千葉胤紹

肥前千葉氏

○肥前千葉氏の一族○

千葉氏HP千葉宗家目次肥前千葉氏目次千田庄千葉氏肥前千葉氏の一族下総原氏下総高城氏

トップページ肥前千葉氏千葉胤紹


千葉胤紹(????-1445)

千葉胤紹
胤紹花押

 小城千葉氏九代。六代千葉介胤基の三男。通称は弥次郎右京大夫。「千葉介」は称していないと思われる。

 兄・千葉介胤鎮の重臣の中村左衛門五郎胤宣(公廉)は、永享9(1437)年、胤鎮を廃して胤紹を家督につけるために挙兵し、胤鎮松尾城から追放し、胤紹は胤宣に押される形で千葉氏の家督を継いだ。その後、胤紹は大内氏の庇護を受けて幕府と繋がりを持ち、正式に小城郡司の地位を手に入れた。

 胤紹は家督についた直後から、大友氏や少弐氏との戦いに明け暮れていたようで、某年12月7日に「有浦殿」へ宛てた書状によれば、「豊後豊前筑前之敵方」「悉令退散候」と、大内方として肥前から豊前に攻め込み、大友氏との「豊州之合戦」「御方切勝」ったようである。また、胤紹「今明日之間中、肥前向へ可罷出候、此時御奔走可為肝要候」と有浦氏に頼んでいることから、少弐氏とも戦っていたことが推測される。

 このような中、文安2(1445)年8月に兄で先代当主・胤鎮は、旧臣の岩部氏・仁戸田氏らを率いて挙兵した。胤紹は挙兵の報告を受けるとただちに出兵するが、佐嘉郡川上村西山田胤鎮軍に大敗。国府城に逃れるものの、8月14日に落とされ、17日斬殺された。胤紹の嫡男・政胤もこのとき討たれている。法名は日紹

 胤紹の次男・胤朝大内教弘を頼り、文明元(1469)年6月、千葉介教胤の戦没後、当主の座を奪取している。もう一人の子・胤久も難を逃れ、その子・胤茂は名字を「飯篠」と改め、天文3(1534)年に大村家に仕官し、子孫は大村藩士として続いた。「飯篠」は肥前千葉氏(鍋島玄蕃家)の重臣にその名が見え、肥前千葉氏が下総国香取郡から同道した被官・飯篠氏の末裔と考えられる。胤茂がなぜ千葉家被官筋の「飯篠」を名字としたかは不明。


ページの最初へ千葉氏HP千葉宗家目次肥前千葉氏目次千田庄千葉氏
肥前千葉氏の一族下総原氏下総高城氏

copyright(c)1997-2009 chiba-ichizoku all rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。