千葉胤宗

武蔵千葉氏

○武蔵千葉氏○

千葉氏HP千葉宗家目次下総原氏リンク集掲示板

―― 初代 二代 三代 四代 五代 六代
千葉胤賢
(????-1455)
千葉実胤
(1442?-????)
千葉介自胤
(????-1493)
千葉介守胤
(1475?-1556?)
千葉胤利
(????-????)
千葉胤宗
(????-1574)
千葉直胤
(????-????)

トップページ武蔵千葉氏千葉胤宗


千葉胤宗(????-1574)


生没年 文明7(1475)年?〜天正2(1574)年正月
通称 次郎
千葉胤利?
不明
不明
官位 不明
官職 不明
幕府役 不明
所在 不明
法号 不明
墓所 不明

 武蔵千葉氏五代。四代千葉胤利の子。通称は二郎「胤昭」「治胤」とも。

 家老・木内上野介は武蔵千葉家の家政を取り仕切っていた人物だったが、永禄7(1564)年正月の国府台の戦いで北条軍の先陣として出陣し、里見勢の里見民部・正木時忠らと戦い、討死した『異本小田原記』).。その子と思われる木内宮内少輔は武蔵千葉家の家宰になったという。

 天正2(1574)年正月、古河公方・足利義氏の宿老で関宿城主・簗田持助が北条氏に反旗を翻したため、胤宗は黄色の陣羽織をはためかせ、組頭の江戸遠山氏に従って関宿城に攻めこんだが、持助の家臣・菊間図書と組み打ちして討死を遂げた『異本小田原記』).

 胤宗を討った菊間図書は、胤宗の陣太刀・甲冑・陣羽織を戦利品として手に入れ、天正18(1590)年、松平康元が関宿城主になるとこれらを持参して康元の家臣となった。

◎足利晴氏(古河公方)の支配家:天文年中◎

長尾但馬守政長(足利) 小田讃岐守氏治(小田) 壬生下総守綱房(鹿沼) 真壁右衛門尉氏幹(真壁) 小山七郎政昭(祇園)
結城左衛門督政勝(結城) 水谷幡龍斎(久下田) 山川讃岐守勝範(山川) 多賀谷下総守政経(下妻) 簗田中務大輔政信(関宿)
水谷兵部大輔正持(下館) 相馬小次郎治胤(守谷) 千葉介利胤(千葉) 一色義直(幸手)  
高 修理頭(家老職) 一色右衛門佐(家老職) 三浦左京大夫(家老職) 二階堂主殿頭(奥家老職) 鳥見主計(侍大将)
小池肥前守(侍大将) 中根帯刀(侍大将) 佐藤新兵衛尉(侍大将) 布施左衛門尉(侍大将) 梶原平太夫(侍大将)

◎足利国朝(古河公方・足利義氏の養嗣子)が下野喜連川に移ったときに従った家臣◎

高 修理頭 伊賀金右衛門 相馬靫負 渋江弥五郎 梶原平右衛門 堀江彦右衛門 印東内記 柴田 某
福田 某 後藤内蔵助 大草茂右衛門 高塩 某 星 某 高橋 某 石崎 某  
里見主馬 高城左衛門 浅沼友左衛門 水戸 某 武田一郎右衛門 海老名 某 佐藤 某 土屋織部
小俣 某 大谷 某 江戸 某 芦屋 某 一色刑部 相木与右衛門 石塔 某 中村四郎兵衛
椎木 某 伊賀伊勢守 鴻野修理 山名豊前守 国井 某 山名采女 逸見三郎  

◆『異本小田原記』一(『北区史』所収)

 …然れども里見民部兄弟、柾木左近、菅野盛返し攻戦ひ、小田原先陣木内上野守以下あまた討死す…

◆『異本小田原記』二(『北区史』所収)

…其年天正元年十月下旬、関宿の城主簗田中務大輔逆心して佐竹と一味す、依之小田原より氏政御出張、関宿へ御取詰め合戦也、此城二方は大河にて要害無双の所なり。

 江戸衆、小金衆、臼井の衆、千葉家来衆は皆舟にて河より押寄する、去程に持口を請取、方々より攻寄する、籠城方にもふんけんと小造なんどといふ一人当千の侍供突いて出で防ぎ戦ふ、其の日、大勢攻寄り、城よりも切つて出で、大手にて攻合ひ、小田原方武州石浜城主千葉次郎殿黄色の陣羽織を着て一番に懸り城方の物頭菊間図書といふ者と組んで落ち、千葉殿爰にて討死なり…

 …此時石浜の千葉殿に女子ありて男子なし、氏政の御下地にて北条常陸守氏繁の三男を養子にして彼息女に合せ、千葉の一跡相続あり、然れ共、千葉二郎幼少なればとて与力の侍并石浜の城を木内上野に預けらるヽ、上野討死の後は子息、木内宮内少輔支配あり、彼与力衆は板橋肥後守、板橋城主松戸越前守、赤塚の城主大塚なり、以上石浜領は四千貫の所なり。

 然るに千葉二郎成人の間石浜を返し給はるべきとい度々申上げらるゝ、木内が家老宇月内蔵助と申す者、申上ぐるは、宮内少輔も素手に石浜居住の後父は討死す、その後数々の功名軍中不勝計、石浜の御改易有難き事なるべしと頻りに申す間、此事延引しける。

 千葉二郎のうちに須藤といふ者、主の所望空しき事を無念に思ひて石浜へ忍びて行き、彼宇月といふ者を召していひけるが、石浜の惣泉寺といふ会下の寺の中にて行き会ひ刺違へて死にけり、此由小田原へ聞こえける間、千葉二郎の所行なりとて本領をば遂に返されず、…

前のページページの最初へトップページへ千葉宗家の目次千葉氏の一族リンク集掲示板次のページ

Copyright(C)1997-2009 chiba-ichizoku. All rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。