原氏 ~千葉介の家老~

臼井城 原氏
 

原氏の嫡流千葉氏トップページ下総高城氏

大野原氏小西原氏弥富原氏本作倉原氏森山原氏八王子原氏手賀原氏相馬原氏


~原氏歴代当主~

当主 原胤高
原胤親
原胤房
原胤隆
原胤清
原胤貞
原胤栄
原胤信
通称 四郎 孫次郎     孫次郎   十郎 主水助
官途   甲斐守
式部少輔
越後守
越後入道
宮内少輔 式部少輔 上総介 式部大輔  
法名 光岳院? 貞岳院? 勝岳院
勝覚
昇覚
不二庵
全岳院
善覚
超岳院 震岳院?
道岳?
弘岳大宗  

~房総平氏の古族・原氏~

 原氏は、房総平氏の一族でも比較的古い氏で、平安時代後期、房総平氏の惣領家・平常長の四男・常宗(四郎)が、下総国香取郡千田庄原郷(千葉県香取郡多古町染井付近)に入って「原」を称したのをはじまりとする。常宗の末裔からは、原氏のほか、飯竹氏、岩部氏、仁戸田氏、大原氏、佐野氏、鞍持氏らが系譜から確認できる(原氏略系図) 。また、常宗の弟・次浦常盛(八郎)も千田庄次浦村(香取郡多古町次浦)を領して次浦を称し、その末裔も千田庄内に住して、千田氏・岩澤氏・江指氏が発生している。

 平常長は下総国および父祖・平忠常ゆかりの夷隅郡に私領を有し、子息たちを各地に配して繁栄の基礎を築いた。

○平常長の子息たち(『神代本千葉系図』)

名前 通称 名字地 現在地
上総権介(?)常兼      
白井常親 次郎 下総国印旛郡白井郷 成田市南部~八街市
鴨根常房 三郎 上総国夷隅郡鴨根村 いすみ市岬町鴨根
原 常宗 四郎 下総国香取郡原郷 香取郡多古町染井
相馬常晴 五郎 下総国相馬郡 茨城県北相馬郡~千葉県鎌ヶ谷市佐津間(ただし常晴の私領は我孫子市周辺のみと推測)
大須賀常継 六郎? 下総国香取郡大須賀保 成田市東北部
次浦常盛 八郎 下総国香取郡次浦村 香取郡多古町次浦
埴生常門 九郎 下総国埴生郡 成田市北部
海上常衡(実常兼子) 与一 下総国海上郡 海上郡
常遠 ――
常綱 ――

 夷隅郡は朝廷の追討を受けた平忠常が籠もった地でもあり、いわば由緒地であった。ここに入部したのが、原氏の祖となる常長三男・鴨根三郎常房であった。しかし、常房の子はここ夷隅郡から下総国香取郡内へ移り、かわって夷隅郡へ入ってきたのが、のちの上総介平氏の祖となる平常晴(相馬五郎常晴)であった。常晴はここを地盤として子供たちを上総各地へ入部させ、上総介平氏の繁栄の礎を築く事となる。

 時代は下って治承4(1180)年9月、伊豆で反平家の兵を挙げた源頼朝が敗れて房総半島に逃れてくると、平家一門(平清盛の姉妹婿)の公家・藤原親正(千田庄領家。匝瑳北条内山館に在住)が頼朝を襲うため、千葉方面へと兵を進めた。このとき、藤原親正は千田庄周辺の下総平氏一族にも出兵を命じ、「鴨根の三郎常房の孫、原の十郎太夫常継、同じく子息の平次常朝、同じく五郎太夫清常、同じく六郎常直、従夫の金原の庄司常能、同じく子息金原の五郎守常、粟飯原の細五郎家常の子息権太元常、同じく次郎顕常等」が親正とともに出陣した(『源平闘諍録』)。親正の軍勢催促の早さから見て、すでに頼朝の挙兵と千葉氏の頼朝への協力が平家方に察せられていたことがうかがわれる。親正自身は本来、在京して皇嘉門院に出仕すべき「皇嘉門院判官代」であるにも関わらず、皇嘉門院領だったと思われる千田庄に下向していることは、おそらく平清盛の命を受けた下向(大庭景親同様の措置か)ではなかっただろうか。

下総地図
初期房総平氏の所領(下総国)

○『源平闘諍録』に記載の房総平氏一族

 平常長―+―鴨根常房==原常宗―+―常継――――+―常朝
     |(三郎)  (四郎) |(十郎太夫) |(平次)
     |           |       |
     +―原常宗       |       +―清常
     |(四郎)       |       |(五郎太夫)
     |           |       |
     |           |       +―常直
     |           |        (六郎)
     |           |
     |           +―金原常能―――守常
     |           |(庄司)   (五郎庄司)
     |           |
     |           +―粟飯原家常―+―元常
     |            (細五郎)  |(権太)
     |                   |
     +―平常兼―――千葉介常重―常胤    +―顕常
     |(下総権介)(下総権介)(下総権介)  (次郎)
     |
     +―相馬常晴――上総常澄――広常
      (上総権介)(上総権介)(上総権介)

 親正は内山館を打って出ると、千葉庄に攻め入った。本来千葉が攻撃目標であったかは疑問だが、このとき、千葉介常胤はじめ一族のほとんどが頼朝を出迎えるために上総国に出払っており、千葉庄は手薄であった。国府を攻めて千葉へ戻り、父を追って上総へ向かっていた常胤嫡孫・成胤(小太郎)が曽我野に来たとき、親正来襲を知ったという。すぐさま立ち戻り、結城浜(現在の千葉駅周辺)で親正勢を食い止める一方で、父や祖父へその急報を伝えた。これを伝え聞いた千葉介常胤・上総権介広常が軍勢を率いて駆けつけ、親正勢との間で激戦となった。

 親正勢の原常朝・粟飯原常顕が先陣として千葉勢・上総勢の中に駆け入り、戦端が開かれるが、結果として千葉勢・上総勢の大勝に終わる。壊走する親正勢のなかで、原常直(六郎)は重傷を負い、馬に倒れ掛かって逃れようとしたところ、上総勢の天羽庄司秀常(広常弟)が彼の馬を射殪した。常直は馬から降りるも傷のため歩けず、太刀を杖にしてようやく立ち上がった。そこに、兄の常朝・清常が駆けつけ、清常が自分の馬に常直を乗せようとするが、すでに意識が薄れていた常直は「吾は助かるべしとも覚えず、敵すでに近づきて候、各々ここを罷り去り玉へ」と訴えたため、二人の兄はやむなく彼を打ち捨てて逃れ去った。さらに、粟飯原元常(権太)も射殺され、親正は千田庄へ向けて逃れていった(『源平闘諍録』)。しかし親正は成胤の手勢に囲まれ、捕らえられた(『吾妻鏡』)

 のち、この原氏(前期原氏)は千田庄を治めた千葉宗家の被官となり、同族の円城寺氏とともに千葉宗家に隠然たる力を持つこととなった。一族の岩部氏は建武年中の『氏名未詳書状』(『金沢文庫文書』「随自意抄」第七紙背)によれば、「千田孫太郎殿子息瀧楠殿「千葉介殿」と一味同心して、大嶋城(香取郡多古町島)を攻めた際に参陣した武士として「竹元」「岩部中務」が見える。この「岩部中務」とは、系譜上の岩部中務胤永であろう。

 このころ千田庄では、守護・千葉介と、千田庄領主・千田氏が対立しており、「千田孫太郎殿子息瀧楠殿は、もともと千田氏嫡子であった千田瀧楠(胤■)で、千葉介と同心して実力を持って千田氏の大嶋城を攻め落としたらしい。また、「竹元」とは、千葉介の侍所(武士で侍所を持っていた家は、細川家など、微数に限られる)であった「竹元三郎左衛門尉」と同一人物だろう。『親真書状』(『金沢文庫文書』「華厳宗信解安心要文書」上紙背)には、「原三郎兵衛門是永」「吉澤進左衛門」「岩部中務」「サヽモト新左衛門尉」とあり、常宗の子孫と思われる彼ら、原氏・吉澤氏・岩部氏や、千葉侍所・竹元(篠元)氏らは鎌倉時代を千葉介の被官として千田庄に繁栄し、室町期にも在郷領主として勢力を有していたことがうかがえる。

 某年の湛睿(千田庄東禅寺の住持)の書状には、「土橋寺事」について、「千葉介、図書左衛門、御寺方」へ書状を遣わした事が記され、「原四郎」へ対しても千葉介への忠勤を誓う書状を遣わしている(『金沢文庫文書』)。称名寺三世となる湛睿は貞和3(1347)年11月30日に一周忌が執り行われていることから、貞和2(1346)年以前に発給された書状であることがわかる。「土橋寺事」とは「千葉介」守護勢力と千田胤貞の千田氏との千田庄内の合戦で、東禅寺は当時、千田胤貞を外護者としていた。しかし、千田氏の敗戦によって湛睿は千葉介の側近である円城寺氏と原氏に宛てて、千葉宗家へ忠勤を励むことで東禅寺を守ろうと考えたのだろう。この「原四郎」は建武3(1336)年8月23日に東禅寺で四十九日法要が行われた「原四郎母」の子であろう。原常宗の末裔・原四郎朝胤の世代が建武年中に相当すると考えられ、朝胤の母親であるのかも(『神代本千葉系図』)

『非母旨趣』(『金沢文庫文書』二○四一)

建武三年八月廿三日、土―――為原四郎母儀四十九日

 前期原氏は鎌倉期を通じて千葉宗家の上級被官として続いたと思われるが、室町時代に入るとこの原氏の地位をそのまま継承した後期原氏が登場する事になる。後期原氏は千葉介氏胤の子・孫四郎胤高を祖とする宗家の血を引く一族で、室町時代末期には千葉宗家を凌駕する勢力を持つにいたった。

○原氏略系図○

平常長-原常宗-常継―+―常朝―+―朝秀―+―家朝―――+―岩部常行――+―有常
   (四郎)(十郎)|(平次)|(二郎)|(小次郎) |(五郎兵衛尉)|(兵衛次郎)      
           |    |    |      |       |
           |    |    +―家景   |       +―常正――――胤永――胤規―常規―常清―常楽―常賢
           |    |     (右衛門尉)|       |(兵衛三郎)(中務)(兵庫)
           |    |           |       |
           |    |           |       +―原氏胤
           |    |           |       |(五郎)
           |    |           |       |
           |    |           |       +―仁戸田胤行―胤盛―胤範――胤利―胤治―胤秀―儀秀
           |    |           |                 (阿波守)
           |    |           |
           |    |           +―原胤秀―――+―胤家
           |    |            (八郎)   |(次郎右衛門尉)
           |    |                   |
           |    |                   +―朝胤
           |    |                    (四郎)
           |    |
           |    +―朝房―+―常泰―――+―如圓――――+―性弁
           |     (五郎)|(太郎)  |(妙見座主) |(大進)
           |         |      |       |
           |         |      |       +―胤春
           |         |      |       |(孫次郎)
           |         |      |       |
           |         |      |       +―宗茂
           |         |      |       |(孫三郎)
           |         |      |       |
           |         |      |       +―平右衛門三郎
           |         |      |       |
           |         |      |       |
           |         |      |       +―□□
           |         |      |        (妙見座主)
           |         |      |
           |         |      +―泰継―――――+―胤継
           |         |       (三郎右衛門尉)|(三郎)
           |         |               |
           |         |               +―胤泰
           |         |                (右衛門五郎)
           |         |
           |         +―親朝―――+―親胤―――――――牛尾泰親
           |         |(弥五郎) |(弥平次左衛門尉)(五郎)
           |         |      |
           |         |      +―舜吽
           |         |      |(肥前)
           |         |      |
           |         |      +―道胤
           |         |       (帥法橋)
           |         |
           |         +―光房―――――良弁
           |         |(六郎)   (大進法橋)
           |         |
           |         +―乗月―――――快弁―+―重胤
           |                 (伊賀)|(三郎)
           |                     |
           |                     +―頼泰
           |                     |(五郎)
           |                     |
           |                     +―胤泰
           |                      (与三)
           |
           +―常次―――飯竹家房―+―泰友―――+―重宗――重近
           |(平三郎)(五郎)  |(五郎次郎)|(五郎)(彦五郎)
           |           |      |
           |           |      +―家継―――+―□□
           |           |       (三郎次郎)|(弥次郎)
           |           |             |
           |           |             +―家幹
           |           |              (弥三郎)
           |           |
           |           +―朝秀―――+―□□
           |            (弥三郎) |(彦五郎)
           |                  |
           |                  +―□□
           |                  |(弥四郎)
           |                  |
           |                  +―□□         +―常明――――――永常
           |                   (大進)        |(彦三郎)   (三郎)
           |                               |
           +―清常―――+―大原常光――+―重綱―――――+―政常――――+―常賢――――――常貞
           |(五郎大夫)|(三郎兵衛尉)|(三郎左衛門尉)|(三郎兵衛尉) (三郎左衛門尉)(三郎兵衛尉)
           |      |       |        |
           +―常直   +―佐野胤清  +―妙義     +―頼重――――+―□□
           |(六郎)  |(次郎)    (僧侶)     (与一)   |(三郎)
           |      |                        |
           |      +―常近                     +―□□
           |       (五郎)                    |(四郎)
           |                               |
           +―忠常―――+―鞍持忠泰―+―忠光―――兵衛次郎       +―□□
           |(七郎)  |(次郎)  |(兵衛尉)             (六郎)
           |      |      |
           |      |      +―泰宗―――次郎   +―胤房
           |      |      |           |(左衛門次郎)
           |      |      |           |
           |      |      +―忠景――――――――+―常光
           |      |       (七郎左衛門尉)   |(三郎)
           |      |                  |
           |      |                  +―僧侶
           |      |                  |(大夫)
           |      |                  |
           |      |                  +―七郎
           |      |
           |      +―常光―――――常村―――――+―常清 +―□□
           |      |(三郎)   (弥三郎兵衛尉)|(七郎)|(治部)
           |      |               |    |
           |      +―忠綱―――――忠行     +―良有―+―□□
           |       (五郎)   (左衛門尉)  |(伊予) (三郎)
           |                      |
           +―家房―――――□□            +―良弁―――常弁
            (九郎)   (平三郎)           (大弐) (大進)


ページの最初へ千葉一族HPへ千葉宗家千葉氏の一族リンク集掲示板原氏の庶流下総高城氏

Copyright(C)1997-2013 chiba-ichizoku. All rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。