があったと思われるが、伝わっていない。

 弘治2(1556)年11月8日に亡くなったという。法名は總見寺殿長山昌撤。また、「天文六年(1537)」の12月27日に亡くなった「宗雄 千葉介」も見える(『浄蓮寺過去帳』)。同過去帳によれば、「日香 千葉介殿御内」が天文14(1545)年9月11日に亡くなったという。千葉介(宗雄)、千葉介殿御内(日香)はいずれも守胤・守胤妻の活躍時期と重なっていることから、彼らに相当すると考えられる。

 一説には、盛胤(=守胤?)は千葉実胤と上杉顕房娘との子「中務大輔守胤」であって、臼井俊胤の養子となって臼井氏の家督を継いだともいわれる。


前のページページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板次のページ

Copyright(C)1997-2009 chiba-ichizoku. All rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。