岡部藩剣術師範 塚越又右衛門 一

北辰一刀流千葉家

 江戸時代末期、江戸三大道場の一家に数えられた玄武館は、陸奥国本吉郡気仙沼村出身の千葉一族・千葉周作成政を創始者とする北辰一刀流の道場である。

 北辰一刀流とは、千葉家家伝の「北辰流」と周作自身が修業した「一刀流」の合法剣法であり、通説となっている「北辰夢想流」と「一刀流」の合法剣法ではない。また、北辰一刀流は宗教色のない合理的な教法であって「妙見信仰」とも無縁である(周作個人は妙見を守本尊としていた可能性はある)。

 しかし、千葉周作自身の出自については、周作自身が語らなかったこともあり、様々な説がある。これを総合的かつ詳細に検証した佐藤訓雄氏『剣豪千葉周作』(宝文堂)によって、周作にまつわる「謎」が比較検討され、長年疑問が呈されていた出生地や父親の謎に革新的な進展が見られた。さらに、各地に残る千葉周作の出自・伝承を調査した島津兼治氏宮川禎一氏の研究によってさらなる発展があった。

 そして、最近では原典に当たって歴史の掘り起こしをされている研究家あさくらゆう氏によって、周作の出生地が気仙沼市であることやその後の足取り、千葉定吉一族の幕末・明治以降の動向までほぼ明らかにされている。

 このページでは、千葉周作・定吉の実兄で、周作の養子時や定吉の仕官時、その保証人となるなど、弟たちの面倒を見続けた岡部藩士・塚越又右衛門とその子、二代目塚越又右衛門をご紹介する。

●参考文献、ご協力、提供等はこちら

●北辰一刀流千葉周作家(想像略譜)

               +=千葉周作   +―塚越成道―+―塚越成直――+―塚越成男
               |(荒谷村千葉家)|(又右衛門)|(又右衛門) |(鉾五郎?)
               |        |      |       |
               |        |      |       +―塚越至
               |        |      |       |
               |        |      |       |
               |        |      |       +―塚越三治
               |        |      |
               |        |      +―倉光継胤――――倉光光胤
               |        |       (継之進)   (鐉次郎)
               |        |
               |        |【北辰一刀流】
 千葉常成=?=千葉成勝―――+?=千葉成胤――+―千葉成政―+―千葉孝胤――――千葉一弥太
(吉之丞)  (幸右衛門)    (忠左衛門) |(周作)  |(奇蘇太郎)
                        |      |
                        |      +―きん    +―千葉之胤―――千葉栄一郎
                        |      |(嫁芦田氏) |(周之介)
                        |      |       |
                        |      +―千葉成之――+―千葉鉄之助
                        |      |(栄次郎)   
                        |      |
                        |      +―千葉光胤――+―千葉勝太郎―――千葉和
                        |      |(道三郎)  |
                        |      |       |
                        |      +―千葉政胤  +―千葉次彦
                        |       (多門四郎)
                        |
                        +―千葉政道―+―千葉一胤――+―繁
                         (定吉)  |(重太郎)  | ∥
                               |       | ∥
                               +―梅尾    +=千葉束
                               |       |(喜多六蔵二男)
                               |       |
                               +―さな    +―寅
                               | ∥     | ∥
                               | ∥     | ∥
                               | 山口菊次郎 +=千葉清光
                               |       |(東一郎)
                               |       |
                               +―りき    +―震(しの)
                               | ∥     | ∥
                               | ∥     | ∥
                               | 清水小十郎 | 江都一郎
                               |       |
                               +―きく    +―千葉正
                               | ∥
                               | ∥
                               | 岩本惣兵衛
                               |(大伝馬町旅店)
                               |
                               +―はま
                                 ∥
                                 ∥
                                 熊木庄之助

                          

トップページ北辰一刀流千葉家 > 塚越又右衛門成道


塚越又右衛門(1789-1857)

 千葉忠左衛門成胤の長男。通称は又右衛門。初名は須藤成景。寛政元(1789)年に陸奥国「気仙(おそらくいまの気仙沼市)に誕生した。武蔵国岡部藩士。北辰一刀流開祖の千葉周作、桶町北辰一刀流の千葉定吉の実兄にあたり、自身も一刀流を学んだ剣士であった。。

 須藤積中===須藤成景
(庄次郎)  (又右衛門)
  ∥      ↓
  妻=====塚越成道―――塚越成直
       (又右衛門) (又右衛門)

 寛政10(1798)年には二人の弟千葉周作千葉定吉)とともに父・忠左衛門に連れられて江戸へ出たと思われる。このとき又右衛門は十歳。その後、塚越家(どこの塚越家かは不明ながら、深谷宿周辺に多い塚越家か)の養子となり、さらに岡部藩士須藤家に入ったのち、再度塚越姓に戻る。一刀流の剣士として藩士の指南に当たった。当時、岡部陣屋上屋敷内には武道場、射撃場、馬場などが設けられており、師範は藩の役職を持ちつつ藩士の教育が行なわれた(『新編埼玉県史』)

剣術 塚越又右衛門
柔術 向笠喜三治、香川岩治郎、梶並忍
砲術 石川清兵衛、中山豹九郎
馬術 福田九十九
山鹿流兵学 朝倉只之進(岡部藩家老)

■岡部藩須藤家を継ぐ

 塚越又右衛門が塚越家を継いだ時期、その後、岡部藩士・須藤庄次郎積中の養子になった時期は不明ながら、文化10(1813)年末頃、岡部藩御次番格の養父・須藤庄次郎積中が亡くなっており、この時期までには須藤家に入って「須藤又右衛門成景」を名乗っていた。その後、文化11(1814)年正月、養父庄次郎の死の直後にその後家への養子願を提出。2月、願いが認められ、4月15日、御帳付として岡部藩士に召し出された。禄は金五両二人口

●岡部藩主安部家系譜

        安倍元真――安部信勝                    秋月種信娘
       (大蔵)  (弥一郎)                    ∥
              ∥―――――安部信盛              ∥―――――安部信賢
 水野忠元―+―水野忠重――娘    (摂津守)              ∥    (摂津守)
(下野守) |(和泉守) (龍光院)  ∥――――安部信之         ∥     ∥―――――安部信平==安部信充
      |             ∥   (丹波守)         ∥     ∥    (摂津守) (摂津守)
      | 久松俊勝        ∥    ∥―――――安部信友   ∥     ∥
      |(佐渡守)        ∥    ∥    (摂津守)   ∥     ∥
      | ∥―――――娘     ∥    ∥     ∥――――+―安部信峯  青山秘成娘
      | ∥     ∥―――――多効姫  植村家政娘 ∥    |(丹波守)  
      | ∥     保科正直 (鴻元院)       ∥    |     
      | ∥    (弾正忠)             ∥    +―安部信方――安部信興――安部信充―+
      +―娘                      内藤忠政娘 (小十郎) (小十郎) (摂津守) |
       (伝通院)                                           |                    
        ∥―――――徳川家康――徳川秀忠                               |
       松平広忠  (内大臣)                                     |
      (岡崎三郎)                                           |
                                                       |
 +―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+
 |
 +―安部信亨――安部信操―――+―安部信任
  (摂津守) (摂津守)   |(丹波守)
         ∥      |
         三浦前次娘  +―安倍信古―――安部信宝――安部信発
                 (摂津守)  (摂津守) (摂津守)

 これまでの伝によれば、塚越又右衛門について、

(1)理由があつて気仙の須藤家を嗣ぎ、その後、塚越氏に変わつた(『千葉周作遺稿剣法秘訣』)
(2)栗原郡荒谷に生まれたという。故あって気仙の須藤家を継ぎ、塚越と称した
(『剣豪 千葉周作』:佐藤訓雄氏)
(3)塚越は、父浦山寿貞が南部藩に仕えたときの姓である
(『花山村史』)

 のような説があるが、まず(3)については、南部藩士に「塚越家」は見られない。さらに「塚越の姓は…安倍摂津守鉾右衛門に迎えられ、のち師範となって塚越家を継いだので初めて塚越を名乗ったもので、父忠左衛門は生涯塚越を名乗っていないのである」(『剣豪 千葉周作』:佐藤訓雄氏)とある通り、又右衛門や周作らの父・千葉忠左衛門が塚越を称した形跡は見られない

 また、(1)(2)についても岡部藩の文書(『岡部藩主安倍家関係文書』)より、「気仙の須藤家」を継いだ後に「塚越」に変わったものではないことがわかる。さらに成道(当時は成景)自身が藩庁に提出した「勤書」の中に「養父庄次郎」と認めている。この「養父庄次郎」とは、岡部藩御次番格の須藤庄次郎積中のことであり、又右衛門は「気仙の須藤家」ではなく、「岡部藩士須藤家」を継ぎ、「須藤又右衛門成景」を名乗ったことがわかる。

 又右衛門の孫にあたる塚越三治が奥州荒谷村の千葉周吉千葉周作の父・忠左衛門が世話になった荒谷千葉周作の孫)へ宛てた手紙の中で、又右衛門について「私の祖父は千葉周作の兄にして、塚越家に養子に参り候」「奥州気仙千葉の男とのみ記し有」とあって、決して「気仙の須藤」の養子になったとは記されていない。

 その後「本苗塚越復性」とあって、須藤家の養子になる前に一度「塚越」を称していたことも伺える。「塚越」については、又右衛門以前は岡部藩に塚越姓の藩士はないため、岡部藩士塚越家の養子になっているわけではない。塚越姓は岡部藩領に点在しており、その途中、中山道の深谷宿あたりに点在している塚越家の養子に入ったのかもしれない。

 文化13(1816)年2月2日、又右衛門は江戸藩邸に詰め、馬場先御番所勤番御徒士目付代となり、4月28日には、将軍・徳川家斉の日光社参に供奉した藩公・安倍摂津守信操に従い、日光御供御徒士目付代となる。5月5日、社参が滞りなく済み、藩公より酒肴が振舞われた。8月15日、御中小性席御米払役に就任する。

 文化14(1817)年、御米役御金払役に任じられ、御役料として金三分下された

■塚越へ復姓する

 文政2(1819)年12月、又右衛門は養家の「須藤」から「本苗塚越復性」を願い出て許された。なぜ須藤から塚越への復姓を願い出たのかは不明。岡部藩には血縁関係は不明ながら須藤家が二家あり、もう一家の須藤家は幕末まで代々続いている。

 文政3(1820)年12月28日、五年間休みなく勤務したため褒美として金二百疋を下された。

 文政4(1821)年正月、御納戸席に就任。文政8(1825)年5月14日に藩公・安倍信操が三十六歳で亡くなると、嫡男・信任が7月6日に家督を相続。8月、又右衛門は先代より御用多い中で出精して仕事を勤めた功績が賞され、金二百疋が下された。

 文政9(1826)年6月、利根川の増水に伴い岡部村の西、仁手村字備前堀があふれたため、締切場所へ近郷の百姓たちが大勢集まった。ここで狼藉が行なわれたため、藩公より「清水様御領地」へ人数を派遣してもらい、又右衛門は御目付代出役に任じられ、百姓たちの事件の処理に当たったようだ。こののち、江戸へ帰府し、褒美として金二百疋を賜った。

 文政10(1827)年3月、御加番御留守中御作事方も勤めるよう命じられた。御目付代出役はそのままでの兼帯か。御加番が留守中の作事方であり、この役にいたときは役料として金三百疋が下されている。

■藩公側近・塚越又右衛門

 文政12(1829)年正月、御近習席を仰せ付けられ、金一両が加増された。又右衛門はこのとき御米役御金払役を兼帯しており、高は金八両三人口、役料は銀二枚。その後、御賄席役へ移り、御供頭御内証方兼帯し、金九両三人口

 天保2(1831)年正月17日、実父・浦山寿貞(千葉忠左衛門)が下総国松戸宿(松戸市)で亡くなった。六十六歳。このときの葬儀がどのように執り行われたのかは記録に残らないが、長男である塚越又右衛門が何らかの形でかかわったと思われる。

 翌天保3(1832)年2月3日、弟の周作が若狭国小浜藩士の浅利又七郎(剣術指南役)の養子に迎えられたが(『由緒書』小浜市立図書館蔵「酒井家文書」)、このときの周作は非公式には浅利又七郎の養子・浅利又一郎ではあったものの、藩に認められているものではなかったのだろう。つまり正式な身元請がなく浪人身分では養子に差障りがある関係で便宜上、「塚越又右衛門弟」という続柄とされたと思われる。

 藩公・安倍摂津守信古の代の天保10(1839)年4月、藩公が幕命により本所御材木蔵の火事御妨の仰せを蒙ったため、又右衛門が子息・鉾五郎成直とともに出役し、手当を頂戴した。同年8月、藩公の参勤交代により、国元へ戻る道中の宿割を担当する。

 天保12(1841)年正月、御近習へ再任され、さらに天保13(1842)年3月、藩公・信古大坂御加番となるに及び、又右衛門は御米役を命じられ、大坂までの道中を先行して宿割を整えた。そして9月、その働きにより御褒美金三百疋下された。

 しかし、信古は大坂着任直後に病となり、10月8日、又右衛門は江戸へ向った。江戸まで七日という通常の約二倍の速度での急行だった。信古は大坂で亡くなり、遺骸は国元へ送られることとなった。中仙道を通り、又右衛門はこの葬送行列に先行して宿割を行なっている。信古の遺骸は無事に岡部に到着し、藩公菩提寺の源勝院にて荼毘に付された。

 信古の跡を襲った安倍信寶の家督相続についても又右衛門が走り回り、天保14(1843)年2月、その功績が賞され、「褒美金二百疋」が下された

 又右衛門は5月、御中小性・春名源兵衛邑列「一刀流剣術折紙目録」を伝授している。つまり、又右衛門は一刀流の免許を持っていたことがわかる。又右衛門の父・千葉忠左衛門は一刀流の剣士ではないため、父から伝授を受けたものではない。弟の千葉周作と同様に一刀流中西道場に通って修めたのかもしれない。又右衛門の子・鉾五郎成直は嘉永7(1854)年ごろ従兄弟・千葉道三郎の玄武館に出入りしており(『玄武館出席大概』)鉾五郎成直は北辰一刀流も修めていた。

 弘化3(1846)年7月7日、「年来勤格別之儀ヲ以」て、御物頭席御側取を命じられ、一人口が加増された。さらに弘化4(1847)年12月28日、五年間の皆勤の賞として裃一揃と、春にしばらく一人勤を行なった褒美として金二百疋が下された。

 嘉永6(1853)年4月23日、鍛冶橋御門外に北辰一刀流道場を開いていた弟・千葉定吉が鳥取藩に剣術を以って御雇となるにあたり「身元請」となった(『千葉定吉身上書』)。道場は盛況だったにしろ、定吉は「浪人」という立場であったため、きちんとした身元がとれる証明が必要だったためである。このあたりは周作と同様であり、いまだ兄弟の交流がきちんと続いていたことがわかる。

 安政4(1857)年正月11日、御取次席に再任を命じられ、正月20日には奥附役を兼帯。役料として銀二枚賜る。4月24日には藩公・安部信宝の婚礼につき、御祝用向を滞りなく済ませた褒美として金二百疋を賜った。また奥方・酒井雅楽頭忠寶養女からは白銀一枚と金三百疋を下賜された。

 安政5(1858)年10月末頃から体調を崩していたようで、11月には重態に陥った。その報は大坂加番の藩公・安部信宝に従って大坂にいた又右衛門嫡男・鉾五郎成直にも伝えられたため、11月13日、鉾五郎は「於江戸表父又右衛門事大病ニ付、存生之内対面看病仕度段」を願い出て三十日の暇を貰い江戸へ急行。11月24日に江戸邸に到着した。又右衛門はそれを待っていたかのように、三日後の11月27日、江戸邸において亡くなった。享年七十。


●ありがとうございました
 あさくらゆう様(『千葉の名灸』『鳥取藩政史料』等のご教授ならびに助言をいただきました)

●参考文献

・青木源内「浅利又七郎と千葉周作」(『松戸史談14』松戸史談会)
・あさくらゆう「北辰一刀流千葉家を語る」(『茨城史林35』筑波書林2011)
・あさくらゆう「千葉さなが眠る八柱霊園へ~ご子孫とともに」(『足立史談523』足立区教育委員会2011)
・あさくらゆう「千葉さなと関わった方たち」(『足立史談518』足立区教育委員会2011)
・あさくらゆう「坂本龍馬との恋を目撃した男」(『足立史談518』足立区教育委員会2011)
・あさくらゆう「千葉さなについて(後編)」(『足立史談514』足立区教育委員会2010)
・あさくらゆう「生涯独身の偶像(前編)」(『足立史談512』足立区教育委員会2010)
・あさくらゆう「千葉さなの宅を訪れた根本金太郎」(『足立史談510』足立区教育委員会2010)
・あさくらゆう「千葉さなについて~千葉定吉家にまつわる誤伝について」(『足立史談508』足立区教育委員会2010)
・あさくらゆう「千葉さなについて」(『足立史談506』足立区教育委員会2010)
・稲本雨休「千葉周作弟子三千人の由来」(『松戸史談6』松戸史談会)
・小山松勝一郎『清河八郎』:附録「玄武館出席大概」(新人物往来社1974)
・島津兼治「古流武術見てある記」(『月刊秘伝』1994~5 BABジャパン)
・齊藤伊勢松『岡部藩始末』(1997)
・佐藤訓雄『剣豪千葉周作』―生誕地の謎を明かす―(宝文堂1991)
・末満宗治「千葉周作父子江戸への道行」(『松戸史談47』松戸史談会)
・高森智子「千葉一族の羽衣伝承-地方武家による自家高揚伝承の試み-」(『千葉大学日本文化論叢5』千葉大学文学部日本文化学会2004)
・千葉栄一郎『千葉周作遺稿』(桜華社1942)
・千葉勝太郎『剣法秘訣』(1915)
・辻淳「千葉周作研究文献と松戸宿小森家の謎」(『松戸史談48』松戸史談会)
・辻淳「松戸宿小森家の謎 庄蔵のその後(一)」(『松戸史談49』松戸史談会)
・辻淳「松戸宿小森家の謎 庄蔵のその後(二)」(『松戸史談50』松戸史談会)
・土居晴夫「坂本龍馬と「北辰一刀流長刀兵法目録」」(『土佐史談170』)
・松岡司「初見の坂本龍馬書状と北辰一刀流長刀兵法目録」(『日本歴史』45)
・西内康浩 『龍馬の剣の師千葉定吉・僚友千葉重太郎の墓確認に寄せて』(『土佐史談170』)
・水口民次郎 『丹波山國隊史』
・宮川禎一 『山国隊と千葉重太郎』(『歴史読本』54)
・渡辺一郎『史料 明治武道史』(新人物往来社1971)
・『一刀流関係史料』(筑波大学武道文化研究会1993)
・『衆臣家譜』(相馬市史資料集特別編)
・『東藩史稿』(宝文堂出版1976:原本は作並清亮著1915)
・『仙台藩家臣録』(歴史図書社)
・『豊岡村誌』(豊岡村誌編纂委員会1963)
・『陸前高田市史』
・『松戸市史』
・「千葉の名灸」(横浜毎日新聞連載1903)
・「北辰一刀流十二個条訳」(冑山文庫・国立国会図書館蔵)
・「北辰一刀流剣法全書」(冑山文庫・国立国会図書館蔵)
・「千葉家系図」(財団法人水府明徳会彰考館文庫『水府系纂』茨城県立歴史館複製所蔵)
・「千葉定吉身上書」(『藩政資料』鳥取県立博物館所蔵)
・「耕雲録」(山路愛山編『清河八郎遺著』 民友社 1913)
・「岡部藩主安倍家関係文書」(埼玉県立文書館)
・ 『千葉一胤家譜』(鳥取県立博物館所収「鳥取藩政資料」)
・ 『千葉重太郎一胤略伝』(鳥取県立博物館所収「鳥取藩政資料」)
・ 『組帳』(鳥取県立博物館所収「鳥取藩政資料」)
・ 『藤岡屋日記 近世庶民生活史料』(鈴木棠三、小池章太郎編 三一書房)
・ 『各地地主名鑑』(国立公文書館)
・ 『東京地主案内 区分町鑑』(国立公文書館)
・ 『東京地主細覧』(国立公文書館)
・勝海舟 『海舟日記』(東京都江戸東京博物館都市歴史研究室編)
・中根雪江 『続再夢紀事』(日本史籍協会編 東京大学出版会)
・ 『水戸藤田家旧蔵書類』(日本史籍協会編 日本史籍協会1934)
・ 『明治五年六月官員全書改』(国立公文書館)
・ 『開拓使日誌 地』(『新北海道史 史料編1』1969)
・ 『職員録 明治十四年』(国立公文書館)
・ 『職員録 明治十五年』(国立公文書館)
・ 『職員録 明治十七年』(国立公文書館)
・ 『東京市及接続部地籍地図』(国立公文書館)
・ 『東京市及接続部地籍台帳』(国立公文書館)
・ 『地所分割買上に付地券書換願』(国立公文書館)
・ 『千葉の名灸』(横浜毎日新聞1903)
・ 『御達留』(鳥取県立博物館所収「鳥取藩政資料」)
・北垣国道 『北垣国道日記 塵海』(塵海研究会編 思文閣出版2010)
・藤野斎 『征東日誌 丹波山国農兵隊日誌』 (仲村研、宇佐美英機編 国書刊行会1980)
・ 『贈従一位池田慶徳公御伝記』(鳥取県立博物館所収「鳥取藩政資料」)
・原邦造 『原六郎翁伝』(板沢武雄、 米林富男共編1937)


ページの最初へトップページへ千葉氏の一族リンク集掲示板

copyright(c)1997-2010 chiba-ichizoku all rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。