千葉高胤

肥前千葉氏

○肥前千葉氏○

千葉氏HP千葉宗家目次肥前千葉氏目次千田庄千葉氏肥前千葉氏の一族下総原氏下総高城氏

トップページ肥前千葉氏千葉高胤


千葉高胤(????-????)

 小城千葉氏三代。千葉大隅守胤貞の長男。別名に「一胤」とされるが、一胤は建武3(1336)年1月13日に足利軍によって三井寺で戦死した千葉介貞胤の嫡子のため、別人。あまり資料が残されていない人物。

 『雲海山岩蔵寺浄土院無縁如法経過去帳(岩蔵寺過去帳)』という肥前国に関する古文書によれば、「当郡代々地頭」として、「常胤 胤政 成胤 胤綱 時胤 泰胤 頼胤 宗胤 明恵後室尼 胤貞 高胤 胤平 直胤 胤直 ■継 胤泰 胤基」と歴代の記載がある。ここに見える「高胤」胤貞の子・高胤と考えられ、この人物は某年8月13日に「肥前国小城郡東方内高胤手取内田地伍町」「中山殿(中山本妙寺の日祐上人?)」に進上している『某年平高胤寄進状』

 小城郡地頭職として胤貞胤平の間に名が見えていることから、胤貞の嫡子であったと推測され、「高」字も執権・北条高時よりの偏諱と思われる。高時が執権職にあったのは正和5(1316)年から嘉暦元(1326)年の10年間であり、高時からの偏諱があったとすればその間ということになるか。

 胤貞から高胤に対して所領の譲状は残されていないが、小城郡地頭職の地位にあったことは『岩蔵寺過去帳』よりわかるため、高胤は胤貞から小城郡地頭職を継いだものの、若くして亡くなったため、胤貞が再度地頭職となり、建武元(1334)年12月1日、高胤の弟「孫太郎胤平」「嫡子」として譲られたと思われる『千葉胤貞譲状』

●平高胤寄進状(『中山法華経寺文書』:『千葉県史料』収録)

 肥前国小城郡東方高胤手取内田地伍町在地令進之候、恐々謹言

   八月十三日         平 高胤上(花押)
    進上 中山殿

ページの最初へ千葉氏HP千葉宗家目次肥前千葉氏目次千田庄千葉氏肥前千葉氏の一族下総原氏下総高城氏

copyright(c)1997-2009 chiba-ichizoku all rights reserved.
当サイトの内容(文章・写真・画像等)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固く禁止いたします。