秩父党 畠山氏

畠山氏

武蔵国留守所惣検校職

トップページ平良文の子孫秩父氏畠山氏 > 畠山氏3


平良文
(????-????)
平忠頼
(????-????)
平将恒
(????-????)
平武基
(????-????)
秩父武綱
(????-????)
秩父重綱
(????-????)
畠山重弘
(????-????)
畠山重能
(????-????)
畠山重忠
(1164-1205)
畠山重保
(1190-1205)
重慶阿闍梨
(????-1213)
       

●畠山・小山田氏略系図

           足立遠元―――娘
          (右衛門尉)  ∥
                  ∥――――畠山重秀
                  ∥   (小次郎)
                  ∥   
畠山重弘―+―畠山重能―+――――畠山重忠――阿闍梨重慶
     |(畠山庄司)|   (次郎)
     |      |     ∥――――畠山重保
     |      |北条時政―娘   (六郎)
     |      |
     |      +―長野重清
     |      |(三郎)
     |      |
     |      +―畠山重宗
     |       (六郎)
     |
     +―小山田有重―――――+―――――稲毛重成 
     |(小山田別当)    |    (三郎)  
     |           |      ∥―――小沢重政
     +―娘(千葉介常胤妻) |北条時政――娘  (次郎)
                 |
                 +―榛谷重朝―――+―榛谷重季
                 |(四郎)    |(太郎)
                 |        |
                 +―小山田行重  +―榛谷秀重
                  (五郎)     (次郎)


トップページ平良文の子孫秩父氏畠山氏 > 畠山重保


畠山重保(????-1205)

 畠山次郎重忠の次男。母は北条四郎時政娘。通称は六郎。異母兄に小次郎重秀(母は足立右衛門尉遠元娘)がいた。兄・重秀よりも『吾妻鏡』に名が見えることから、北条氏を母に持つ重保が嫡子とされていたのかもしれない。

 元久元(1204)年10月14日、将軍家御台所として坊門前大納言信清息女が鎌倉へ下向するに及び、お迎えのために十五名の有力御家人の子弟が派遣された。その一人に「葛西十郎」が選ばれている。

 北条時政の六男・左馬権助政範をはじめとして、結城七郎朝広・千葉平次兵衛尉常秀・畠山六郎重保・筑後六郎知尚・和田三郎朝盛・土肥先次郎惟光・葛西十郎清宣・佐原太郎景連・多々良四郎明宗・長井太郎・宇佐美三郎・佐々木小三郎・南條平次・安西四郎らはいずれも実朝好みの若武者で側近と思われる。

 使者一向は11月3日に京都へ到着したが、時政六男・政範は上洛途中で病気に罹り、11月5日に十六歳の若さで京都に没して東山に葬られている。11月13日、鎌倉に政範卒去の報が鎌倉にもたらされ、時政と生母の牧ノ方(時政後室)は悲嘆に暮れたという。

 政範卒去の前日の4日、六角東洞院にある平賀右衛門権佐朝雅(京都守護)の邸で、政範一行の上洛祝いの酒宴が行われた。幕府正使の接待も守護の役目であったことがわかる。

 ところが、この宴席で畠山重保と朝雅が喧嘩になった。朋輩たちがなだめたため事なきを得たが、対立が解消することはなかった。朝雅は翌日病死する政範の義兄(政範の姉が朝雅妻)である一方で、重保の母は牧ノ方腹ではない時政娘であり、北条家内の対立の構図の反映ということもあったのだろう。「所謂右衛門權佐朝政、於畠山次郎有遺恨之間、彼一族巧反逆之由、頻依讒申于牧御方」とあり、朝雅と重保の父・重忠には深刻な対立が見受けられる。朝雅の父・平賀義信は武蔵守として国府に駐在して善政を敷いており、そのあとを継いで武蔵守となった朝雅が武蔵国に常駐していなかった点と、その不在時に国政を見た留守所惣検校職の畠山重忠との間に対立が発生したのかもしれない。

 この喧嘩で重保は政範の死で気を逆立たせている牧ノ方の怒りを買ったのだろう。牧ノ方は娘婿である朝雅を擁護し、牧ノ方の言いなりになっていた時政もまた武蔵国の実権を握る好機と見たのかもしれない。時政は畠山氏の討滅を実行に移した。

 元久2(1205)年4月11日、北条時政は日ごろは武蔵国橘樹郡稲毛郷に隠棲していた娘婿の稲毛三郎重成入道を武蔵国から鎌倉に招聘した。畠山一族の族滅を語らったのだろう。重成入道は重忠の帯する留守所惣検校職ならびに秩父氏家督をちらつかされたのではなかろうか。重成入道は男衾郡に帰郷中の重忠へ宛てて「当時鎌倉中兵起有る」という偽手紙を届けており、重保重忠の命を受けて鎌倉へ向い、6月20日夕刻、鎌倉の畠山邸に到着した。

 21日、時政は子の相模守義時式部丞時房重忠を討つ計画をはじめて明かした。しかし義時は、

「重忠は治承四年以来忠直を専らとするの間、右大将軍その志を覧給うに依って、後胤を護り奉るべきの旨、慇懃の御詞を遺さるる者なり。なかんずく、金吾将軍の御方に候ずと雖も、能員合戦の時、御方に参りその忠を抽んづ。これ併しながら父子の礼(重忠は遠州聟なり)を重んずるが故なり、しかるに今何の憤りを以て叛逆を企つべきや、もし度々の勲功を棄てられ、楚忽の誅戮を加えられば、定めて後悔に及ぶべし、犯否の真偽を糺すの後、その沙汰有るも停滞すべからざらんか」

大反対。義時と重忠は大変仲が良かった上に義理の兄弟。比企能員を追討した際にも味方に加わったのは、「父子の礼」を重んじた重忠の信義によるものであり、いまさら重忠が幕府に対して謀叛を企てることなどありえないことで、もし愚かにも彼を討てば、必ず後悔することになると、計画の中止を訴えた。しかし、時政は一言も反論することもなく、そのまま座を立って幕府を退いた。時政は義時の反対など聞く耳持たぬ構えで、もはや中止する意図などなかった。時政から義時の反対を聞いた牧ノ方は大岡備前守時親を義時のもとに派遣して、

「重忠謀叛の事すでに発覚す、仍つて君の為世の為、事の由を遠州に漏らし申すの處、今貴殿の申さるるの趣、偏に重忠に相代わり、彼が奸曲を宥められんと欲す、これ継母の阿党を存じ、吾を讒者に処せられんが為か」

と告げさせた。「貴殿は私を継母と侮り、讒者としたいか」という嚇しにも似た泣き言であった。牧ノ方が娘婿・平賀朝雅を将軍につけることを狙い、朝雅と対立関係にあった重忠を謀叛の罪に陥れて追討しようという陰謀であることは義時もわかっていたのだろう。だが、義時はもはや彼らの謀略を留める事は難しいと考えたか、さじを投げてしまった。しかし、その心底では重忠の謀叛はありえないことを信じ、この騒乱が終わったあかつきには、時政と牧ノ方を鎌倉から放逐する決意を固めたのだろう。

 そのような陰謀があるとは思ってもいない畠山重忠は、6月19日、武蔵国小衾郡菅谷館を出立しており、鎌倉街道を南下していた。

畠山重保塔
伝・畠山重保供養塔

 6月22日早朝、幕府は在倉の御家人に「謀叛の輩を誅せらるべし」という命が下された。これに応じた御家人たちは、武装して我先に由比ガ浜辺へ馬を走らせて行くが、恐らく具体的な謀反人の名は伝えられてはいなかったと思われる。

 当然、畠山邸にもこの幕命が伝えられ、父・重忠の留守を守っていた重保もわずかに郎従三人を率いて由比ガ浜へ走った。しかしここで待っていたのは、重保追討の命を受けた三浦平六兵衛尉義村の手勢・佐久間太郎であった。重保は謀られたと察し、取り囲む佐久間勢を相手に奮戦したが、多勢に無勢、重保は郎従三人とともに討死を遂げた。三浦氏と畠山氏は治承5(1180)年の由比合戦、衣笠合戦の潜在的な遺恨があったと思われ、時政はその感情を利用したのかもしれない。

 父・重忠も同日、武蔵国二俣川横浜市旭区鶴ヶ峰本町)において幕府軍の大軍と戦い、戦死した。享年四十二歳。その後、兄の小次郎重秀(二十三歳)や郎従らも自刃して果てた。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


トップページ平良文の子孫 秩父氏畠山氏 > 畠山重秀


畠山重秀(1183-1205)

 畠山次郎重忠の長男。母は足立右衛門尉遠元娘。通称は小次郎六郎重保の異母兄。彼が嫡男の扱いであったのかは不明。北条時政娘を母とする弟・重保の活躍が『吾妻鏡』『曾我物語』に見えることから、重忠は重保を次代家督と考えていたのかもしれない。

 元久2(1205)年、畠山一族の族滅を謀る北条時政・牧ノ方は、畠山氏と同族の稲毛重成入道を唆して畠山重忠を鎌倉へ召喚。これに応じた重忠は、まず二男の重保を鎌倉へ奔らせた。そして、重秀も6月19日、父・重忠に随って男衾郡の屋敷を出立し、鎌倉へ向かった。しかし、この召還は北条時政の罠であり、6月22日早朝、由比が浜において重保は三浦氏によって殺害されていた。

 重保の死など知らない重忠重秀ら百三十四騎は、なおも鎌倉街道を南下して鎌倉に向かっていたが、22日昼頃、武蔵国二俣川の駅に着いたところで、北条義時率いる重忠追討の命を受けた幕府軍と遭遇。このとき、重保がすでに殺されていたことを知るや、畠山勢は名を汚すなとばかり大軍の中に斬り込み、散々に暴れまわったのち、弓の友・愛甲三郎季隆の矢に中って重忠は討死。そして、その最期を見た重秀は畠山家の郎従とともに自刃して果てた。享年は二十三歳。


トップページ平良文の子孫秩父氏畠山氏 > 阿闍梨重慶


阿闍梨重慶(????-1213)

 畠山次郎重忠の末子。通称は大夫阿闍梨下野国日光山の僧侶になっていたようである。重忠の死によって日光山に移されたのか、それ以前から日光山にいたのかは不明だが、重忠の末子ということであれば、おそらくまだ十代から二十代前半であろう。その頃にはすでに「阿闍梨」を称していたことになる。

 重忠の追討後、重忠は無実であったことを北条義時が父・北条時政に談判し、時政は幕政混乱の責任を負わされて伊豆国田方郡北条へ追放された。これによって重忠一族はおそらく赦免され、重慶もとくに咎めはなかったと思われる。

 しかし、建暦3(1213)年9月19日、下野国日光山別当法眼弁覚の使いが鎌倉にもたらされた。

「故畠山次郎重忠が末子、大夫阿闍梨重慶、当山の麓に籠居して浪人を招きあつめ、また祈祷して肝胆を砕く事有り、これ謀叛を企つるの條、異儀なきか」

 この報告を受けた将軍・源実朝は、下野の長沼五郎宗政重慶の生け捕りを命じた。荒武者として知られる宗政は幕府から屋敷に戻ることなく、連れてきていた家子1人・雑色8人だけを引き連れて下野に急行。宗政の出陣を伝え聞いた長沼屋敷の宗政郎従はあわてて後を追い、鎌倉は騒然としたという。

 宗政は途中にある本領、下野国芳賀郡長沼村に立ち寄り、手勢を集めたのだろう。その後、日光まで出陣して阿闍梨重慶と戦い、実朝の命に背いて重慶の首を取った。そして9月26日、宗政は重慶の首を持って鎌倉に帰還した。しかし、実朝は重慶殺害の報告を聞くと宗政に会おうとせず、源仲兼を宗政のもとに遣わすと、

「重忠、もとより過ちなくして誅を蒙る。その末子の法師、たとひ陰謀を挿むといへども何事かあらんや。随って仰せ下さるるの旨に任せて、まづその身を生捕らしめて具し参らば、犯否の左右に就きて沙汰あるべきのところ、戮誅を加ふること、楚忽の儀、罪業の因たるの由、甚だ御嘆息と云々」

と宗政を叱責した。これに対して悪口荒言の士として兄・朝政からも叱責を受けていた宗政は目を怒らし、

「件の法師においては叛逆の企て、その疑なし。また生捕るの條、掌の内にありといへども、直にこれを具し参らしめば、諸々の女性、比丘尼らが申状に就きて、定めて宥めの沙汰あらんかの由、兼ねてもって推量するの間、かくの如き誅罰を加ふるものなり。向後に於いては、誰の輩が忠節を抽んづべけんや。これ将軍家御不可なり。およそ右大将家の御時、恩賞を厚くすべきの趣、頻りに以て厳命有りと雖、宗政諾し申さず。ただ望むらくは御引き目を賜り、海道十五ヶ国中に於いて民間の無礼を糺し行ふべきの由、啓せしむるの間、武備を重んぜらるるが故に、忝なくも一の御引目を給ひ、今の蓬屋の重宝たり。当代は歌鞠を以て業となし、武芸廃るるに似たり。女性を以て宗となし、勇士、これ無きが如し。また没収の地は勲功の族に充てられず、多く以て青女等に賜ふ。いはゆる榛谷四郎重朝が遺跡を五條局に給ひ、中山四郎重政が跡を以て下総局に賜ふと云々」

と、実朝に対する不満をぶちまけ、さらに飽きたらずに悪口を続けたため、仲兼は閉口して座を起ち、宗政も御所を退出した。この一件で宗政は実朝から出仕停止の処分を科せられたが、閏9月16日、兄の小山左衛門尉朝政が実朝に陳情を申し述べたため、出仕が認められた。

 なお、阿闍梨重慶の二人の遺児のうち、長男・太郎重基陸奥国二戸郡浄法寺郷に逃れ、子孫は「浄法寺」を名字として在地の豪族となったと伝える。浄法寺氏は室町時代中期の応永年中、南部守行に召し出されてその家臣となった。

 ただし、浄法寺氏の名字地・浄法寺(藤岡市浄法寺)は畠山氏の勢力圏内ではなく、同族高山氏の勢力範囲に含まれる。高山氏の名字地(藤岡市高山)とは隣接し、神流川を望む肥沃な平地である。高山氏の祖・高山三郎重遠(畠山重忠の大叔父)の子・栗須四郎有重栗須(藤岡市中栗須)を領し、その子・小林次郎重兼小林三郎重清兄弟は神流川と笹川に囲まれた小林郷(藤岡市小林)へ移り、その孫・弥二郎重行入道行蓮浄法寺を領して浄法寺氏の祖となる(『熊野那智大社文書』)。奥州へ移り住んだのは、この浄法寺氏の末裔と思われることから、畠山重忠の子・阿闍梨重慶の子孫ではないと思われる。

トップページ平良文の子孫秩父氏畠山氏 > 長野重清


長野重清(????-????)

 畠山庄司重能の三男。通称は三郎「中根三郎」とも。畠山二郎重忠の弟。

 兄・重忠に随って各地を転戦。奥州藤原氏との戦いにも従軍した。そして、元久2(1205)年6月22日の二俣川の戦いで兄・重忠が討たれた際には信濃国の畠山家領の管理に出向いていて難を逃れている

トップページ平良文の子孫秩父氏畠山氏 > 渋江重宗


渋江重宗(????-????)

 畠山庄司重能の四男。通称は六郎。畠山二郎重忠の弟。

 元久2(1205)年6月22日の二俣川の戦いで兄・重忠が討たれた際には、畠山家が地頭を務める陸奥国葛岡郡の代官として派遣されていたため難を逃れている


千葉氏の一族〕〔千葉氏の掲示板〕〔秩父氏のトップ〕〔平良文の子孫

Copyright(C)1997-2007 S-Shibata. All rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。